目 の クマ 病気。 何をしても治らない!その目の下のクマ、実は病気かも…?

目の下のくま(クマ)は病気の兆候??医師がわかりやすく解説

目 の クマ 病気

Index• 眼球突出の初期症状で、クマが出現することがあります。 バセドウ病になると、目の周りの筋肉(外眼筋)と目の周りの脂肪(眼窩脂肪)増加します。 初期では、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が出てきて、それがクマ(黒クマ)に見えることがあります。 【西川のクリニックでの話】 西川のクリニックでも、「目の下のふくらみが気になる」とご相談にいらっしゃるバセドウ病の方はかなり多いです。 西川は、以下の場合のみ、目の下のふくらみ(脂肪)をとる治療をご案内します。 その為、「バセドウ病だと医師に言われたけど、治療はしていない」という方が目の下のふくらみ取りの相談に来院した場合は、バセドウ病治療を優先するようご説明したいます。 (シミやアザにも種類が様々あります。 ) ADM・SDMは基本的には同じものだと思っていただいて概ねOKです。 ADM・SDMは、真皮(皮膚を構成している場所の1つ。 コラーゲンやエラスチンが多く存在している場所)にメラニンが増えてしまう状態です。 これらのシミ・アザの治療は医療機関での治療が必要です。 スキンケアや、生活改善で大幅な改善は難しい症状の1つです。 ADM: Acquired Dermal Melanocytosis 後天性真皮メラノサイトーシス SDM: Symmetrical Dermal Melanocytosis 対称性真皮メラノサイトーシス 2. 痩せた結果、頬骨の一部「ゴルゴライン」が深くなり、クマが目立ちます。 ちなみに、ゴルゴラインは、病気と関係なく痩せても深くなります。 そしてクマが目立つようになります。 【西川のクリニックでの話】 西川のクリニックで、よく「ダイエットをがんばったら、クマが目立つようになりました」と訪れる方が多くいらっしゃいます。 ちなみに、「本当によく耳にする「目の下のクマあるあるTOP3」をご紹介します。 1つでもご自分が経験したことがある項目があれば、一度ご相談にいらしてください。 その状態だと、クマも目立ちます。 ただ、クマよりも顔面蒼白な方が気になるケースが多いと思います。 黄疸とは、肝機能低下により、皮膚が黄色くなる状態ことです。 また、黄色くなるのは皮膚だけではなく、眼球の白目部分も黄色くなります。 黄疸になると、皮膚のトーンが下がり、クマが目立つようになることがあります。 この状態では、クマよりも白目の黄色さの方が目立つので、そちらのほうが気になるでしょう。

次の

目の下くま(クマ)によって考えられる病気|メンズスキンケア大学

目 の クマ 病気

注意すべきくまの症状 目の下のくま(クマ)は、睡眠不足や疲れによって出ることもありますが、隠れている病気のサインである可能性もあるのです。 十分に睡眠を取ってもくまが解消されない• 顔色が全体的に悪い• 疲労感や体重の減少がある このような症状に心あたりがある方は、病気が隠れている可能性も。 では、一体どのような病気が考えられるのでしょうか。 くまは病気の前ぶれ!? 目の下のくま(クマ)が、症状として出てくる主な病気を見ていきましょう。 (1)鉄欠乏性貧血 鉄欠乏性貧血は、ヘモグロビンをつくるための鉄分が不足して起こります。 血行不良を生じ、赤黒い色の還元ヘモグロビンが停滞することで、皮膚の薄い目もとに「青くま」となって出てきます。 鉄欠乏症貧血の改善には、鉄分の多い食事を心がけ、必要があれば医療機関を受診します。 (2)バセドウ病 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)は、新陳代謝を促進する甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。 甲状腺が腫れて大きくなる、汗がよく出る、手指が震える、脈が速い、倦怠感、たくさん食べるのに体重が減るといった症状がみられるほか、特徴的な症状として眼球の突出があります。 これにともなって眼窩脂肪もせり出し、「黒くま」が現れることがあります。 (3)肝臓・腎臓疾患 肝臓・腎臓は、栄養分を必要に応じて貯蔵・分解・変質させて血液を通じて全身の細胞に届けたり、体内の老廃物を取り除いたり、解毒をして血液を浄化する役割があります。 この機能が低下することで生じる血行不良は、目の下にくまをつくります。 また、病気ではなくても、アルコールや甘いものの摂り過ぎが続くと肝臓・腎臓に大きな負担がかかり、同様にくまが出ることがあります。 (4)うつ病 うつ病によって両目と口の周りが青白くなることがあります。 自律神経が正常に働かなくなり、目の周りの眼輪筋や口の周りの口輪筋で血行不良を起こすことに起因します。 (5)皮膚炎(アトピー性や花粉症) 目もとだけでなく目全体にくすみがかかっているときは、アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の疑いがあります。 目の周りの皮膚に花粉などがついて炎症を起こし、色素沈着が原因の「茶くま」となります。 気になる症状があれば、早めにクリニックを受診しましょう。

次の

【医師監修】実は病気のせい?目の下のくまを引き起こす原因

目 の クマ 病気

目の下のクマが痛いのは病気なの?• 目の下のクマが激しく痛い時は?• 目の下のクマは眼精疲労でできることも 目の下にできたクマはとても気になりますね。 ついつい手でクマの部分を触ってみたり、押してみたりすることもあると思います。 そんな時にクマの部分に痛みを感じる場合があります。 目の下が痛くなる病気なんてあるんでしょうか? あまり聞いたことがないだけに不安になります。 まず痛みの原因として考えられるのは、 血行不良です。 肩凝りと同じような原理で、凝っている部分を押すと痛みを感じるんですね。 ですが、気になったとしても目の下はとても皮膚が薄くて敏感な部分。 肩凝りは強く押すと気持ちいいこともありますが、目の下は敏感な部分なので強く押すのはよくありません。 顔の筋肉自体が凝ることも確かにありますが、どうしても顔の凝りを取りたいなら美容鍼やエステなど、専門家の手を借りましょう。 自分では優しく押したり、蒸しタオルで温める程度のケアに留めておいた方がよいでしょう。 目の下のクマが激しく痛い!どうしたらいいの? 刺されるような強い痛みを感じる場合は 三叉神経痛 物が歪んで見える場合は 緑内障 どろっとした鼻水が伴う場合は 副鼻腔炎 この他、 眼精疲労や 群発頭痛・脳腫瘍の可能性もあります。 重大な病気の場合は、目の下の痛みの他にも何かしらの症状が伴います。 その症状によってかかるべき病院も変わって来ますので、まずは自分の症状をよく観察しましょう。 また 眼精疲労=疲れ目と思っていませんか? 疲れ目は一晩よく眠ればほとんどは回復します。 一方の眼精疲労はなかなか回復せず、肩凝りや頭痛、目の奥の痛みを伴います。 一度よくなってくすぐにぶり返し、悪化すると吐き気や食欲不振、不眠を引き起こします。 眼精疲労のストレスが溜まってくると自律神経にまで影響が及び、抑うつ・不安感などの症状が出ることも。 疲れ目から眼精疲労に繋がると言われているので、目の疲れは溜めないようにしましょう。 目の下のクマは眼精疲労が原因でできることもある 現代社会はスマホやパソコンが無ければ、生活も仕事もできないような状況です。 大変便利なアイテムですが、その分目にかかる負担は相当なものです。 移動中の揺れる車内でスマホを見ていると、画面にピントを合わせようと視神経にはかなりな負荷がかかります。 スマホから目を離した瞬間、しばらく視界がぼやけるようなことはありませんか? 自覚がある方は要注意! ピントフリーズ現象が始まっている可能性大です。 この現象が起きると視力が低下したり、ドライアイが起きたりします。 目の不調は目の下にも表れ、クマやくぼみ、更にはしわまでも作り出してしまいます。 眼精疲労は健康も美しさも失ってしまうので、疲れを感じたら目を休ませたり、違う動作をしてリフレッシュしましょう! 定期的に目薬を使ったり、ホットアイマスクなどで目元を温めるのもオススメです。 目の下にクマができてしまうほど眼精疲労が辛い場合は、迷わず眼科を受診してくださいね!.

次の