エレファントそく。 ABOUT|株式会社エレファント

不朽の名作『エレファント・マン』4K修復版が“緊急”公開

エレファントそく

19世紀のイギリスで「エレファント・マン」と呼ばれた青年の半生を描く。 監督、脚本。 がプロデューサーとして参加している。 1981年グランプリ受賞。 では最優秀作品賞、主演男優賞など8部門にノミネートされた。 メリックを発見し研究したトリーヴス医師を大叔父とする俳優フレデリック・ウィリアム・トリーヴスが、市会議員役で登場する。 2020年7月10日より、4K修復版が東京ほか全国で公開。 ストーリー [ ] の。 生まれつき奇形で醜悪な外見により「エレファント・マン」としてに立たされていた青年、ジョン・メリック()。 肥大した頭蓋骨は額から突き出、体の至るところに腫瘍があり、歪んだ唇からは明瞭な発音はされず、歩行も杖が無ければ困難という悲惨な状態だった。 ある日、彼を見世物小屋で見かけた外科医、フレデリック・トリーブス()は興味を覚え、研究したいという理由で持ち主のバイツ()から引き取り、病院の屋根裏部屋で彼の様子を見ることになる。 はじめはだと思われていたジョンだったが、やがてトリーブスはジョンがを熱心に読み、を愛する美しい心の持ち主だということに気付く。 当初は他人に対し怯えたような素振りを見せるジョンだったが、トリーブスや舞台女優のケンドール夫人()と接するうちに心を開いていく。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 () カー・ゴム院長 () バイツ(モデルは ()) 寮母 夜警のジム () トリーヴス夫人 () () フォックス () バイツの連れている少年 メリックの看護師ノーラ () メリックの母 () 辻馬車御者 ロイ・エヴァンス 牛乳配達 アルフィ・カーティス ブロードネック ヒュー・マニング ウォディントンの貴婦人 キャスリーン・バイロン ウォディントンの領主 ジェラルド・ケース 見世物小屋の小人• 出典 [ ]• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の

ABOUT|株式会社エレファント

エレファントそく

初公開から40年になる映画『エレファント・マン』(1980年)が「4K修復版」となって、7月10日より東京・新宿ピカデリーほか全国で緊急公開されることが明らかになった。 第53回米アカデミー賞にて、作品賞、主演男優賞、監督賞など主要8部門ノミネート、同年の英国アカデミー賞では作品賞と主演男優賞、製作デザイン賞を受賞した『エレファント・マン』。 本国公開から今年で40年を迎えるにあたり、デイヴィッド・リンチ監督自身の監修によりデジタルリマスター化。 幻想的な世界観はそのままに、より美しく蘇った。 長編映画デビュー作『イレイザーヘッド』(77年)でカルト的な人気を得つつも、当時、弱冠33歳だった新鋭デイヴィッド・リンチ監督の名を一躍世界中に轟かせることとなった作品。 日本では1981年5月に公開され、国内外合わせたその年の全公開作品の中でナンバーワンの配収を記録。 社会現象とも言える一大ブームを巻き起こした。 米タイム誌が選ぶ「カラー時代のモノクロ映画ベスト10」で、『ベルリン・天使の詩』(87年、)、『シンドラーのリスト』(93年、スティーヴン・スピルバーグ)などを抑え、堂々の1位を獲得している。 フランケンシュタインやドラキュラなどが登場する、怪奇映画監督としても知られるフレディ・フランシスが撮影監督として参加。 彼がこだわったモノクロ映像特有の光と影、19世紀末の退廃的なロンドンの町並みが、この度の4K修復にて、より幻想的によりクリアになったことで、メリックの喜びと絶望のコントラストも一層鮮やかに映し出す。 予告編は、修正前、修正後の映像が比較できるほか、エレファント・マンとして見世物小屋に立つ青年ジョン・メリック(ジョン・ハート)の姿を初めて見て、衝撃で涙するトリーヴズ医師(アンソニー・ホプキンス)の姿や、好奇の目にさらされ民衆に追いかけられるメリックが「僕は動物じゃない、僕は人間なんだ」と死に物狂いで訴える場面などが切り取られています。 差別や偏見がいまだ無くならない世の中で彼の真っ直ぐなメッセージが胸を打つ予告編となっている。 さまざまな人間の内面に宿る、美しさ、残酷さが見せつけられる本作で、人間の尊厳をD・リンチは丁寧に描き出している。 人間としての一生を全うしたいと願うメリックが選択する結末は、永遠に映画ファンの心に涙と共に刻まれ続けるに違いない。 なお、本作は多くの映画館の再開を祝って、鑑賞料金は1100円均一とすることも決定している。

次の

エレファント・カーブをどう読むか――貧困と格差への対応|東京財団政策研究所 税・社会保障調査会

エレファントそく

19世紀のイギリスで「エレファント・マン」と呼ばれた青年の半生を描く。 監督、脚本。 がプロデューサーとして参加している。 1981年グランプリ受賞。 では最優秀作品賞、主演男優賞など8部門にノミネートされた。 メリックを発見し研究したトリーヴス医師を大叔父とする俳優フレデリック・ウィリアム・トリーヴスが、市会議員役で登場する。 2020年7月10日より、4K修復版が東京ほか全国で公開。 ストーリー [ ] の。 生まれつき奇形で醜悪な外見により「エレファント・マン」としてに立たされていた青年、ジョン・メリック()。 肥大した頭蓋骨は額から突き出、体の至るところに腫瘍があり、歪んだ唇からは明瞭な発音はされず、歩行も杖が無ければ困難という悲惨な状態だった。 ある日、彼を見世物小屋で見かけた外科医、フレデリック・トリーブス()は興味を覚え、研究したいという理由で持ち主のバイツ()から引き取り、病院の屋根裏部屋で彼の様子を見ることになる。 はじめはだと思われていたジョンだったが、やがてトリーブスはジョンがを熱心に読み、を愛する美しい心の持ち主だということに気付く。 当初は他人に対し怯えたような素振りを見せるジョンだったが、トリーブスや舞台女優のケンドール夫人()と接するうちに心を開いていく。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 () カー・ゴム院長 () バイツ(モデルは ()) 寮母 夜警のジム () トリーヴス夫人 () () フォックス () バイツの連れている少年 メリックの看護師ノーラ () メリックの母 () 辻馬車御者 ロイ・エヴァンス 牛乳配達 アルフィ・カーティス ブロードネック ヒュー・マニング ウォディントンの貴婦人 キャスリーン・バイロン ウォディントンの領主 ジェラルド・ケース 見世物小屋の小人• 出典 [ ]• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の