テリーのワンダーランドレトロ ゴールデンゴーレム。 テリーのワンダーランドSP攻略wiki|テリワンSP

【配合表あり】テリーのワンダーランドRETROがスイッチで配信されたので狂喜乱舞しながらプレイしています

テリーのワンダーランドレトロ ゴールデンゴーレム

プレイ感、オリジナルとの違いなど 昔やってた時の記憶はモノクロの印象が強く残っており、カラーでできるというのが思いのほか新鮮。 もうちょっと既視感強めかもなと思ってたけど、案外楽しめてる自分に気づく。 今はカラーで楽しんでるけど、 ZRからできる設定では画面の色合いをモノクロにすることも可能。 初代のゲームボーイっぽい緑がかった画面や、なつかしの暖色系にする設定まであったのが細かい。 当時スーパーゲームボーイ ゲームボーイのソフトをスーファミでテレビに映してできるカートリッジ でやってたので、 プレイヤーの当時の環境まで配慮してるなあと感じる設定項目。 画面サイズをswitchに合った大きめの画面とGBの液晶の大きさを思い出す小さめの画面から選択できる。 ZLでいつでも変更可能なので気分で変えてみるのもあり。 美しさは小さい画面の方が伝わりやすいかもしれない。 画面のまわりに出てくる補足情報が地味にありがたい。 戦闘中はステータスが出ていたり、星降りのほこらでは可能な配合の組み合わせと何が生まれるかを表示してくれて便利。 後のシリーズでは分かりやすくなっていったが、システム的にこなれていなかった部分を補うよう配慮されている。 歩行速度 はやい を選択できる。 基本の動作はややひっかかりがあるようなゆったりした感じなので、これは地味にうれしいやつ。 といっても別に高速になるわけじゃないし、もし違和感があったり、オリジナル版の速度がちょうどいいって場合もZRのメニューですぐ変更できる。 気持ち移動がスムーズになるので、 はやいを選んでおいても損はしないと思う。 たくさんのモンスターを仲間に ドラクエ5のように倒した モンスターを仲間にできるのが面白い所。 3体まで連れて旅ができる。 戦闘終了時にモンスターが起き上がってくれた時はたまらなくうれしい。 能力上限はすぐくるけど育ちやすいとか、育ちにくいけど後々能力が高くなる大器晩成型とか、モンスターにより個性もあった。 肉を何個もあげることで仲間になる確率を高められるのもシンプルだけどよかった。 最新作とちがいパーセンテージが分かる訳じゃないので戦闘終了時はどきどきするけど、それもまた味がある。 配合 2体のモンスターを組み合わせ、ちがうモンスターを生み出す 配合にも夢中になった。 強いモンスターが生まれる組み合わせを探すためリアルでいろんな人と情報交換したのはいい思い出。 特定のモンスターを生み出すのに決まったパターンがあり、例えば、ようがんまじんとひょうがまじんでゴールデンゴーレム とか、なるほど!と思わせてくれる組み合わせだったのもポイント。 今なら背伸びしなくてもいいんだよと言えるけど、育てにくいしんりゅうとかにじくじゃくを一心不乱に追い求めて、手にしたはいいが育てきれず終盤で詰んだ少年時代を思い出したり。 配合で+の数字が高くなると育てられる上限のレベルも上がるので大事。 物語 ドラクエ6の仲間キャラである、かっこいい剣士のテリーがまだ幼いころの話。 姉のミレーユがタンスから現れた精霊わるぼうにつれていかれてしまう。 少し遅れて現れたミレーユを探しにきたという精霊わたぼうに素質を見込まれてテリーはタンスの中へ・・・その先に待っていたのは木につくられたタイジュの国だった。 タイジュの国で行われるモンスターマスターの頂点を決める星降りの大会で優勝すれば願いを叶えることができると聞き、さらわれた姉を求めてテリーはモンスターマスターとしての一歩を踏み出す。 ドラクエ6のキャラということで、知っていればのちにどうなるとか、子どもの頃こんなことあったのかーなんて楽しみ方もできるけど、 知らなくても全然問題ない。 ただ知っていると、かがみのとびらのやり取りとかがより面白くなるかも。 音楽 フィールドの 果てしなき旅 が冒険の孤独感というかさびしさを感じる旋律で耳にのこる。 BGMも各作品のフィールド曲を聴くことができ、なつかしい気持ちになれる。 場面を知っているとよりうれしい。 スーファミで展開した5,6の曲もゲームボーイ音源になっているが違和感は全くなかった。 リプレー性 冒険の舞台である旅人の扉の先の異世界では、ランダムで生成される大陸を旅しながら、敵と戦い仲間にしたりアイテムを拾いつつ穴を下りていって最下層を目指すことになる。 アイテムや地形、穴の配置がランダムなため、軽めの不思議のダンジョンのような感覚で、 冒険するたびに違った気持ちで楽しめる。 強力なモンスターを連れるも肉をあげれば仲間にできてしまう なんかもうしわけない 他国のマスターに出会うこともあるので、レベル上げなどで繰り返す冒険にも刺激があった。 クリア後は強力な???? 系が待ち受ける多数の扉が解放されるため、 やりこみ要素にも困らない。 最強のモンスターを配合で生み出すなんて目的があっても楽しめる。 気になる所 軸になる物語はシンプルなので、ドラクエシリーズに見られるお話に引きつけられる感覚はそれほどないかも。 ただ、過去作の雰囲気をなつかしんだり基本となるシステムが面白いのでついついプレイしささる感じ。 あと通信関係は省かれているので気になる人はいるかも。 後半になるにつれ異世界のマップの規模が大きくなっていくので、次の階層にいける穴が見つからないとややきつく感じることはある。 未踏破のマップを明らかにするアイテムや穴までワープできる杖、勝てば20階下まで送ってくれる他国のマスターの魔法使いがいたりと、サポートはしてくれる。 特にかつてゲームボーイで今作をやっていた自分にとって、ドラクエの名場面はオリジナルをプレイした時の記憶と21年前にテリワンをプレイした時の記憶が両方よみがえって、 なつかしさがよけいに押し寄せてくる。 シリーズ展開されていく原点なだけあり、今触れても感じられる良さがある。 switchだけでなく、App Store と Google Play でも配信開始されたので、iOSやAndroidでも楽しむことができるようになった。

次の

「ゴールデンゴーレム」の配合表|テリーのワンダーランド3D攻略広場

テリーのワンダーランドレトロ ゴールデンゴーレム

ゴールデンゴーレム その配合の容易さと恵まれた能力値で、通常プレイでは魔王系を過去にした、パーフェクトゴーレム。 初出現のドラクエ5では、ゴールド稼ぎでお世話になったプレーヤーも多いのではないだろうか? 本作では、他国マスター出現の仕組みや、レベル合計値での出現モンスターテーブルを知っておけば、簡単に配合相手を揃えられるので、序盤からの作成も可能。 序盤から終盤まで、パーティーのエースとして活躍してくれて、配合を繰り返していけば、簡単に能力がカンストする。 ゴールデンゴーレムの良さは、系統最高位クラスのモンスターにもかかわらず、レベルアップが致命的に遅いわけではない点。 鳥系などの早熟モンスターと比べると見劣りしてしまうが、それでも十分に序盤から機能させられる、成長速度だ。 配合方法は、他国マスターから奪った溶岩魔人と氷河魔人を組み合わせるのが一般的だが、1体目に限り、氷河魔人はお見合いで調達するという方法もある。 ロック鳥 鳥系のレアモンスターだが、配合方法さえ知ってしまえば、材料の調達も容易なので簡単に作れてしまう。 HPが凄まじいスピードで成長し、パーティーの壁役と回復役を同時にこなしてくれる。 序盤は、攻撃力のみ成長が鈍いが、後半で巻き返しを見せて、最終的にはそれなりの数値になる。 配合方法は、メダルおじさんのサンダーバードに、序盤ボスで仲間になるゴーレム。 もしくは、配合が容易で比較的強いヘルコンドルに、ゴーレムを掛け合わせる方法がおすすめ。 ヘルコンドル経由なら、ベホマラー+グランドクロスを覚え、攻守共に隙のないモンスターに。 ヘルコンドルの配合に必要なネジまき鳥を作成の際には、さまよう鎧や呪いのランプを意識的に経由させると、さらに研ぎ澄まされる。 ちなみに、スカイドラゴンは神龍の素材として貴重なモンスター。 また、13枚以上渡して初プレゼントが済んだ後に、近くのメタルスライムと会話すると旅の扉を開放してくれる。 13枚で貰えるサンダーバードは、序盤で手に入れることができれば、非常に強力なモンスター。 能力値が高く、成長が早いので、かなりの活躍を見込めるだろう。 【13枚】サンダーバードのタマゴ 【18枚】パオームのタマゴ 【25枚】デンタザウルスのタマゴ 【30枚】はぐれメタルのタマゴ 図書室の書庫への道は、司書さんが塞いでいるが、モンスターを100種類以上仲間にしていると通してくれる。 Fクラスに勝利すると今まで口をきいてくれなかった王妃が話してくれるようになる。 珍しいモンスターを見せてほしいと頼まれ、王妃のお題に応える度にアイテムを貰える。 後半のハードルが異常に高い割には、パッとしないアイテムばかりがプレゼントになっている。 謎の闘技場で出現するモンスターは、味方のレベル合計に応じて決定し、肉を使うことでモンスターを勧誘することも可能。 ちなみに、味方のレベルに応じて相手モンスターが決定するので、謎の闘技場を利用し続ければ、いずれレベルカンストを目指せる。 謎の闘技場で出現するモンスターは、他国マスターが使用するモンスターのラインナップと似ているが、微妙に違う点があり、最高クラスでもメタルキングが出現せずに、はぐれメタル止まり。 また、謎の闘技場は、3戦勝ち抜く毎に賞品が貰え、もう1度挑戦するかどうかを選べる。 「はい」を選び続けることでアイテム欄が埋まるまで挑戦でき、前半戦の賞品は肉や杖など戦闘中に消費できるアイテムが主体のため手に入れるたびに消費で延々と続けられるが、後半戦の賞品は本が主体のため、いずれはアイテム欄が一杯になってしまう。 その後も何度でも闘うことができるので覚えておこう。 いっきにモンスター収集が加速できるので有効に活用したい。 また、同じく売り出されたばかりの銀の竪琴もレベル上げの際に役立つ。 クリア後すぐに防衛可能だが、モンスターが育っていない場合は、まず勝てない。 また、倒しても再度挑戦することができる。 モンスター配合表 各種族の基本配合 相手(横) ベース(縦) スライム ドラゴン 獣 鳥 植物 虫 悪魔 ゾンビ 物質 スライム ドラゴスライム ぶちスライム はねスライム スライムツリー スライムつむり スライムナイト バブルスライム ボックススライム ドラゴン ドラゴンキッズ ガメゴン プテラノドン フーセンドラゴン フェアリードラゴン リザードマン ポイズンリザード ソードドラゴン 獣 ベロゴン アルミラージ キャットフライ ファーラット ミノーン グリズリー スカルガルー かまいたち 鳥 ピッキー キメラ あばれうしどり はなカワセミ ダックカイト デッドペッカー デスフラッター ミストウイング 植物 マッドプラント かりゅうそう はなまどう ふゆうじゅ サボテンボール ガップリン マタンゴ コハクそう 虫 おおなめくじ キャタピラー せみもぐら じんめんちょう とうちゅうかそう おおみみず リップス はさみくわがた 悪魔 ピクシー メドーサボール グレムリン ベビーサタン ダークアイ おおめだま スカルライダー ヘルビースト ゾンビ ゴースト エビルスピリッツ アニマルゾンビ やたがらす マミー ダーククラブ しりょうのきし シャドー 物質 おどるほうせき エビルワンド おばけキャンドル ネジまきどり トーテムキラー とげぼうず あくまのカガミ さまようよろい.

次の

テリーのワンダーランド(GB) 攻略+モンスター配合+他国マスター

テリーのワンダーランドレトロ ゴールデンゴーレム

Contents• おみあいモンスターの一覧 NPC (モンスター) お見合い条件 格闘場Eクラスクリア後 〜 怒りの扉クリア前 格闘場Eクラスクリア後 〜 怒りの扉クリア前 格闘場Eクラスクリア後 〜 格闘場Dクラスクリア前 格闘場Dクラスクリア後 〜 怒りの扉クリア前 格闘場Cクラスクリア後 〜 格闘場Bクラスクリア前 怒りの扉クリア後 〜 格闘場Aクラスクリア前 怒りの扉クリア後 〜 格闘場Sクラスクリア前 格闘場Aクラスクリア後 〜 鏡の扉クリア前 格闘場Sクラスクリア後 〜 星降りの大会クリア前 星降りの大会クリア後 テト(ひょうがまじん) NPC テト モンスター ひょうがまじん 受け継げる特技 みがわり おいかぜ 場所 格闘場の右 条件 格闘場Eクラスクリア後 〜 いかりのとびらクリア前 鳥系でホークブリザード おみあいに出すおすすめモンスターは「鳥系」。 ホークブリザードは鳥系なので成長がとても早く、さらに全体攻撃の「つめたいいき(後のかがやくいき)」を覚えます。 レベルが早く上がるということは、特技(特につめたいいき)も上位に成長しやすく、序盤の戦力にふさわしい存在です。 このおみあいで注意しなければいけないのが「 ようがんまじんを出してはいけない」ということ。 このようにテトがようがんまじんを出してくれと言ってきますが、 これは罠。 なぜようがんまじんなのか。 この時大事なのが「 ひょうがまじんを血統に指定する」ということ。 おみあいだと自分のモンスターが血統になります。 これだとゴールデンゴーレムの配合レシピは成立せず、 ようがんまじんが生まれます。 スポンサーリンク ドブロク(キャットフライ) NPC ドブロク モンスター キャットフライ 受け継げる特技 スカラ マホトラ バイキルト 場所 格闘場内の酒場 条件 格闘場Eクラスクリア後 〜 いかりのとびらクリア前 特技を受け継がせたいモンスターを出す テリワンレトロでは、 配合の相手がキャットフライとなる特殊配合はありません。 「相手が獣系との配合」として扱われます。 このおみあいでのポイントは「 受け継げる特技」。 「 スカラ(スクルト)」「 マホトラ」「 バイキルト」を受け継ぐことができます。 特にスカラとバイキルトはサポート特技としてかなり有能。 ストーリー序盤から超役立つ特技です。 これらの特技を覚えさせたいモンスターをおみあいに出しましょう。 ミッキー(リザードマン) NPC ミッキー モンスター リザードマン 受け継げる特技 ホイミ ザオラル だいぼうぎょ 場所 王妃の部屋 条件 格闘場Eクラスクリア後 〜 格闘場Dクラスクリア前 悪魔系でライオネック 王妃の部屋にいるミッキーに 4回くらい(しつこく)話しかければおみあいしてもらえます。 おみあいに出すおすすめモンスターは「悪魔系」。 ミッキーのリザードマンは「ホイミ」「ザオラル」「だいぼうぎょ」を習得して、配合で引き継ぐことが可能。 さらにライオネックは「ベホマラー」を覚えることができます。 単体回復のホイミ(ベホマ)• 全体回復のベホマラー(ベホマズン)• 蘇生のザオラル(ザオリク)• ライオネックは以下の耐性を持っています。 メラ系無効• ギラ系無効• 即死系無効• メガンテ無効 メラ・ギラといった技は序盤の敵モンスターがよく使ってきます。 ひとつめピエロのメラミ、はなまどうのベギラマなどなど。 これらを無効化できるのはとても有利。 さらに、中盤以降は宝箱に扮したミミックが 即死技の「ザラキ」を使ってパーティを壊滅させてきます。 しかし、 ライオネックは即死系無効なのでザラキが効きません。 さらに回復役を担わせておけばパーティ壊滅も防止できます。 スポンサーリンク ミッキー(しりょうのきし) NPC ミッキー モンスター しりょうのきし 受け継げる特技 スライムたたき あくまぎり ドラゴンぎり 場所 王妃の部屋 条件 格闘場Dクラスクリア後 〜 怒りの扉クリア前 しりょうのきしでしにがみきぞく 格闘場Dクラスでミッキーに勝利した後、すぐ王妃の部屋にいくとおみあいしてもらえます。 おみあいに出すおすすめモンスターは「しりょうのきし」。 しにがみきぞくは全体回復特技である「ベホマラー」と、召喚特技である「タッツウしょうかん」を覚えます。 どちらも中盤〜終盤ではかなり役立つ特技なので、しにがみきぞくを配合しておいて損はしないでしょう。 しりょうのきしは、Dクラスクリア後時点では旅の扉で入手できず、配合か他国マスターから奪うしか方法がありません。 他国マスターなら パーティのレベルの合計が「Lv39〜58」のときに繰り出してくることがあります。 テト(メーダ) NPC テト モンスター メーダ 受け継げる特技 ふしぎなおどり さそうおどり みかわしきゃく 場所 格闘場の右 条件 格闘場Cクラスクリア後 〜 格闘場Bクラスクリア前 おすすめは特になし メーダを相手とした特殊配合は「ドロル」「エビルシード」。 どちらもそんなにレアなモンスターではないので、特におすすめするほどではありません。 また、特技も有用なものがないので正直スルーしてもいいくらい。 好きなモンスターをお見合いに出しましょう。 スポンサーリンク マチコ(ライバーン) NPC マチコ モンスター ライバーン 受け継げる特技 メラ ギラ イオ 場所 格闘場内の酒場 条件 いかりのとびらクリア後 〜 格闘場Aクラスクリア前 鳥系でロックちょう おみあいに出すおすすめモンスターは「鳥系」。 ロックちょうが覚える特技はどれも強力で珍しいものばかり。 アストロン 一定時間行動できなくなるが、その間無敵になる。 旅の扉でモンスターを仲間にするときに便利。 (無敵中に肉をあげる) くろいきり 敵・味方の補助呪文をかきけし、呪文を封じる。 タッツウしょうかん 戦闘にNPCモンスターが加わる。 さらに、おみあいで受け継げる特技は「メラ」「ギラ」「イオ」の攻撃呪文技。 特技に恵まれたロックちょうが誕生します。 ロックちょうは全体的なステータスが高めですが、特にHPの伸びが大きいです。 鳥系なのに成長がちょっと遅めなのが難点ですが、 それでも十分冒険に連れて行けるほど強いモンスターです。 メダルおじさん(スライムファング) NPC メダルおじさん モンスター スライムファング 受け継げる特技 やいばのぼうぎょ れんぞくこうげき いきをすいこむ 場所 王妃の部屋 条件 怒りの扉クリア後 〜 格闘場Sクラスクリア前 獣系でユニコーン おみあいに出すおすすめモンスターは「獣系」。 ユニコーンは回復に優れたモンスターでして、以下の特技を覚えます。 単体回復の「ホイミ(ベホマ)」• 蘇生の「ザオラル(ザオリク)」• 毒を癒す「キアリー」 いずれも序盤から終盤まで役立つ回復特技です。 さらに、おみあいで受け継げる特技「 れんぞくこうげき」は、最終的に テリワン最強の物理攻撃技「ばくれつけん」になります。 攻守ともに役立つ、貴重な戦力になるでしょう。 スポンサーリンク テト(イエティ) NPC テト モンスター イエティ 受け継げる特技 マホトーン くちをふさぐ おどりふうじ 場所 格闘場の右 条件 格闘場Aクラスクリア後 〜 かがみのとびらクリア前 鳥系でホークブリザード おみあいに出すおすすめモンスターは「鳥系」。 Aクラスをクリアしたということで、そろそろ最強モンスター育成を視野にいれてもいい頃。 ちなみに、おみあいで受け継げる特技「 おどりふうじ」は、通常なら マンドラゴラしか覚えることができない貴重な特技。 おどりふうじを覚えさせたいモンスターをお見合い配合するのもいいでしょう。 メダルおじさん(メタルスライム) NPC メダルおじさん モンスター メタルスライム 受け継げる特技 みがわり メガザルダンス 場所 王妃の部屋 条件 格闘場Sクラスクリア後 〜 星降りの大会クリア前 メタルスライムではぐれメタル おみあいに出すおすすめモンスターは「メタルスライム」。 メタルスライムは「いどのとびら 9〜11F」に出現します。 ほねつきにくやしもふりにくを持って向かいましょう。 バザーでたびのしおりを購入し、ダンジョン内でセーブして、メタルスライムが仲間になるまでリセットを繰り返すのもありです。 このおみあいで「 みがわり」を受け継ぐことができます。 はぐれメタルは息や呪文などを無効化する特性があります。 また、HPが低いですがその分守備力が高く、 レベルをあげれば大抵の攻撃が1ダメージになります。 このはぐれメタルがみがわりするとどうなりますか? もう一体のモンスターもはぐれメタルになったようなものですよね。 さらに みがわりがにおうだちになれば全員がはぐれメタルになったようなもの。 このように、はぐれメタルなどのメタルモンスターにみがわりさせることを「 みがメタ」と呼んだりします。 スポンサーリンク ミレーユ(がいこつけんし) NPC ミレーユ モンスター がいこつけんし 受け継げる特技 だいせつだん グランドクロス ギガスラッシュ 場所 王妃の部屋 条件 星降りの大会後 がいこつけんしでまおうのつかい おみあいに出すおすすめモンスターは「がいこつけんし」。 まおうのつかいは????系である「 りゅうおう」の配合素材。 作っておいて損はありません。 また、「 ねむりのとびら 21〜29F」にも出現します。 最後に いかがだったでしょうか? 今回は、テリワンレトロの『 NPCとお見合いできるモンスター の種類とおすすめの配合』についてご紹介しました。 NPCの持つモンスターは特別な特技を覚えていることがあります。 配合で誕生させたいモンスターが特にいない場合は、特技を受け継がせたいモンスターを出すのも手です。 以上、どなたかのご参考になれば幸いです。

次の