ごぼう 素 揚げ。 吸油率

うま味広がる!ごぼうの唐揚げのレシピ/作り方:白ごはん.com

ごぼう 素 揚げ

ボウルに切ったごぼうを入れ、Aの調味料をすべて加えて混ぜ合わせます。 少しのにんにくと醤油の下味が唐揚げの風味の良さにつながるので、素揚げではなく、ぜひ下味をつけて揚げてみたください。 時おり箸で上下を混ぜながら、5分ほど味をなじませます。 5分経ったら、下味をつけたタレを容器に取っておき、ボウルの中は汁気を切ったごぼうだけにします。 そこに片栗粉大さじ2ほどを加えて、全体を混ぜ合わせます。 ごぼうを軽くほぐしながら入れます。 油の中でもくっつくものがあるので、箸で軽くほぐすとよいです。 ごぼうを入れてから、 揚げる時間は3~4分が目安です。 ごぼうの表面がこんがりと色づけば、しっかりと油を切りながら取り出します。 油から出したあとに、最後の味付けをします。 下味をつけたタレを刷毛やスプーンで全体に少しまわしかけ、こしょうも全体にふりかけます。 最後の仕上げの味付けで、ごぼうの唐揚げにやみつき感が出ると思います。 器に盛り付けていただきましょう!できれば熱々がおすすめですが、少し冷めても油のコクと醤油やにんにくの風味が美味しさを保ってくれます。

次の

ごぼうのレシピ

ごぼう 素 揚げ

かき揚げの下ごしらえ おいしいかき揚げのポイントは 『風味と食感の違うものを組み合わせること』。 野菜でいえば食感や風味の違いを考えて 「玉ねぎ、人参、椎茸、ごぼう、れんこん、空豆、さつまいも、三つ葉、生姜」などがおすすめです。 今回は「玉ねぎ、人参、椎茸、ごぼう、三つ葉」の5品を組み合わせます。 それぞれ、揚げる時に野菜同士が絡みやすくなるように少し太めの千切り・薄切り(長さは4〜5cm)にします。 三つ葉は2㎝幅に切ります。 ここに小麦粉を加えて野菜全体に打ち粉をします。 小麦粉大さじ1ほど加え、全体に混ぜ合わせておきます。 かき揚げの衣の作り方 かき揚げの衣は家庭では卵なしで十分だと思います。 ポイントは 『氷水を合わせ、粘りが出ないようにざっくりと混ぜること』。 温かい水を使うこと、混ぜすぎることは小麦粉の粘りを引き出します。 粘りが出ない方がサクッと上がるので、注意が必要です。 また追って補足などで、卵を入れるきの割合などを追記していこうと思います。 かき揚げの揚げ方/作り方 かき揚げを揚げる時のコツは 『少量ずつ揚げること。 はじめにお玉の上などでひと塊にしてから油に落とすこと』です。 油の量や鍋の大きさによって揚げる回数のめぼしをつけ、用意した野菜を2〜3等分にします(一度にたくさん揚げないほうがいいです)。 衣も同じく2〜3等分にして、揚げる直前に野菜と衣を混ぜ合わせます。 そしてお玉やしゃもじ、小さめの器の中で、揚げる大きさにまとめ(箸で少し抑えるようにしてくっつけ)、それから油に落とし入れます。 鍋の淵からすべらせるように揚げ油に落とします。 揚げ時間は 『30秒ほどさわらずにそのまま火を通してから上下を入れ替え、さらに1分〜1分半揚げる』のが目安です。 揚げている最中に、中央に1〜2箇所ほど箸を刺して穴を開けてあげます(火通りをよくし、揚がりやすくするため)。 揚がればかき揚げを縦に持って、チャッチャッと3回ほど油を切ってから引き上げます。

次の

吸油率

ごぼう 素 揚げ

かき揚げの下ごしらえ おいしいかき揚げのポイントは 『風味と食感の違うものを組み合わせること』。 野菜でいえば食感や風味の違いを考えて 「玉ねぎ、人参、椎茸、ごぼう、れんこん、空豆、さつまいも、三つ葉、生姜」などがおすすめです。 今回は「玉ねぎ、人参、椎茸、ごぼう、三つ葉」の5品を組み合わせます。 それぞれ、揚げる時に野菜同士が絡みやすくなるように少し太めの千切り・薄切り(長さは4〜5cm)にします。 三つ葉は2㎝幅に切ります。 ここに小麦粉を加えて野菜全体に打ち粉をします。 小麦粉大さじ1ほど加え、全体に混ぜ合わせておきます。 かき揚げの衣の作り方 かき揚げの衣は家庭では卵なしで十分だと思います。 ポイントは 『氷水を合わせ、粘りが出ないようにざっくりと混ぜること』。 温かい水を使うこと、混ぜすぎることは小麦粉の粘りを引き出します。 粘りが出ない方がサクッと上がるので、注意が必要です。 また追って補足などで、卵を入れるきの割合などを追記していこうと思います。 かき揚げの揚げ方/作り方 かき揚げを揚げる時のコツは 『少量ずつ揚げること。 はじめにお玉の上などでひと塊にしてから油に落とすこと』です。 油の量や鍋の大きさによって揚げる回数のめぼしをつけ、用意した野菜を2〜3等分にします(一度にたくさん揚げないほうがいいです)。 衣も同じく2〜3等分にして、揚げる直前に野菜と衣を混ぜ合わせます。 そしてお玉やしゃもじ、小さめの器の中で、揚げる大きさにまとめ(箸で少し抑えるようにしてくっつけ)、それから油に落とし入れます。 鍋の淵からすべらせるように揚げ油に落とします。 揚げ時間は 『30秒ほどさわらずにそのまま火を通してから上下を入れ替え、さらに1分〜1分半揚げる』のが目安です。 揚げている最中に、中央に1〜2箇所ほど箸を刺して穴を開けてあげます(火通りをよくし、揚がりやすくするため)。 揚がればかき揚げを縦に持って、チャッチャッと3回ほど油を切ってから引き上げます。

次の