一条 工務 店 メンテナンス。 一条工務店の床暖房:標準仕様で「贅沢」というイメージを見事に払拭!

グランセゾンの『パラペットルーフ』を仕様・メンテナンス・勾配屋根への変更について解説

一条 工務 店 メンテナンス

一条工務店の特徴である「全館床暖房システム」。 この仕組みをまるまる夏場用に取り換えたものが「 さらぽか空調システム」。 「さらぽか空調」は簡単に説明すると床冷房システムです。 床暖房はお湯を床下の配管内に通して部屋を暖めるのに対し、床冷房システムは冷水を床下の配管内に通して部屋を冷やします。 一条工務店の住宅は冬場だけでなく、夏場も快適になるなんて願ったり叶ったりですよね。 しかし、良いことだけではありません。 今回は一条工務店を契約した私が「 さらぽか空調システム」のメリットとデメリット、評判について紹介します。 この記事を読み終わると、「 さらぽか空調システム」について理解でき、自宅に導入する際の検討材料になりますよ。 さらぽか空調システム• 床冷房システム• 天井埋込型サーキュレーター• デシカント換気システム 「さらぽか空調」は床下の配管内に冷水を通して「床冷房システム」によって部屋を冷やします。 床暖房が配管内に水を通すだけで部屋を暖めることができます。 一方で、床冷房は配管へ冷水を通すだけでは部屋を冷やすことは実現できません。 それは冷たい空気は下に溜まってしまうのが原因です。 足下だけが冷えてしまいます。 それらを防ぐために天井にサーキュレーター 扇風機 を埋込み、部屋に気流を作ります。 気流を生み出すことで部屋全体を冷やすといった原理です。 また、デシカント換気システムで湿度を除去することで梅雨時のジメジメとした湿を取り除きます。 これら3つの要素を組み合わせることで、夏場はサラサラで快適な部屋づくり、冬場はぽかぽかな部屋づくりを行っています。 さらぽか空調のメリット さらぽか空調のメリット• 快適な全館除湿機能• 1つずつ紹介していきます。 細かい説明は省力しますが、 デシカント換気システムは夏場は除湿機として働き室内の湿度を除去します。 冬場は室内の湿度を維持するように稼働させることができる空調システムです。 デシカント換気システムで快適な湿度を作り出すことができます。 実際に一条工務店で「さらぽか空調」を導入された人達の評判は上々です。 梅雨時のベタつきが無くなった• 寝て起きて汗をかいていることが無くなった• 梅雨の時期は肌のベタつきで不快な気持ちになったことがあると思います。 しかし、「さらぽか空調」によって家全体の除湿を行うことでそれらの不満が解消され、快適に過ごすことができます。 全館を適切な湿度に除湿してくれるので、外の天候に左右されず家中どこでも洗濯物を干すことができます。 また、生乾きの心配もありません。 デシカント換気システムは自動で部屋の除湿を行ってくれるので、自分で設定を行う面倒な手順は必要ありません。 その日の天候や気温によって、自動でデシカント換気システムが調整をしてくれますよ。 毎日の設定フリーはストレスフリーにも関わってきます。 「さらぽか空調」は床冷房が注目されがちですが、実際はデシカント換気システムの除湿機能が「さらぽか空調」をつける最大のメリットと言えます。 さらぽか空調のデメリット• 導入費用・メンテナンス費用が高額• ランニングコストが高額• 意匠性の問題• サーキュレーターやデシカントの音の問題 それでは、1つずつ紹介します。 35坪のお家の場合は約53万円が必要です。 また、「さらぽか空調」を採用するとエアコンレスの生活を送れるわけではないのが注意点。 というのも、「さらぽか空調」には即効性が無いことが原因です。 床暖房でも言えることですが、床を暖める 冷やす のを水温によって調整しています。 そのため温度の調整に時間がかかってしまいます。 「さらぽか空調」を採用すると、デシカント換気システムが一つ、各部屋に天井埋込型のサーキュレーターが必要になります。 こちらも機械部品で構成されているので寿命があります。 2階建3LDK 35坪• サーキュレーター合計台数:4台• デシカント換気システム:1台• 10年目でエアコンやサーキュレーター、デシカント換気システムなど耐用年数を迎えたものを全て交換しています。 「さらぽか空調」の有り無しで10年間で 約30万円の差があります。 これ以外にも「さらぽか空調」を導入することでランニングコストがかかります。 ではランニングコストが半分になるようなことを書いていますが、一条工務店のオーナーさんの口コミでは「さらぽか空調」単体で 月々1万円前後かかるようです。 年間単位で12万円、10年で120万円です。 これに前述したメンテナンス費用を足すと「さらぽか空調」を導入した家は10年間で 約150万円以上支払う必要がありそうです。 人によってはサーキュレーターが天井に付いていることで「 ハイテクそうでいい感じ!」と思う人もいるかもしれませんが・・・ これについては人それぞれの価値観です。 私は天井にサーキュレーターが付いていることが嫌でした。 また、サーキュレーターをつけることでフィルターの埃取りのメンテナンスが発生します。 もちろん、寝室にもです。 サーキュレーターはモーターで稼働しているのでモーターの駆動音が発生します。 神経質な方には寝る時に サーキュレーターの動作音が不快に感じるかもしれません。 さらぽか空調のメリット・デメリット• 快適な全館除湿機能• カビやダニの発生を抑制• 導入費用・メンテナンス費用が高額• ランニングコストが高額• 意匠性の問題• サーキュレーターやデシカントの音の問題 「さらぽか空調」を導入しなくても、エアコンでの全館冷房で同等な効果を得ることもできます。 一条オーナーの方の評判は良いので付けて後悔することは少ないと思います。 しかし、最初から「さらぽか空調」が無かったら無かったで後悔はないのではないかと思います。 私はメンテナンスやイニシャル・ランニングコストと導入したことによるメリットを天秤にかけて、「さらぽか空調」を導入するのをやめました。 一条工務店は全館床暖房や高断熱・高気密の住宅メーカーで非常にオーナーの方の評判もいいです。 一条工務店を検討している方で「さらぽか空調」の採用を迷っている皆さんは参考にしてみてくださいね。

次の

【一条工務店】預り金清算!その内訳と残った金額は!?

一条 工務 店 メンテナンス

・ 10年目の無償点検時に、「雨水の侵入を防止する部分」に当社が必要と認めた 無償メンテナンス工事を、定められた期間内に当社もしくは当社関連会社にて実施すること。 ・「雨水の侵入を防止する部分」については、 15年目の無償点検に基づく当社が必要と認めた 有償メンテナンス工事を、定められた期間内に当社もしくは当社関連会社にて実施することにより、さらに15年間(保証開始日から30年間まで)保証延長します。 保証書を見ると、下のような内容で書かれているみたいです。 10年目の無償点検 時に 塗り直しが必要な状態であれば 無償 で塗り直し• 15年目の無償点検 時に 塗り直しが必要な状態であれば 有償 で塗り直し (塗り直しを行えば15年保証を追加(最大30年まで)) ここで、気になるのが 「塗り直しが必要な状態であれば」という文言です。 どちらにしろ、経年劣化はあるでしょうから「塗り直す」ならありがたいのですが・・・。 塗り直す状態でないのであれば、何もしないことになるということです。 下に、FRPがどのような素材で、どのようなものに使用されているのかをまとめました。 FRPとは? FRPとは、繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称です。 分かりやすく説明すると、 「ガラス繊維などの強化剤(補強材)で補強されたプラスチック」です。 FRPは、強度・耐水性・成型性が優れているので、自動車や船舶などに使用されています。 家の中にあるもので、FRPで作られている代表格は、 バスタブです。 FRP防水とは? FRP防水は、FRPの特性を防水分野に応用したものになります。 防水された部分は、軽量で強靭であり、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れている特徴があります。 FRP防水は、 屋上や屋上駐車場・工場床・温泉施設・プールなどに使用されます。 勾配屋根に変更するにはオプション費用がかかる パラペットルーフが好みではないときには、 勾配屋根に変更することも可能です。 勾配屋根にすると、スレート材の屋根になります。 この変更には、もちろんオプション費用がかかります。 オプション費用は、変更する箇所の屋根の広さによって変わるので、変更したい方は担当者に確認しましょう。 まとめ グランセゾンの外観をおしゃれにするパラペットルーフ。 見た目も良く、ぜひ取り入れたいものです。 ただ、そのメンテナンスは10年に1度行う必要が・・・。 メンテナンス費用も1㎡当たり約3万円と少し高めに感じるので、採用する場合には、自分の家にどのくらいの広さのパラペットルーフがあるのか知っておくことが大切です。 勾配屋根に変更することも可能ですが、それもオプションになるので、予算の範囲でどのようなことができるのかを確認してみましょう。 これから家づくりを始める方へ 家づくりをするにあたって、何も知識のないところから進めていくのは本当に大変です。 特に、皆さんしてしまうのは、いきなり住宅展示場に足を運んでしまうこと・・・。 どのハウスメーカーを見学しても、よく見えるし、説明を受けても意味がわからないし、結局、大量のパンフレットと大きな疲労感を得るだけです。 そうならないために、まずはインターネットの力を存分に利用しましょう!! 最近では、家づくりに関するとても便利なサイトが増えてきました。

次の

一条メンテナンス&補修 住まいブログ・テーマ

一条 工務 店 メンテナンス

今回は この記事に対するアンサーのような記事です。 住んでいる地域や家の間取りなどによっても変わってくるものもあると思うので、あくまでも我が家の場合です。 良かった点 メリット 冬は評判通り暖かく、暖かすぎない設定にできるのも良い 評判通りの暖かさ 評判通り、冬の床暖房は 本当に快適です。 家全体がほぼ均一な自然な暖かさで、玄関から暖かいです。 また、寒くて寝起きが辛い…ということもないです。 活動的になれて無駄にダラダラしなくて済むのもメリットかと思います。 寒くて何もしたくない、やる気が出ないということは家の中ではなくなりました。 設定により暖かすぎない 床暖房というと床が熱くなるようなイメージでしたが、 「冷たくない」という感触で、部屋も過ごしやすい普通の温度という感覚です。 暖かいので真冬でも半袖で過ごしているという口コミを見ていたので、逆に 暑すぎないか気になってましたが、温度設定によってはそんなことはないです。 じっとしてると微妙に肌寒いけど動くとちょっと暑いくらいの設定にできて、そこは想像していたよりも良かったところ。 吹き抜けでも暖かい 吹き抜けがあると冬は寒いというイメージですが、事前に聞いていた通り、高気密高断熱の一条工務店の家は暖かいです。 真夏の暑さほ覚悟していたんですが、 エアコンの効きが良いので覚悟していたほどの暑苦しさを感じることはなかったです。 寝る時もエアコンは高めの温度でつけっぱなしでしたが、電気代も高くありませんでした。 アパート時代夜つけっぱなしでしたが、電気代は下に書いてるようにむしろ下がってます。 光熱費 電気代 が安くなった アパート時代に比べると、 家は2倍くらい広くなったのに電気代は安くなりました。 高気密高断熱で冷暖房費が抑えられることと、太陽光発電で昼間の電気代が抑えられるためだと思います。 アパート時代は電気とガス、今はオール電化で電気のみとなり、月1万くらいは安くなっていると思います。 電気代と売電収入に関する記事は毎月書いてますが、近々、1年の電気代と売電収入をまとめた記事を書きます。 窓は結露しない ただし条件付き 窓はトリプルガラス、樹脂サッシになっており、結露しないと言われています。 確かに結露しているところはほとんど見たことがないんですが、条件付きです。 一条工務店の家は窓にハニカムシェードが付いているんですが、完全に閉めてしまうと、ハニカムシェードと窓の間の空気と室内の空気の温度差により結露が発生します。 ハニカムシェードの下を少し上げていると結露は抑えることができます。 上の写真は吹抜けの窓で、 ハニカムシェードを締め切っていると、朝ハニカムシェードを上げたときに窓全体が結露していることがあります。 ハニカムシェード自体にも注意書きがあるし、家の引き渡し時に一条の方からも注意点として教えてもらいました。 悪かった点 デメリット 寒さに弱くなっている気がする これもよく言われることですが、冬は家の中全体が快適過ぎて、外の寒さがわかりません。 家の中が暖かいので薄着のまま外に出ると寒っ!となることがあります。 そして少し寒さに弱くなってるような気がします。 1番良くないなと思うのが、 子どもが寒がりになっている気がすること。 幼稚園が寒いから嫌と言ったり、他の子は脱いでいるのになかなか上着を脱ごうとしなかったり… 住む前から気になってはいたんですが、 今後がちょっと気になります… 玄関も暖かいが、玄関から冷気を感じる デメリットというほどのものではないかもしれませんが。 外から玄関に入った瞬間から暖かいと感じますが、他の部屋と比べると若干温度が低いです。 温度差で玄関から冷気を感じることがあります。 土間部分は床暖房がないことと、玄関ドアの断熱性能によるものだと思います。 他のi-smartの家と見た目が似る 我が家は周りにもi-smartの家があるんですが、見た目は似た雰囲気になってます。 建て売りではないのに建て売りっぽい感じです。 外壁はハイドロテクトタイルか普通のタイル。 ほとんどの方がハイドロテクトタイルを選ぶと思います。 タイルの色は5色で、2色まで組み合わせることができますが、そんなにバリエーションが多い訳ではありません。 外壁で違いを出しづらいとやっぱり見た目は似るんですよね。 管理するものが多い 色んな設備があるため、メンテナンス・管理するものが多いと思います。 ロスガードのフィルター類、ナノイー発生器、太陽光パネル、床暖房の設定など。 ロスガード、ナノイー発生のフィルターは毎月の掃除や、定期的な交換が必要です。 その設備が故障した場合はお金がかかるんだろうなと思います。 まだわからないこと メンテナンスがかからないと言われている 外壁タイル 外壁に使われているハイドロテクトタイルは光触媒によるセルフクリーニング効果があります。 ハイドロテクトでなくてもタイルは耐久性に優れており、 現在主流のサイディング外壁に比べてメンテナンス(費用も)かからないと言われています。 一条工務店のウェブサイトによると、 〈サイディングの場合〉 ・10、20、40年目にシーリング補修、外壁再塗装で毎回102万円 ・30年目にサイディング張替え、全シーリング打ち替えで401万円 合計707万円 〈タイルの場合〉 ・30年目に全シーリング打ち替え68万円 のみで、 合計68万円 50年間で640万円もメンテナンス費用が抑えられると書いてあります サイディングはメンテナンスがかかるというのは一般的に言われているため、タイルの方がメンテナンス費用が安いのは確かだと思いますが、 実際のところ68万円で済むのかはまだわかりません。 屋根 一条工務店の太陽光パネルは、屋根一体型となっており、一般的な屋根のように塗り直しのメンテナンス費用がかからない。 屋根材としての耐久性も優れているとのこと。 でも、もし太陽光パネルが破損した場合は大変だろうなと思います。 火災保険で風災に入ってるので何かあっても費用的にはある程度は大丈夫 シロアリ駆除 木材に防蟻剤が加圧注入されているため、シロアリ対策ができており、シロアリ駆除の費用がかからない。 他にも費用がかかる要因があるのでは? 公式では上で書いたような費用がかからない部分を言われていますが、その他にメンテナンス費用がかかるものがあると思います。 ロスガードは10年程度で交換 本体ではなく部品交換? が必要だったりするし、設備類の故障で費用がかかることもあると思います。 上で書いている3つの費用があまりかからないだけでもかなりの費用が抑えられると思いますが、まだまだ長く住まないとわからない部分です。 これから乾燥する? 上で書いている、乾燥しないという点。 2年目以降は乾燥するという口コミもあり、そこは来年以降にならないとわからないところ。 アフターメンテナンスの対応 窓の側面が外れた時にアフターメンテナンスの依頼をしましたが、こちらから連絡をして、実際に来てもらったのは1ヶ月後。 緊急性の高い状態ではなかったので良かったんですが、 緊急事態の場合の対応がどうなのか気になります。 最後に 思ったほど暑くなかったり、思ったほど乾燥しなかったりと、デメリットとして聞いていたけどそうでもなかったものもありました。 デメリットで1番気になるのは子どもも含めて寒さに弱くなりそう、という点ですが、全体としては大満足です。 自然を感じたいというタイプの方ではなく、家の中の快適さを重視される方には一条工務店を勧めたいです。 これから間取りを検討する方へおすすめな情報です。 間取りは検討して決めるまでがとても大変です。 我が家は間取りの例をネットで探したり、本を買って勉強をしてこんな間取りがいいなーと考え、一条工務店の設計さんに希望を伝えて設計をしてもらいました。 大きく2パターンの設計をしてもらい良いと思った方を選んだのですが、 本当はもっと良い間取りがあったのではないかとふと考えることがあります。 我が家で設計の打合せをしているときは知らなかったのですが、間取り・注文住宅費用・土地探しを 複数社に無料で一括依頼できるtownlife家づくりというサービスがあります。 複数社に間取り提案と費用見積もり、土地探しまでしてもらえて無料なんてかなり便利なサービスです。 我が家は子連れでかなりの労力、時間を消費して住宅展示場に行っていましたが、実際に間取り設計・見積もりまでしてもらったのは一条工務店1社だけです。 このサービスを知っていたら利用したかったなと思います。 間取りで後悔しないためにも利用してみてはいかがでしょうか。 他にも家に関する動画を投稿していますので、よろしければチャンネル登録お願いします。

次の