白血病 初期症状 子供。 子供は要注意、白血病の初期症状を見逃さない方法

【白血病の症例】風邪のような症状と微熱、だるさ。診断は白血病|Open Doctors[オープンドクターズ]

白血病 初期症状 子供

白血病の初期症状と診断 1個の腫瘍細胞ができ、約6~7ヶ月経つと症状が出るという推定されています。 しかしながら、白血病の症状は様々であり、白血病に特徴的と言えるものは特にありません。 特に主とされる初期症状は風邪によく似ており、そのため初期の段階で白血病の診断するのは専門の医師でもとっても難しい事です。 白血病の診断としては医師による問診および触診の他、血液検査での末梢血液中の白血病細胞の有無、その増殖の度合いを見ます。 但し、白血病だからといって、必ずしも白血球数が増加しているとは言えず、時には正常範囲内やむしろ減少している事もあります。 その場合は、より正確な診断の為には 骨髄検査(骨髄穿刺)での白血病細胞を確認が必要となってきます。 白血病の症状 白血病の症状は急性白血病と慢性白血病では若干異なってきます。 (1)急性白血病の症状について 白血病では、骨髄の中でがん化した細胞(白血病細胞)が異常増殖することにより、血液をつくる場所がなくなり、赤血球、白血球、血小板などの正常な血球が減少してしまいます。 そのため、例えば、赤血球が減ると酸素を運ぶ事ができなくなり、貧血、顔面蒼白、全身のだるさ、日常のちょっとした動作での動悸や息切れなどの症状が出てきます。 また、白血球が減ると、感染症を起こしやすくなります。 その場合、発熱やのどの腫れなど感染症のような症状が出てきます。 但し、発熱においては、白血病細胞が殖えることでも起こる場合があります。 血小板が減ると、血が止まりにくくなる事から、内出血による青あざができやすくなり、鼻血や歯ぐきからの出血が症状として見られます。 他にも白血病細胞が骨髄で増え過ぎてくると、骨や関節に痛みが出る事があります。 あるいは白血病細胞が血管の流れにより他の離れた臓器に広がり、肝臓や脾臓が大きくなったり、リンパ節が腫れたり、歯ぐき(歯肉)腫れる事もあります。 白血病細胞が脳や脊髄の中に広がると、頭痛、吐き気等が症状として出てくる事があります。 この状態を「中枢神経白血病(中枢神経浸潤)」と呼びます。 (2)慢性白血病 急性白血病と違い、慢性白血病においては進行がゆっくりなため、初期には殆どの患者さんが無症状です。 そのため、通常の生活の中では気づきにくく、健康診断の血液検査で発見され診断されることがよくあります。 他にも、肝臓や脾臓が大きく腫れてきたり、リンパ節が腫れたりする症状が見られる事があります。 これに加え、慢性リンパ性白血病では免疫力が低下するため、細菌やカビ、ウイルスなどにより、自己免疫性疾患の溶血性貧血などを合併することがあります。 <白血病の主な症状まとめ> 貧血症状 : 顔面蒼白、身体がだるい、疲れやすい、ちょっとした動作での動悸・息切れ など 感染症状 : 発熱、のどの痛みや腫れ、咳、下痢 など 出血症状 : 内出血による青あざ、鼻出血、歯肉出血、怪我をした時に血が止まりにくい など その他症状: 骨の痛み、おなか(肝臓や脾臓)が大きく膨れる、リンパ節の腫れ、頭痛、嘔気や嘔吐、腫瘤の形成など 白血病の症状のあざについて 白血病の症状のひとつにあざがありますが、これは一般的なあざと見た目は似ていますが区別するのは容易です。 いわゆる打撲などでできる青あざは皮下出血によるものですが、しばらくすると自然と治癒してなくなります、それに較べて白血病によるあざは同じく皮下出血ではありますがなかなか治りにくくまた治りかけている間に他の部位にどんどんあざが増えて治癒する兆候がありません。 時間とともに増えるので一般的な打撲のあざとは明らかに違いがあります。 一か所もしくは数か所の打撲あざがある程度で他の部位に増えることがなければ心配することはありません。 ですが頻度が少なくても並行して重度の貧血や体の明らかなだるさ等が慢性的に起こる場合は一応精密検査を受けたほうが良いでしょう。 女性の場合は貧血等は起こりやすいのでそれほど神経質になる必要はないですが慢性的な場合は注意が必要です。

次の

白血病の症状で初期に現れたものとは!?

白血病 初期症状 子供

その腰痛は白血病の初期症状かもしれません。 白血病の初期症状として、骨や関節の痛みがあります。 腰痛がなかなか治らない場合は、白血病を患っている恐れがありますので、病院に行って血液検査を受けることが必要です。 スポンサーリンク 病気の進行が進むと立っていられない位に腰痛が悪化します。 白血病が原因の腰痛の特徴は、強い痛みが長時間にわたって持続することです。 この段階になるとほとんどの人は病院に行きますが、初期症状の段階で病院に行くことが非常に大事です。 普段はあまり腰が痛くならないのに、ある日急に腰が痛くなったような時には、早めに病院に行くと病気を早期発見することが可能です。 骨や関節の痛みは全身に現れますので、膝や肘、手首などの関節が急に痛くなった時などは要注意です。 腰が痛い時には、お腹を触ってみて、お腹が腫れていないかをチェックします。 もしお腹がブヨブヨに腫れていれば、病気を患っている可能性があります。 スポンサーリンク 白血病を完治するためには、初期症状を見逃さないことが非常に大事です。 初期症状が出た時点で病院に行くと完治に繋がります。 白血病の初期症状には、骨や関節の痛みの他にもいろいろな症状があります。 体のだるさが続いて食欲が落ち、体重が急激に減少してきた時は注意が必要です。 体重は減っているのに、お腹だけが膨らんでいる時も注意を要します。 比較的わかりやすい初期の症状として、体にあざが増えることがあります。 一箇所だけでなく、体のあちこちにあざができることが特徴ですので、比較的自覚しやすいです。 この病気には急性と慢性があり、急性の場合は自覚症状が出やすいですが、慢性の場合は自覚症状がほとんどありません。 慢性の場合は血液検査を受けない限り、病気を患っていることがわからないので、毎年必ず健康診断を受けることが大事です。 スポンサーリンク.

次の

がん・疾患情報サービス|新潟県立がんセンター新潟病院

白血病 初期症状 子供

白血病はその種類により、上記の症状の なか でもどの症状が現れるのかが異なります。 急性白血病・慢性骨髄性白血病・慢性リンパ性白血病のそれぞれでみられる症状を解説致します。 急性白血病の症状 急性白血病では、骨髄中の血液細胞が分化する過程で幼 若 な細胞ががん化することにより、異常な血液細胞が血液中に あふ れ出し、全身にさまざまな症状が現れます。 代表的な症状が、出血傾向・発熱・貧血です。 出血傾向とは、出血しやすくなるという意味で、血液細胞の一種である血小板が減少することにより、血が止まりにくくなり、鼻血や歯茎からの出血・アザなどがみられます。 特にアザは、健康な 方 でも体をどこかに強くぶつけると内出血をしてアザができますが、白血病 の方の場合 、体をぶつけたわけでもないのに複数か所にアザができたり、アザが非常に治りにく かったりする とい った 特徴があります。 また、正常な白血球が減少することにより免疫力が低下し、細菌やウイルスに感染することによ って 発熱 したり 、赤血球 が 減少 すること によ り 貧血などがみられ たりし ます。 他にも異常な血液細胞が全身を めぐ ることにより、リンパ節の腫れ・腹部の腫れ・骨や関節の痛み・頭痛・吐き気・嘔吐など、さまざまな症状が現れることがあります。 慢性骨髄性白血病の症状 白血病が慢性の場合には、初期の段階では急性のようにはっきりとした症状が現れないケースが多く、自覚症状が乏しいという特徴があります。 慢性骨髄性白血病は、適切な治療をしないと数年後に急性に移行し 急性転化 、急性白血病と同じ症状が 出 るようになります。 慢性リンパ性白血病の症状 慢性リンパ性白血病は高齢者に多くみられ、進行がゆっくりで症状も自覚しにくいという特徴があります。 慢性リンパ性白血病では、リンパ節の腫れがみられることがありますが、痛みがないことが特徴的です。 ある程度病状が進行すると、免疫力や食欲の低下により、全身倦怠感・体重減少・寝汗・微熱などの症状が現れることもあります。 慢性リンパ性白血病は他の白血病に比べて進行が緩徐で、病状に変化がみられず症状も安定している場合には、経過観察だけでまったく治療を行わない場合もあります。 慢性リンパ性白血病は、慢性骨髄性白血病と ちが い、急性転化することはほとんどありません。 15歳以下の子どもが発症する小児白血病 白血病の なか でも15歳以下の子どもが発症するものを「小児白血病」と呼びます。 国立がん研究センターによると、子どもに生じるがんの なか でも白血病は全体の約38%と、 もっと も多い病気です。 残りの少数は、慢性骨髄性白血病や骨髄異形成(いけいせい)症候群、若年性骨髄単球性(たんきゅうせい)白血病などが占めます。 小児白血病の症状 小児白血病の多くは急性白血病で す。 症状は大人の急性白血病と似て おり、 具体的には、 下記 のような症状がみられます。 紫斑(しはん:あざのこと)や鼻出血(びしゅっけつ)などの出血傾向• 顔色不良• リンパ節の腫れ• 骨や関節の痛み 大人と ちが って子どもの場合は、自分で体の不調をうまく伝えることができないために、なかなか気づかれない場合も少なくありません。 しかし、白血病を発症していることを示す何らかのサインはあ り 、その異変に大人が早く気付いてあげられるかが早期発見のカギを握ります。 とくに転んだ などの思い当たる原因がある わけで は ないのに体にたくさん アザ ができてい る 、20分以上も経過するのに鼻血がなかなか止まらな い、 といった症状は小児白血病の代表的な症状です。 そのため 、子どものちょっとした異変を「大したこと は ないだろう」と片づけるのではなく、「おかしい」と気付いて病院を受診することが大切です。 小児白血病は、早期発見で完治も可能な病気で あるため 、小さなサインでも見逃さずに病院を受診するようにしましょう。

次の