ヒップ 測り 方 メジャー。 スリーサイズの正しい測り方|オーディションと募集要項|オフィスいちご

スリーサイズの測り方♡年代別の平均や理想サイズは何cm?

ヒップ 測り 方 メジャー

ではさっそく、ヒップサイズ・ウエストサイズを測るために、用意するものや採寸の準備をしましょう。 メモリがはっきりと見やすいものがおすすめです。 鏡に姿を映して、姿勢が良いかどうか、メジャーがまっすぐになっているか、など、正しく採寸できているかどうかを確認するために必要です。 ショーツやパンツ1枚程度が理想的です。 ただし、ガードルや補整力のあるショーツをはいて採寸すると正しくサイズが測れない可能性がありますので、楽にはけるショーツを着用して測ってくださいね。 ヒップ・ウエストの測る場所は ヒップとウエストは、それぞれ次の場所を測ります。 ヒップ ヒップサイズは、おしりが一番突き出している部分、一番高い部分を測ります。 横から鏡に映して、どの位置が一番出ているか、ヒップの中で一番高い位置なのか、確認してみましょう。 ウエスト ウエストは、おへその少し上、ボディの一番くびれている部分を測ります。 ヒップやウエストを測るときに注意することは? ウエストやヒップを測るときに、注意するポイントは2つあります。 背筋を伸ばす• 足を閉じる• 力を入れずにまっすぐ立つ の3つを守りましょう。 適度にリラックスした状態で測りましょう。 背中側でメジャーが斜めになっていたり、メジャーがねじれたり、緩んでいたりしないかどうかや、メジャーが床と水平になっているかを常に鏡で確認しながら測ってください。 ヒップのトップは感覚ではわかりにくいので、鏡でよく位置を確認しましょう。 メジャーは、緩すぎず、きつすぎず、ウエストとヒップにぴったり沿わせて測りましょう。

次の

ヒップの正しい測り方や測定位置!お尻の平均サイズや理想サイズも徹底解説!

ヒップ 測り 方 メジャー

男性のヒップサイズの測り方や場所は女性と少し違います。 まず、ウエスト同じく立った状態で測定します。 測る位置は、腰部の一番大きい部分です。 メジャーを水平に回して、測定します。 お尻の丸みの部分が一番大きい人もいますが、男性の場合は腰骨周囲が一番張っている方も多いため、こちらのサイズを測っていきます。 また、ヒップの一番下、太ももの一番上の部分はズボンのサイズで言う「わたり幅」に当たります。 男性の場合は、太ももの大きな筋肉が発達しており張り出している方も多いので、ズボン選びにはこちらも重要なポイントとなります。 この場所は、測り方次第ではメジャーが斜めになったりして、誤差が出てしまいやすい部位です。 測定ラインが床に平行になっているか、メジャーが肌に食い込んでいないかなど、測り方に注意しながら行ってください。 日本人男性のウエスト・ヒップの平均 上の項目で確認したように、おなかの脂肪はメタボリックシンドロームの診断では必須項目とされています。 これは、あなたの健康にかかわる大切な問題です。 日々体型維持には気を付けましょう。 歳を取ると恰幅の言い男性がかっこいいといわれることもありますが、服をおしゃれに着こなすにも、やはり引き締まったウエストの方が断然いいですし、服の選択肢も広がります。 メタボ腹チェックの方法は、上で紹介した腹囲の測り方と同じです。 通常はヘソのラインで測定します。 ただし、おなかにたるみがあって明らかにヘソの位置が垂れ下がっている場合、測り方に注意が必要です。 ヘソの位置で測ってしまうと正しい数字が出ないので、この場合は「肋骨下縁 肋骨の一番下にある骨の下 と、前腸骨棘 腰骨両側にあるでっぱり それぞれの高さの中心」で測ります。 正しい測り方をマスターして、自分のおなかをチェックしてみましょう。

次の

ヒップ・ウエストの測り方~ショーツ・ガードルのサイズを調べましょう~|下着の基礎知識

ヒップ 測り 方 メジャー

1:全身が映る鏡の前に立つ 2:ヒップの高い位置を確認する 3:その高い位置に地面と水平にメジャーを巻きつける 全身が映る鏡の前で計測するときちんと水平になっているかも確かめられるので便利です。 ギュッと締め付けず、 肌にぴったりとつける程度の巻きつけ程度で計測しましょう。 太ももの方が張っている場合 服や下着のサイズの計測を目的としていて、お尻よりも太ももの方が張っているという場合は、 出っ張っている太もものサイズもヒップサイズと同じように計測しておきましょう。 服のサイズを選ぶ時は、計測したサイズで大きい方の数字を基準にして選ぶと失敗も少なく、自分に合うサイズが見つけられるはずです。 服のヒップサイズの測り方 出典: 小ぶりなお尻というだけでなく、バランスの良いヒップサイズとして考える基準として、自分のウエストサイズから理想のサイズを算出することも可能です。 ウエスト:ヒップ = 7:10 比較的太り気味でもこのバランスが取れているとスタイルが良いように見えるし、痩せていてもこのバランスが悪ければ痩せすぎなどスタイルが悪く見られがちなんだそうです。 具体的に数値で見ていくと納得できます。 ウエスト:ヒップ 56cm:80cm 58. 8cm:84cm 60. 2cm:86cm 63cm:90cm 65. 8cm:94cm 70cm:100cm 引用元: ダイエットを実践していても、いきなり理想のヒップサイズになることはまず不可能です。 でも、この理想の黄金比率なら比較的目指しやすいと思います。 特にウエストはトレーニング次第で比較的簡単に引き締めることが可能だからです。 自分のモチベーションアップにもつながるので、まずはこの黄金比率を目指すところから始めてみても良いでしょう。 ちなみに、日本人の平均的なヒップサイズは 約90cmとされています。 この数値は資生堂の「生活と美の白書」によるもの。 年代別に見てみても、20代でも88. 2cm、30代では89. 1cm、40代で90. 4cmとなっています。 出産などで骨盤が開き、ヒップサイズが大きくなるという場合もあります。 それに女性はそもそも皮下脂肪がつきやすく、お尻は大きくなりやすいです。 年齢を重ねるほどその傾向は強くなっていきます。 そのため、徐々に平均値が押し上げられていくという傾向があるのでしょう。 理想のヒップサイズと現実との差 ヒップサイズは頑張って意識していてもなかなか小さいままでいるのは難しいパーツです。 ダイエットしているだけではなかなか減らすことはできないし、本格的にサイズダウンをしたければしっかりトレーニングを行ったり骨盤矯正など骨格のクセを直す必要があることも多いです。 かなり努力が必要だという認識が必要でしょう。 ただ、だからと言って諦める必要はありません。 ヒップアップにつながる筋力トレーニングでヒップラインを上げたり、ウエストの引き締めエクササイズを組み合わせてボディラインを整えていく方法でもヒップを美しく見せていくことは可能です。 確かに大幅なサイズダウンは難しいですが、こうした地道な努力の積み重ねで少しずつ数値を変えていくことはできます。 ヒップサイズは他のパーツと比べても理想との差が大きいところですが、諦めずにコツコツと努力していきましょう。 ヒップサイズの測り方・理想サイズ・平均サイズについてのまとめ.

次の