鳥 寒さ。 セキセイインコの暑さ・寒さ対策

インコが寒がっている?!「寒い」のポーズ、仕草は体調が悪い証拠かも?!

鳥 寒さ

contents• 基本的に高温多湿を好みますので、低温低湿の冬は文鳥にとってとても過酷。 特に朝・夜の冷え込みは油断しているとすぐに命に関わるので注意が必要です。 日本の冬に何もせず この温度・湿度を保つことは難しいと思いますので、何らかの対策が必要になってくるのです。 加湿器はきちんと手入れをしないと雑菌が繁殖しやすく、特に弱った鳥にはその雑菌が致命傷になる事もあるので気をつけてあげてくださいね。 文鳥のケージには保温電球やパネルヒーターを設置し、周りをビニールカバーで覆うなどして暖かさを保てるようにします。 ケージ内の湿度は濡れタオルで調節が出来ます。 カバーはケージに合う物が売られていることも多いですが、緩衝剤(プチプチ)やアクリル板などで自作している方も居ますので、参考にしてみてもいいかも知れませんね。 ケージや文鳥の体調に合わせて ヒーターのサイズと個数を調整します。 バードバスをつけていると自然と湿度が保たれている場合もあります。 また、ケージは床や低い位置に置くと非常に寒くなってしまうことがありますので、ある程度の高さに設置することをおすすめします。 保温電球は外につける?中につける? 保温電球の設置場所については飼育書によってもばらつきがありますが、どちらがおすすめかと言えば 外付けになります。 特に60W・100Wなどの大きな保温電球を使用している場合、直接触れると火傷をしたりする可能性があります。 中に設置するなら20W、外付けにする場合はビニールカバーが直接当たらないよう工夫も必要なので、ケージの形や設置場所などに合わせて検討しましょう。 注意が必要なのは真冬よりも…? 冬のとても寒い時は部屋にエアコンも入れ、文鳥の体調やケージ内の温度にもいつもより気を配りますが 少し暖かくなってきた頃やまだあまり寒くない頃…晩秋や初春と言った 季節の変わり目が一番注意が必要で、体調を崩す文鳥が多いと言われています。 少し寒いけれど エアコンを入れるほどでも無いので節約したり、昼間は暖かいのでケージカバーを外していたり、日中と朝晩の寒暖差が激しかったり…そういったことで簡単に文鳥の体調が悪くなってしまうことがあります。 人が肌寒いと感じるなら、文鳥にはまだ保温が必要な時期。 人と違い自分で衣服を着たり暖かい場所へ移動したり出来ないので、注意してお世話をしてあげましょう。 健康な成鳥には 過保護にならなくても大丈夫 文鳥は寒さに強くありませんが、健康な成鳥の場合そこまで過保護にならなくても大丈夫。 人が快適だと思う温度や環境で問題ありません。 注意が必要なのはヒナや老鳥など 抵抗力がなく弱っている状態の時、こういった場合は30度近くが適温になる場合もあります。 文鳥が自分で上着を着てくれたり、エアコンの温度を調節してくれるといい(かわいい)のですが、そうはいきません。 寒さは文鳥の命を簡単に奪ってしまうこともありますので、環境作りに注意しつつ、毎日文鳥の様子を見て体調の変化を見逃さないようにしてあげてくださいね。

次の

初心者でも飼いやすい鳥5種

鳥 寒さ

文鳥は飼いやすいですが寒さに弱いです。 セキセイインコは寒さに強いそうです 私は最初に飼ってた雛文鳥を一週間で死なせてしまいました…。 親が昔桜文鳥を飼っていてその時は保温なしで寒い中でも元気だったため 今度飼った白文鳥の雛も大丈夫だろうと…。 何の知識もなかったしそれまで元気だったんですが朝冷たくなっていました…。 メリット:癒されます。 生後3週頃のヒナから育てればとても良く懐きヒナのうちは手の中で眠ってくれたりします。 呼べば飛んで来てくれますし、帰宅時におかえりと鳴いてくれます。 デメリット:インコのように喋る事は出来ません。 これはインコも同じですが、旅行に行きにくい。 お迎えしたら鳥を診れる病院で健康診断をしてあげて下さいね。 もし購入出来る事に成ったらお迎えする前に飼育書を読んでおいたら安心して育てる事が出来ますよ。 セキセイインコ、文鳥は飼いやすいと思います。 ぜひ、手乗りの鳥さんを手に入れてください。 可能なら、雛の状態から飼えば、手乗りになります。 手乗りだと、間近で観察できますから、鳥さんの健康チェックもしやすいです。 文鳥は、日本の気候に順応していて、飼いやすいのでは。 水浴びが大好きで、1日何度でも気が向けば水浴びします。 かなり水がはねますから、アウターバスが便利でいいですよ。 エサも、散らかしながら食べるので、カバー付きのエサ入れのほうが良いです。 セキセイや文鳥の長所は、丈夫、かわいい、あまり大きなケージを必要としない、声も迷惑なほどは大きくない、などなど。 短所は、比較的短命、7~8年が平均寿命なことでしょうか。 でも14年くらい生きる子もいます。 個体差がありますが、気の強い子もいます。 とくに文鳥は縄張り意識が強くて、気が強いです。 噛まれることもありますが、文鳥、セキセイとも、痛いですけど、流血することはまずありません。

次の

文鳥は寒さに弱い?冬の寒さ対策と注意点|文鳥デイズ

鳥 寒さ

今度セキセイインコのヒナを迎えることになりました。 セキセイインコ飼育歴は小学生のころから10年以上になりますが1つ質問があります。 ヒナの時期の保温は当然わきまえておりますが迎えるのは8月の下旬のころなので ヒナのうちは冬場ほど気を遣わなくてよさそうです。 ただ、セキセイインコ 成鳥 は寒さに強いのかどうかが気になります。 うちでは家の中で飼うことは許されてなくて基本的にベランダで飼っていました。 冬場は風よけくらいの対策くらいしかしていませんでしたが、寒さが原因と思われる体調不良や病気などはありませんでした。 セキセイインコはオーストラリア原産でオーストラリアは寒暖差が激しいところが多いですよね? なので寒さにもある程度は強いのでしょうか? ちなみに家は兵庫県の南部でいわゆる「瀬戸内気候」です。 降雪は1年に1~5日程度で、平成18年豪雪で5cm程積もってから今まで積雪は1回程度です。 回答よろしくお願いします。 おばさんです。 大丈夫ですよ。 こちらは長野よりの山梨県です。 友達のところでは、カゴに入れた水が凍るくらいの寒い地域ですが、鳥かごは外です。 ただ、プチプチやいらなくなった毛布で、夜の間は周りを覆ってあげてください。 日が昇ったら、陽が当たる位置に。 不安なほど寒いときだけは、玄関にお願いしてみましょう。 オスはよく言葉を覚え、しゃべります。 ヒナのうちから手乗りにして、言葉を覚えさせたら、楽しいですよ。 ピーちゃんはお利口。 1例として、内陸部のエアーズロックの気候データを、下記に貼らせて頂きます (よそさまのサイトです。 私は、現地で、セキセイインコの巣穴と 親鳥&ヒナを 実際に見たことがあります。 生物の生理的な特性は、基本的に、その原産地の気候 などに依存するところが大きいので、セキセイインコは、基本的に、寒暖 共に強い種類の一つである といえるでしょう。 但し、原産地は乾燥地帯なので、日本特有の湿度の高さは、セキセイには 辛いところでしょうが…。 > ただ、セキセイインコ 成鳥 は寒さに強いのかどうかが気になります。 > うちでは家の中で飼うことは許されてなくて基本的にベランダで飼っていました。 うちは、大昔に、愛知県 (降雪の頻度は 年に数回、積雪は 年に1回有るか無いか) で でしたが、屋外の小屋で、セキセイインコを多頭飼いしていました。 寒さ対策としては、寒い日に、小屋の金網面 (板張り面と金網面があったので) に、板をあてがって風雨を避ける くらいしか しませんでしたが、問題ありませんでしたよ。 寒暖に関しては、慣れの要素がかなり大きいと思います。 ただ、質問者さまの場合、懸念があるとすれば、最初の1年間 (特に 冬) を乗り切れるか ということと、1羽飼いであること (うちの場合は、お互いに暖を取ることは していたようですので) だと思います。 セキセイさんにとっての初めての冬は、仮に 室内飼いであっても 要注意ですので、「風よけくらいの対策」 を充分にされた上で、いざとなったら 一時的に避難できる場所 なども、大事を取って 確保しておかれるべきに思います。 「避難場所の確保」 は、病鳥対策でもあります (病鳥については、安静&保温が必要で、ベランダ飼育では無理だと思いますので)。 あと、寒暖とは別件ですが、ベランダ飼育の場合、ネコやカラス、ヘビ などの外敵にも、どうかお気をつけ下さい。

次の