かんたん 酢 レシピ。 酢キャベツもかんたん酢なら失敗ナシ!おすすめ理由とレシピ|feely(フィーリー)

特集「お酢を使ったさっぱり料理」│キリンレシピノート

かんたん 酢 レシピ

最古の調味料「お酢」を上手に食べましょう。 人間が作り出したもっとも歴史ある調味料、といわれる酢。 発酵が生んだ独特の風味は、料理に深みを与え、爽やかな酸味は油っぽさをおさえ、塩味をマイルドにします。 そして、何より、食欲を増進させます。 酢は実に多様な働きをする調味料です。 酢の種類いろいろ 食酢には醸造酢と合成酢があり、一般的に使われ、流通しているのが醸造酢。 醸造酢は穀物酢(米、麦、とうもろこしなど穀物を原料)と、果実酢(ぶどうやりんごなどの果汁を原料)に大別されます。 穀物酢はさらに原料別に、穀物酢(複数の穀類が原料)、米酢(米だけを原料)、玄米酢(玄米が主原料)などがあり、近年人気の中国酢も穀物酢です。 果実酢には、りんご酢やワインビネガー、柿酢、いちじく酢といった珍しい酢があります。 原料は同じぶどうでも独特の製法で生産されるシャンパン酢やバルサミコ酢などもあります。 酢の風味は原料によってかなりの違いがあります。 特有の香りを、料理や好みによって使い分けてはいかがでしょう。 合わせ酢の基本 覚えておくとすぐに使えて便利! 合わせ酢は、酢に各種の調味料を混ぜ合わせたもの。 作っておくと、酢の物や和え物が手軽に仕上げられます。 市販品もありますが、何度か作って自分好みの配合を発見するのは楽しいものです。 二杯酢、三杯酢、甘酢が基本。 これらに香りづけや他の材料を加えた、黄身酢、みぞれ酢など、多くの種類があります。 サラダや和え物に混ぜたり、かけたり、炒め物の調味料としても役立ちます。 漬け込んだら2〜3日おいて、香りがついたら、こして使いましょう。 ガーリックビネガー[米酢200ml+にんにく2〜3片] にんにくの皮をむき、中の芯を除いてザク切りにし、米酢に漬け込む。 冷蔵庫で1ヶ月程度保存可能。 炒めものや餃子におすすめ。 ジンジャービネガー[米酢200ml+しょうが1〜2片] しょうがをよく洗って水気をきり、せん切りにして米酢に漬け込む。 冷蔵庫で1ヶ月程度保存可能。 炒めものや冷や奴におすすめ。 赤唐辛子ビネガー[米酢200ml+赤唐辛子1〜2本] 赤唐辛子を洗って干し、米酢に漬け込む。 冷蔵庫で半年保存可能。 炒めものに辛さをプラス! しそビネガー[米酢200ml+シソ10枚ほど] シソを洗って水気をきり、細切りにして米酢に漬け込む。 冷蔵庫で1ヶ月程度保存可能。 おひたしや和え物に爽やかさを加味。 ローズマリービネガー[米酢200ml+ローズマリー1〜2枝] ローズマリーをよく洗って、そのまま米酢に漬け込む。 冷蔵庫で1ヶ月程度保存可能。 サラダのドレッシングに清涼感を与え、他に洋風料理全般に使えて用途が広い。 イタリアンパセリの葉を漬け込むのもおすすめ。 酢の物は時間勝負です。 お酢を使うとお肉が柔らかくなるのでよく使います。 ソーメンのつゆにお酢を入れるとかなり美味。 酢の物はもちろん、野菜のおひたしなどにもお酢を使います。 茹でたモヤシとシメジなどのきのこ類に寿司酢をかけて食べるのもなかなかいけます。 マヨネーズで和えるサラダ(マカロニサラダ、ポテトサラダなど)に少量のお酢を入れると味馴染みがよい。 油の多い煮物を作る時にお酢をいれるとさっぱりします。 我が家では、酢味噌を作って、常に冷蔵庫に保管してます。 なんにでも合うし、急なおつまみにも野菜を切って酢味噌と一緒に出すだけでなかなかいける!• 魚焼きの網にお酢を塗ってから焼くと、網につかないだけでなく、おいしく焼ける。 夏はどんな料理にもポン酢が大活躍!焼き魚やサラダにはもちろん煮込み料理にも必ず入れます。 具材が柔らかくなるし、食欲のない日もさっぱりしているので沢山たべられます。 寿司飯にマヨネーズをまぜて、ハム・きゅうり・玉子焼きをきざんでまぜたサラダ寿司が最近のお気に入りです。 お肉と野菜をいため、好みの味付けをし、最後にお酢を回しいれ強火でさっと炒めます。 脂っこさが消えてさっぱりとした炒め物になります。 天ぷら衣にお酢を入れる カリッと揚がります。 我が家のポテトサラダはお酢入りです。 ボイルしたポテトを潰すときに、お酢を少々加え混ぜます。 それだけで、いつものポテトサラダよりさっぱりとする上に、マヨネーズも少なめで済むので、カロリーが少なくなります。 大人向きの味です。 お酢と焼酎(冷)のカクテルはいけますよ。 市販のドレッシングに酢を加えると、さらにさっぱりとした味になっておいしいです。 マヨネーズにも酢を加えています。 お酢は 身体に良いので 毎日 お味噌汁に入れて飲んでます。 なべに入れて煮込むのではなく、器に少しだけ入れて、お味噌汁を注ぎます。 夏になると必ず食べる、ところてん。 市販のものをよく水を切ってから器に移す。 たれをかける。 そのときたっぷりの酢をかけると最高においしくなります。 大人でしたら更に練り辛子もいいでしょう。 夏の飲み物にお酢ドリンク。 はちみつとりんご酢と水を混ぜて冷蔵庫でキンキンに冷やしてお風呂上りにググッーと。 最高です。 ハンバーグを作る時に、酢を少量加えて材料をこねると、肉が柔らかく旨味が増して、ジューシーな味わいになる。 冷たく冷やしたコップ1杯の牛乳にお酢大匙1と砂糖大匙2を入れて「ミルクビネガー」になります。 とろんとした舌触りで、味は飲むヨーグルトに近いです。 手軽にクエン酸がばっちり摂れ、朝からしゃっきりしますよ。 大根おろしに酢を小さじ一杯くらい入れると辛みがなくなる。 寿司酢なら更にマイルドな感じでおいしいです。 醤油ラーメンにお酢を入れて食べるとすっきりします。 また、納豆にお酢を少量混ぜて食べると酸味があり、おいしいです。

次の

特集「お酢を使ったさっぱり料理」│キリンレシピノート

かんたん 酢 レシピ

酢もやしに含まれる栄養について では実際にどんな栄養素が含まれるか見てみましょう。 もやしの栄養素と効果 もやしには次の栄養素が含まれます。 コレステロールの低下やガン、動脈硬化、風邪、老化防止などさまざまな効果があります。 心臓機能や筋肉機能の調節を行います。 皮膚や粘膜に作用します。 赤血球の形成を助けて胎児の発育にもサポート。 水溶性、非水溶性どちらの繊維も含まれていて、便秘改善や大腸がんの予防、生活習慣病の予防や改善に効果があります。 疲労回復や肌の潤いをサポート。 酢の栄養素と効果 酢にはクエン酸が含まれていて、脂肪の燃焼を促します。 内臓脂肪の低下に効果的。 また、血圧や悪玉コレステロール値を下げる作用もあります。 スポンサーリンク 酢もやしの作り方について 酢もやしは簡単に作ることが出来るので早速作ってみてくださいね。 【材料】• もやし 2袋• 酢 適量 【作り方】• 鍋に水をたっぷり入れて沸かし、沸騰したら火を止めて4~5分放置します。 湯温が70~75度になったらもやしを入れて10秒。 ざるにあげたら水気をしっかりと切る。 保存容器や袋に(3)を入れ、ひたひたに被るくらいの酢を注ぐ。 冷蔵庫で一晩寝かせて完成。 よって長時間湯がかず、サッと湯通しする程度にしましょう。 酢もやしダイエットのやり方は? 酢もやしダイエットは具体的にどのような方法なのでしょうか。 調べてみると特に難しいことは必要なさそうです。 食べる順番に気をつけるだけでOK!すぐにでも実践出来ます。 <酢もやしダイエット>• 食事の前に50~60gの酢もやしを食べてから他のものを食べましょう。 よりダイエット効果を高めるには、次に野菜や海藻類を全部食べます。 次はタンパク質のおかず、最後に主食である炭水化物を食べます。 こうすることで糖や脂質の吸収が穏やかになりますよ。 注意したいのは、糖質が多い野菜(じゃがいもやかぼちゃなど)は主食として食べるようにしましょう。 もやしは食物繊維が多いため、先に食べることで満腹感が得られます。 食べ過ぎを防ぐ効果もあるんですよ。 酢もやしダイエットの注意点について 酢もやしダイエットは手軽ですが、酵素は熱に弱いのでなるべく そのままで食べることがおすすめです。 例えばサラダや酢の物などは熱を加えないのでいいですね。 また、酢は食べ過ぎると胃が荒れる原因になるので、 適量を毎食摂取するのも大切です。 スポンサーリンク 酢もやしを使ったレシピ紹介 酢もやしを食べやすくするにはアレンジしましょう。 簡単にレシピをいくつかご紹介するので参考にしてみてください。 rakuten. 酢もやし 適量• 醤油 小さじ1弱• わかめ 適量 【作り方】• 酢もやしを作る際に砂糖も加えておきます。 ボウルにわかめ(乾燥したものは戻しておく)と(1)を入れてよく混ぜて完成。 酢もやし 適量• 油揚げ 2枚• いんげん 4本• 醤油 大さじ2 【作り方】• 酢もやしに醤油を加えてよく混ぜておきます。 油揚げはそのまま使用します。 フライパンで薄く茶色になるまで焼きます。 (2)を短冊切りにして(1)と和えます。 茹でたいんげんも食べやすい大きさに切ったら一緒に和えて冷蔵庫へ。 30分ほど馴染ませれば完成。 酢もやし 適量• ベーコン 2~3枚• ピーマン 1~2個• 醤油 大さじ1• 砂糖 小さじ2 【作り方】• 酢もやしに醤油と砂糖を加えてしっかり混ぜる。 ベーコンは短冊切り、ピーマンは千切りにしてフライパンで炒める。 (2)の粗熱が取れたら(1)と混ぜて完成。 かにカマを入れても彩りが良くなります。 rakuten. 酢もやし 適量• 生姜 3片(みじん切り) <A>• 砂糖 小さじ1• 塩 小さじ半分• 片栗粉 大さじ半分 【作り方】• 卵は<A>を入れてよく混ぜておきます。 フライパンにごま油を引き、生姜を香りが立つまで炒めます。 そこへ卵を入れ、軽く混ぜながら半熟状態にします。 お好みで塩やオイスターソースなどで味を整え火を止めます。 酢もやしを加えて全体を混ぜ合わせたら完成。 もやし 1袋• ごま油 小さじ2• 酢 大さじ• こしょう 少々 【作り方】• 熱湯で20秒ほどもやしを茹で、ザルにあげる。 調味料はボウルに全て入れてよく混ぜ、水気を切ったもやしを熱いうちに入れてしっかり和えれば中華風の酢もやしの完成。 まとめ もやしは安価で栄養満点!酢を組み合わせることで最強のダイエットメニューに変身です。 もちろん副菜としてもばっちり美味しいので、毎日の食事にも取り入れやすいですよ。 冷蔵庫で3~4日は保存がきくので常備菜にもおすすめです。

次の

特集「お酢を使ったさっぱり料理」│キリンレシピノート

かんたん 酢 レシピ

最古の調味料「お酢」を上手に食べましょう。 人間が作り出したもっとも歴史ある調味料、といわれる酢。 発酵が生んだ独特の風味は、料理に深みを与え、爽やかな酸味は油っぽさをおさえ、塩味をマイルドにします。 そして、何より、食欲を増進させます。 酢は実に多様な働きをする調味料です。 酢の種類いろいろ 食酢には醸造酢と合成酢があり、一般的に使われ、流通しているのが醸造酢。 醸造酢は穀物酢(米、麦、とうもろこしなど穀物を原料)と、果実酢(ぶどうやりんごなどの果汁を原料)に大別されます。 穀物酢はさらに原料別に、穀物酢(複数の穀類が原料)、米酢(米だけを原料)、玄米酢(玄米が主原料)などがあり、近年人気の中国酢も穀物酢です。 果実酢には、りんご酢やワインビネガー、柿酢、いちじく酢といった珍しい酢があります。 原料は同じぶどうでも独特の製法で生産されるシャンパン酢やバルサミコ酢などもあります。 酢の風味は原料によってかなりの違いがあります。 特有の香りを、料理や好みによって使い分けてはいかがでしょう。 合わせ酢の基本 覚えておくとすぐに使えて便利! 合わせ酢は、酢に各種の調味料を混ぜ合わせたもの。 作っておくと、酢の物や和え物が手軽に仕上げられます。 市販品もありますが、何度か作って自分好みの配合を発見するのは楽しいものです。 二杯酢、三杯酢、甘酢が基本。 これらに香りづけや他の材料を加えた、黄身酢、みぞれ酢など、多くの種類があります。 サラダや和え物に混ぜたり、かけたり、炒め物の調味料としても役立ちます。 漬け込んだら2〜3日おいて、香りがついたら、こして使いましょう。 ガーリックビネガー[米酢200ml+にんにく2〜3片] にんにくの皮をむき、中の芯を除いてザク切りにし、米酢に漬け込む。 冷蔵庫で1ヶ月程度保存可能。 炒めものや餃子におすすめ。 ジンジャービネガー[米酢200ml+しょうが1〜2片] しょうがをよく洗って水気をきり、せん切りにして米酢に漬け込む。 冷蔵庫で1ヶ月程度保存可能。 炒めものや冷や奴におすすめ。 赤唐辛子ビネガー[米酢200ml+赤唐辛子1〜2本] 赤唐辛子を洗って干し、米酢に漬け込む。 冷蔵庫で半年保存可能。 炒めものに辛さをプラス! しそビネガー[米酢200ml+シソ10枚ほど] シソを洗って水気をきり、細切りにして米酢に漬け込む。 冷蔵庫で1ヶ月程度保存可能。 おひたしや和え物に爽やかさを加味。 ローズマリービネガー[米酢200ml+ローズマリー1〜2枝] ローズマリーをよく洗って、そのまま米酢に漬け込む。 冷蔵庫で1ヶ月程度保存可能。 サラダのドレッシングに清涼感を与え、他に洋風料理全般に使えて用途が広い。 イタリアンパセリの葉を漬け込むのもおすすめ。 酢の物は時間勝負です。 お酢を使うとお肉が柔らかくなるのでよく使います。 ソーメンのつゆにお酢を入れるとかなり美味。 酢の物はもちろん、野菜のおひたしなどにもお酢を使います。 茹でたモヤシとシメジなどのきのこ類に寿司酢をかけて食べるのもなかなかいけます。 マヨネーズで和えるサラダ(マカロニサラダ、ポテトサラダなど)に少量のお酢を入れると味馴染みがよい。 油の多い煮物を作る時にお酢をいれるとさっぱりします。 我が家では、酢味噌を作って、常に冷蔵庫に保管してます。 なんにでも合うし、急なおつまみにも野菜を切って酢味噌と一緒に出すだけでなかなかいける!• 魚焼きの網にお酢を塗ってから焼くと、網につかないだけでなく、おいしく焼ける。 夏はどんな料理にもポン酢が大活躍!焼き魚やサラダにはもちろん煮込み料理にも必ず入れます。 具材が柔らかくなるし、食欲のない日もさっぱりしているので沢山たべられます。 寿司飯にマヨネーズをまぜて、ハム・きゅうり・玉子焼きをきざんでまぜたサラダ寿司が最近のお気に入りです。 お肉と野菜をいため、好みの味付けをし、最後にお酢を回しいれ強火でさっと炒めます。 脂っこさが消えてさっぱりとした炒め物になります。 天ぷら衣にお酢を入れる カリッと揚がります。 我が家のポテトサラダはお酢入りです。 ボイルしたポテトを潰すときに、お酢を少々加え混ぜます。 それだけで、いつものポテトサラダよりさっぱりとする上に、マヨネーズも少なめで済むので、カロリーが少なくなります。 大人向きの味です。 お酢と焼酎(冷)のカクテルはいけますよ。 市販のドレッシングに酢を加えると、さらにさっぱりとした味になっておいしいです。 マヨネーズにも酢を加えています。 お酢は 身体に良いので 毎日 お味噌汁に入れて飲んでます。 なべに入れて煮込むのではなく、器に少しだけ入れて、お味噌汁を注ぎます。 夏になると必ず食べる、ところてん。 市販のものをよく水を切ってから器に移す。 たれをかける。 そのときたっぷりの酢をかけると最高においしくなります。 大人でしたら更に練り辛子もいいでしょう。 夏の飲み物にお酢ドリンク。 はちみつとりんご酢と水を混ぜて冷蔵庫でキンキンに冷やしてお風呂上りにググッーと。 最高です。 ハンバーグを作る時に、酢を少量加えて材料をこねると、肉が柔らかく旨味が増して、ジューシーな味わいになる。 冷たく冷やしたコップ1杯の牛乳にお酢大匙1と砂糖大匙2を入れて「ミルクビネガー」になります。 とろんとした舌触りで、味は飲むヨーグルトに近いです。 手軽にクエン酸がばっちり摂れ、朝からしゃっきりしますよ。 大根おろしに酢を小さじ一杯くらい入れると辛みがなくなる。 寿司酢なら更にマイルドな感じでおいしいです。 醤油ラーメンにお酢を入れて食べるとすっきりします。 また、納豆にお酢を少量混ぜて食べると酸味があり、おいしいです。

次の