大切 な こと は すべて 君 が 教え て くれ た 菅田 将 暉。 菅田将暉が「変身!!」/気になリスト

ラブレター (2008年のテレビドラマ)

大切 な こと は すべて 君 が 教え て くれ た 菅田 将 暉

もくじ• 経歴・プロフィールの詳細 15歳:2008年ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで最終選考に残り、これがきっかけで芸能事務所に所属する。 16歳:2009年テレビシリーズ「仮面ライダーW」で、俳優デビュー。 20歳:2013年に出演した映画「共喰い」で日本アカデミー賞新人賞を受賞し、注目される。 21歳~:NHKの朝ドラ「ごちそうさん」や「死神くん」「問題のあるレストラン」などの話題作にも出演し、演技派の若手俳優として期待される。 以降は「帝一の國」「キセキ-あの日のソビト-」などの映画に主演。 24歳:2017年6月に1STシングル「見たこともない景色」で歌手デビューした。 進学実績も良好で毎年大阪大学の合格者を出しているほか、関関同立(関西学院・関大・同大・立命大)には延べで300人以上が合格します。 【2018年度の主な進学実績】 関西大学 149名 近畿大学 115名 立命館大学 80名 同志社大学 58名 関西学院大学 45名 神戸大学 13名 大阪府立大学 10名 大阪市立大学 9名 大阪大学 2名 九州大学 2名 京都大学 1名 一橋大学 1名 菅田さんは高校時代はアメフト部に入部しており、ポジションはクォーターバックでした。 クォーターバックはアメフトにおける頭脳といったポジションですから、頭脳明晰な菅田さんだけあって頷けますね。 ちなみに同校のアメリカンフットボール部は大阪府の代表として関西大会にしばしば出場するほどの強豪です。 なおアメリカンフットボール部在籍は1年ちょっとということもあって、レギュラーではありませんでした。 「嵐にしやがれ」で菅田さんの高校時代が紹介されました。 高校1年生の時に「ジュノン・スーパーボーイズ・コンテスト」のファイナリストになっています。 このコンテストには友達と一緒に応募しており、「誰かひとりでも(最終選考に)残ったらすごいな」という程度の軽い気持ちからであることをインタビューで述べています。 また菅田さんはこのコンテストではグランプリはおろか入賞すらできませんでしたが、現在の所属事務所の「トップコート」にスカウトされて芸能界入りしています。 やはり当時から光ものがあったようです。 ちなみにこの年のグランプリは俳優の市川知宏さん、準グランプリは渡部秀さんでした。 そして菅田さんは芸能事務所入りするために上京したため、高校2年生の時に同校は 中退 を余儀なくされています。 というのも芸能事務所入りしてすぐに「仮面ライダーW」の主役に抜擢されたのですが、仮面ライダーシリーズの撮影スケジュールは厳しく、1年で50本のドラマのほか、映画3本にスピンオフの撮影などがあるのです。 (右はW主演の桐山漣) そのためとてもではありませんが大阪から通って撮影することもできず、高校を中退して上京していますが、当時を振り返っても「私生活はほぼない」とも話していました。 またそのためアメリカンフットボール部では公式戦には出場していませんし、本人も「アメフト部を辞めることが一番辛く、これ以上泣けないというくらい泣いて、涙が止まらなかった」とインタビューで話しています。 ただし上京後に 東京の高校に転校したことを父親の菅生新(すごう あらた)さんがインタビューで話しています(なお転校先の高校名は不明で、卒業したかも明言していない) なお池田高校時代の菅田さんはかなりモテたようで、「 王子」のあだ名がついており、昼休みには女子生徒に写真を撮られるほどでした。 しかし高校時代は 恋愛下手で、好きな女子とはうまくいくことがありませんでした。 告白できないで終わったことや高校時代の 彼女にも、付き合ってすぐに彼女から「ペアリングがほしい」と言われてプレゼントしていますが、その1週間後にフラれたエピソードをテレビ番組内で話していました。 (高校時代の写真) そして高校を辞めてまで出演した「仮面ライダーW」については、次のようにインタビューで語っています。 「普通の高校生が明日から撮影所に通うんですよ。 これはもうパニックです。 とにかく勢いで突っ走ってきました。 やることがいっぱいありましたから」 仮面ライダーシリーズは若手俳優の登竜門となっていますが、菅田さんは史上最年少で仮面ライダーの主役に抜擢され、演技経験もなかったことから相当な苦労をしたようです。 仮面ライダー撮影中は父親の菅生新さんに人生初の平手打ちもされていることを菅生さんがインタビューで話しています。 「高校も2年で東京に転校することになったんですが、ある日、先生から連絡があったんです。 「レポートが出ていない」と。 そこで息子の家に行って「どういうことだ!仕事は仕事で大切やけど、学校もしっかりやると言うたやないか!」と人生初の平手打ちをしました。 すると、息子が「それは分かっている。 分かっているんやけど、体が動かへんねん…」と言って」 「深夜まで撮影があって、仮眠だけして翌朝からまた撮影。 しかも、主役として、背負うものもたくさんある。 「もう、ホンマに動かへんねん」と言われた時に、しんどくてサボるような子ではないのは僕が一番、分かっている。 でも、親としたら、それでも頑張れということを示すところだとも思ったし、だから、平手打ちもした。 でも、家族会議で最終的に決めたのは父である僕でもある。 いろいろな感情が一気にあふれてきて、平手打ちの後、ボロボロ泣きました。 僕も、息子も。 あんなに手が痛く感じた平手打ちはありませんでした。 」 (菅生新さん) 仮面ライダーをはつらつと演じていた菅田さんですが、その裏にはかなりの努力と感動の親子の秘話もあったのですね。 また17歳だった翌年には連続ドラマの「ハンマーセッション!」にレギュラーとして起用されています。 このドラマには主演の速水もこみちさんが教師役を務めて、菅田さんはその担当のクラスの生徒役で出演していますが、他にも野村周平さんや竜星涼さん、志田未来さん、山下リオさんも生徒役で出演しており、豪華なメンバーでした。 さらにはその翌年には戸田恵梨香さんと三浦春馬さんが主演した月9ドラマの「大切なことはすべて君が教えてくれた」にも起用されています。 このように菅田将暉さんは16歳で俳優デビュー後から10代の終わりにかけてはかなり多くの作品に出演しています。 本人も当時を振り返って「ガムシャラだった」と語っており、当時についてをインタビューで次のように振り返っています。 「追い詰めすぎると自分がしんどくなるかもしれないけど、10代20代なんて、しんどくていいじゃないですか?本気になったら、何でも出来ると思うんです。 3年本気でやり続ければ、何か変わると思うんです。 もしダメなら、それは本気じゃないんですよ。 自分でも、そう感じることが、たまにありますから。 そうならないよう、僕は周りに笑われるくらい常に本気でいたいと思っています」 このあたりの菅田さんの言葉には、役者という仕事に向き合う真摯な姿勢も窺うことができます。 また後述しますが菅田さんは小学生の頃からピアノを続けていましたが、俳優デビューしたタイミングでピアノは辞めて、いったんは音楽も聞かなくなったと語っています。 【主な卒業生】 鳥井信一郎(サントリー元会長) たいせい(シャ乱Q) そして菅田将暉さんは高校卒業後は 大学などに進学しておらず、俳優業に専念しています。 しかし後述するように高校は進学校出身なので、行こうと思えば大学に行けるほどの頭脳の持ち主でしょう。 恐らく高校を中退して上京した際に、既に大学には進学しないで俳優に専念することを決めていたのでしょう。 ちなみに菅田さんの高校時代は 早稲田大学への進学を希望して、将来の夢は数学の先生だったと後日語っています。 これらの話によれば、当時の第一志望は早稲田大学の教育学部数学科だったのかもしれませんね。 いずれにしても相当の進学校に在籍しており将来も有望だったにも関わらず、芸能界で勝負しようとした思い切りのよさは光ります。 なおちなみに菅田さんの弟は府立の渋谷高校(偏差値46)を卒業し、駒沢大学に進学していますが、その際には菅田さんと同居していたそうです。 また当初はアイドル的な仕事が多かった菅田さんですが、20歳の時に出演して日本アカデミー賞新人賞を受賞した映画「共喰い」が転機になったとインタビューで語っています。 (左は田中裕子) さらに21歳の時に出演したNHKの朝ドラ「ごちそうさん」では、ヒロインの杏さんの長男役を演じて、ブレイクを果たしています。 以降は人気俳優となって、数々の映画やテレビドラマに主役級として起用されています。 スポンサードリンク 菅田将暉の学歴~出身中学校の詳細 出身中学校:大阪府 箕面市立第一中学校 偏差値なし 菅田将暉さんは中学校は、地元箕面市(みのおし)内の公立校の箕面市立第一中学校に通学しています。 中学時代もサッカー部に所属したほか、中学生時代は続けていました。 後に歌手デビューをして作詞や作曲もできる菅田さんですが、ピアノを中学生まで続けていたことが大きな影響を与えているようです。 (ライヴでもキーボードの弾き語りをすることができます) また現在ではギターを弾くこともできますし、テレビ番組で弾き語りを披露したこともありました。 中学時代にはスカウトもされていますが、当初は芸能界に興味はなく断っています。 また中学2年生の時に試しに大手芸能プロダクションのオーディションを受けたところ、最終選考には残りましたが合格はしませんでした。 ただしその際は菅田さんは非常に悔しがっており、この経験が高校時代のジュノンスーパーボーイコンテストへとつながりました。 意外にも中学時代にはさほどモテておらず、校内でも騒がれるような存在ではなかったと話しています(モテたのは高校からだったので「高校デビュー」などとも言われている)。 さらに中学2年生の頃には文化祭の劇で主演しています。 劇の内容は「ちびまる子ちゃん」がタイムスリップしたという話ですが、菅田さんは「はなわ君」役で主演して、脚本も手掛けています。 また菅田さんの母親が中学時代の菅田さんについての感動したエピソードとして、次のように語っています。 私が長男で感動したのは、中学に入った頃、テスト期間中のことでした。 夜、ふと寝室を見に行ったら、長男が右手に教科書を持ってテスト勉強をしながら、左手で三男をなでて寝かしつけていたんです。 我が子ながら、よくできたお兄ちゃんだなと思いました 笑 (中学時代・2人の弟と) スポンサードリンク 菅田将暉の学歴~出身小学校の詳細 出身小学校:大阪府 箕面市立西小学校 菅田将暉さんの出身小学校は、地元である大阪府箕面市の公立校の箕面市立西小学校です。 父親の菅生新さんは経営コンサルタントや実業家として成功していたので、実家は裕福で小学校の頃は英会話やピアノ、ダンス、水泳なども習っていました。 (父親と) 男ばかりの3人兄弟で次男とは4学年、三男とは7学年離れており、小さい頃の菅田さんは三男をお風呂に入れるなど非常に面倒見がよく、非常に優しい少年だったことを母親がインタビューで話しています。 ただし両親の教育方針で、小学校の頃から家ではゲーム禁止でした。 また当時は祖父がスナックを経営しており、小さなころに家族みんなでお店で歌ったことが音楽に触れたきっかけとしています。 加えて大阪人らしく菅田さんは子供の頃からお笑いが好きで、特に「ダウンタウン」の大ファンでした。 後に「ダウンタウンなう」に出演した際には、感激のあまりうれし泣きをしています。 小学校時代はサッカークラブに所属するなどスポーツは得意で、当時はスポーツ刈りで日焼けで真っ黒な少年でした。 この頃の菅田さんは箕面市にあるグリーンフルミンセFCというサッカークラブに在籍していましたが、1学年下にはリオデジャネイロオリンピックの代表選手にも選ばれた柏レイソルの亀山諒史選手も在籍していました。 本人も小学生の頃の好きな科目は「体育」といっており、わんぱくだったと語っています。 もちろん勉強も得意で学校の成績も非常によかったとのこと。 加えて小学生の頃は「仮面ライダー」などのヒーローもののテレビが大好きだったともインタビューで語っています。 また菅田さんの母親は小学生時代は菅田さんがモテていたことをインタビューで次のように話しています。 「三男の幼稚園には当時小学校高学年だった長男が迎えに行ってくれてたんですが、長男が行ったら、保育士さんが「キャー!今の誰?」となっていたと。 ま、親バカど真ん中なんですが、うれしい話ではありましたね」 以上が菅田将暉さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。 その後の菅田さんの活躍は周知のとおりで、現在はもっとも人気の高い若手俳優のひとりとして数多くの作品に出演しています。 大河ドラマの「おんな城主直虎」には準主役として出演。 (左は主演の柴咲コウ) 映画「帝一の國」では、竹内涼真さんや志尊淳さん、野村周平さん、千葉雄大さん、間宮祥太朗さんらの豪華若手俳優を従えて、主演を果たしています。 演技力も好評で多くの映画監督からも絶賛されているほどです。 さらには2017年には歌手デビューを飾っており、歌手としては米津玄師さんとコラボをするなど話題となっています。 【オリコン2位となったさよならエレジーの動画】 (このPVには山崎賢人さんが友情出演しています) 今後もさらに演技力を磨けば、日本を代表するような俳優になるかもしれません。 以降の俳優としての大きな成長にも期待が高まります。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。 また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。 なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

次の

菅田将暉 出演作品ロケ地情報

大切 な こと は すべて 君 が 教え て くれ た 菅田 将 暉

概要 [ ] 誰からも祝福されていた同士のカップルが、教え子との一夜の過ちから始まる混乱に愛の本質を問われ、嫉妬による自己嫌悪や家族との愛憎などに苦悩しながら新しい関係を見出す物語。 主演の戸田は、『』(TBS)より2クール連続での連ドラ主演、また、三浦は本作がフジテレビのドラマ初主演となった。 またドラマの準主演()となる佐伯ひかり役は、オーディション参加者800名の中から選ばれたが演じ 、第68回助演女優賞を受賞している。 野外撮影では2011年2月11日・14日および3月4日・7日に、のロケーションサービスによって、およびが利用された。 放送 [ ] 初回は15分拡大の21時 - 22時9分に放送された。 だが、放送期間中の2011年3月11日に発生したにより放送はさまざまな影響を受けた。 3月14日に放送予定だった第9話は震災関連のFNN報道特別番組『SP』(16:53 - 22:00)を放送のため休止し、翌週に放送された。 第9話・最終話では提供クレジットを自粛、第9話ではNTT災害用伝言ダイヤル(が協賛社)を除く、すべてのCMがに差し替えられ、最終話では前述のNTT災害用伝言ダイヤルに加え、・・・の4社がCMのみの参加。 また、当初の終了翌週にあたる3月28日に『』を3時間SPとして放送する予定だったが、このドラマの遅延により2時間に短縮した。 あらすじ [ ] 私立明稜学園高等学校に勤める高校教師・ 上村夏実は、同じ学校に勤める教師で同校の生徒時代からの付き合いである 柏木修二と婚約しており、生徒や同僚からも祝福されていた。 しかし前日、修二は自身の生徒・ 佐伯ひかりと一夜を共にし、そのことは夏実にも知られてしまう。 ひかりは生殖機能の病を抱えた少女で、家族の死なども関係した複雑なコンプレックスを抱えながら修二に恋をしていた。 ひかりは修二と過ごした証拠となる画像を盾に夏実に嫌がらせをし、二人の仲を裂こうとするが、結局身を引く。 そのまま結婚を進めようとした二人だが、ふとした事から校内にひかりとの関係が知れ渡る。 修二は生徒たちをはじめ周囲に糾弾され、人気の教師であった修二の社会的立場は下落してしまうが、複雑な事情を抱えるひかりを教師として見捨てることは出来ず、彼女を見守り続ける。 混乱の中で夏実は妊娠に気付き、修二と別れひとりで産み育てることを決意する。 事情を知った上で結婚を申し込む男性が現われたものの、夏実は修二への思いを断ち切れず、次第に修二が初めて見せた自発的な意志と、ひかりに対する真意を受け止めてゆく。 修二は教師を辞めることになるが、ひかりを家族や精神的な問題と向き合わせた上で、本当に愛しているのは夏実だけであると告げ、ひかりを独り立ちさせて別れる。 教師としての役目を全うさせた修二はふたたび夏実に求婚する。 夏実もまた、本当に愛しているのは修二だと気付いてそれを受け止める。 転職した修二は街でひかりを見かけるが、その姿はかつて修二が、街ですれ違っても自分の存在に気付かないほど幸せになってほしいと彼女に語った姿そのものだった。 夏実と修二もまた、出産した娘と共に新しい生活を始めるのだった。 キャスト [ ] 私立明稜学園高等学校・教職員 [ ] 上村 夏実 演 - 本作の主人公。 1年の担任教師。 担当科目は英語。 で、中学の頃までで暮らしていた。 未経験ながら、女子部の顧問を務める。 明るく前向きで行動力があり、さばさばした性格から、生徒に慕われている。 同じ高校教師の修二と婚約していたが、彼がひかりと一夜を共にしたことを知り、修二への愛に疑問を持ち始める中で、自分自身に芽生えた暗い怒りや嫉妬深さに悩まされることになる。 修二の子を身篭るも、普段受け身の修二が初めて自らひかりを気にかけていることに気づき、結婚を取りやめ、一人で子供を産み育てる決意をした。 しかし、その後も修二と有悟の間で気持ちが揺らいだ末、有悟との縁談を断り、修二のプロポーズを受け結婚。 2学期いっぱいで産休に入り、女の子を出産。 明稜学園の卒業生で、在学中は修二と同級生だった。 柏木 修二 演 - 本作のもう1人の主人公。 2年1組の担任教師。 担当科目は生物。 夏実の婚約者。 爽やかな外見と真面目で思慮深い性格から、生徒だけではなく、保護者や同僚からも信頼・支持されているが、優柔不断で実行力に欠ける。 自身の生徒のひかりと始業式前日に一夜を共にしてしまい、今まで築き上げた夏実との関係や学校での立場を脅かされてしまう。 半年間の謹慎とその間の生徒との接触禁止の処分を受けた後に復職するが、別れた夏実を妊娠させながら責任を取らないことが保護者に知れ渡って再び問題となる。 理事会で依願退職の処分が下されるが、自らそれを断って解雇を希望し、鶴岡から解雇を告げられる。 その後、レンタルマットの会社、クリーン・ワンに再就職。 明稜学園の卒業生で、在学中は夏実と同級生だった。 実家は酒屋で、謹慎中は手伝っていた。 中西 佳史 演 - 2年2組の担任、学年主任。 世界史担当。 生徒想いで経験豊富だが、強面な外見と空気を読まない発言で、生徒と保護者からの評判は良くない。 修二を羨んでおり、何かと彼に絡んでくる。 特異な家庭事情を持つ望未を気にかけており、また彼女からの信頼も厚い。 金子 雅代 演 - 2年3組の担任。 体育担当。 夏実や修二のことを同僚として気にかけている。 一人で子供を産むことになった夏実が他の教職員に非難された時、それでもおめでとうと言うべきだと夏実の妊娠を否定的に捉えないよう促した。 産休に入る夏実の後任として、バスケットボール部の顧問となる。 鶴岡 悟司 演 - 教頭。 夏実・修二の恩師。 温厚で包容力と判断力に溢れている。 問題が起きると、様々な人の意見を聞き、常に冷静に対処するタイプ。 夏実と修二の教師としての素質を認め、2人を温かく見守っていたが、修二とひかりの一件が発覚してからは、その処分を巡り頭を悩ませる。 その他の教師• 理事 - (第8話)、(第8話)、(第8話)• 理事長 - (第8話) 私立明稜学園高等学校・生徒 [ ] 2年1組 [ ] 佐伯 ひかり 演 - (幼少期:) 先天性の機能不全を患う女子生徒。 駿陽大学附属病院のに通っており、薬が無くては「女」になれないことへのコンプレックスから、自分を「欠陥品」と呼ぶ。 始業式前日に修二と一夜を共にし、修二の弱みを握る一方でバスケットボール部に入って夏実に近付き、ベッドに裸で眠る修二のを送りつけ2人の関係を壊そうと追い詰めていく。 修二は夏実とひかりの選択を強いられるが、ひかりは拒絶され、その悲しみを望未に相談する。 修二のことは本気で好きになっており、に語りかけ、「はかたつむりの欠陥品ではない」と語る修二の姿を見たのがきっかけであった。 姉の事故死を機に家族の関係が壊れており、かわりに「欠陥品」の自分が死ねばよかったと思い詰めていた。 父・正則が家を出た始業式の前日、姉のを着て、望未にメイクしてもらい、夜の街で薬を飲まずに女の子になれたという喜びを味わっていたが、修二と似た見ず知らずの男性とを迎え嫌悪感を持ってしまう。 その後バーで出会った修二の部屋に行き、眠ってしまった修二に自身の汚れを消してほしいという気持ちで服を脱いで添い寝した。 夏実に送りつけた写真は、それが夢ではない証を残すために撮ったものである。 2学期いっぱいで瑛琳女子大学付属高等学校に転校した。 その後姉と行けなかった旅行に修二の見送りのもと再度出かけ、両親との関係も修復し、後に修二と街ですれ違ったときには気がつかないほどに幸せそうになっていた。 平岡 直輝 演 - 関西出身。 素直で行動力がある。 男子バスケットボール部に所属し、『』を心のバイブルにしている。 夏実の大ファンで徐々に癒しを与える存在となっていく。 よく涼子をからかう。 修二が夏実を婚約者に持ちながらも生徒と一夜を共にしたことが許せず、殴ってしまう。 園田 望未 演 - 席がひかりの後ろだったことから親友になり、ひかりの心を支える存在となる。 特待生で頭はいいが、不登校がち。 性格は明るく自由奔放で正義感が強い。 父親が借金を残して失踪した為、をはじめ、新聞配達、サンプル配布、マンガ喫茶のティッシュ配りなどのアルバイトをしている。 ひかりのブログから彼女の好きな相手が修二だと気づき、修二を責める。 中西の後押しもあり、でを見るために、アフリカに旅立つ。 加川 涼子 演 - 明るく開放的な性格をしており、クラスの中心的存在。 女子バスケットボール部所属。 よく直輝と言い合いをしているが、直輝のことが好き。 児玉 賢太郎 演 - (、当時:B. Shadow) 引っ込み思案な性格をしており、クラスメイトともほとんどしゃべらない。 オタクで、いつも電車の時刻表を携帯している。 女性的な容姿と雰囲気からクラスメートのからかいの対象になることもしばしば。 ひかりのことが好きで告白したが、同情からだと思われ、振られる。 渡辺 優奈 演 - 勝気で華やかな美少女。 クラスでも目立つ存在。 牧田 玲花 演 - 優奈とは幼なじみ。 内気な性格で、容姿や成績で優奈にコンプレックスを持っている。 田口 和孝 演 - 交際中の万里とを持ったことから、問題になる。 控え目で目立たない存在。 川本 万里 演 - 交際中の和孝と関係を持ったことから、問題になる。 生真面目な性格をしており、学級委員的存在。 江藤バーンズ凌真 演 -。 力と体格に恵まれており、気さくな性格。 男子バスケットボール部所属。 小野 誠也 演 - 小柄で眼鏡をかけた真面目な生徒。 修二から「教師より頭がよい」と評されるほど学力に優れる。 辻本 奈知 演 - 明るいお調子者。 ひかりの携帯を偶然目にしたことから、2年1組の生徒が修二とひかりの関係を知るキッカケとなる。 その他の生徒• 宇野沙莉 -• 相沢航希 -• 石本千寿 -• 高橋悠希 -• 瀧山辰哉 -• 千葉奈々 -• 土屋孝之 -• 徳永玲奈 -• 中田広稀 -• 中野愛里 -• 夏川流太 -• 西野優衣 -• 根本健人 -• 野口優里 -• 橋本達也 -• 樋口みはと -• 桃井天音 -• 安田美月 -• 山口美咲 -• 吉川タツヤ - バスケットボール部 [ ] 女子バスケットボール部員• 星野陽子 -• 元木彩 -• 有野佐知 -• 眞鍋理沙 -• 藤岡優里奈 -• 田辺かおり - 男子バスケットボール部員• 山田純平 -• 山田哲平 -• 井口龍之介 -• 田中力意 - 夏実の家族 [ ] 上村 圭子 演 - 夏実の母親。 上村 克実 演 - 夏実の父親。 ヘルニアで入院していた。 修二の家族 [ ] 柏木 孝一 演 - 修二の兄。 教職に就く為に家を出た修二に代わり、実家の酒店を継いでいる。 優しくて面倒見が良くて真面目な兄だと評されるが、修二が夏実と婚約したことにより、修二に対して憎しみと嫉妬心を抱いていることに気づき、始業式前夜に育子を殴ってしまう。 しかし、両親から期待され続けていた修二を本当は羨ましく思っていて、挫折した修二に学校へ戻るよう諭したり、上村家への謝罪に悩む両親に一度くらい親らしいことをしてやれと話す。 柏木酒店を営む。 柏木 育子 演 - 修二・孝一の母親。 始業式前夜、孝一に殴られる。 ひかりの家族 [ ] 佐伯 ゆかり 演 - (第9話) ひかりの姉。 バスケットボール部でキャプテンを務め、美人で成績が良かった。 4年前にひかりと出かけた北海道旅行の途中で起きた事故で亡くなる。 ゆかりの存在がひかりの抱えるコンプレックスの一因となる。 佐伯 由梨 演 - ひかり・ゆかりの母親。 ゆかりを忘れることで前に進もうとする。 佐伯 正則 演 - ひかり・ゆかりの父親。 ゆかりが亡くなった4年前の事故がキッカケで、始業式の前日に署名した離婚届を置いて家を出た。 由梨の反対をおして姉妹二人だけで旅行に行かせたことを後悔している。 事故の後、ひかりが助かってゆかりは亡くなったことを知り、一瞬がっかりした表情をひかりに見られたことを打ち消したがっていたが、ひかりが無事でよかったことを伝えるために、由梨と一緒にひかりを迎えに行く。 生徒の保護者 [ ]• 田口和孝の母親 - (第1話)• 川本万里の母親 - (第1・8話)• 山下有悟の父親・英昭 - (第7話)• 山下有悟の母親・美幸 - (第7話)• その他の保護者 - (第8話)、(第8話) 駿陽大学附属病院 [ ] 水谷 亜弥 演 - 駿陽大学附属病院・婦人科の看護師。 ひかりとは4年前に出会ってから常にひかりのことを気にかけており、ひかりにとっても大切な存在である。 ひかりと一夜を共にした修二がである教師だと知り、修二を許せないでいる。 夏実の妊娠が判明してからは、夏実の良き理解者となっている。 離れて暮らす娘がいて、4年前に会いに行く途中で事故に遭う。 その他• ひかりの担当医師 - (第3話)• 看護師 - (第2話)、(第7話) その他 [ ] 東堂 さやか 演 - ()。 1年先まで予約が埋まるほどの人気を集める。 夏実と修二の同級生であり、学生時代は修二と付き合っており、結婚も考えていた。 現在は夏実としている。 2人の良き友人として応援はしているが、実は未だに修二への想いを捨て切れずにいる。 山下 有悟 演 - (第7・8話) 商社勤務。 夏実の見合い相手。 自信と包容力に溢れた好漢。 かつて婚約者がいたが、生殖機能が低いことが原因で別れている。 そのため、夏実が妊娠していることを好都合だと考えた上で、結婚を前提に交際を申し込むが断られる。 なお、夏実とは11年前にも一度会っている。 ゲスト [ ] 第1話• 借金取り -• メイドかふぇ「いちごみるく」の客 - 第2話• 優奈と玲花をナンパした男 - 、• 郵便局員 - 第3話• 山口(柏木酒店の客) - 第4話• 新築マンションの二次募集申し込みの順番待ちの夫婦 - 、 第5話• 夏実に妊娠を告げる産婦人科医 -• ひかりと一夜を共にした見ず知らずの男 -• さやかの同僚のウェディングプランナー -• 結婚式場を訪れる夫婦 - 、 第9話• 不動産屋 - 最終話• 津島昭宏(で修二・ひかりと同じ車両に乗り合わせた乗客) -• 吉村美桜(亜弥の娘) -• 医師 -• 空港の案内係 - 、 スタッフ [ ]• 脚本 - 第15回〔2002年〕・大賞受賞者)• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• 協力プロデュース -• プロデュース - 、• 演出 - FCC 、、関野宗紀• 企画協力 -• 技術プロデューサー - 瀬戸井正俊• TD - 宮田伸• 選曲 - 泉清二• 音響効果 - 壁谷貴弘• MA - 佐藤浩二• 美術プロデューサー - 柴田慎一郎• 美術デザイン - 棈木陽次• 美術進行 - 森田誠之• 持道具 - 土屋若子• 視覚効果 - 田村憲行• フードコーディネーター - 住川啓子• VFXプロデューサー -• VFXディレクター - 高野善政• 撮影協力• 、牛久愛和総合病院、国立駅前大学通り商店会、PACHINCO OASIS、、北島金物店、、アンフェリシオン• 立中央図書館、いばらきフィルムコミッション、、、東京都市大学付属中学校高等学校• 、台東区フィルムコミッション、• 、、ファン、、、、、、エルエーカンパニー、、成ロケーションサポート• 医療監修 - 茨木保(いばらきレディースクリニック)• 制作 - フジテレビドラマ制作センター 劇中使用曲 [ ]• 『Greatest Hits... So Far!!! 』(Best Album) 『I'm Not Dead』(5th Album)より• I'm Not Dead• Funhouse• Who Knew• Runaway• Dear Mr. President Featuring Indigo Girls• Nobody Knows• Stupid Girls 受賞歴 [ ]• 第68回• 助演女優賞(武井咲) 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2011年1月17日 始まりの朝 西浦正記 12. 大切なことはすべて君が教えてくれた DVD-BOX(2011年7月22日発売、、ASBP-4851) 書籍• 大切なことはすべて君が教えてくれた(発売、、)• 安達奈緒子の脚本を基に、白戸ふみかがノベライズ化。 脚注 [ ] [].

次の

『大切なことはすべて君が教えてくれた』に出演していたキャストの現在【ブレイク前俳優の宝庫だった!】

大切 な こと は すべて 君 が 教え て くれ た 菅田 将 暉

Q:心は6歳のままの青年モリオを演じましたが、いかがでしたか? 自分ではない人間を演じるという点では、今までと同じだと思っていましたけど、特殊な役ではありましたね。 わざとらしくてはダメだし、素直にやってもダメだし……。 作り込んでいかなくてはいけないところがあって、どうしたらいいのかずっと考えていました。 でも、演じることを楽しみたいという気持ちが強かったです。 Q:役づくりのために何か準備をしましたか? マネージャーさんの知り合いのお子さんがちょうど6歳だったので、クランクイン前に会いに行って一緒に遊んだりしました。 子どもってすごいんです。 「生きている!」って感じ。 ほかにも、赤ちゃんを抱いて撮影する機会があったんですが、感情の塊でしたね。 特に、泣かれたときの「いやだ!」という涙と声と表情で伝えるメッセージが強烈で、感情を伝えるってこういうことなんだなと実感しました。 Q:今回の役も、感情を伝えることを大切にしたんですか? 頭の中が6歳の役なので、どうしても見せ方にこだわっちゃう部分があったんですけど、なるべく自分自身の感情や現場で突発的に生まれるものを大事にしました。 前田(哲)監督からも「好きに動いていい」と言われていて、撮影もカメラをいきなり回すことが多かったんです。 そのスタイルがすごくやりやすかったです。 Q:さん演じるモリオの幼なじみのミキヒコは、大人になることに不安を感じています。 共感を覚えましたか? その気持ちはよくわかるんですけど、自分自身は早く年を取りたいと思っていたんですよ。 ミキヒコは子どもの頃の自由や楽しみをなくしてしまいそうだから、大人になりたくないんですよね。 でも、僕は責任が取れるからこその自由なのだから、大人のほうが楽しいと思ってしまう。 何もかもが新鮮に映る子どもの心だけは忘れたくないと思いますけど。 Q:松坂さんとはプライベートでも親しいそうですね。 そうですね。 桃李くんのことはよく知っているので、幼なじみの役をイメージしやすかったですし、身をもって甘えることができました。 撮影中に桃李くんと二人でクリスマスを迎えたんですよ。 現場にケーキやチキンが用意されて、二人で車の中で食べたりして。 ちょっと切なかったけど(笑)。 Q:これから映画を観る方に、おすすめポイントを教えてください。 ファンタジーで非現実的なのにリアルを感じるところが面白い作品です。 できれば、感情がフラットなときに観てほしい。 人間ってそのときの感情に左右されるから、楽しいときに観ると子ども目線になるし、気持ちが落ちているときだと逆に観ちゃうような気がするんです。 でも、フラットなとき、上がっているとき、下がっているとき、3パターンで観るのもいいかもしれない。 それぞれで映画の印象が変わってくると思います。 <一問一答> Q:気になる俳優といえば?。 を撮る前に、監督からが参考になるかもしれないと言われて観たんですけど、ディカプリオの演技がハンパじゃなかった! 今まで観た中で一番衝撃的でした。 Q:好きな映画は?。 あとはなんだろう……『12人の優しい日本人』かな。 最近観た中ではが面白かったです。 Q:は即答でしたね。 物心ついてから初めて観た映画のような気がしていて、何回も観た記憶があるんです。 その頃は小学生だったので、僕も映画のように近所へ冒険しに出掛けたり、秘密基地を作ったりしました。 Q:少年時代はどんな子どもでしたか? とにかくやんちゃで、蜂の巣をたたきまくっていました(笑)。 蜂がいっぱい出てくるんだけど、逃げている途中に階段で捻挫しちゃって、めっちゃ怖かったです。 だって、蜂が迫ってくるのに走れないんですよ! 家が近かったのでなんとか帰れましたけど。 Q:自分の性格は王様タイプだと思う? それとも家来タイプ? は家来だけど、本名の僕は王様。 自分は仕事上のという名前があるからお芝居ができて、いろんなステージに立てるんです。 だから、に支えてもらっている本名の僕は王様かなって(笑)。 Q:好きな女性のタイプは? なんだろうなあ……一緒にいて落ち着ける人がいいですね。 理想はいろいろあるだろうけど、一番大切なのは一緒にいたいと思えること。 そしたら、僕もその子のために何かしてあげたいと思えるだろうし。 とはいっても、やっぱり明るくて好奇心旺盛な女性がいいかな(笑)。 Q:恋人とはどんなふうに過ごしたいですか? 真面目なこともしたいけど、アホなこともしたい。 バカップルを演じられるくらいの彼女だったら最高ですね。 二人でバカップルを演じたら、面白いと思うんですよね。 Q:失恋の経験はありますか? めっちゃありますよ。 「好きな人ができた」って急に言われたりして。 僕が何かしたわけじゃないのに(苦笑)。 Q:最近ハマっていることは? 最近、白いモノを探しています。 洋服とか小物とか、身に着けるモノを真っ白で統一するようにしているんです。 Tシャツやパンツとか、だんだん集まってきました。 Q:白という色に何か意味はあるんですか? 髪を金髪にしたとき、白がいいなと思って……。 洋服って、今季はこれだなっていう自分なりのテーマがあるじゃないですか。 で、なんとなく白になっちゃった(笑)。 Q:今後の目標は? 今は何でもやりたいです。 「ってこうだよね」って言われたくないんです。 一つの役で評価されるのもうれしいけど、それを覆すような役もやりたい。 いろんな役柄にチャレンジして、みんなを驚かせるような役者になりたいです。 2009年、テレビ朝日「仮面ライダーW(ダブル)」に史上最年少で主演に抜てきされ、俳優デビュー。 フジテレビ「大切なことはすべて君が教えてくれた」ほか、多くのドラマ・映画・舞台で実力を磨き、で映画単独初主演を果たす。

次の