キズパワーパッド かぶれ。 キズパワーパッドから膿の臭いが!これは一体何だっ!

キズパワーパットは使ってはいけない

キズパワーパッド かぶれ

キズパワーパッドがよいと言われている理由 以前はジュクジュクとした傷や割れた傷はよく水で洗い流して、消毒をして乾かすという治療法がよいと言われていました。 家庭でも消毒液は常備薬で、怪我をしたときには痛い思いをして消毒したという経験があるのではないでしょうか? しかし傷を乾かすことにより新しい細胞がうまく育たず跡が残ったり、傷の治りが遅いという状況が続いたことにより現在では傷の治療法が変わってきています。 新しい治療法とは「傷は洗って消毒はせず、湿った状態に保つ」というものです。 絆創膏やガーゼでは傷口が乾き浸出液を吸収してしまいますが、ゲル状の新素材のシートで覆うと乾かずにジュクジュクし過ぎず皮膚の再生には最適な環境が作れることから医療現場でも使われています。 キズパワーパッドは医療現場で使われているものと同じような効果がある新素材のシートで、傷を湿った状態に保つ「モイスト法」を取り入れたケア用品です。 手荒れや手湿疹にキズパワーパッドは効果がある? キズパワーパッド自体には薬効成分がないので、傷を治すのは自己治癒力になります。 そのため薬を使いたくないという方や、小さなお子様がいる家庭におすすめです。 手荒れや手湿疹の傷は炎症や掻きむしりによるジュクジュクとした傷や乾燥によるパックリ割れが多く、早く傷を治したい、きれいに治したいという方に向いています。 ジュクジュクとした傷の場合には浸出液が多く流れるため、浸出液が漏れたり剝がれやすくなります。 キズパワーパッドは1日1回の交換が目安ですが、浸出液が漏れたり剥がれたりする場合には1日数回取り換えるようにしましょう。 浸出液は傷を治すために必要なものですが、傷がない部分に流れてしまうことでベタベタとして痒みが出ることがあります。 浸出液が漏れているときには1度手を水で洗い流すようにしましょう。 キズパワーパッドで痒みが出る場合には? 手荒れや手湿疹の人は皮膚が過敏になっているため、キズパワーパッドを貼ると痒みが出ることがあります。 皮膚に赤みや湿疹が出るときには無理に使用しないようにしましょう。 キズパワーパッドで痒みが出る場合にはワセリンでも代用ができます。 ワセリンは油性分の皮膚保護剤で刺激が少なく作られています。 ワセリンを塗った手にガーゼをあてて、必ず1日に1回はお湯で洗い流すようにしましょう。 再びワセリンを塗りガーゼをあてると湿潤環境を作ることができます。 ただし、傷のまわりが腫れていたり、膿が溜まっている場合には菌による感染の可能性があるので湿潤療法を行う前に医療機関で診てもらうようにしましょう。 まとめ キズパワーパッドは絆創膏よりもしっかりと密着し、傷を湿った状態にして治りを早めてくれるケア用品です。 手荒れや手湿疹でできるジュクジュクとした傷やパックリ割れにも効果が期待できます。 ですが肌が過敏になっている時には、傷がある部分以外にも赤みや痒みが出る場合があるのでその際には使用をやめるようにしましょう。

次の

キズパワーパッドの周りがかゆい時の対策や原因は?

キズパワーパッド かぶれ

キズパワーパッドを使用したら傷口が悪化 まずキズパワーパッドの裏面を読みました。 <効能・効果> 切り傷、すり傷、かき傷、あかぎれ、サカムメ、靴づれ等の創傷及び軽度の火傷の「治癒の促進」、「痛みの軽減」、「湿潤環境の維持 」、「保護」 はいはい。 これを読むと大まかに傷には使って大丈夫ね。 という印象だったので迷わずカートイン。 息子の膝は転んで出来た傷だったので普通のすり傷程度でした。 でも、大げさに痛がるので「あ!そういえば傷の治りを早めるという絆創膏があったよね!」と思って買いに行ったんですよね。 さらに裏面にはこう書いてあります。 <正しく効果を得るために>• 傷は水道水でよく洗う• 怪我をしたらすぐ使う• 消毒剤やクリームと一緒に使わない• キズの経過観察を怠らない 全てこの通りに行い傷口にキズパワーパッドを貼りました。 貼ると確かに痛みが和らいだらしく、防水効果もバッチリだったのでシャワーも浴びることができたし普段通りにしてその日は就寝しました。 朝起きて、息子の傷口を見てみると説明書通りキズパワーパッドの傷口にかかる部分が白くなって膨らんでいました。 これは体液を吸収して白く膨らみ、傷に潤いを保っているという証拠だと書いてあったのでそのまま信用しました。 そして、幼稚園に行きました。 しかし、帰ってきてから見てみるとキズパワーパッドの白く膨らんだ部分が破れている! どうしたのか?と息子に尋ねると「痒くてかいたら破れた」というのです。 確かに、かさぶたを人工的に作っていると言う状態なのでかゆいか〜。 とも思い、様子を見ることにしたのですが傷口が心配で・・・。 なんだかかぶれて悪化しているようにも見えます。 キズパワーパッドの糊が強すぎて皮膚まで剝がし取ってしまう どう見ても傷口が悪化しているようだったのでキズパワーパッドを外そうと思いました。 でも、キズパワーパッド全面についている糊が強すぎてなかなか剥がれない! これはダメだと思い、ワセリンを皮膚とキズパワーパッドの間に塗り込みなんとか剥がしてはみたものの糊とキズパワーパッド本体のビニールがドロドロに溶けた状態のものが皮膚にこびりついていてなかなか剥がれない。 どう見ても傷が治ってきていた薄い皮膚も一緒に剥がれてしまった様子なんです。 これは、素人が見てもヤバい状態なのは一目瞭然。 すぐに皮膚科へ行きました。 すると皮膚科の先生も驚いている様子! すぐに連れてきて正解だと。 悪化して飛び火して他の皮膚の部分も化膿しているというのです。 先生はイソジンを綿に染み込ませてキズパワーパッドの糊と溶けたビニールをはがしてくれました。 そして、「テラ・コートリル軟膏」という抗生物質と副腎皮質ホルモン配合の塗り薬と、傷口を湿布する「ボチシート」という薬を出してくれました。 さらに、皮膚が化膿しているので抗生物質も飲んでくださいと処方されました。 キズパワーパッドは擦り傷には向かない 皮膚科の先生曰く 「キズパワーパッドは使い方が難しいんだよね〜。 擦り傷には向かないのよ。 包丁でスパッと切ってしまったような傷には効く場合もあるんだけど、こうも糊が強いんじゃ擦り傷の薄皮もはがしてしまうし、擦り傷に残った雑菌を皮膚に密閉してしまっている状態を作るのでそりゃ、悪化するよね〜。 消毒剤は使うなって書いてあるしね〜。 難しいよね〜。 」 とのこと。 キズパワーパッドを完全否定しているわけではないものの素人判断で使うには難しい商品だとおっしゃってました。 キズパワーパッドは使ってはいけない 総じて考えてみるとやっぱりキズパワーパッドは使ってはいけない商品なのでは?と思うのです。 箱の中にある説明書にも書いてありましたが注意事項が多すぎる。 注意事項 2週間以上回復しないキズは医師のアドバイスを 2週間以上経過しても回復しないキズは、家庭で手当できる範囲より重いキズな場合や、何かキズを治りにくくする原因がある場合が考えられます。 病院に行って医師のアドバイスを受けるようにしてください。 次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。 ・糖尿病や血行障害の治療を受けている人。 ・強い倦怠感を感じていたり、発熱があるなど全身状態がよくない人。 ・アレルギー体質の人や、薬や絆創膏などで発疹などの過敏症状を経験した事がある人。 2歳以下の乳幼児には使用しないでください。 かみキズ、刺しキズ、裂けキズの手あて 動物や人に咬まれた時やひどい虫さされは病院へ。 刺しキズは異物が深く入り込んでいる恐れがあります。 また、裂けたキズ口はふぞろいでキレイにふさがりにくいので医師に任せましょう。 火傷の手あて すぐに流水(冷水)で冷やすことが大切です。 無理に衣服を脱がせるのは禁物。 皮膚を傷つける場合があります。 服の上から水をかけるか、衣服を切って患部を冷やしましょう。 火傷が深そうだったり範囲が広かったりしたら、保冷グッズなどで冷やしながら病院へ。 低温火傷の手当 低温火傷の場合は、範囲が狭くても深い可能性があるので、自分で判断せずに病院で受診してください。 化学熱キズの手当 高温だけでなく、酸やアルカリなど刺激性の物質による火傷もあります。 このような化学熱キズは深くなりやすいので、自分で判断せずに病院で受診してください。 火傷にともなう水ぶくれの手当 水ぶくれ(水疱)を破らないようにすることが大切です。 もしも破れてしまったら、皮を切り取ることができる場合は切り取り、救急ばんそうこうでカバーします。 皮を無理にはがしてはいけません。 火傷の他に、靴ずれなどの圧迫や摩擦によっても水ぶくれができることがあります。 なんだとか。 さらに、アレルギー体質の方はご使用をお控えください的なこともよく読むと書いてありました。 アレルギー持ってない人の方が今の世の中少なくない? 花粉症だって立派なアレルギーですからね・・・。 私も最近靴づれをしてしまったのですが、この商品を使うのはやめよう〜と思い、家に大量に余った状態であります。 これからの季節、子供は半袖半ズボンでお出かけすることも多くなり、怪我をする機会も増えるとは思いますが、安易にキズパワーパッドを使ってしまうと私たちのような結果を招くことも考えられますのでご注意くださいね。

次の

キズパワーパッド使用でのかぶれについて。

キズパワーパッド かぶれ

キズパワーパッドを剥がしたら、傷周りが硬く真っ赤になっています。 これは炎症か何かでしょうか? 転んだ時の擦過傷にキズパワーパッドを貼っていました。 貼って2〜3日目にはパッドから膿がはみ出ていましたが、貼り替えることをわかっておらず5日目に新しい物に変えました。 その後、5〜6日程貼り続けて剥がし、擦過傷自体は綺麗に治っていました。 ただ、傷周りのパッドが付着していた部分だけ、皮膚が硬めでやや盛り上がっています。 また、傷部分含めて赤く、痒みがあります。 オロナイン等を塗った方がいいのか、湿布を貼った方がいいのか、自然治癒でいいのか…。 軽めのステロイドが入った湿疹用の軟膏も持っています。 皮膚科に行きたいのはやまやまですが、仕事や私事の関係でなかなか行けそうにありません。 もしどういう状態かわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。 私も経験があります。 キズパワーパッドなどのハイドロコロイド絆創膏を長期間張りっぱなしにしていると、カブレたりアセモになったりします。 傷口から出てくる体液には傷を治す成分がたくさん含まれていて、コレを適切に保持することで早く綺麗に治ります しかし、周囲の正常な皮膚にとって、この体液は余計な存在なのでカブレの原因になります。 また皮膚は老廃物を出す排泄器官でもありますので、密閉状態が続くことでこの作用が妨げられアセモになります。 ですので、最低でも1日1回は交換したほうが肌のためにはいいんですね。 キズパワーパッドの説明書に複数日貼りっぱなしにすると書いてあるのは、空調の効いた部屋で寝たきりになっているひとの床ずれ治療での経過が実用化の為の論文結果だからだそうです。 湿疹用の軟膏がワセリンベースのものならそれを塗っていてもいいでしょう。 再生した手の皮膚はまだまだ弱いので、色素沈着を防ぐためにも日光(紫外線)にあてないように注意です。

次の