アッシュアームズ まとめ。 アッシュアームズは面白いのか、実際にプレイした人の評価をまとめてみた

アッシュアームズ・攻略のまとめ

アッシュアームズ まとめ

アッシュアームズを簡単に紹介 『アッシュアームズ』がどんなゲームなのか簡単に紹介しますね! 空と陸のバランスが重要。 戦略性の高いバトルが楽しめる 空と陸の連携が必須で、戦略性の幅がとにかく広い! また、 戦車や砲撃、戦闘機などの兵器のバランスも重要で、例えば戦車だけで編成したパーティなどはNG。 榴弾などで砲撃支援したり空から空爆したり、さまざまな攻撃手段で攻める必要があり、ゴリ押し編成では勝ちにくい仕様になっています。 戦闘シーンはスーパーロボット対戦のようになっており、各キャラクターの攻撃モーションが作り込まれています。 ミサイルに砲撃、銃撃戦などミリタリー好きには堪らない作品だと言えるでしょう。 リセマラ不要! 引き直し可能だから始めやすい チュートリアルガチャでは好きなだけ引き直すことができるので、リセマラする必要はありません。 リセマラに何日もかかって、いつまでも開始できない……といったことはないです。 ゲームスタート推奨は星3キャラ(金封筒)が2枚以上ですが、個人的には以下の2キャラどちらかが出ていれば開始してもいいかなと思います。 アハトアハトは陸と空どちらも攻められる万能型。 序盤から大きな戦力として大活躍してくれます。 試作A0型は壁役として物凄い活躍してくれます。 防御力が突出しており、A0型がいるだけで戦闘が安定しやすいです。 美少女化したキャラクターが可愛い! 全キャラVC付き 実在した戦闘機が美少女化したキャラクターがどれも可愛いのも、プレイするきっかけになりますよね。 全キャラVC付きで、手持ちのDOLLであれば好きなときに声を聴くことができます。 兵器を外した生身の姿にスキンを変更することも可能。 各キャラクターいろんなスキンが用意されているようなので、イベントなどをクリアして入手しましょう! 現在開催中のイベント情報 現在、アッシュアームズ内では超エッチな限定スキン『黒の契約者』を獲得出来る期間限定ベント『漆黒の誓い』を開催中! アッシュアームズの人気キャラアハトアハトの花嫁スキンをGETしよう! リセマラ不要! 3秒でわかるアッシュアームズの評価 実際に『アッシュアームズ』を遊んでみて、ゲームするもん編集部が評価した結果はこちらです。 グラフィック 3. 0 遊びやすさ 3. 5 BGMの良さ 4. 0 戦略性の高さ 4. 5 キャラへのこだわり 4. 0 おすすめ度 4. 0 実際に遊んでみた感想まとめ 『アッシュアームズ-灰燼戦線-』は戦略の幅が広いので、頭脳プレイが必須です。 「オート機能で何でも簡単にクリアできるのが嫌だった」という方には、とてもオススメできる作品です。 これから戦車、駆逐戦車 TD 、対空砲を含む各種火砲、対地攻撃機、爆撃機と偵察機など、さまざまな「最終兵器-DOLLS-」が追加されていくと思うので、それだけ戦略の幅が広がることに。 自分だけのパーティ編成を探しながら攻略するのも一興です。

次の

アッシュアームズ(アシュア)攻略有志Wiki

アッシュアームズ まとめ

・ アッシュアームズをまだプレイしていないという方は、上記の記事でゲームの概要を説明しています。 特に三番目の見落としがちな機能についてでは「実はもらえるはずの報酬をまだ受け取っていなかった」ってことがあるので、重要記事とさせていただきました。 偵察の解放条件(攻略)や、ゲームクリアに必須といえる機体改造について(基本)をまとめてあります。 周回場所などの記事 記事 記事 中盤でのお勧め周回場所や、今後2-B~5-Bの攻略を書く予定。 またデータ的な数値を組み込んだ、かなり突っ込んだ内容の記事です。 リセマラや、当たりの目星などを付けるときに活用していただければ幸いです。 なお、掘りとはそのキャラの情報構成体等を集めることを、ここでは意味しております。 各記事には 一周に必要な消費合金、時間などの数値から 一時間当たりの周回可能数を割り出していますが、これらは細かいロスの事を省いた計算となっています。 したがって、 実際は期待値以下になる可能性が高いので、ご了承ください。 今後、キャラ一覧や敵の情報なんかもまとめていけたらいいなぁ~、と思っている予定。 新機能軽。 その他等 ・の記事 ・の記事 ・に関して ・ ・に関して ・に関して ・について ・に関して ・に関して イベント関係やその他のことについてまとめてあります。 記事が腐る可能性ありそうですが、その時はその時……。 なお、装甲列車や廃都再建などの新機能関係に関しても、現状こちらでまとめておきたいと思います。 (数が多くなりすぎたら、また分けるなど対応する予定) まとめ 現在記事をまだまだ更新中。 まとめ完成までもう少々お待ちを。 なお、 これらの記事の文章内容はWIKIやTwitter等々、コピペなり参考なりにして活用(記事等に)していただいても構いません。 ただし、後から 「ヘルニアお前、WIKIのパクリだろ」などと言われることだけは僕が嫌なので、コピペなどする際は、 『ヘルニアサイト参考(引用)』等と 参考元がしっかりわかるよう 一言そえていただくことを条件にお願いいたします。 (100字程度の短い文章ならいいです。 ただトータル500字とか1000字コピったり、コピったものを参考に編集する場合は、必ずお願いします) (できればURLも一緒に貼ってくれたら、個人ブロガーとしてはものすごくうれしいです).

次の

【アッシュアームズ‐灰燼戦線‐】アプリの最新情報まとめ

アッシュアームズ まとめ

独自の魅力や特徴、面白いところ 「アッシュアームズ」独自の魅力や特徴、面白いところをピックアップして紹介します。 戦略要素の詰まったゲーム 個性的なユニットを活かす組合せを考えながら、編成・育成していくのが 「アッシュアームズ」の面白いところです。 バトルフィールド 地上・空中分かれているバトルフィールドに、ユニット 戦車や戦闘機 を配置して戦います。 フィールドとキャラクターの大きさは小さすぎず、スマホ画面で遊ぶには良いサイズ感です。 最終防衛ラインに到着させない 「 最終防衛ライン フィールド左端 まで敵に到着された時点で負け」となるルールがあるため、地上部隊も空中部隊も全滅しない工夫が必要です。 例えば、敵が空中に偏った編成なら、対空中に厚みのある編成にするなど。 地形効果 フィールドには「地形効果」があり、ステータスの変動や移動力に影響があります。 移動にマイナス補正がかかるステージがあるなど、やりにくい反面、敵も同じ条件なので、移動しにくい地形を利用して遠距離攻撃中心にするなどの戦い方も戦略要素の1つになります。 ユニット毎の得意な役割 ユニットは、 それぞれ得意な役割を持っています。 耐久力が高く壁役になれるユニット• 対地攻撃が得意なユニット• 対空攻撃が得意なユニットなど…。 例えば、 空中ユニットの「爆撃機」は、空中から地上に広範囲にダメージを与えることができるのでダメージ効率が良く、対地性能がとても良いです。 形態変化 バトル中に形態変化することで、攻撃手段・射程・移動可否が変わり、1ユニット当たりの攻撃バリエーションが増します。 「捕捉」して射程を無視した攻撃 敵を索敵などで 「捕捉」することで射程を無視した「狙撃 砲撃 」できるユニットがいます。 空中ユニットが地上の敵を捕捉して、地上ユニットが狙撃するなど、「捕捉」と「狙撃」コンビも戦略要素の1つです。 ユニットの重量によるタイプ ユニットは「大型・中型・軽型」と重さ別にタイプがあり、 重量によって1ユニットの小隊内の人数が変わります。 またユニットのレアリティを上げることで増える• 大型ユニットは、1ユニットで1体。 耐久や装甲、攻撃力が高め• 中型ユニットは、1ユニットで2体• 軽型ユニットは、1ユニットで3体 軽型ユニットの強み 基本的に 敵が軽型ユニットの場合は、軽型ユニットで攻撃した方が早く勝負がつきます。 大型ユニットで攻撃すると、敵軽型ユニット3体の内1体ずつしか撃破できず、最短で3回攻撃が必要になりターン数がかかります。 軽型ユニットで攻撃した場合は、1回の攻撃で倒しきることが可能です。 敵は早く倒せるに越したことはないため、一気に殲滅できる軽型ユニットはとても便利です。 戦略の幅が広がる「ジョブシステム」 「アッシュアームズ」は、1ユニットに複数のジョブがあります。 ジョブを変更することで、攻撃手段が変わり、ジョブごとのバフ効果が加わりステータスが変化します。 1ユニットでバトルでの役割を変えることができるシステムは面白いです。 全ユニット星5まで育成可能 「アッシュアームズ」は 全ユニット星5 最高レアリティ まで育成可能です。 また、低レアユニットはスタミナ効率 出撃や補充コスト が良く、周回などにとても便利です。 気楽にシングルプレイ 今のところマルチプレイ要素は全くないので、 気ままに 自分のペースでまったり遊べるというのも、プレイ環境としてはとても良いと思います。

次の