安い 電気。 安い電気ケトルおすすめランキング10選★5000円以下コスパ重視!

電気代が安い除湿機のおすすめ7選!つけっぱなしでも節電で安心♪

安い 電気

電気代はできるだけ抑えたいと思いつつもなかなか節約・節電には取り組むことは難しいですよね。 そんな方でも電力単価や基本料金の一番安い電力会社、料金プランに変更することで電気代を抑えることが可能になります。 各エリアでの安いプランのご紹介! そこで、今回は現在一般家庭に電気を提供している東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアの電力会社についてを参考に様々なプランをご紹介します。 現在では電力会社ごとに料金単価や基本料金には差があります。 そこで今回は一番標準的な契約プランを契約し、4人家族で440kWh使用したと仮定して月額料金を比較し、安い電気を提供している電力会社を選定してみます。 電力会社によっては新規の受付を終了するプランも含まれますので、ご利用の際はご注意ください。 東京電力エリアの電力料金プラン比較! を参考に各電力会社の料金を比較しました。 もっとも高い東京電力のスタンダードSやソフトバンクのFIT電気プランと比較すると月に1,187円お得です。 中部電力エリアの電力料金プラン比較! を参考に各電力会社の料金を比較しました。 関西電力エリアの電力料金プラン比較! を参考に各電力会社の料金を比較しました。 この他のエリアの電力料金に関しましてはを参考に、電力料金の安い電力会社を探してみてください! 電力料金以外の着眼点も! また、電力料金を比較する際に着目点は料金が安いことだけではありません。 料金以外にもポイントが付いたりすることで電力以外を含めた全体の費用を抑えることができます。 自分のライフスタイルに合った電力会社を選び、日々の生活をより豊かにしましょう。 東急の電車やバスを毎日使うならのプラン 東急パワーサプライの電力を利用するとTOKYU POINTが貯まります。 毎月の電気料金をTOKYU CARDで支払うと、電気料金の1%がTOKYU POINTとして貯まります。 さらに、東急線のPASMO定期券購入やPASMOオートチャージサービス等で付与される「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」が2倍になります! スマホ会社のお得なセットプラン! やはスマホやネット料金と電力料金がセットになったプランを提供しています。 auでは毎月の電気料金の最大5%相当がau WALLET プリペイドカードへキャッシュバックされるといったメリットがあります。 また、ソフトバンクに関してはスマホとのセット割やTポイントが貯まるといったメリットがあります。 以上!主な電力会社の料金プランの紹介でした! 会社ごとに特徴に違いがあって面白いですよね。 これらを参考に自分のライフスタイルに合った電力料金を選び、無駄な費用を抑え、よりよい生活を送りましょう。 しかし、電力会社を変えるのは面倒だと思います。 そこで月の変わり目や引越などの機会に思い切って電力会社を変更しちゃいましょう。 電力会社の変更は現在の契約の把握、新しい電力会社の詮索、切り替え契約、切り替え連絡、請求先の設定といった5つのステップで行うことができます。 また、よりスムーズに変更するために、電力会社の変更の際には「」を参考にしてくださいね。 また、引越しは電力会社を比較して、一番安い会社を選択するいい機会です。 引越を機に電気の費用を抑えてより充実した新生活を送りましょう。 引越しの際の電気の手続きは電力会社に引越先や日時などを連絡しておこないます。 より詳しい手続きの方法に関してはを参考にしてください。 この記事に関連するキーワード: 節電、節約でこんなお悩みをお持ちの方!• 5万円節約できるケースも少なくありません。 まずは試しに5分程度で出来ますので料金シミレーションで今の電気料金と比較をしてみましょう。 以下料金シミレーションが出来る、おすすめの電力会社をご紹介します。 【Looop でんき】? 全国対応、シンプルに電気代が安い? オススメポイント• 3人以上の世帯は特にお得になる! 紹介記事 1、 2、 【東京ガス】? 豊富なセット割で利用者80万人超え? オススメポイント• ガソリン、灯油、経由がお得に? オススメポイント•

次の

福岡・九州電力エリアで電気料金が一番安い電力会社はどこだ!?料金を一挙比較

安い 電気

2016年の電力自由化以降私達は自由に電力会社を選ぶことができるようになりました。 そして、もちろん多くの読者諸君が望んでおられるように、電気料金が安い電力会社と契約することもできます。 しかし、電力会社を乗り換えた人たちの口コミを見てみると「電気料金が高くなった」みたいな口コミも見られますね。 これはごく自然なことで、よく比較せずに電力会社を乗り換えてしまうと、電気料金が高くなってしまうことは屡々あります。 今回は、福岡県を中心とした九州電力が送電を行うエリアで利用可能な電気料金を比較すると共に、どの電力会社で契約すれば最も電気料金を安く抑えることができるのかを検証していきたいと思います。 電気料金を比較する前に 電気料金を比較する前に、まずは電気料金が決定する仕組みについて解説しておきたいと思います。 電気料金は託送料(送電網利用料)や燃料費をもとに綿密に計算された結果算出されていますが、基本的に皆さんがチェックしておきたいのは「電気量料金」というものです。 もし、これまで電気料金を乗り換えをしたことがない場合は、「どれくらい電気を使ったか」で料金が変動する「従量電灯」というプランで契約されているはずです。 九州エリアで言えば一般的な家庭は「B」、事業者は「従量電灯C」という契約になっていると思います。 これらの電気料金プランでは「三段階料金」と呼ばれる独特の料金の仕組みとなっており、電気を使用すればするほど料金単価が上がっていきます。 引用: 九州電力圏内では、最初の120kWhまでの料金単価は1kWhにつき17. 19円、120kWh~300kWhまでは22. 69円、これを超過するものは25. 63円の料金単価となります。 19円で電気量料金は2,062円となります。 63円で電気量料金は7,684円となります。 消費電力は3倍なのに電気料金は約3. 7倍になっていますね。 この三段階料金は多くの電力会社で採用されています。 そのため、以下ではこの3段料金に則って料金単価を比較していきたいと思います。 九州エリアの電力会社の料金単価を比較してみた さて、電力会社は電力自由化以降かなりの数に増えています。 厚生労働省が公開している「電力需給速報」によると、2018年現在電力会社は500社以上あることがわかります。 ということで、本項では代表的な電力会社をピックアップして比較させていただく。 言い訳はこのあたりにしておいて、一覧にすると以下の通り。 19円 22. 69円 25. 63円 ハルエネでんき 17. 19円 22. 69円 25. 12円 Looopでんき 24. 00円 24. 00円 24. 00円 シンエナジー 16. 98円 17. 48円 19. 98円 HTBエナジー 16. 28円 21. 50円 24. 30円 あしたでんき 22. 50円 22. 50円 22. 50円 楽天でんき 16. 20円 20. 90円 23. 37円 はなカメくんでんき 20. 44円 20. 44円 20. 44円 niftyでんき 17. 13円 22. 14円 22. 90円 丸紅新電力 16. 20円 20. 90円 23. 37円 ミツウロコでんき 19. 13円 19. 25円 22. 91円 auでんき 15. 91円 21. 00円 23. エネインフォもそう思います。 まぁ何にせよピンとこないと思うので、一体どれくらい安くなるのかについて検証していきたいと思います。 九州電力から乗り換えてどれくらい安くなるのか検証してみた さて、検証するためにはある程度の軸が必要になるのだが、ここでは誠に勝手ながら以下のようなパターンを組ませていただいた。 夫婦二人暮らし(1ヶ月の消費電力250kWh)• 小規模な商店(1ヶ月の消費電力500kWh)• 中規模の飲食店(1ヶ月の消費電力2,000kWh) この中から皆さんが一番どの電気料金が近いのかを確認してみてください。 確認の方法は、毎月電力会社から届いている検針票を見ればOKです。 引用: さて、前置きが長くなってしまったが、早速どれくらい安くなるのか比較してみましょう。 比較してみると、シンエナジーなどは安いでしょうか。 シンエナジーは神戸に本社を置く会社で再生可能エネルギーの発電などにも積極的な良い電力会社です。 一方口コミで人気のLooopでんきは少しばかり高いでしょうか。 料金だけでなく他の要因も考慮してみよう さて、先程「Looopでんきは基本料金が無料」と言いましたが、他にも各電力会社独自の特典があったりします。 例えば niftyでんきはインターネット回線の「 nifty光」や格安SIM「Nifmo」とセットで契約することでセット割引を受けることができます。 他にもHTBエナジーは毎日2時間だけ電力が無料で使用できる時間帯があったり、楽天でんきは複数店舗の電気の状況をひと目で管理できたりと直接料金とは関係のない特典まであったりします。 上記で比較した結果、結局1ヶ月の電気代は大きく変動したとしても数千円ですが、特典をうまく利用すれば数千円以上の価値になることだって考えられます。 流石に碧血丹心なエネインフォ編集部としても、「朝6時に起床する場合の人はこっちの電力会社が安くて、朝8時に起きる人はこっちの電力会社が安い」とか、「複数店舗を経営していて店舗間の距離が10km以上の場合はこちらの電力会社がおすすめ」なんて細かすぎる比較はできないので、ここから先は当サイトの無料相談窓口までお問い合わせいただくなり、各電力会社について調査するなりして検討していただきたい。 まとめ 九州電力エリアで電気量料金が最も安いのはシンエナジーという結果になった。

次の

【2020年最新版】電気代の安い暖房器具を知って暖房費を節約しよう!

安い 電気

一般家庭で使用するエネルギーサービスとしては「電気」「ガス」が存在します。 「水道」と合わせてこれらのサービスは日常生活において欠かせないものとなっていますが、昨今ではガスの必要性が少し薄れつつあります。 同じエネルギーである電気が、ガスの代替として活躍しつつあります。 いわゆる「オール電化」という言葉が登場してから何年が経過したでしょうか、多くの家庭でガスを使わず、電気だけで調理や給湯などを賄っているという現状があります。 ですが、2016年の「電力自由化」と、来る2017年4月の「ガスの自由化」によって、これらの構図も見直さなければならなくなります。 そこで、電気とガスのどちらが安いのか、お得なのか、便利なのか、さまざまな観点から比較してみたいと思います。 ガスのメリット・デメリット まずは、ガスのメリットとデメリットについて解説します。 メリット ガスのメリットですが、第一に「ライフラインが断たれにくい」という点です。 日本では地震が多いのですが、深刻な災害のレベルの地震が発生するとさまざまなライフラインが断たれてしまいます。 しかし、ガスは「ガスボンベ」という形で各家庭に供給することができ、大災害時でも継続して利用することができたライフラインの一つです。 また、「都市ガス」の場合はガス管を使用することでガス料金を安く抑えることができます。 デメリット デメリットしては、前述の「都市ガスのメリット」は、都市圏などの限られたエリアでしか利用できないというポイントです。 都市ガスはガス管を使用しますが、電線ほど全国に展開しているわけではなく、ガス管の配備されていないエリアでは従来のガスボンベ方式での契約しかできません。 また、ガスは火災などの事故も起きやすく、安全面では電気に劣ってしまう点が多いです。 電気のメリット・デメリットを紹介 次に、電気のメリットとデメリットについて解説します。 メリット 電気のメリットは、安全性が高いという点です。 「火」「熱」を利用する電化製品や調理器具において、ガス火やガスによる発熱はお子さんやご年配の方にとって少し危険であると言えます。 ですが電気の場合は、やけどのリスクこそ残るものの出荷のリスクは大幅に下げることができます。 デメリット デメリットとしては、お住いの地域によって電気料金に違いが大きいという点がまず挙げられます。 また、深夜に電気を使う「エコキュート」は、昼間の電気代が割高に設定されているなど、使い方によっては割高な電気料金を負担することになる可能性があるという点も気になります。 加えて、安全性の高いIHクッキングヒーターですが、調理器具が限定される(IH対応のフライパンや鍋など)という点もデメリットになります。 電気代とガス代はどっちが安い? 次に、ガスと電気の料金面での比較を行います。 比較する対象として、一般的な電力会社とガス会社を利用する一般家庭を前提として比較してみたいと思います。 ただし、エネルギー源が異なる以上、単純な比較は難しいと判断します。 そのため、「1kWhあたり」の料金で考えてみたいと思います。 都市ガスは、1kWhあたり約20円~22円程度で利用することができます。 一方で電気代の方は、オール電化向けのプランを利用していると想定すると、日中は1kWhあたり約30円~32円、深夜は約10円~12円ほどの料金で利用することができます。 電気料金に関しては、どうしても日中と深夜で電気代は大きく変化します。 そのため、オール電化向けのプランの場合、日中にどれだけ電気を使うかによって電気料金が変動するといえます。 一方でガスに関しては「都市ガス」を前提とすれば安上がりですが、都市ガスの提供エリア外の場合はその限りではありません。 さらに言えば、エコキュートの場合は設置コストの点についても考慮しなければなりません。 具体的な比較に関しては「生活スタイル」にも大きく依存しますので一概には言えませんが、料金面だけで言えば「日中の電気の利用状況」に大きく左右されると考えても差し支えないのではないかと思います。 電化機器とガス機器を比較 次に、電気とガスの好きな方を選ぶことができる電化製品や調理器具について、それぞれ分けて解説していきたいと思います。 電気ポット・ガスコンロ まずは「飲料用のお湯」に関してです。 電気の場合は「電気ポット」を、ガスの場合は「ガスコンロでやかんでお湯を沸かす」で比較したいと思います。 料金で言えば、昼間に使用する機会が多いということと、「短時間で一気にエネルギーを消費する」という観点で言えば、都市ガスの方が料金が安くなるケースが多いです。 一方でプロパンガスを使用している場合は、電気ポットのほうが安くなっている可能性もあります。 使い勝手で言えば、電気ポットのほうが使いやすいと言えます。 筆者も「電気ケトル」でお茶用のお湯を沸かすのですが、使いやすいポイントとして「室内でお湯を沸かせる」「沸騰したら自動的に電源がオフになる」「火災のリスクが極めて少ない」と言った点が挙げられます。 料金に関しても、「電源が自動的にオフになる」という特性がある以上、ガスコンロでお湯を沸かす場合は沸騰後も継続してガスを使用し続けることで無駄にガス代が嵩んでしまうことも考えられます。 電気温水器・ガス給湯器 次は「電気温水器」と「ガス給湯器」の比較です。 料金面での比較は、エコキュートによる深夜の安い電気料金でのお湯づくりによって、電気温水器のほうが安上がりになる事が多いです。 ですが、昼間にお湯を沸かす場合を想定すると、エコキュートでは割高な電気料金になるため、ガス給湯器のほうがランニングコストが安くなる可能性が高いです。 使い勝手に関してですが、ガス給湯器は「好きなタイミングでお湯を沸かせる」という点が魅力です。 お湯を出し始めてから実際にお湯が出てくるまでに多少なりと時間がかかることもありますが、基本的に「熱したばかりのお湯を出す」という性質上、いつでもパワフルに温かいお湯を使えます。 一方で電気温水器の場合、エコキュートは「深夜にお湯を作っておく」という都合上、いわゆる「お湯切れ」を起こした際に利便性が良くありません。 ガスの場合は「使う時に使う分だけ」というスタイルでお湯を作りますが、エコキュートの場合は「作ったお湯を消費する」というスタイルなので、どうしても「作ったお湯の過不足」が生じてしまいます。 IH・ガスコンロ 最後に「IHクッキングヒーター」と「ガスコンロ」に関してです。 料金に関してですが、種類によってはガスコンロのほうが圧倒的にランニングコストが安く設定されています。 IHクッキングヒーターは「熱効率」は良いのですが、熱を生み出すために必要な電気量が多いため、電気代が高めになってしまうのです。 使い勝手に関しては、安全面で言えばやはりIHクッキングヒーターのほうが良いのではないかと思います。 実際に火を使わないため、火災の心配が少ないです。 また、リビングで使用する場合、ガスコンロの場合は「ガス缶」が必要になりますが、IHクッキングヒーターの場合はコンセントさえあればどこでも利用することができます(逆に言えば、コンセントがない場所では使用することができませんが)。 ですが、IHクッキングヒーターの場合、今までガスコンロで使用していた調理器具が使えない可能性が高いです。 IH用の調理器具はホームセンターや一部の食品スーパーでも販売されていますが、今まで使用していた使い慣れた調理器具がガス火専用の調理器具の場合、買い換えなければならないという点はどうしてもネックになります。 2017年4月からガスの全面自由化開始!セット割引でさらにお得に! さて、冒頭でも述べましたが来る2017年4月から「ガスの全面自由化」がスタートし、従来のガス会社とは異なる企業からガスを購入できるようになりました。 それによって、ガスの利用者は「セット割」という恩恵を受けることができるようになりました。 既にスタートしている「電力自由化」においては、ガス会社も何社か新電力としてこれに参入しています。 それに際して「電気とガスのセット割」というサービスをスタートしているガス会社が存在します。 これは、例えば電力会社を東京ガスに切り替えることで、東京ガスで利用しているガスの料金とセットで割引を受けられるというものです。 従来は「ガスを契約せず、オール電化にすることでガス代を0円にして節約」という方法があったところを、電気とガスの両方を利用しつつ家計の節約につなげることができるようになりました。 さらに、新電力の中には自社サービスや提携サービスとのセット割やキャンペーンなどを打ち出しているところもあります。 これは、これからスタートするガスの自由化においてガス会社が自社のサービスとのセット割などを展開することを予想することにもつながります。 ガス会社を複数の中なら選択できるようになったとして、その選択基準として「自分が利用しているサービスとのセット割を用意しているガス会社にする」という方法があるということになります。 従来とは異なる、新しい視点から家計の手助けにすることができる可能性があるということになります。 今すぐできる電気代節約方法は、電気料金プランを見直すこと 電気とガス、どちらがお得なのかという点に関しては生活のスタイルにも大きく依存することになります。 お得という見方を単純に料金面だけで捉えるのではなく、安全性や使い勝手の良さなどで総合的に見ていくと、さらに複雑になります。 一概にはどちらがお得とも言い難い部分もありますので、各家庭ごとに自分たちに合った電気・ガスの使い方を実践することが必要になります。 また、ガスの自由化によってガス会社を切り替えるかどうかは別として、電気やガスの自由化は私たちの「エネルギーとの付き合い方」を見直す良い機会になります。 身近なところでは電気代やガス代の節約、突き詰めていけばエネルギー問題や地球環境といった大きな部分につながります。 今すぐできる電気代節約方法は、電気料金プランを見直すのが手っ取り早いです。 インターネットから数分の手続きで、簡単に電力会社は変更できてしまいます。 まずは騙されたと思って、最大手の電力プラン比較サイト「エネチェンジ」で診断してみてください。 年間2万円近く節約できるケースもあるので、診断結果にビックリするかもしれません。

次の