オンライン ビジネス セイル。 無料WEBセミナーで比較! ビジネスのオンライン学習

無料WEBセミナーで比較! ビジネスのオンライン学習

オンライン ビジネス セイル

スタートアップブームも続いていることですし、ネットビジネスで起業してみたいなぁ、と考えている方も多いかもしれません。 さて今回は、ネットビジネスのモデルについて改めて考えてみた記事をThe Next Webから紹介します。 自らもシリアルアントレプレナーの筆者が、色々と考えた結果、オンラインビジネスを9つに分類してくれました。 — SEO Japan 先日投稿した「(日本語)」の捕捉として、今度はビジネスモデルに注目したいと思う。 ビジネスモデルには魔法は存在しない。 これがビジネスモデルの興味深い点である。 ビジネスモデルはほとんど決まっており、自分の事業にその一つを当てはめるだけである。 しかし、適切なモデルを選ぶのはなかなか難しい。 複数のビジネスモデルを組み合わせることもある。 そして、これから紹介するビジネスモデルは新しいわけでもない。 全て数年前にエントリ「」で紹介済みである。 しかし、この話題は決して廃れることはないため、今日再び同じ情報を提供させてもらう。 私が取り上げているビジネスモデルの構造は、ノースカロライナ州立大学ののディレクターを務めるの研究の対象になっている。 ラッパ教授は「」と言うタイトルの論文も書いており、必要なビジネスモデルを漏れなく全て説明している。 それでは9つのビジネスモデルを紹介していこう: 目次• ブローカー ブローカーは市場を作り出す。 買い手と売り手を引き合わせ、取引を助長する。 広告 ウェブ広告モデルは従来のメディア放映モデルの延長線上にある。 この場合、放映者がウェブサイトであり、コンテンツ(通常は無料)とサービス(eメール、IM、ブログ等)をバナー等の形式で広告を織り交ぜて提供する。 情報仲介 メーカーや製品に関して外部で集められたデータは、購入を考える際に消費者の役に立つ。 一部の企業は情報仲介業者としての役割を果たし、買い手と売り手が当該の市場を理解する支援を行う。 商人 製品やサービスの卸売や小売業。 売り上げは料金やオークションに応じて異なる。 メーカー(直接型) メーカーまたは「直接型」は、ウェブの力に基づき、メーカー(製品やサービスを作り出した会社)が直接買い手に接触し、配信経路をショートカットする。 アフィリエイト 一つのサイトに大量のトラフィックを送りこもうとする総合的なポータルとは反対に、アフィリエイトモデルはネットサーフィンをしている間、四六時中、購入する機会を提供する。 アフィリエイトの提携サイトに金銭的なインセンティブ(収益の一部)を与える。 コミュニティ コミュニティモデルの利益はユーザーの忠誠度によって決まる。 ユーザーは時間と感情をふんだんに投資する。 収益は補助的な製品やサービス、あるいは自主的な寄付によって得られる。 または、コンテクチュアルな広告や有料サービスの購読料に左右されることもある。 それぞれのビジネスモデルの詳しい情報が知りたい人には、に目を通しておこう。 当然だが、ビジネスモデルを組み合わせ、若干異なるビジネスモデルを作り出すことも出来る。 しかし、基本は全て網羅しているはずだ。 皆さんはどのビジネスモデルを利用しているだろうか?どのビジネスモデルがツイッターとフェイスブックに当てはまるだろうか? ライター紹介 ボリスはブロガーであり、起業家でもある。 を設立し、さらにV3 リダイレクト・サービスィズ(売却)、ハブホップ・ワイヤレス・インターネット・プロバイダー(売却)、、そして、その他にも複数の企業を設立している。 ボリスはツイッター()、、そして、で積極的に活動している。 この記事は、「に掲載された「」を翻訳した内容です。

次の

ネットビジネス13の種類【保存版】

オンライン ビジネス セイル

こんにちは、 プロフェッショナルビジネス専門の経営コンサルタントの伊藤剛志です。 新型コロナウイルスの影響で、社会活動に大きくブレーキがかかっています。 その反動で、 「ビジネスをオンライン化する」という動きが大きく進み始めています。 2020年は5G化や東京オリンピック等の要因で大きく動画活用が進む、デジタル変革の年になると予想していましたが、別な外圧がきっかけとなり、社会が大きくデジタル変革に進む流れが動き始めました。 ・自宅から動画やZoomでオンラインを通じて情報発信していきたい。 ・ オンラインで顧客を集客したい。 ・ オンラインで収益を創り出したい。 オンラインビジネス構築に注力していきたいという人が増えています。 今回のオンラインセミナーでは、 「ビジネスをオンライン化する」ための重要な3つの戦略を基にオンラインビジネスの創り方をお伝えします。 ビジネスをオンライン化することで得られるメリット ビジネスをオンライン化することで、以下の様なメリットがあります。 インターネット上で認知を格段に広めることができる。 価格ではなく、価値で選ぶ優良顧客を集めることができる。 オンライン商品やサービスを提供することで、新しい収益の柱を創ることができる。 ビジネスを仕組み化して、効率化や時短に繋げられる。 場所や時間や人間関係等の自由な働き方に変えていくことができる。 オンライン化は、正しいロードマップで進めていけば、誰でも着実に実現でき、成果を出していくこともできます。 既に多数の実践を通じて培ってきたオンラインビジネス構築の方法論の概要を今回のオンラインセミナーでお伝えします。 デジタルマーケティングエージェンシーにて、ユニクロ、CCC、メンバーズ、花王、大手不動産会社等の大手企業のデジタル変革を支援する。 2013年より企業の動画活用のプロデュースも多数手がけ、動画制作のトップクリエイター達とのコラボレーションを通じて、独自の動画マーケティングメソッドを開発する。 人気ユーチューバーが所属するUUUMとも創業期からコラボレーションして、企業と人気ユーチューバーのコラボレーション動画を多数プロデュースする。 YouTube関連で良質なコンテンツを情報発信し、SEO上位表示される記事や有力メディアでの記事掲載も多数。 近年は、 「個人の自立やプロフェッショナル育成」を使命として、 コンサルタント・講師・士業等の プロフェッショナルのオンラインビジネス構築のプロデュースに注力し、多数の成功事例を創り出す。 各分野で活躍する一流のコンサルタントや講師のビジネス構築ストーリーや成功ノウハウをインタビューする『プロフェッショナル対談』を30回以上実施する。 コンサルタント、コーチ、講師、士業などのプロフェッショナルビジネス構築メソッドを確立し、プロフェッショナル専門のビジネススクール『プロフェッショナルコンサルタント養成講座』や『プロコンアカデミー』を通じてプロフェッショナルのビジネス構築を支援する。 集客に困っていた開業間もない行政書士が、動画を活用した訴求力の高いHPを構築することで、SEO上位表示に成功し、目標としていたキーワードで安定的に新規集客する仕組みを構築する。 予防医学の専門家の松本明子先生は、多くの人に「予防医学」を伝えるオンライン診療所を創るというビジョンを持って、YouTubeで「予防医学」の教育チャンネルを構築し、登録者数1万人弱、動画の総再生回数は200万回以上となり、多くの人の健康を支援するインフルエンサー(影響力のある存在)になる。 気功整体師の福田ゴンベイ先生は、YouTubeで「気功」の人気動画を多数創り出し、人気や知名度を拡大し、安定的に優良顧客を集客する仕組みを構築する。 海外市場への事業展開も加速する。 外交評論家の天木直人先生は、プロジェクトの立上げのために動画を活用してクラウドファンディングすることで、2,400万円の資金調達に成功しプロジェクトの実行を実現する。 セミナープロデューサーの山口伸一先生は、セミナー講師育成セミナーの集客のために、2本の動画を活用することで、セミナー集客に成功する。 セミナー受講生の声 <日本プレゼンテーション協会で開催した「動画マーケティングセミナー」の様子> 一流のコンサルタントや講師の方々に多数ご参加をいただき、 「動画をビジネス活用してブランディングやセミナー集客するする方法」を学んで頂きました。 とても良いセミナーでした。 超濃密なノウハウを惜しげもなくシェアしてもらいました。 動画&SNSはもちろん、戦略・チームの考え方が参考になりました。 これからに活かします。 伊藤コンサルの説明力&プレゼン力大したものでした。 大変参考になりました。 私のような昭和人間はこれからSNSを使いこなして集客していく必要性を感じました。 これから具体的に学びたいと思います。 動画の効果や活用方法を理解できました• 動画の効果の素晴らしさを再認識しました。 動画活用の色んなTIPS(秘訣)も学ばせて頂き、感謝です。 プレゼン業界は、動画の時代になりましたね。 私も自分の動画発信を実際にやってみようと決意しました。 Facebook動画広告をはじめます• Facebook動画広告をやってみます。 集客方法が理解できました• セミナー実施前に必要な顧客ニーズの捉え方と集客方法が理解できました。 優良なコンテンツであれば、いろいろな集客法で売れるのだと思いました。 自分の進むべき道(未来)が開けました• 社会を良くする活動は、広く大きくやるべきだと前が開けました。 努力の大切さを改めて気づきました• あらゆる手段を使って、実行することが大事だと思いました。 動画は直ぐにやります。 一流になるには、やはり大変なのだと感じました。 こんな方におすすめです• これからビジネスに動画を活用していきい方• 「オンラインで集客する仕組み」を創る方法を学びたい方• 「オンラインで営業する仕組み」を創りたい方• Zoomを活用して「セミナーや研修をオンライン化」していきたい方• 「オンライン商品」で収益を創りたい方 本セミナーで学べる内容 1. オンラインビジネス構築の全体像• オンラインビジネス構築することで手に入るもの• 知的プロフェッショナルのオンラインビジネスの実践事例• 「オンラインビジネスの全体像」と成功の方程式 2. 「オンライン集客」で成果を出す秘訣。 「マーケティング(集客)基盤」となる3種の神器とは?• 「オンライン営業」の成功の秘訣• 自動的に見込み顧客を集めて優良顧客に変える 「オンライン講座」の創り方• 顧客が主体的に成長&成功していける「オンライン商品」を創る秘訣。 在宅でも動画で学べるeラーニング(オンラインスクール)を創る• Zoomでコンサルティングや会員向けセミナーを開催する 3. ゼロからの初心者でも「オンラインビジネス」を構築して成功するための秘訣• ゼロから始める「オンラインビジネスの創り方」の5ステップ• オンラインビジネスで「上手くいかない人」と「上手くいく人」の違いとは?• オンラインビジネス構築で成果を出すための「マネジメント」の重要ポイント 参加特典• 「Zoomの使い方」の基本スキルを修得する機会にもして頂けます。 「オンラインビジネスの作り方」のebook(レジュメ)や本セミナーの録画動画も復習教材として ご視聴頂けます。 希望者とは、オンラインビジネス構築の進め方などについて、個別にオンライン相談会も実施させて頂きます。 オンライン個別説明会 オンライン個別説明会では、オンラインビジネス構築について、個別に現在のビジネスの状況や今後の方向性などをお伺いしながら、オンラインビジネスを作るための戦略や進め方など、具体的にアドバイスをさせて頂いています。 オンライン個別説明会をご希望の方とは、オンラインセミナーの終了後にそのまま継続して個別説明会をZoomでやらせて頂くこともできます。 ご希望の方は、参加申込み時にご相談ください。 開催概要 開催日時:毎週(土)13時-15時に開催します。 <2020年6月の開催スケジュール> 2020年6月6日(水)13時-15時 2020年6月13日(土)13時-15時 2020年6月20日(土)13時-16時 2020年6月27日(土)13時-15時 参加費:無料 参加申込み方法 以下のフォームよりお申込みください。 ZoomのアプリのインストールやZoomへの参加方法など、最低限の基礎知識は事前に学んで参加準備をしておいていただければと思います。 個別に相談もできますか? セミナー参加者には、特典として、個別相談の権利もつけております。 オンラインセミナーの終了後、もしくは別日程で個別相談の面談(対面orZOOM)を利用していただくことができます。 当日参加できないのですが、録画を見ることはできますか? 今回のオンラインセミナーは録画しますので、後から動画で視聴して頂くこともできます。 参加者には録画版もお送りしますので、当日参加できない方も、動画視聴したい方はお申込みいただければと思います。

次の

ネットビジネス13の種類【保存版】

オンライン ビジネス セイル

プロフィール: 1978年兵庫県生まれ。 同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。 2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。 2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。 2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業承継・事業再生などに関するバイアウト投資を行なっている。 2018年4月に上梓した『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』が累計16万部越えのベストセラーとなり、読者を中心としたオンラインサロン(経営塾)「サラリーマンが300万円で小さな会社を買うサロン」の参加者は200名を超える。 また、ロケット開発会社インターステラテクノロジズの社外取締役、堀江貴文氏が主宰する「堀江道場」のオブザーバーなども務める。 著書に『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい・会計編』(講談社)、『資本家マインドセット』(幻冬舎)、『まんがでわかる 絶対成功!ホリエモン式飲食店経営』(講談社)などがある。 Twitterアカウントは「 310JPN」。 プロフィール: 2004年3月東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。 博士(学術)。 博士(経済学)。 情報・システム研究機構統計数理研究所、東京大学教養学部、名古屋大学大学院経済学研究科などをへて、慶應義塾大学経済学部教授。 シカゴ大学客員研究員、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院客員研究員などを歴任。 行動経済学会副会長 次期会長。 マーケティング・サイエンス学会理事。 45歳未満の研究者に政府が授与する最も権威のある賞である 日本学術振興会賞を受賞(2017年)。 ほかに日本統計学会研究業績賞など受賞多数。 AIの国内の中心研究施設である理化学研究所AIPセンターのチームリーダーも兼務。 ヤフー研究所・サイバーエージェント・マネーフォワードの技術顧問など、多数企業への顧問業務の提供や共同研究を実施し複数の特許も取得している。 新型コロナウイルス猛威を振るい、製造業にも大きな影響を与えています。 業界一般として、まだまだデジタルへの移行、適応が十分に済んでいない中で、このようなイレギュラーな事態が発生し、お困りの企業様も多くいらっしゃることと思います。 今回、アペルザは会員向けにコロナウイルスの影響についてアンケートを実施し、1000件を超える回答を得ました。 その集計結果と、長年、製造業のデジタル(IT)移行を支援してきた経験を踏まえ、製造業の現状と、今必要なデジタル活用方法について、お話ししてまいります。 「今回のことを教訓に、これまでの手法を大きく変えていかなくては…」とは思うけれど、何から手を付けようかわからない。 また、注意点はあるか?という方に、ぜひご参加いただきたい内容です。

次の