ストン jt。 話題の“吸う”カフェイン「ston(ストン)」を吸ってみた

吸うカフェインston(ストン)|過剰摂取で副作用が危険?致死量や急性中毒になる量

ストン jt

ブリーザーston 吸うカフェイン はamazonで購入できる stonについて、時事通信などは以下のように報じています。 日本たばこ産業(JT)グループの BREATHER(ブリーザー、東京)は3日、集中力を高める効果があるとされるカフェインを蒸気にして吸う電子機器 「ston(ストン)」を発売した。 仕事の休憩時間に気分転換や眠気覚ましとして使うことを想定している。 電子たばこのように筒状のカートリッジに入ったカフェイン入りの液体を熱で気化させ、その蒸気を吸う仕組みだ。 1本で約250回吸えるカートリッジ(3本入り1980円)は、カフェイン入りと、アミノ酸の一種でリラックス効果があるとされるGABA(ギャバ)入りの2種類。 機器本体は6600円で、ともにインターネットを通じて販売する。 出典: 価格を見るとなかなか高価なものですが、 仕事などで眠気を覚ますためにコーヒーやエナジードリンクを普段からがぶ飲みしているビジネスマンにとっては画期的な商品になる可能性があります。 商品展開はカフェイン入りと、リラックス効果が期待できるGABA入りの2種類ということですが、大半はカフェインの方を購入することが想定されるでしょう。 JTの公式リリースによると、このstonは2019年12月3日よりインターネットで購入できると書かれていますが、現時点では Amazonのみでしか販売が確認されていません。 実際に見てみると、Amazonでは茜(Akane)、月白(Geppaku)、浅葱(Asagi)の3種類が販売されています。 stonの安全性や身体への害は? 一応、JTが公表している商品紹介によれば、 身体への害はないとしています。 コーヒーやエナジードリンクに比べて、蒸気で摂取すると短時間で効果が得られるのが特徴。 加熱式たばこと異なり、たばこ葉は使っておらず、ニコチンやタールといった有害物質は含まれていない。 カートリッジ3個で約1カ月分の使用量に相当する。 成分を見ても、たばこと比べれば当然害は少ないのは確か。 ただ、一方で カフェインの過剰摂取により健康被害が出ないか?ということは懸念されています。 実際、今回の商品については世論からも批判が多く出ており、『海外での事故などを考慮に入れて販売しているのか?』といった声も上がっています。 医師などの専門家からも批判が出ているようで、今後定着するかどうかに注目が集まります。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 みんなが吸って何ともなければ吸おうかな 取り敢えず1年は様子を見よう 最近カフェインの過剰摂取が問題になってるのに大丈夫なの? 摂取するのは個人の責任だけど、吸いすぎとかで健康被害とかありそうだし 吐いた呼気なんかで、そばの人が摂取しちゃうとかないのかな 妊婦さんとか、カフェイン摂らないようにしてる人もいるし、そういう部分はどうなってるの? 副流煙が周りの迷惑にならなければ欲しいな。 暖房がついてから急にウトウトしちゃうこと増えたし、本当に健康に影響がないならアリだと思う。 電子タバコも未だに体への害が凄いって報道があるのになかなか攻めた物出したな。 正直1、2年様子見て害とか変な症状が出るとかの報道が無ければ買うというのが本音かな。。。 発売は日本国内だけにとどめた方がいいですね アメリカだと巨額賠償のタネになりかねません.

次の

BREATHER社(JT系)が吸うカフェイン「ston(ストン)」を発表!

ストン jt

でも、 そもそもブリージングとはなんぞや・・・という疑問が浮かぶと思います。 BREATHER社はJT(日本たばこ産業株式会社)のグループ会社だそうです。 そう、JTの名前からお察しの通りタバコみたいな製品(デバイス)です。 ちなみに、ブリージングをネットで調べてみましたが、以下のような意味だそうです ブリージング ブリージングは、コンクリートの混練(こんれん)の際に使用した水が、打設(だせつ)後に砂やセメント、骨材など重いものが沈下することにより分離して浮き上がる現象のことを指す。 この水はブリージング水と呼ばれ、コンクリートに混ぜる水の量が多いほど発生しやすい この本来のブリージングの意味ではなくて、BREATH(息)を文字った造語?を使っているのかな?? つまりなんだってばよ つまりstonはJT関連会社であるBREATHER社が発売したブランド名称で、ざっくり言うと電子タバコのような製品です。 でも、既存の電子タバコと違うのは ニコチンや、タールが含まれていないことです。 液体のカフェインやGABA等を加熱して、その水蒸気を吸うことで集中力UPやリラックスしたり、味や香りを楽しむための製品(ブランド)です。 現時点(2019年12月8日)発売されているのは2つのフレーバー CALMはココナッツフレーバーでGABA配合なのでリラックスしたい時。 POWERはミントフレーバーでカフェイン配合なので集中力を高めたい時だそうです。 公式サイトより引用 stonとは「一息で、ひと休みをあなたの力に。 」するデバイスのブランド名称です。 独自のテクノロジーを搭載。 吸い込むと、カートリッジ内のリキッドが熱せられて蒸気が発生。 この蒸気に溶け込んだ成分の味や香りを楽しむことができます。 AMAZONで注文してすぐ届いた 発売直後にすぐ売り切れとなったらしいのですが、12月5日に覗いてみたら在庫が復活していました。 どうやら、随時在庫は補充されている模様。 私は非喫煙者です。 30歳を越えていますが1回も吸ったことありません。 でも、気になったので購入してみることとしてみました。 それは、以下の思惑があってのことです。 コーヒーやエネジードリンクの代替として集中したり、気持ちを入れ替えたい時に使ってみたい• ブログや話のネタになって面白そう• なんとなく意識高い系な感じがする• 会社のタバコ部屋の謎コミュニティが気になるので、タバコ部屋へ入る口実に• タバコ休憩が羨ましいので ざっと、こんな感じです。 後半はちょっと無理やりな感じもしますけどね。 と、いうことで早速ポチりましたよ。 注文して2日後には到着!!早いねアマゾン!! ちなみに下のスクリーンショットでは価格が転売価格になっています。 少し待つと在庫が補充されると思いますので、急ぎでない方は少し待って定価で買うのが吉。 (もしかして売り切れてたのって転売屋のせい??) ついつい触ってしまいたくなるような心地よさ 蓋を開けるとこんな感じ。 シリアル番号が書いてある箇所は白く加工しています。 あしからず。 本体の真ん中にはカートリッジを挿入するための穴があります。 本体の外側は金属ですが、中のパーツは流石にプラ製です。 でも、外と中の色や食感が同じになるように丁寧に塗装してあります。 蓋の作りがなかなか秀逸で、マグネットでひっつくようになっています。 この蓋を閉める感覚がなんとも快感。 スチャッっとひっつく感触が気持ちいいです。 ただ、残念なのは磁石のS極、N極の方向によって蓋が閉まる向き、締まらない向きがあることです。 蓋は左右対称でどっちが表、裏か分からないのに、本体の向きと蓋の向きを合わせなければいけないのは残念な仕様 意味もなく何回も蓋を開け閉めしたくなるような蓋の感触。 ただ、蓋にも磁石が内蔵されていて、蓋の向きを揃えないと締まらないのが残念。 ただ、この残念な点を考慮しても、蓋を合わせるときの感触は秀逸だと思います。 本体の底面には充電用の端子があります。 説明書にはston専用ケーブルもしくは専用クレードルを使って充電しろとかいてありますが、ただのMicroUSB端子です。 これが結構残念だなぁ・・・と思います。 ここは少し価格が上がってもUSBタイプCにするべきだったと思います。 大きなマイナスポイントです。 理由はあとで詳しく書きます。 同梱されているスタンドがこちら。 シンプルな見た目。 ston本体と同じように卵形のつるんとしたデザイン。 こちらが裏面。 周囲を丸く囲っている白いパーツはLEDが内蔵されています 充電に使用するケーブルはこんな感じ 少し普通のケーブルと違って、太めになっていて、布見たいな感じです。 断線に強そうです。 マジックテープもちょっとだけ良いやつです。 早速、セットアップして充電しようとするのですが・・・差し込みにくい 本体が裏表のわからないデザインなのに、端子がマイクロUSB端子だから裏表を合わせないと刺さらないんです。 また、少し固めというか差し込みにくいので、何回もカチャカチしてしまいました。 クレードルの端子と、本体の底が当たって塗装が剥げないか心配です。 せっかく裏表のない本体デザインなんだから、端子をUSBタイプCにしておけば裏表関係なく使えたのにもったいない。 何回もカチャカチャするうちに、底の塗装が剥げないか心配 クレードルを本体に刺すと、LEDが点灯して充電がスタートします。。。 う〜ん・・・このクレードル別に要らないかな。 クレードルを同梱せずに価格を下げた方がよかったのではないかと思います。 MicroUSB端子で使いづらいし。 ケーブルも短いので、オフィス等でパソコンに挿して充電するのを想定しているのかな 綺麗なオレンジのLED。 温かみを感じる色です。 ほんのり底が光るのがおしゃれ感ありますね。 本体とクレードルを並べると、大きさやデザインがほぼ同じですね。 クレードルもデザインに気合が入っています。 カートリッジのデザインはこんな感じ。 クリアパーツを使って高級そうなデザインですね。 原産国は安心の日本産 カートリッジはこんな感じです。 金属製でお金がかかってそうな感じ。 3本で約2000円という価格も肯けます。 本体に装着すると、こんな感じになりました。 吸ってみた 本体には電源ボタン等はなく、軽く2回吸引すると電源が入ります。 下のようにLEDが白く光ります。 下の写真は水蒸気がどれぐらいかを視覚的に見易くるために頑張って撮った写真です。 下の写真のように煙がモクモクとデバイスから出続ける訳ではありません!! 自分が吸い込んだ水蒸気を、デバイスに吹きかけて、カメラで連写して撮影しました。 これはイメージ画像です。 本体から、煙が出続ける訳ではありません 吸い込むとしっかりと加熱されてプチプチとした音が本体から聞こえてきて、水蒸気が口の中へ入ってきます。 ほのかに香るミントの香り。。。。 ガムを噛んだ後のスースーする口の中みたいな感じです。 でも、ガムよりは弱くて、あっさり引いていく感じ 思ったより、味や香りはさっぱりしているなと感じました。 ガムやタブレットなガツンとした直接的な香りや味ではなく、ふんわりと口の中を漂う感じ。 でも、吸うとそこそこの時間口の中がスースーします。 気分転換としてはありな気がしますね。 息を吐き出すと、水蒸気がしっかりと出ます。 だからオフィスの自席で吸うのはNGっぽいですね。 喫煙室で吸うことになりそうです。 ニコチンやタールが含まれてないとは言え、タバコが嫌いな人は良い顔をしないでしょう。 意識高い系の人が使うのかな 吸ってみた感じとしては、確かに気分転換としてはありだと思いました。 ミントはすっきりして、気分をリフレッシュできる気がします。 ミントガムの弱い感じです。 だったら、ミントガムで良いじゃんって話になりそうですが・・・ stonは噛んだ後のゴミの心配が要らないのと、強めのミントが苦手な方には良いかも知れません。 なんとなく、stonを吸ってる俺かっこいいでしょ?って使う感じなデバイスな感じがしますね。 頑張って、意識高いっぽい写真を撮ってみました。 最後に ニコチンやタールが入っていないとは言え、電子タバコに見えるのでやっぱり吸うには時と場所を選ぶと思います。 カフェインの効果については、正直よくわからないというのが感想ですが、確かにリフレッシュはできると思いました。 ミントガムの弱めな感じ・・・というのが正直な感想 歯磨きした後のスースー感みたいな感じですね。 今のフレーバーを使い切ったら、CALM(ココアフレーバー)も買ってみたいと思いました。 本体は石みたいなつるんとした無駄を排除したデザインで交換が持てますが、充電端子がUSBタイプCじゃないのだけが心残りです。 最初は物珍しさで買う人が多いと思いますが、果たして浸透するのか否か・・・個人的には少し厳しいかなという印象です。 リフレッシュの選択肢としてはあり。 おもしろい。 でもそれ以上でもない感じですね。 なお、stonはタバコではないものの 20歳以上の使用を推奨しています。 また、カフェインやGABAの依存症や健康について不安な声があるのも事実です。 その辺は私は専門家ではないので言及しませんでしたが、不安な方はしっかり調べた上で購入した方が良いと思います。 以上、簡単ですがブリージングデバイスのstonのレビューでした。

次の

BREATHER社(JT系)が吸うカフェイン「ston(ストン)」を発表!

ストン jt

カフェインとは、アルカロイドという化合物の仲間。 覚醒作用や解熱鎮痛作用があり、眠気、倦怠感、頭痛に対する効果がある医薬品としても使用されています。 コーヒーの最も特徴的な成分で、お茶やココア、コーラなどの食品にも多く含まれています。 カフェインの効能としては、眠気覚ましなどの興奮作用や尿の排出を促す利尿作用などが広く知られていますが、このほかにも「自律神経の働きを高める」 「集中力を高め作業能力を向上させる」 「運動能力を向上させる」など、様々な効果が明らかになっています。 引用|全日本コーヒー協会 適量であれば健康を促進させると言われている「カフェイン」ですが、効率的に吸引できるデバイスが発売されて話題になっています。 そこでこの記事では、 「吸うカフェイン」について共有させて頂きます。 スタートアップのBREATHER(東京都港区)は12月3日、電子たばこに近い技術を用いてカフェインやGABAを摂取する新しい吸引デバイス「ston」(ストン)を発表した。 Amazon. jp限定販売で、価格は6000円(税別)。 同社の菅沼辰矢社長は、JT(日本たばこ産業)出身だが、stonはニコチンを含まない。 もう一踏ん張りしたいとき、気分を落ち着かせたいときに使えます」と話す。 専用カートリッジは、ミントフレーバーでカフェイン含有の「POWER」と、ココナッツフレーバーでGABAを含む「CALM」の2種類。 カートリッジ1本で250回の吸引が可能で、3本入りパッケージを各1800円(税別)で販売する。 外観は、名前の通り河原にある石のよう。 ふたを外し、パイプをくわえて吸うと電源がオンに。 カートリッジ内のリキッドが低温加熱され、蒸気が発生する仕組み。 蒸気と一緒にミントやココナッツのフレーバーが口の中に広がる。 引用|くらテク もともとエナジードリンクが好きで、生理活性物質の探索や効率の良い摂取方法を検討していたという菅沼氏。 「お茶やコーヒーを飲んでも、カフェインが消化器官を介して血中を巡り、脳に至るまでには30分から120分かかるといわれています。 しかし、経肺摂取(吸い込んだ場合)なら数秒という研究結果があります」。 例えば大事な会議の前に目を覚ましたい、気分を落ち着かせたいといったときは即効性が重要と指摘。 「ひと休みは、気分転換になると同時に、次の仕事に向けた準備です」(菅沼社長) 引用|くらテク 使い方は加熱式タバコと似ており、ふたを外してパイプをくわえて吸うと電源がオンになり、カートリッジ内のリキッドが 低温加熱され、蒸気が発生する仕組みです。 カートリッジ1つ当たり、約250回の吸引が出来ます。 タバコと誤認されないようにするため、吸った後にもう1度吸い込むことで 水蒸気が出ないようにすることも可能になっています。 安全性にはとくに配慮した。 stonの蒸気に含まれる物質を分析し、すべて基準値を下回ることを確認。 カフェインの摂取量についても、先進国で最も厳しいといわれる英国食品基準庁(FSA)の基準を用いて検証した。 「カフェインは、経口摂取の場合で(最も基準の厳しい)妊娠した女性は1日200ミリグラム以下とされています。 接種法の違いを考慮しても、stonでこの量に達するには1日に1000回も吸引することになります」。 引用|くらテク つまり単純計算で、『ston ストン 』は1回の吸引で 「0. 2mg」のカフェインを摂取することになります。 カートリッジ1本で250回の吸引が可能なので、1本全てを吸い切っても 「50mg」のカフェイン摂取で留まります。 しかし、短時間で過剰摂取すると危険なので、適量を守るように意識しましょう。 では具体的にどれだけのカフェインを摂取すると危険なのか? 欧州食品安全機関 EFSA によると、健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量を以下のように提言しています。 ・1日当たりカフェイン400mg未満 ・1回あたりカフェイン200mg未満 これらを超える量のカフェインを漫然と摂取し続けると依存に陥りやすくなります。 急性中毒については一般成人の場合、1時間以内に6. 体重60キロの成人のケースであれば1時間以内に390㎎で半数が、1020mgで全数が急性中毒になる計算です。 致死量は個人差が非常に大きく一概には言えないが、一般的には5000mg~10000mg 5g~10g と言われています。 引用|ココカラクラブ 年齢制限に関しては、カフェインを大量に摂取すると不眠やめまいなどの副作用を引き起こす恐れがあるため、販売会社である日本たばこ産業 JT グループの「BREATHER ブリーザー 」は、 20歳以上の利用を推奨しています。

次の