志賀 廣太郎 死去。 枯れた男性役で人気、志賀廣太郎さん死去…「三匹のおっさん」 : エンタメ・文化 : ニュース : 読売新聞オンライン

志賀廣太郎

志賀 廣太郎 死去

所属事務所によると、2019年春に脳梗塞で倒れ、復帰に向けてリハビリを続けていたという。 激ヤセに心配の声 志賀さんは、40年ほど前に結婚歴があるが、晩年は都心から車で1時間ほど離れた集合住宅にひとり暮らし、近所の人にもよく知られた存在だった。 「いつもチェックのシャツにジーンズ。 普通のおじさんですね。 映画やドラマにたくさん出ているからよく声をかけられてますよ。 でも最近は痩せてきちゃって、ちょっと元気がないようです」 2018年ころから、激ヤセした姿が目撃される。 2017年10月に放送されたドラマ『陸王』(TBS系)では、老舗足袋屋の専務取締役「ゲンさん」を好演。 しかし'19年1月から放送されたNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の降板を発表。 4月放送のドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)では、体調不良で途中降板に。 その後、志賀さんは公の場で姿を見せることはなかった。 すでに収録済みだった、'19年8月のドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season〜』(TBS系)に出演していた当時、ネットでは、 《痩せすぎで心配なんだが》《声も飛ばなくなってるし。 どこか具合が悪いのかな。。。 》と、その激ヤセぶりも話題になっていた。 その言葉が本当だったらいいのですが、そのときはいつもより10キロくらいやせているような感じでしたから……」 と、近所の住民もその姿に驚きを隠せなかったという。 大河ドラマ降板を発表してからも、俳優業に加えて、都内の大学で非常勤講師として週1回、1コマ90分の授業を受け持ち、学生に演技を教えていたこともあったという。 当時、そんな多忙な彼に真相を聞くため、週刊女性は直撃取材したことがある。 おかげさまでずいぶんよくなりました。 仕事には支障がありませんので、ご安心ください。 失礼します」 そう言い残すと、タクシーで走り去っていった。 ドラマ『陸王』メンバーがお見舞いに その後、2019年4月に脳梗塞の疑いで緊急手術。 当時、所属事務所に問い合わせると、 「すぐ退院ではなく、GW明けまで経過をみないとわからない状態です。 回復には向かっていますが、その後のリハビリがどのくらいかかるか、俳優の復帰時期も見えていません」 名バイプレーヤーに突然襲いかかった病魔。 劇団関係者は、「普段からお酒もよく飲みますし、ヘビースモーカーでした」といい、普段の生活に周囲は心配していたという。 また、自宅の最寄り駅から電車で20分ほどの行きつけの居酒屋ではこんな姿も。 「倒れる数日前にお店に来たときは、どことなくフラフラしていたので驚いてしまって。 「 脳血栓の手術後に、右半身の麻痺(まひ)が残ってしまい、ひとりでは生活できない状態に。 失語症にもなり、医師にすすめられて施設に入居したそうです。 普段は入居棟の涼しい室内で、テレビを見たり、読書をしたりして過ごしています。 移動はすべて車椅子で、ひとりで風呂にも入れないので、特殊浴槽で介護士の補助を受けて入浴しています」(劇団関係者) そんな中、何度も共演したことのある役所広司らがお見舞いに来たこともあったという。 「 役所さんが志賀さんのお見舞いに来たのは7月下旬のお昼ごろ。 阿川佐和子さんを含めた3、4人の『陸王』メンバーが同行したようです。 2年前に共演した出演者が集まるのは珍しいことで、絆(きずな)の深さを感じますね。 入居棟への出入りは騒ぎになる可能性が高いため、志賀さんとは来客用のスペースでひっそりとお話しされたようです」(同・劇団関係者) 当時、志賀さんの病状を所属事務所に確認すると、 「 身体の麻痺は徐々に治りつつありますが、まだひとりで立つことはできません。 ですが、失語症は医師が驚くほど回復していて、朗読やナレーションの仕事は来年春ぐらいの復帰を目指しています。 役所さんの奥さまは志賀が講師をしていた大学の卒業生という縁もあり、お見舞いに来ていただいたんだと思います」 仕事復帰を目指していた、今年の春がすぎ、志賀さんは帰らぬ人となってしまった。 晩年は病気とリハビリと闘う日々だったが、志賀さんの優しい演技は多くの人の心を打ち、世に受け継がれていく作品となって生き続ける。

次の

志賀廣太郎さん死去 “遅咲きの名脇役”昨年4月に脳梗塞、復帰かなわず…― スポニチ Sponichi Annex 芸能

志賀 廣太郎 死去

テレビ東京のドラマ「三匹のおっさん」などで知られる俳優の志賀廣太郎(しが・こうたろう)さんが4月20日午後8時20分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため川崎市内の病院で死去した。 71歳。 兵庫県出身。 葬儀は29日に近親者で行った。 喪主は弟健二郎(けんじろう)さん。 後日お別れの会を開く。 昨年4月に脳梗塞を発症して入院。 復帰を目指してリハビリを続けていたが、かなわなかった。 脳梗塞を発症後、昨年6月に川崎市内の介護施設に入居。 手術後は右半身の麻痺(まひ)や失語症と闘いながら復帰を目指していた。 今年4月ごろから食欲がなくなり、そしゃくの問題から誤嚥性肺炎になったとみられる。 先月20日の午後7時ごろに容体が急変。 川崎市内の病院に救急搬送された。 弟の健二郎さんが駆けつけたが、病院に着いた時にはすでに心肺停止状態だった。 志賀さんは母校・桐朋学園芸術短期大学で非常勤講師として演技を教えていた。 「何かが足りない。 俳優をやっていない」との思いから俳優を志望。 劇団「青年団」を主宰する平田オリザさん(57)と出会い、演技への考え方に共鳴し入団。 渋みのある美声と安定感のある演技で存在感を発揮した。 舞台が中心だったため、テレビドラマに初めて出たのは2001年。 フジテレビの「世にも奇妙な物語」で木村拓哉(47)の父親役だった。 その後、映像作品に引っ張りだこになり、13年に大ヒットしたTBS「半沢直樹」では町工場の社長役を熱演。 1話だけの出演だったが話題を集めた。 17年の同局「陸王」にも、会社の存続をかけてランニングシューズ開発に取り組む老舗足袋業者の専務役として出演した。 北大路欣也(77)、泉谷しげる(71)と夜回り自警団を演じた「三匹のおっさん」(テレビ東京)はシリーズ化されるほどの人気。 志賀さんの代表作となった。 昨年放送されたNHK大河ドラマ「いだてん」にも出演予定だったが体調不良のため降板。 昨年4月期のテレビ東京「きのう何食べた?」に主人公(西島秀俊)の父親役として出演していたが、撮影期間中に脳梗塞となり途中降板した。 これが最後の仕事となった。 《テレ東 4日に追悼放送》テレビ東京は「三匹のおっさん」シリーズから「三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~」の最終話を2時間スペシャルで放送すると発表した。 4日午後8時から。 有川浩氏(47)の同名小説が原作。 90年に「青年団」の劇団員になる。 CMへの出演をきっかけに映像作品に進出。 98年「もう、ひとりじゃない」で映画デビュー。 05年に人気漫画を実写化したDVD「THE3名様」のパフェおやじ役で注目された。 ドラマはフジテレビ「アンフェア」、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」など。 電車内で女子高生に壁ドンする日清カップヌードルのCMも話題になった。 身長1メートル65。

次の

【家族】志賀廣太郎さんの妻(嫁)や息子(子供)の名前や顔画像は?

志賀 廣太郎 死去

俳優の志賀廣太郎さんが20日に誤嚥性肺炎のため死去したことが分かった。 71歳。 所属事務所が公式サイトで発表した。 「弊社所属俳優の志賀廣太郎が、2020年4月20日午後8時20分、誤嚥性肺炎のため満71歳で永眠いたしました」と発表。 「ご遺族の意向により、葬儀は4月29日に近親者のみにて執り行われました」と報告した。 「お別れの会」等の実施については、「新型コロナウイルスに関連する一連の状況を見極めながら、ご遺族や所属劇団の青年団と相談の上開催させていただく予定でおります。 決定しましたらご報告させていただきます」とした。 志賀さんは昨年4月6日に脳梗塞の疑いで緊急手術。 同29日には所属する劇団・青年団の公式サイトで「命に別状なし」と報告していた。 以降、復帰に向けてリハビリを続けてきたという。 以下、所属事務所の公式サイトに掲載された「弊社所属俳優 志賀廣太郎に関するご報告」全文。 弊社所属俳優 志賀廣太郎に関するご報告 弊社所属俳優の志賀廣太郎が、2020年4月20日午後8時20分、誤嚥性肺炎のため満71歳で永眠いたしました。 2019年春に脳梗塞で倒れて以降、復帰に向けてリハビリを続けてまいりましたが、かないませんでした。 ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます。 ご遺族の意向により、葬儀は4月29日に近親者のみにて執り行われました。 誠に勝手ながらご香典ご供花の儀はご辞退申し上げます。 なお、「お別れの会」等の実施につきましては、新型コロナウイルスに関連する一連の状況を見極めながら、ご遺族や所属劇団の青年団と相談の上開催させていただく予定でおります。 決定しましたらご報告させていただきますので今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。 90年に「青年団」の劇団員に。 その後、ドラマやCMへと活動の場を広げ、98年「もう、ひとりじゃない」で映画デビュー。 ドラマでは「アンフェア」「半沢直樹」などに出演。 電車内で女子高生に壁ドンする日清カップヌードルのCMも話題になった。

次の