軽 バン リース。 軽自動車のカーリース【最安値5社】を比較!出費を抑えたい人は必見

軽自動車のリースって月額どのくらい?知っておきたい軽自動車リースのメリットと金額について

軽 バン リース

生活に便利な車ですが、所有すると車のローン、駐車場、車検など維持費がバカになりませんよね。 とはいえ車が無いと生活できない方も。 そこでご紹介するのが「中古車リース」です。 日常の移動手段としてならば新車購入よりも、中古車リースで節約!月々¥9,975から! 自動車購入台数日本一!オリックス自動車だからできる中古車リース! 日本で一番自動車を購入している会社は「オリックス自動車」です。 オリックス自動車はオリックスレンタカー、ジャパンレンタカー、エックスレンタカーの3 つのレンタカー会社を運営し、かつ企業様向けのカーリースも多数扱っています。 そのため、自動車購入台数は年間10万台を越えるのです。 ご存知だと思いますが、購入台数が多ければ多いほど、自動車販売店からの購入割引が大きくなります。 この大量購入した自動車、レンタカーやリースアップした中古車をリースすることで安く車を手に入れることが可能となりました。 オリックス自動車の中古車リースはボディータイプ別にワンプライスで選ぶことができます。 中古車リース法人の方でも、個人の方でもご契約が可能です。 1日当りワンコイン以下の250円台、月々¥7,560円から! オリックス自動車の中古車リースは整備工も全国対応! オリックス自動車は、全国でレンタカー・リース車両を保有しているので準備されている提携修理工場も日本全国に対応。 当然、車検費用も点検整備費用も大量の保有台数メリットで格安料金。 だから安心してお安く提供できるのです。 中古車リースでも、旅行先での故障やトラブルでもとっても安心です! 1台限定!中古車リース 特選車 中古車リース特選車コーナー!リースナブルな価格で提供します。 予めご了承ください。

次の

軽貨物のリース、レンタルは可能?メリット、デメリット

軽 バン リース

商用車として人気が高く、室内空間が広いことからファミリーカーとしても人気の軽バン。 ローンを組んで購入することもできますが、カーリースを利用して軽バンに乗るという選択肢もあります。 ここでは、軽バンの人気車種やカーリースの魅力、おすすめのカーリース会社などについてご紹介します。 軽バンってどんな車? まずは、軽バンと軽ワゴンの違い、軽バンの人気車種について見ていきましょう。 軽バンと軽ワゴンの違い 自動車業界では、荷室のある商用車が「バン」、そしてバンの荷室スペースを座席にした乗用車が「ワゴン」と呼ばれています。 同じ車種でも、軽バンの後席が軽ワゴンより前側についていたり、シンプルな形状となっていたりしますが、これは「シートを全部起こした状態で、残された荷物置きのスペースが、2列目より後ろの人が乗るスペースよりも広くなければならない」と法律で規定されているためです。 これに加えて、軽バンには「積み込める荷物の総重量が、2列目以降に乗れる最大限の乗員の総重量より大きい」ことも求められます。 軽バンと軽ワゴンのどちらも人や荷物を乗せることができますが、商品や機材などのビジネス関連の荷物を運ぶことをおもな目的とするのが「軽バン」、人を乗せることを目的とするのが「軽ワゴン」と分けることができそうです。 また、軽自動車税についても、軽自動車のタイプ別に次のような違いがあります。 ・軽乗用車 自家用:10,800円 営業用:6,900円 ・軽貨物車 自家用:5,000円 営業用:3,800円 このように、軽貨物車の自動車税は、軽乗用車の半分程度となっています。 軽バンの人気車種 軽バンの人気車種としては、ホンダの「N-VAN」やスズキの「エブリイ」などが挙げられます。 それぞれの特徴や魅力を見ていきましょう。 ・ホンダ N-VAN 広い車内空間が魅力のホンダ「N-BOX」のシャシ(自動車の車体を除くすべての機構)を流用したN-VANは、軽バンの中でも高い人気を誇ります。 運転席以外のすべての空間に荷物を積める設計となっており、さまざまな荷物を大量に積載できます。 さらに、低床技術によって、軽バンの中でもトップクラスの室内高と荷室床面地上高を実現しています。 また、軽バンで初めてピラーレス仕様を採用した車種であり、助手席側とテールゲートの両方から荷室へアクセスできる利便性の高さも魅力。 荷物の積み下ろしもスムーズに行える設計です。 ・スズキ エブリイ スズキのエブリイは、運転席下部にエンジンがあるキャブオーバータイプの軽バンです。 荷室高は低いですが、エンジンスペースが車体の全長を圧迫しない分、トップクラスの荷室長を確保できます。 長尺物の積載も問題ありません。 また、バックドアの大きな開口部と低めの荷室床面地上高によって、スムーズな荷物の積み下ろしもサポート。 毎日の積み下ろし作業の負担も軽減されるでしょう。 カーリースってどんなサービス? カーリースとは、リース会社が購入した車を、月々定額の料金を支払うことで借りられるサービスです。 レンタカーとの違いがわからないといった方も多いですが、短期契約ではなく数年単位の中長期契約となる点が、レンタカーとの一番の違いといえます。 カーリースの特徴について、3つのポイントに分けてご紹介しましょう。 カーリースの特徴1:新車に乗れる カーリースでは、希望する車をリース会社に購入してもらいます。 契約期間を設定して、その車を借りるといったしくみのため、購入時に必要な頭金や諸経費を用意する必要がなく、契約者が支払うのは月々の使用料のみとなります。 費用を抑えたいという理由で状態が不安な中古車を購入したり、ローン契約をしたりせずに好きな新車に乗れるのは、カーリースの魅力といえるでしょう。 カーリースの特徴2:定額制で乗れる カーリースの料金システムは、基本的に月々の定額制となります。 料金にはリース期間中の自動車税なども含まれているため、定期的に税金や保険料などの大きな支出が発生することはありません。 支払いがフラットになるため、家計管理がしやすくなるというメリットも得られるでしょう。 カーリースの特徴3:車の維持費がかからずサポートも充実 カーリース会社の契約内容やプランによっては、車のメンテナンスや修理の際に必要な費用が定額料金に含まれる場合もあります。 このような費用があらかじめ含まれているプランに加入すれば、定期的に必要な車検や車の整備、予期せぬ修理費など、突発的な支出がなくなるため、車関連の出費を抑えることができるでしょう。 メンテナンス費や修理費が含まれる分、定額料金は多少高くなりますが、より手厚いサポートを受けながら、安心・安全かつ長期的に車に乗ることができるようになります。 軽バンを取り扱っているリース業者 ここからは、軽バンを取り扱っているリース会社をご紹介します。 取り扱う車種やプラン内容は、業者によって大きく変わるため、よく比較検討した上で申し込むことをおすすめします。 オリックスカーリース オリックスカーリースの月々の料金には、車両価格に加えて、新車登録時の諸経費、各種税金、自賠責保険料などが含まれています。 さらに、車検の基本点検費用やオイル交換の無料クーポン、オリックスレンタカーをお得に利用できる特典なども付帯しています。 軽バンの中でも人気車種であるビジネス向け軽バン「スズキ アルトバン」、快適な荷室の広さを誇るスタイリッシュなミニバン「トヨタ ヴォクシー」、大容量の荷室を持つビジネスバン「ニッサン NV200バネットバン」なども取り扱っています。 箱バン. com ビジネス用箱バン専門のカーリース会社として、15年以上の実績を持つ箱バン. com。 箱バンのリース事業に特化することで、業界最安水準の料金で新車を提供しています。 車検・点検代、各種税金、メンテナンス費などもすべて定額料金に含まれています。 すべてのリース車がメーカー保証付きで、3年間は無償で修理を受けることができるため、安心して車に乗ることができるでしょう。 取り扱い車種は「日産 NV100クリッパー」「スズキ エブリイ」「ダイハツ ハイゼットカーゴ」「トヨタ タウンエース」「トヨタ ハイエース」の5車種となっています。 軽自動車のカーリースなら定額カルモくんがおすすめ! おトクにマイカー 定額カルモくんでは、国産メーカーの全車種・全グレードを取りそろえています。 リース車はすべて新車で、オリックス自動車の取り扱うメーカー保証付き正規ディーラー車です。 契約期間は1~11年のあいだで、1年単位でお選びいただけます。 長期間になるほど月々のリース料金も安くなり、お得にご利用いただけます。 リース期間を過ぎた後は、乗り換えの手続きをするだけで、新しい車に乗り換えていただくことが可能です。 定額カルモくんについて詳しく知りたい方は 利用目的や予算に応じて車種やリース業者を選ぼう 軽自動車の中でもビジネス向けとなる軽バンは、積載物の種類やボリューム、積み下ろしの頻度など、利用目的によって欲しい機能や優先すべきスペックが変わってきます。 希望する車種をある程度絞り込んだら、その車種を取り扱っているリース会社のプランやサポート内容の充実度を比較し、長期的かつお得に利用できる会社を選択しましょう。

次の

軽バンも月1万円の格安!社用車に最適の法人向け中古車リース

軽 バン リース

Contents• 軽貨物「黒ナンバー」リース、レンタルのメリット! 黒ナンバーを取得するか?車両を借りるのが良いのか?ということになるとどちらが良いのかは分かりませんが、黒ナンバー車両をリース、レンタルする「メリット」「デメリット」について、分かりやすく解説します。 全ての会社が同じようなシステムをとっているかは別にして、大まかなメリットを挙げてみました。 是非、参考にしてください。 1台の車両を購入して月々に支払う金額に比べれば、比較的安い金額を支払って仕事をすることができます。 また、 リースなので固定資産税とならず、損金として計上できるのがメリット。 ちょっとした手間が面倒という方や、初期投資の資金調達をする必要がないのが良い。 だから、自腹で車検費用などを支払う必要がありません。 諸々の面倒くさい手続きをする必要がないのも嬉しい。 短期貸しの場合には、売上などから 経営の見直しなどを行えるのが良い。 軽貨物「黒ナンバー」のデメリット! 黒ナンバーのリースに関しては、それほどデメリットらしいものはありません。 あえて挙げるとすれば、社内リースの場合はリース会社から借りて、さらに借りるということになるので、又貸しになってしまうこと。 料金をかなり支払うことになりますので、結構費用がかさんでしまうのがデメリットと言えます。 ただし、今ではカーリースの会社もかなり増え、 個人事業主の方が直接リース会社から借りられるところもあるので、コストを抑えることが可能です。 また、会社によっては 1カ月の走行距離が決められている場合があるので注意が必要。 事前にある程度の走行距離の予想をつけておく必要があります。

次の