足の裏 痛み ツボ。 よくあるその足裏の痛みの正体は?

膝痛

足の裏 痛み ツボ

原因のわからない足裏の痛み。 その正体は? たとえば、「朝起きて立つと、土踏まずや、かかとが痛い。 」 「歩くと足指の付け根がじんじんする。 」 自分でも原因に心当たりがないためかよけいに気になります。 病院でも、はっきりとした原因が分からないケースもあるようです。 では、あなたの痛みの原因は? あなたの足裏の痛みを診断 痛い場所と、症状でわかるあなたの足トラブル 足裏の痛みを大まかに分類すると• 土踏まずが痛いのは偏平足• 足裏が痛い(土踏まずから踵にかけて)のは足底筋膜炎• 指の付け根に「ジンジン」とした痛みがあるのは中足骨骨頭痛• 指と指の付け根の間に「ビリッ」とした痛みがあるのはモートン病 あなたの痛い箇所はどこ?痛みの原因チェック あなたの痛みの原因がわかったら、4つの症状を詳しく解説していきましょう。 土踏まずが疲れる・痛い 「偏平足」 いわゆる土踏まずが無い状態。 正確にはアーチ形状をした骨格構造の崩れ。 身体を支える基本構造でもありますから、足裏だけでなく腰や膝などにも影響を及ぼすおそれがあります。 中高年以降の偏平足は、さまざまなトラブルの原因となります。 骨格ができあがる成人するまでの間にきちんと予防することが大切です。 偏平足の見分け方 土踏まずが無ければ直ちに偏平足という事ではありません。 日頃からスポーツをやっている人には、足裏の筋肉が発達していて、一見土踏まずが無いように見える場合もあります。 以下の手順で偏平足かどうかを判断することができます。 親指の腹で下からすくうように確認します。 でっぱった骨が舟状骨です。 こんな時に痛い!人も、偏平足の可能性があります。 長く立っていたり、歩いていたりすると土踏まずが痛くなる。 「土踏まずがサポートされた靴」を履いているのに、逆に土踏まずが痛くなる。 原因は筋肉の衰え。 では、その要因は? 運動不足 運動をしない、歩かない、仕事はデスクワークといった人は要注意です。 一般に、社会人になると運動をする機会が減り、さらに中高年になると歩く量も減ってきます。 使わないことで足裏の筋肉が衰えると足の骨格を支える力が弱くなり、アーチが崩れ偏平足になっていきます。 ヒールやパンプスは要注意 ヒールのあるパンプスやサンダル、ブーツをいつも履いている人、スニーカーの紐を緩めて履いている人、内股で歩幅が狭い歩き方をする人。 足裏の筋肉は足指でしっかり蹴る動作によって鍛えられますが、このような人は、足指でしっかり蹴って歩くことができませんので、足裏の筋肉が衰えてきます。 痛みの解消/症状の改善ポイント インソールを使用すると痛みは改善します。 予防対策はをご参考ください。 通勤、通学、仕事の関係で歩く量が増えた パンプスやローファー等の靴は、底が硬く足裏を路面から守るクッションがありません。 歩く時間や距離が長くなると、負担が一気に増し、炎症を起し痛くなります。 フローリングの上を素足で歩いている 新居への引っ越し等で、硬いフローリングの上をスリッパ無しで歩き回ると、痛めることが良くあります。 外反母趾 外反母趾の人のほとんどはこのトラブルを併発しています。 外反母趾による痛みと思っている人が多いと思いますが、別のトラブルです。 外反母趾を完全に治す事ができなくても、中足骨骨頭痛の痛みを緩和することは可能です。 痛みの解消/症状の改善ポイント 予防対策はをご参考ください。 モートン病の見分け方• 靴を履かず、足に何の圧力もかかってない時は痛くない。 歩行中の踏み返し時に(つま先に体重が移動して蹴り出す動作)に痛みやしびれが生じる。 歩いていてしばらくすると痛みやしびれが出る。 足裏の痛みの中には、一定期間、足裏に負担をかけず安静にしていることで、痛みが治まる場合もありますが、モートン病の場合は痛みが継続します。 足裏の図の位置を押すと痛い。 原因は神経の圧迫。 思い当たる要因は? 幅の狭い靴や過度の衝撃によって指の付け根が圧迫され続けることにより、指と指の間の神経がこぶ状に肥大します。 これをさらに圧迫することで痛みが生じてしまいます。 幅の狭い靴、ヒールの高い靴 幅の狭い靴を履くと、足指の骨の間にある神経のこぶが圧迫されて炎症を起しやすくなります。 また、ヒールの高い靴を履く場合、この位置にかかる荷重が大きくなり炎症を起しやすくなります。 開張足 アーチの崩れは、運動不足の人や年配の人に多く見られますが、この足の横アーチが崩れると体重がかかった時に、神経のこぶが押しつぶされるような状態となり痛みを引き起こします。 ランニングや長距離の歩行 ランニングのように常に足指の付け根に衝撃を受けるような運動や、旅行等での歩き過ぎがきっかけとなって足裏に炎症を起こし、炎症により腫れが神経のこぶを圧迫して痛みを引き起こす場合もあります。 痛みの解消/症状の改善ポイント 足のアーチを支えるインソールや、靴にパットを貼付けることで、体重のかかる位置を調整します。 予防対策はをご参考ください。

次の

足裏のツボ(図解)マッサージの効果! 痛いところはどこが悪いの?

足の裏 痛み ツボ

今日はいっぱい歩いたから足の裏が痛い。 今日はあんまり歩いてないのに痛い。 足の裏がふいに痛む。 さまざまな状況で足の裏は痛くなります。 足の裏の痛みにはさまざまな病気が隠れています。 足が関係してる病気はもちろんですが、それだけでなく、なんらかの病気のサインが隠されている場合もあります。 ただ単に足が痛いだけと思わず、一体どんな原因で足が痛いのかを分かると意外なことが発見されるかもしれません。 つま先が痛む、かかとが痛む、土踏まずが痛む、部位によって症状はいろいろです。 人間は2足歩行の生き物ですので足の裏を痛めると走るどころか歩くのも立っていることさえ辛く、大変になってしまいます。 ではどんなときに足の裏は痛むのでしょうか。 当サイトでは足の裏が痛い原因や、どんな症状があるのかをなるべくわかりやすく説明しております。 足の裏に関する痛みの原因の知識を身につけ対処、予防に繋げていきましょう。 sponsored link.

次の

足の裏が痛い原因

足の裏 痛み ツボ

膵臓が疲れているかどうか、手軽に確認する手段があればいいのに…。 そう思ったことがある人は、多いでしょう。 そこで、誰でも手軽に体内の器官がどんな状態であるか確認でき、 なおかつ機能促進の効果も期待できるのが、ツボ押しです。 この記事を読むことで、膵臓に関係のあるツボを把握できます。 分かりやすくYOUTUBEの動画もつけておきましたので、 自宅でテレビを観ている時などに、ツボ押しで膵臓のケアをしてみてください。 それでは、膵臓と関係の深いツボを2つご紹介しましょう。 -スポンサード リンク- 足の裏にある膵臓に良いツボ まずは、足の裏にあるツボです。 図のとおり、膵臓と深い関係があるツボは、足の裏の土踏まずの内側(親指側)に位置しています。 両足のこの箇所をまずは強めに押してみてください。 もしも痛いと感じた場合は、膵臓が疲れて弱っている可能性が高くなります。 今一度、自分の生活習慣を見直して、糖質の多いものばかり食べていないか、運動不足に陥ってないかなど確認しましょう。 また、過度な飲酒や喫煙も膵臓には負担をかけるので、つい摂取しすぎているという人は少しずつ控える努力をしてみてください。 とはいえ、飲酒や喫煙は趣味として楽しんでいる人も多いもの。 突然やめたり、大幅に減らすとかえってストレスに繋がってしまいます。 控える場合は少しずつで構わないので、ストレスにならないように気を付けましょう。 手のひらと手の甲にあるツボ 膵臓のツボは、左の手のひら・手の甲にあります。 まず、手のひらの中心に指を置いて、そのまま真っすぐ横にずらしていきましょう。 ちょうど小指の下あたりまできたら、そこで止めます。 そうしたら、その箇所を手のひらに親指、手の甲に人差し指を添えて掴み、薬指と小指の間を探してみて下さい。 ちょうど2つの指が交差しているところが、膵臓のツボとなります。 手の甲も同じ位置なので、先ほど説明した通り親指と人差指で摘むように押して刺激すれば、同時にツボマッサージを行えるでしょう。 できれば、押して刺激する前にツボの位置を軽めにこすってみてください。 こうすると、ツボに刺激を与えすぎてしまうのを防げます。 ツボ押し効果をもっと期待できるようにするために ツボ押しはテレビを観ながら、休憩でゆったりリラックスしながら…と、ながら作業で出来るものです。 手軽に取り組めるからこそ、できればより良い効果を期待していきたいもの。 そこで、ツボ押し効果を更に期待出来るものにするためのポイントをご紹介しましょう。 まず、ツボ押しを行うタイミングですが、できれば体が温かい時が良いとされています。 そのため、入浴した30分後やストレッチ・有酸素運動をした後に行うのがベストタイミングと言えるでしょう。 体が温まっていると、筋肉がほぐれているため、ツボの位置も探しやすいです。 また、肌との摩擦でのダメージを考えて、ツボ押しの前にスキンケアクリームを使用するのも良いでしょう。 特に皮膚が弱い人は、ツボ押ししたことでその部分の皮膚が荒れてしまうことも少なくありません。 必ず、スキンケアクリームを用いるようにしてください。 また、寝る前にツボ押しすることで、ツボへの刺激をより良いものへと変えられます。 更に、体を休ませることで自律神経も整うため、膵臓自体を休養状態にさせることが可能です。 必要以上に膵臓を働かせてしまうのを防ぐためにも、寝る前のツボ押しはぜひ習慣化してみてください。 <関連記事>•

次の