しくじり 先生 那須 川 天心。 那須川天心 最新試合、結果(rizin、キックボクシング)や高校、髪形について紹介!

【RIZIN】那須川天心、メイウェザー戦を「正直怖かった」「あの試合をやったことに一切後悔はしていません」=『しくじり先生』完全版も公開

しくじり 先生 那須 川 天心

まず、那須川天心についてのwikipediaのページを確認しましょう。 Wikipedia上の那須川天心と「中学」 2011年に自身が通う 中学校の近くにあった小さなボクシングジムにて現在もボクシングトレーナーを務める岡本トレーナーと練習を始め、その後に父親・那須川弘幸と知り合いも加わって徐々に大所帯になったため、週1で千葉県松戸市の小金原体育館を借りて練習を行うTEAM TEPPENを結成。 キック転向後に所属していたジムが閉鎖してしまったため、 中学2~3年時は週に1~2回の出稽古をする以外はTEAM TEPPENと自宅で天心のトレーナーも務める父親とマンツーマンで練習していた。 所属ジムが無い頃に出稽古で世話になった伊藤隆主宰のTARGETに 中学校卒業と同時に所属し、同じく伊藤が代表を務めるキックボクシング団体RISEを主戦場とする。 現在も毎週土曜日はTEAM TEPPENで練習を行い、小学生や女性への指導もした後にTARGETの練習に参加している。 6月3日、『ビッグバン~統一への道~ 其の九』のオープニングファイトにて50kg契約2分3ラウンドで西京春馬と対戦。 両者ともに 中学生離れしたハイレベルな打ち合いの末に3-0の判定勝ち。 天心はアマチュア時代の最も印象的な試合にこの試合を挙げている。 2月22日、シュートボクシング後楽園ホール大会にてGirls S-cup 2012世界王者RENAのプライベートレッスンが受けられるチケットに抽選で当選。 プロになって秋元選手を倒したい」と宣言した。 なるほどーって感じですね。

次の

那須川天心:本気モードのメイウェザー「正直、怖かった」 「しくじり先生」で試合の舞台裏を告白

しくじり 先生 那須 川 天心

那須川天心 生年月日 1998年8月18日 出身地 千葉県 身長 165cm 好きな科目 家庭科 怖いもの お化け屋敷 那須川天心の愛車を紹介! 那須川選手が、 ジャンクスポーツに出演した際にファイトマネーで購入したという愛車を紹介していました。 ポルシェ356スピードスター 推定800万円! 旧車はカッコいいですね。 1950年代のモデルなのでもう 誕生して半世紀以上経っています。 空調がついてないので冬はとても寒いとのこと。 父親がファイトマネーから那須川選手へプレゼントしたとのことなので、家にかなりのお金を入れてるんですね。 この車は那須川選手の父親も以前乗っていたそうです。 日産 GT-R こちらはお値段 1000万円以上!! 格闘技選手にはスポーツカーが似合いますね。 那須川選手がハンドルを握って給油する写真がネットにあるので愛車とされていますが、本人がテレビやブログで紹介しているわけではないのではっきりわかりません。 ジャンクスポーツで 車を2台購入したと言ってましたので、おそらくもう一台がこのGT-Rだと推測されます。 那須川天心は漫画好き!刃牙のトリケラトプス拳をリングで披露! 那須川選手は 格闘技漫画好きとしても有名です。 修羅の門、はじめの一歩などの格闘技漫画を読みながら、 「今度この技をやってみよう」 と考えているとのこと。 因みに那須川選手はこの技についてジャンクスポーツで 「実際やるととても疲れる」 「相手を威嚇するだけで何もできない」 とコメントしており、浜ちゃんから 「やってる間に殴られるやん」 というツッコミを入れられてました。 しかしこれだけ試合を楽しむ余裕がある那須川選手はやはり凄いですね。 今度は何をしてくれるのか? 那須川選手の試合は見ていてワクワクしますね。 因みに、那須川選手自身も漫画化されております。 『テッペン ~那須川天心物語~』 内容は、那須川選手が優しい泣き虫少年から最強格闘家に覚醒するまでの、涙と汗の物語だそうです。 これからもさらなる伝説を作り続けてほしいですね。

次の

那須川天心の「中学」の噂検証

しくじり 先生 那須 川 天心

今回の授業では、世界的注目を集めた世紀の一戦の舞台裏を振り返りながら、那須川がやらかしちゃったしくじりをテレビ初告白。 キックボクシングとボクシングの違いや階級の差などについて冷静に考えず、「どんなルールでもやります」とカッコつけ、「メイウェザー?勝てるっしょ!」とナメきっていた。 この試合のために設定されたルールは、有効なポイントはパンチのみというキックボクサーの那須川にとって圧倒的に不利なものだった。 自由奔放なボクシング界の超問題児・メイウェザーは、試合前から壮絶なワガママを発動。 しかもそれは、見事に那須川の作戦を封じる内容ばかりで、キックをしたら罰金5億円という要求に始まり、試合直前にはフェイントのキックとジャンプも禁じ手にされてしまった。 そして試合当日、早めに会場入りし入念な準備をしようとしていた那須川。 ところがメイウェザー側は、那須川が凶器を隠している可能性があると、とんでもないいちゃもんをつけ、装着に40分もかかるグローブ下のバンテージを巻き直せと要求してきたのだ。 ようやくそれを終えると、リングインの時間。 那須川は大慌てのまま試合に臨み、イライラはMAXに達していた。 そんな那須川にメイウェザーはヘラヘラ顔を見せ、おちょくってきたそう。 ところが、那須川がパンチを一発決めたところでヘラヘラメイウェザーが豹変! 本気モードのメイウェザーを目の当たりにした那須川は、「正直、怖かった」と告白した。 人生初の敗北を味わった那須川だが、多くのことを学べたこの試合を経験して、本当に良かったと考えているそうだ。 さらに那須川が、失敗をして落ち込んでいる人やこれから何かに挑戦しようと考えている人たちに向け、いちばん好きな言葉としてあげたのは、「なんとかなるさ」というもの。 どんなに失敗しても自分次第で何とかなるし、「失敗した後にも成功はある!」と力強く語った那須川。 失敗したからといって歩みを止めず、自分の意思を強く持ち、最後までやってきたことを信じていれば必ず成功につながるというメッセージを送り、授業を締めくくった。

次の