ポメプー 飼い方。 ポメプーのカット

トイプードル×ポメラニアン=ポメプーの性格と特徴&飼い方

ポメプー 飼い方

shutterstock. com ポメプーは人気のある小型犬のとトイプードルのそれぞれの性格や特徴を受け継いだミックス犬です。 「プーラニアン」と呼ばれることもあります。 小型犬同士によるミックス犬なので扱いがとても楽ですし、快活で服従させることも容易なのでしつけもしやすく人気があります。 そんなポメプーの体型や外見的特徴、寿命などについて説明します。 ポメプーの体型や外見的特徴 ポメプーの平均的な体重は2kg~3kgで、体高は20cm~28cmくらいです。 トイプードルの親が大きい場合は5kgほどになるポメプーもいるようです。 ミックス犬はどちらの特徴が出るか予測することが難しいことがあり、個体によって違う感じになることがあります。 ポメプーの場合はどちらかというとポメラニアンの特徴が出やすいようです。 ポメプーの耳は立ち耳と垂れ耳の両方がいますが、ポメラニアンが立ち耳でプードルが垂れ耳なので、耳を見るとどちらの特徴を受け継いだかが分かりやすくなっています。 毛並みはどちらかというとポメラニアン寄りで直毛毛質で生まれることが多いようです。 また目、尻尾、マズルもポメラニアン寄りになることが多いとされています。 トイプードルの影響を受けやすいのは体格で、足は長く、プードルのように高くジャンプできるポメプーが多いとされています。 必ずこうなるということはなく、体の各パートがポメラニアンとトイプードルのどちらかの特徴を受けつぐということで、生まれてきてからが楽しみなのがミックス犬ポメプーの特徴です。 ポメプーの寿命 ポメプーの寿命は、13歳~15歳と言われています。 一般的にミックス犬は純血の犬より病気にかかりにくく頑丈です。 また純血種がかかりやすい特有の疾患に対しても回避しやすくなる利点もあります。 そのためポメラニアンやトイプードルと比較すると、より健康で寿命が延びる傾向にあります。 ポメプーの歴史 ポメプーがいつから存在するようになったのかはわかっていません。 それは、ポメプーのようなミックス犬が何年も前から存在していたからです。 しかしアメリカで誕生して知られるようになると人気が出て、少し遅れて日本でも人気が出るようになりました。 ポメプーは新しい犬種ではなく、2つの純血種のミックス犬なのでアメリカンケネルクラブ(AKC)には公認されていません。 しかし、American Canine Hybrid Club、Designer Dogs Kennel Club、International Designer Canine Registryなどといった団体に登録されています。

次の

ミックス犬「ポメプー」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

ポメプー 飼い方

ポメプーの概要 原産国 ミックス犬なので割愛 英国名 ミックス犬なので割愛 サイズ 超小型犬 毛色 アプリコット、レッド、ベージュなど 体高 20~28㎝程度 体重 2~3kg程度 価格相場 5~15万円程度 特徴・性格 特徴 ポメプーは、ポメラニアンとトイプードルのミックス犬です。 ミックス犬は成長していく過程でどちらかの犬種に外見的特徴が偏りやすいのですが、大抵ポメラニアン寄りの外見になるようです。 全体的に丸っこく、可愛らしい風貌をしています。 性格 ポメプーはとにかく甘えん坊で人懐っこい性格をしています。 それに加えて勇敢さが備わっており、昔から番犬として活躍していたと言います。 病気・寿命 病気 ミックス犬は遺伝性疾患にかかりにくいと言われているようですが、油断は禁物です。 ポメプーは「膝蓋骨脱臼」「てんかん」「白内障」などの病気にかかりやすいです。 歩き方がおかしくなる、よく物にぶつかるなどの目で見てわかる症状もあれば、見た目で判断しにく病気もあります。 少しでも何かおかしいと感じたら、遠慮せずにすぐに信頼の置ける動物病院へ相談するようにしましょう。 寿命 平均寿命は約13年~15年と言われています。 飼い方・しつけ方 ポメプーは非常にしつけが簡単で、飼い主を困らせることはあまりありません。 間違ったしつけをしなければ、とても飼い主に従順で甘えん坊な性格に育ちます。 とても癒される存在です。 とはいえ、もちろん間違っていることをしたら犬の目を見てしっかりと叱らなくてはいけません。 褒める時も同様に、しっかりと褒めてあげましょう。 とても可愛らしいルックスなのでついつい甘やかしてしまいそうですが、叱るときはきちんと叱ることも愛情の一つです。 とことん愛情を注いで、ポメプーとの生活を楽しんでください。

次の

ポメプーの寿命と性格!特徴からしつけと飼い方

ポメプー 飼い方

ミックス犬の飼い方と人気の犬種は? 近年人気が高まっているのが「ミックス犬」。 有名人や海外セレブが飼い始めたことがきっかけで人気が高まり、時には純血種より高値が付けられていることもあります。 異なる犬種を掛け合わせて生まれてくるミックス犬は、見た目が個性豊かでオンリーワンなのが魅力ですよね。 そんなオンリーワンなミックス犬を飼ってみたいと思っている方も多いはず! そこで今回は、ミックス犬の人気犬種・飼い方を獣医師監修のもとまとめました。 ミックス犬といっても多種多様で、人気どころではチワックス・ポメチワ(ポメチー)・チワプーなど良く犬種名を耳にしますよね。 この記事ではミックス犬の犬種別特徴や飼育方法・トリミングの活用法・しつけ方法や性格を紹介しています。 記事の後半で人気ミックス犬の基本的な性格をご紹介していますが、警戒心が強いと言われている犬種のミックス犬でも社交的な性格の子が生まれることもありますし、その逆になる可能性もあります。 また、両親ともに社交的な性格であれば生まれてくる子も社交的になりやすく、両親のどちらかでも警戒心が強いと、その警戒心の強さを子どもも受け継いでしまうかも。 可能であれば、子犬を引き取る前に両親の性格を聞いてみると参考になるかもしれませんよ! 小型犬であっても散歩を欠かさない 人気のミックス犬はトイプードルやチワワなど小型犬同士のかけ合わせが多いので、必然的にミックス犬も小柄な子が多くなっています。 「ミックス犬も小型犬だから散歩しなくていい」と思う方もいますが、小型犬でも大型犬でも散歩は毎日してあげるものです。 毎日ずっと家の中にいると外に出たくてストレスが溜まるのは人間も犬も同じ。 特に小型犬は警戒心が強い子が多いので、なるべくたくさんの経験をさせてあげて社会性を身につけることが大切です! 社会に順応する力を養うことを「社会化」と言います。 社会化されていないと、神経質になったり、犬や家族以外の人と馴染めなかったりと大変です。 動物病院でも検査しにくい場合があり、時には検査に鎮静剤が必要になってしまうこともあります。 社会化に適した年齢は生後3ヶ月半くらいまでと言われています。 この時期には、特に積極的に外に出してあげましょう。 もちろん、ワクチンなどの予防は忘れずに! 犬種によってトリミングが必要 ミックス犬であっても、掛け合わせている犬種によってトリミングが必要な子も。 例えば、トイプードルのミックス犬であれば定期的なトリミングをしてあげなければいけませんが、チワワやポメラニアンなどトリミングが必要無い犬種同士のミックス犬であれば日々のブラッシングのみで構いません。 どの犬種が掛け合わされているのかによって必要なお手入れが変わってくるので、引き取り前にペットショップの店員さんやブリーダーに確認しておくのがおすすめ。 もちろん、個体によって遺伝子疾患など両親がかかりやすい病気を引き継いで寿命が短くなってしまうことがあります。 ですが、すべてのミックス犬が遺伝子疾患を引き継いで寿命が短くなってしまう、または遺伝子疾患などをまったく引き継がず健康体、なんてことはなく、純血種と同様に長生きする子もいれば体が弱くて寿命が短くなってしまう子もいるというだけです。 それぞれが受け継いだ遺伝子によって変わってくるので、ミックス犬の正確な寿命がわからないのが現状です。 少し警戒心が強く、吠え癖も付きやすいので社会性を高めていくように意識してあげてください! チワワもミニチュアダックスフンドもトリミングが必要無い犬種なので、チワックスも基本的にトリミングはしなくて大丈夫です。 その代わり抜け毛が多いので、ブラッシングなどの抜け毛対策をしっかり行ってあげてくださいね! A post shared by guri. 1023 on Oct 24, 2019 at 3:43am PDT マルチーズとトイプードルを掛け合わせたのが「マルプー」。 トイプードルのクルンとした巻き毛とマルチーズのフワフワな毛質が混ざった、まるでぬいぐるみのような見た目の子が多いミックス犬です。 トイプードルとマルチーズはどちらも抜け毛が少ない分、定期的なトリミングが必要な犬種。 なのでマルプーもトリミングが必須になります。 チワワとポメラニアンのウルウルな瞳と、ポメラニアンのフワフワした被毛を受け継ぐことが多いのが特徴。 全体的に丸くコロンとした体つきになります。 ポメラニアンは肥満体質と言われているので、太らないよう食事や運動に気を付けてあげてくださいね! A post shared by fufufufufu. fu on Dec 17, 2019 at 6:06pm PST 大型のミックス犬と言えばこの子!ラブラドールレトリバーとスタンダードプードルを掛け合わせた「ラブラドゥードル」。 もともとは動物アレルギーを持つ方のための介助犬として交配されましたが、現代では家庭犬としても人気を集めています。 基本的な飼育方法は純血種と変わりませんが、ミックス犬ならではの個性を愛してあげることが重要です。 純血種だから、ミックス犬だから、と犬種にこだわりすぎてはいけません。 見た目が他の子と被りにくい「うちの子だけ」な犬を飼いたい、という方にとってもおすすめ!ぜひミックス犬に癒されてくださいね! (ライティング:wanda 記事監修:倉地医師).

次の