ホンダ シャトル 内装。 写真で見る ホンダ「シャトル」

シャトルの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

ホンダ シャトル 内装

この記事の目次• ドアライニングは全車ソフトパッド仕上げで、インナードアハンドルは全車に高輝度シルバー塗装が施されます。 ステッチなどは施されずシンプルな意匠であるものの、質感は「フィット」と比較すると明らかに優れています。 素材は汚れやシワに強いプライムスムースとファブリックのコンビネーションになります。 素材はハイブリッドX ホンダセンシングと同じプライムスムース+ファブリックのコンビネーションながら、ダブルステッチが施されるなどワンランク上の仕立てになっています。 リアはリクライニング機能を持っていますが、可動範囲が小さいのでゆったりくつろぐには物足りなさがあります。 室内スペースのあるシャトルでも後部座席の快適性はミニバンと比べると劣ってしまいます。 豪華な雰囲気には欠けるものの、全車インパネにソフトパッドが張られるなど質感は高く、フィットと比較するとワンランク上の仕上がりとなっています。 シャトルの収納・荷室の使い勝手は? 運転席・助手席回りの収納 グローブボックス 助手席前に車検証などが収納できるグローブボックスが備わります。 フロントコンソールポケット LED照明付 センターコンソール左側に、スマホなどが収納できるポケットが備わります。 大型アームレスト付コンソールボックス ドリンクホルダーの後ろにあるアームレストを引き上げると、タブレットも収納できる大容量のボックスが出現します。 ドライバーズポケット インパネ右下部にポケットが備わりますが、小さ過ぎてガムやライター、ちょっとしたゴミを入れるなどの使い道しか無さそうです。 幅が狭いのでペットボトルを置きながらのガイドブック等の収納は困難でしょう。 前席の収納は決して豊富とは言い難く、フィットと比較すると劣る部分があります。 ユーティリティが求められるステーションワゴンとしてはもうひと頑張り欲しいところです。 後席の収納 ボトルホルダー 左右の後席用ドアにボトルホルダーが備わります。 前席用ドアと異なりポケットが用意されないのは物足りないところ。 シートバックポケット 助手席 助手席のシートバックに、地図や雑誌などを収容できるポケットが備わります。 コートフック グラブレールに、ハンガーを掛けられるフックが装備されます。 後席用の収納は、ドリンクホルダーが2本分とシートバックポケットしか用意されず、小物入れやコンビニフックなども装備されないので前席以上に不満が残ります。 シャトルの荷室サイズは?どのくらい積める? シャトル5名乗車時 後席使用時でも570Lの容積があり、9. 5型のゴルフバッグが4個収まります。 また、ハイブリッドZ ホンダセンシングとハイブリッドX ホンダセンシングの後席シートバックには、格納式のマルチユースバスケットが備わるので、他の荷物と一緒にしたくない大事な荷物を積む場合に重宝します。 シャトル3名乗車時 後席をチップアップすれば、高さのある荷物を積むことも可能となります。 2名乗車時 後席を倒した状態での荷室の容量は1,141L、奥行きは184cmとなります。 定尺ベニヤを積むことも可能ですが、普通サイズの自転車は写真のように前輪を外さないと積めません。 荷室サイズは5ナンバーサイズのステーションワゴンとしては申し分なく、フロアがほぼフラットになるなど使い勝手にも優れています。 また、開口部のフロア高が54cmという低床設計になっており、重い荷物の積み下ろしが容易である点も評価できます。 シャトルの内装まとめ シャトルの内装の質感は、豪華さは無いものの決してチープでなく、満足できる水準にあります。 一方、収納はいささか不足気味で、不便を感じることもありそうです。 荷室サイズはこのクラスのステーションワゴンとしてはトップレベルで、多彩なシートアレンジも含め高評価と言えるでしょう。 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。

次の

ホンダ・シャトル(前編) 内装・外装など25枚 【画像・写真】

ホンダ シャトル 内装

ホンダが、コンパクトワゴン「シャトル」のフルモデルチェンジを予定しています。 世代交代により魅力をアップするホンダ新型シャトルについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 【最新情報】新世代へ!ホンダ新型シャトルにフルモデルチェンジ! ホンダが「シャトル」のフルモデルチェンジを予定しています。 ホンダ・シャトルは、ブランドの主力コンパクトワゴンとしてラインナップされ、コンパクトカー「フィット」、SUV「ヴェゼル」、セダン「グレイス」と基礎を共有しています。 フルモデルチェンジする新型シャトルでは、最新のパワートレインにより走行性能を大幅にアップするなど、新世代の性能が追求されます。 外装、内装を新世代デザインに変更• 5L2モーター式ハイブリッドシステム「e:HEV」を新搭載• 先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に、フロントワイドビューカメラを採用し、車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、近距離衝突軽減ブレーキを追加し、全タイプで標準装備• Honda車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。 スマートフォンによるリモート操作やトラブルサポート、Honda ALSOK駆けつけサービスなどを提供する「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータル ケア プレミアム)」を展開 上質に!ホンダ新型シャトルの外装(エクステリア)デザイン via:Spyder7 ホンダ新型シャトルの外装は、新世代デザインを採用することで質感が高められます。 リアもフロントにあわせてランプを薄型とし、リアウィンドウの傾斜も強くすることでスポーティなワゴンスタイルがつくられます。 ホイールベース:2530mm• これにより伸びやかなスタイルがつくられ、デザインと室内空間の広さが両立されます。 車中泊も!ホンダ新型シャトルの内装(インテリア)デザイン ホンダ新型シャトルの内装は、全面改良により基礎から構造を見直すことで効率をあげ、より快適な室内空間が確保されます。 フロントピラーは従来と異なる断面構造にするとともに、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用することで、十分な衝突安全性能とワイドで優れた視認性を両立。 またインテリアパネルは水平・直線基調のデザインにするとともに、車内からはワイパーを見えにくくすることで、運転時の心地よい視界が実現されます。 フロントシートは座り心地を追求し、上級セダンへの搭載も見据えて開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用。 身体をしっかり保持する面支持構造とすることで長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現したシート構造となっています。 リアシートは従来同等のシートアレンジとし、大人がストレスなく座れる広さと厚みのあるパッドを採用することで、上級セダン並の快適な座り心地がつくられます。 インテリアには、カバンや上着をすぐ手の届く位置におけるテーブルコンソールを配置。 手や足が触れるところにはソフトパッドを使用するなど、質感が高められます。 また、リアシートを収納することで現行モデルでは184cmもの長さが確保されていた荷室の使い勝手を維持し、フラットな空間により車中泊にも簡単に対応できるように。 燃料タンクを前席下に配置するホンダ独自の「センタータンクレイアウト」による室内空間の広さを活かすシートアレンジとなります。 直列3気筒1. 1kgm• 4kgm• 【シャトルハイブリッド】 直列4気筒1. 2kgm• 駆動方式:FF or 4WD ホンダ新型シャトルのパワートレインには、新たに2モーター式ハイブリッド「e:HEV」と、直列3気筒1Lターボエンジンが搭載されます。 直列4気筒1. 8kgm• 直列4気筒1. 7kgm ・モーター出力:29. 3kgm シャトルハイブリッドは現行モデルで、1. 5Lエンジンと1つの電気モーター、デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたシステムが搭載されていました。 しかし、新型シャトルハイブリッドでは全面改良された「フィット」に採用されている2モーター式に変更されます。 以前はオデッセイやステップワゴンなどで2Lエンジンと組み合わせられていましたが、低コスト化の目処がたったことで、新たにシャトルハイブリッドにも搭載可能な1. 5Lエンジンモデルが用意されました。 1Lターボエンジンは、シビックタイプRの2Lターボ、ステップワゴンなどに採用される1. 5Lターボとあわせ、ホンダの新世代ダウンサイジングターボエンジンとして発表されていました。 出力は2L自然吸気エンジンに匹敵するトルクながら、小排気量ならでは燃費性能が両立されます。 シャトルハイブリッド:34. 現行モデルはシャトルハイブリッドで、32. しかし新型シャトルでは、最新パワートレインにより34. シャトル(1. 5Lガソリン):22. シャトルハイブリッド:32. 搭載されるホンダセンシングは、前方を広角に検知するフロントワイドビューカメラを新採用。 車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、従来機能を拡充するとともに、近距離衝突軽減ブレーキが追加されます。 新サービス!「Honda CONNECT」とは? ホンダ新型シャトルには、Honda車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」が搭載されます。 「ホンダコネクト」は、カーライフサポートサービス「Honda Total Care」をホンダコネクトの技術を活用して拡充。 「Honda Total Care プレミアム」では、Honda Total Care緊急サポートセンターが進化。 事故などの緊急時にはクルマ自体が緊急サポートセンターと通信し、車両情報や位置情報を、オペレーターを通じて警察や消防、保険会社などへ一括して連絡をすることで、迅速で的確な対応が可能に。 さらに、セキュリティーアラームが作動した際には、ユーザーのスマートフォンへ通知し、状況に応じて「ALSOK」のガードマンを急行させることができるようになっています。 また、新規に開発された「Honda リモート操作」では、スマートフォンで離れた場所からエアコンを始動できるほか、ドアロック忘れをお知らせしてロック操作ができる機能、クルマの駐車位置を確認できる機能を搭載。 「Honda Total Care プレミアム」はHonda CONNECT搭載車オーナー限定の有料サービスで、「基本パック」と「追加オプションサービス」を設定。 サブスクリプション形式の採用により月単位の利用が可能となり、新車、中古車に限らずHonda CONNECT搭載車を購入し初回申込をしたユーザーは、一定期間、無料でサービスを利用できるようになります。 基本パック 1 緊急サポートセンター (エアバッグ展開時自動通報/緊急通報ボタン/トラブルサポートボタン) 2 Honda リモート操作 (エアコン操作/し忘れ通知・ドアロック操作/クルマを探す)• 215万円~300万円 ホンダ新型シャトルの価格は、安全システム「ホンダセンシング」の全車標準装備や通信モジュールの採用により、10万ほどのスタート価格アップになるとみられています。 シャトルハイブリッドはコストをダウンした2モーターシステムを搭載しますが、装備の充実とあわせ20万円ほど高価になると見込まれています。 シャトル(1. 5Lガソリンモデル) ・G Honda SENSING FF:2,075,000円、4WD:2,291,000円 ・X Honda SENSING FF:2,165,000円、4WD:2,381,000円 ・RS Honda SENSING FF:2,475,000円• シャトルハイブリッド ・HYBRID Honda SENSING FF:2,460,000円、4WD:2,676,000円 ・HYBRID X Honda SENSING FF:2,539,000円、4WD:2,755,000円 ・HYBRID Z Honda SENSING FF:2,710,000円、4WD:2,926,000円 ・HYBRID RS Honda SENSING FF:2,810,000円 いつ?ホンダ新型シャトルの発売日は? フルモデルチェンジするホンダ新型シャトルの発売日は、2021年が予定されています。 ホンダは新世代のコンパクトワゴンを投入することで、フィットやヴェゼル、グレイスとあわせ、コンパクトカー市場での存在感をアップしたい考えです。 「SHUTTLE」の車名の由来は、「人と荷物を安全に、そして先進の技術で運ぶ」というイメージをスペースシャトルに重ねて採用されました。 「シャトル」の車名は前モデルとなる「フィットシャトル」、1983年~1996年に販売された「シビックシャトル」にも使用され、ホンダのコンパクトワゴンを表すモデル名となっています。 同じくフィットから派生したセダン「グレイス」、SUVの「ヴェゼル」と基礎を共有しています。 シャトルでは、ベースとなるフィットと比較してフロントデザインやインストゥルメントパネルなどに独自のデザインを施し差別化されています。 パワートレインには、最新ハイブリッド「SPORT HYBRID i-DCD」が採用され、1モーターのコンパクトなシステムながら、登場時34. (後に34. ) 5ナンバーハイブリッドのステーションワゴンとして初の4WD車も設定され、高い実用性が確保されました。 新型ホンダ・シャトルについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

写真で見る ホンダ「シャトル」

ホンダ シャトル 内装

ホンダ・シャトル ハイブリッドX(エクステリア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(エクステリア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(エクステリア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(エクステリア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(エクステリア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(インテリア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(インテリア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(メーター)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(インテリア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(インテリア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(ドア)• ホンダ・シャトル ハイブリッドX(ドア)• ホンダ・シャトルG(エクステリア)• ホンダ・シャトルG(エクステリア)• ホンダ・シャトルG(エクステリア)• ホンダ・シャトルG(インテリア)• ホンダ・シャトルG(メーター)• ホンダ・シャトルG(インテリア)• ホンダ・シャトルG(シート)• ホンダ・シャトルG(シート)• ホンダ・シャトルG(ドア)• ホンダ・シャトルG(ドア)• ホンダ・シャトルG(エンジン)• ホンダ・シャトルG(エクステリア)• ホンダ・シャトルG(エクステリア)•

次の