ポケモン剣盾 タチフサグマ 育成。 【ポケモン剣盾】タチフサグマの育成論と弱点・対策まとめ【ブロッキング物理耐久型】

【ポケモン剣盾】育成論一覧【鎧の孤島】|ゲームエイト

ポケモン剣盾 タチフサグマ 育成

【ポケモン剣盾】タチフサグマの育成論と対策【世界1位使用!火炎玉のエキスパート】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はタチフサグマの育成論と対策を考えていきたいと思います。 の使用ポケモンの1体ですね。 マイナーポケモンの一体ですが、火炎玉の活用先として非常に強力なポケモンなのでどのように使っていくか見ていきましょう。 タチフサグマの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【タチフサグマの特徴1】こんじょうからげんきによる超火力 タチフサグマの一番の特徴はなんといっても火炎玉根性からげんきコンボです。 タチフサグマのからげんきでトゲキッスなどの等倍で通る相手はほぼ瀕死に陥ります。 【タチフサグマの特徴2】すりかえによる擬似鬼火 タチフサグマは火炎玉をもたせることが多いですが、すりかえ、もしくはなげつけるを覚えさせることで擬似的に鬼火を使えるようになります。 命中率が100%のため鬼火のような命中不安がないのでむしろこちらの方が優秀な可能性すらあります。 すりかえの場合は相手の持ち物を奪えるというのも強力な点ですね。 ただ、鬼火のように何回も使えるわけではないのでここぞというときに物理アタッカー相手に決めていきたい技です。 【タチフサグマの特徴3】ゴーストに強いノーマルタイプ ミミッキュ、ドラパルトなど強力なゴースト技を使うポケモンはランクバトルにたくさんいます。 そのため、ノーマルタイプを編成することでダイマックスターンを枯らしたり、影打ち読みの交代で無償降臨させたりすることができます。 とはいえミミッキュには素早さ種族値が「1」足りないので、一般的な命の珠ミミッキュのじゃれつくで一般的なH52タチフサグマは31. タチフサグマの育成論と戦い方 タチフサグマは特性のこんじょうを使い基本的には火炎玉を活かした型で戦うことが多いでしょう。 【タチフサグマの育成論】万能火炎玉タチフサグマ• 特性:こんじょう• 個体値:C抜け5V• もちもの:火炎玉• わざ:からげんき・はたきおとす・まもる・すりかえ 特徴・戦い方: 火炎玉により確定で自身がやけどすることによる積み構築に多いあくびや、受け構築に多いどくどく対策、すりかえやけどによる物理対面構築の無力化と、主要3構築すべてに対応できる火炎玉のエキスパートです。 もどうぞ。 初手はまもるで確実にやけどを発動させることができます。 火傷してしまえばからげんき、はたきおとすともにタイプ一致も相まってとてつもない火力がでます。 また、まもるを採用しているので2番手以降において相手がダイマックスしてきたときに死に出しからダイマックスターンを枯らす役割としても使えるでしょう。 タチフサグマはS95族とかなり速く、ギャラドスなどのタチフサグマより遅いダイジェット持ちにはこちらもダイマックスをきってダイアタックで打ち合うことで、ダイマックスを枯らすだけでなく全抜き阻止を狙うことも可能です。 やけどダメージを最小化するために火炎玉をもたせる場合はほぼ必須の調整ですね。 ウオノラゴンのエラがみが威力380なのでそれと比較しても威力の高さがわかりますね。 こちらも相手がもちものを持っている状態なら1. 5倍になるので超火力が期待できます。 持ち物前提の立ち回りをするポケモンは少なくないため、有効な場面はかなり多いです。 火傷してしまえばどくどくは入らないので受けループにも強くなります。 鬼火のように外さないので、命中不安が負け筋につながるなんてことはありえません。 なお、もし相手が命の珠など火力UP系アイテムを持っていたらタチフサグマの火力がさらにすごいことになります。 同じような技のなげつけるは当たった瞬間に火傷になるため、相手の持ち物は奪えませんがそのターンの攻撃から半減で受けることができるようになるのでこちらもありでしょう。 タチフサグマの紹介ではないんですが、タチフサグマの対面性能がよくわかるバトルを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 ギャラドス対面になった一戦目に注目です。 タチフサグマの対策 格闘4倍弱点なので格闘技で対策しましょう。 ルカリオ• ローブシン• ギルガルド• ルチャブル• オノノクス• エースバーン• etc… といってもタチフサグマのすばやさ種族値は95もあって、しかも最速にしていることが多く、火力が半端ない+火炎玉を押し付けてきて火傷にしてくるのもあって可能なら特殊もしくは先制格闘技もしくは高速格闘技が理想的でしょう。 最速ミミッキュでも対策できるでしょう。 ミミッキュはタチフサグマより1だけ素早さが高いので、化けの皮を盾にして命の珠じゃれつくで乱数31. まとめ:【ポケモン剣盾】タチフサグマの育成論と対策【世界1位使用!火炎玉のエキスパート】 いかがでしたでしょうか。 タチフサグマは状態異常を防ぎながらも物理相手には火炎玉を押し付けて機能停止させられるので、非常に強力ですが、さらにそれに加えて火力も凄まじいです。 火炎玉はレアアイテムですが、すでに持っている場合は根性タチフサグマをぜひ育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

タチフサグマの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 タチフサグマ 育成

タチフサグマ入りで最終1位とりました!!!!!!!! 今更ですがタチフサグマの強さをじっくり伝えていこうと思います。 これから使いたい人に参考になればいいかと思います。 タチフサグマのタイプ あく・ノーマル複合タイプ 弱点 4倍「格闘」2倍「むし」「フェアリー」 耐性 半減「あく」無効「ゴースト」「エスパー」 環境に多いゴーストタイプに強い複合タイプ。 ノーマルタイプが入ることでゴースト技が無効になる、エスパータイプにもすごく強い。 カビゴンメタで入れられている、格闘タイプにかなり不利をとってしまうし、サブウエポンでよく採用されている「とんぼがえり」がなかなかのダメージ受けてしまうのはきつい。 攻撃、素早さ「 90 」「 95 」となかなか中途半端です。 攻撃力に関しては特性で伸ばす感じです。 すばやさは「ヒヒダルマ」や「ウインディ」と同じ95属。 「ミミッキュ」より1遅いのが非常に勿体無い。 ここが少し惜しい面です、立ち回りでこの素早さをカバーしつつタチフサグマの超火力を押し付けていく感じになります。 防御面 HP 、防御、特防「 93 」「 101 」「 81 」と悪くない数字。 防御の数値が高いのが目立つが、HP特防もそこそこあり、耐久無振りのタチフサグマが性格補正なしのサザンドラの「りゅうせいぐん」シャンデラの「オーバーヒート」なんかのタイプ一致効果力技も体力MAXであればギリギリ一撃は耐えてくれます。 頑張りを評価して欲しいってことだな タチフサグマの特性 こんじょう 状態異常だと物理攻撃力が1. 5倍になる。 自動的にターンの終わりにやけど状態になれる「かえんだま」を持たせるのがセオリーです。 特性こんじょうの「からげんき」を採用するので、威力2倍、根性補正1. 5倍、タイプ一致補正1. 5倍で信じられない火力が出ます。 「やけど」状態に自主的になるので「かえんだま」を発動させてしまえば、状態異常が入りません。 ただしターンの最後にかえんだまが発動するので、状態異常相手に受け出したらその状態異常を先に受けちゃいますので注意。 あくび展開なんかはカットできて強いです。 まけんき 能力が下がると、自分の攻撃ランクが2段階上がる。 優秀な特性「いかく」への対策、「がんせきふうじ」などのすばやさ操作技。 への対策を始め、ダイマックス技で能力が良く下げられるため、発動機会が増え十分に採用価値がある。 発動しなければ全く意味がないが、発動してしまえば「こんじょう」より強く働く場合も多い。 今回は個人的にはこんじょうの方が強いと思います。 まけんきは発動しないと意味ないので タチフサグマのオススメ技 「からげんき」 威力70命中100状態異常で威力2倍 ノーマル技で高火力技がすてみタックルくらいしかないが、こんじょうだとこの「からげんき」がメインウエポンになり得る。 威力2倍、根性補正1. 5倍、タイプ一致補正1. 5倍で信じられない火力が出ます。 「はたきおとす」 威力65 命中100 相手が道具を持ってたらその道具を使えなくして威力が2倍 これ以外のメインウエポンになりうる悪技が「じごくづき」くらいだが、圧倒的にはたき落とすの方が高性能。 道具を持っていない状況でも、根性補正1. 5倍とタイプ一致1. 5倍でそこそこ高い火力が保証できる。 2発も当てれば大体の相手が倒れるので別に気にならない。 相手が道具を持ってなくて、この一撃で倒せるか不安な場合は、ダイマックスしてください サブウエポンのオススメ技 とにかく「からげんき」「はたきおとす」が火力がかなり出るので、サブウエポンで抜群をとってもそこより低いダメージの場合は、意味がない。 例えば威力75の3色パンチの2倍が威力150ですが、からげんきの火力が210出るので、あまり意味がない。 かみなりパンチをギャラドスメタのために採用するのは有りだが、少し過剰である。 そのため「からげんき」「はたきおとす」の2ウエポンと変化技2つを採用する場合が多い。 そこを踏まえた上で持たせるサブウエポンは 「インファイト」「カウンター」「こごえるかぜ」 くらいではないかなと思う。 インファイトは純粋に2倍ダメージでからげんきより火力が出ることが理由。 カウンターは虚を突く形で採用するが、特性こんじょうとは相性が悪い。 こごえるかぜはすばやさ操作技として機転回避や、対面にも強くなる。 変化技のおすすめ 「すりかえ」「トリック」 持っている火炎玉を相手に押し付けて「やけど」状態にする。 火力を下げる効果と別に、きあいのタスキやがんじょうも剥がせるのでとても便利。 気を付けたいのが、やけどが入るのは火炎玉を持ったターンの終わりなので、そのターンの火力は下がらないので注意が必要。 「ブロッキング」「まもる」 1ターン保留技。 自分に対しての相手の攻撃を無効にする。 まもるは全て無効にする。 ブロッキングは直接攻撃をしてきた相手の防御を2段階下げる。 デメリットは変化技はブロッキングを貫通します。 ダイマックスをはじめ、天候やトリックルームのターン枯らしに使うことが便利。 相手が自分自身やフィールドに対して効果が出る技をされた場合、読み負けです。 「すてゼリフ」 攻撃と特攻を下げながら後続に交代する。 先攻で打つ場合は圧倒的素早さがないと使い辛いし、後攻で打つ場合は圧倒的防御力がないと使い辛いです。 どちらかというと特性まけんきで「こだわりスカーフ」を持たせた方が使いやすいと思います。 「ちょうはつ」 3ターンの間、相手に変化技を打たせない 耐久型のポケモンに余計なことをさせない。 ドヒドイデやサニーゴ、ヌオーなどを完封できる。 タチフサグマまとめ 注意したいポケモン 環境に多いゴーストタイプに非常に強い複合タイプだが。 主に環境にいるのが「ミミッキュ」「ドラパルト」で対面的にはあまり有利とは言えない。 とにかく4倍弱点の格闘技に弱くて、タチフサグマより早いすばやさから、格闘技が飛んでくる場合。 一撃で落ちてしまう。 上から格闘技やフェアリー技などで一撃で落としてくるポケモンにはとにかくダイマックスでねじ伏せるかすばやさ操作するしかないです。 タチフサグマより遅いポケモンでも、タチフサグマ側が1撃で落とせない格闘技もちやフェアリー技持ちにも注意が必要です。 他のポケモンで削ってからタチフサグマで殴ってください。 タチフサグマの魅力 火力 かげうちが効かないので素早さを下げているミミッキュには上から殴ることができる。 とにかく素早さがもう少しあればかなり動かしやすかったと思うが、このポケモンの魅力は「火力」これに尽きる。 とにかく等倍以上でタチフサグマが殴れれば、かなり強い。 それがタチフサグマ。 物理でタチフサグマで殴りましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ガラルマッスグマの育成論と対策【高速耐久型サポート】

ポケモン剣盾 タチフサグマ 育成

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるタチフサグマの育成論と対策について掲載しています。 タチフサグマのおすすめ技や性格、もちものや進化方法についても記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• 2倍になる こんじょう 状態異常の時、攻撃が1. 5倍になる。 また、やけどによる攻撃半減の影響を受けない まけんき 夢特性 相手の技や特性などで能力のどれかが下がると、攻撃が2段階上がる タチフサグマの特徴 専用技のブロッキング タチフサグマの大きな特徴として 専用技であるブロッキングを持っています。 相手の攻撃から身を守ると同時に、 接触攻撃を行った相手の防御を2段階下げるという効果を持つブロッキングは技の候補にあるだけで強力で、例えすべて攻撃技の技構成だとしても相手にブロッキングを意識させることで接触攻撃を抑制することができます。 優秀な2種類の特性 タチフサグマは 「こんじょう」「まけんき」と特性が優秀 です。 「こんじょう」はおにびやでんじは持ちに強く、「まけんき」の場合は、ダイマックス技やマジカルフレイムなどの追加効果を逆に利用することができるなど、場面毎にすべての特性が優秀に働きます。 「すてみ」を採用する場合には恩恵を受ける技がすてみタックルのみの点には注意しましょう。 幅広い技範囲 ノーマル・あくタイプは技の通りがとても良く、多くのポケモンに対して等倍以上のダメージを与えることができます。 一致技以外にもインファイトやアイアンテール、かみなりパンチ、ほのおのパンチと豊富な攻撃技を覚えることで、 一匹で複数のポケモンに抜群を取ることができ、受けやサイクルを崩壊させることができます。 5 倍にすることができます。 さらに状態異常の時に技の 威力が 140 となるからげんきをタイプ一致で放つことで相手に強力な負荷を与えることができます。 こんじょうからげんきの火力は凄まじく、半減以外で 2回受けることは非常に難しいです。 かえんだまでやけどになることで、あくび等のねむり対策にもなる点も強みです。 タイプ一致のはたきおとすは威力・効果共に優秀で、上からはたきおとすをするだけで相手のパーティに大きく削りを入れ、撹乱させることができます。 かえんだまからげんきやブロッキングをしてくると思っている相手には特に刺さり、早い素早さから楽に相手のポケモンを倒すことができます。 幅広い技範囲に加えてブロッキングやすりかえ、すてゼリフなど多彩な補助技も覚えるためタチフサグマ1匹でパーティを壊滅させられないよう対策ポケモンを選出するようにしましょう。 対策方法 4倍弱点のかくとう技が有効 タチフサグマはノーマル、あくタイプなのでかくとう技で攻めるのが効率が良いです。 防御はやや高めですが受けきれるほどの耐久ではないので一気に攻めましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 35以上にする必要があります。 時間帯を間違わなければ問題なく進化できるでしょう。 注意! ストーリークリア前は進行度に応じて時間帯が固定されています。 安全に進化させるには実際の時間と同じになっているワイルドエリアでの進化がおすすめです。

次の