手越 強い。 加藤浩次「それは違うって手越くん!」“コロナうつされても面倒”発言に― スポニチ Sponichi Annex 芸能

シバター、手越祐也に「俺は救わない」と突き放す…「YouTubeを逃げ道にするな」

手越 強い

6月23日夜、ジャニーズ事務所の男性グループ・NEWSに所属していた手越祐也さんの記者会見がおこなわれた。 YouTubeでライブ配信されていた会見は、2時間弱にも及んだ。 このなかで手越さんは、ジャニーズ事務所との契約解除にいたった経緯や、以前から独立を考えていたこと、今後の仕事の展開などについて、いつもの明るい調子で語った。 こうした模様は翌24日の民放の情報番組でさまざまに論評されたが、そこでは外出自粛期間に手越さんがおこなった会食の是非について語られるばかりで、長年所属していた芸能プロダクションから芸能人が独立することの意味についてはさほど言及されなかった。 しかし、この会見からは現在の芸能人の置かれている状況の変化が多く読み取れる。 日テレ「総合的な判断」の問題は? 昨年7月、公正取引委員会はジャニーズ事務所が民放テレビ局などに対し、元SMAP(現・新しい地図)の3人を「出演させないよう圧力をかけていた疑いがある」として「注意」した。 その翌月には、芸能人の移籍や独立後の活動制限を独占禁止法違反とする見解もまとめた。 言及はしなかったものの、手越さんが独立を断行した背景には確実にこの社会整備がある。 事実、昨年の下半期以降、芸能人の独立が相次いでいる。 そこには、中居正広さんや米倉涼子さん、柴咲コウさんと、かなりの大物も含まれている(表参照)。 もちろん独立の事情はさまざまではあるが、公正取引委員会の存在が芸能人の背中を後押ししているのは間違いない。 筆者作成。 しかし、そこで気になるのは21日に発表された『世界の果てまでイッテQ!』の降板だ。 日本テレビは、果たしてそれはどのような意味なのか。 手越さんは新型コロナウイルスによる外出自粛期間中に会食していたとして活動休止に追い込まれていたが、それはあくまでもジャニーズ事務所の判断だ。 よって、フリーとなった手越さんにその枷(かせ)はなく、日本テレビ独自の判断である。 ここで気になることが、ふたつある。 ひとつは、嵐をはじめジャニーズタレントのレギュラー番組を多く抱える日テレが、ジャニーズ事務所への忖度をしているのではないか、という疑念だ。 もちろんそこでは、不法行為である「圧力」などはないことが前提だ。 しかし、手越さん自身は、 「この番組からいなくなるという判断を日本テレビとジャニーズ事務所間でしたとしたならば、そこには僕自身従わなければいけない」と話しており、もしそれが事実であればフリーとなった手越さんにジャニーズ事務所が関与していることになる。 よって、この発言はきわめて重大な意味を持つ。 もうひとつが、外出自粛期間中の手越さんの会食は違法行為でもなんでもないことだ。 自粛はあくまでも個々が判断することであり、罰則はない。 その道義的な問題は果たしてどれほど大きいのか。 しかもこの会食は、事前にジャニーズ事務所側に伝えていたと手越さんは説明しており、その前に「花見」と報じられて問題視された会食は首相夫人も同席している。 以上を踏まえると、日本テレビは「総合的に判断」などという曖昧な回答でなく、明確な理由の開示が必要だと考えられる。 それこそ免許事業者である放送局の道義的な点において。 不自由なジャニーズ事務所 手越さんの会見は、現在の日本の芸能人が直面しているさまざまな変化を指摘するものでもあった。 その要点は3つにまとめられる。 ひとつが、ジャニーズ事務所に所属することの不自由さだ。 手越さんは、独自のルートでつなげた仕事をジャニーズ事務所がなかなか実現化してくれなかったと話した。 具体的には、有名なミュージシャンからフェスへの出演オファーをジャニーズ事務所が断ったことや、個人で作詞作曲するアルバムを創ることができないことへの不満を挙げた。 ジャニーズ事務所の立場を理解しながらも、より自由な活動を望む様子が強くうかがえた。 渋谷さんの文脈を踏まえれば、それは自由を追い求めた悲痛な叫びにも聴こえる凄まじい曲だ。 手越さんのジャニーズ事務所に持つ不満も、おそらくこれに通ずるものだと捉えられる。 大手であるジャニーズ事務所は、時間をかけてタレントを育成してきたことで知られる。 その手腕は高く評価されていい。 しかし、その一方でタレントの自由度はなかなかない状況にある。 育成と自由度はけっして両立不可能ではないので、ジャニーズ事務所のこれまでのやり方が現代を生きるひとびとに合わなくなったと考えるのがやはり妥当だろう。 「個人のメディアを持つ」 次に、メディアの多様化だ。 手越さんはこの会見のなかで幾度も 「個人のメディアを持つ」と発言している。 この「メディア」とは、もちろんインターネットのことだ。 具体的には、会見を配信したYouTubeをはじめ、Twitter、Instagram、iTunesなどが挙げられた。 インターネットがポップカルチャーに大きな変化をもたらしてきたことに、いまさら説明する必要はないだろう。 しかし、ジャニーズ事務所はインターネットに対してもっとも消極的な芸能プロダクションだった。 手越さんはジャニーズ事務所が 「既存のファンを大事にする」あまり、「インターネットにあまりアクセスしない」と指摘し、そのうえで自分は 「変化しなきゃいけないタイミングが来てしまった」と述べた。 この3年ほど、ジャニーズ事務所は段階的にインターネットへの対応を広げてきたが(たとえば昨年の嵐の配信解禁など)、しかし、それでもおそるおそるな様子は否めず、なによりスピード感がまるでない。 韓国の3周遅れ、日本の他プロダクションの2周遅れくらいの印象だ。 また、このときの手越発言で重要なのは、「個人のメディア」を強調していることだ。 現在は、テレビや新聞、雑誌を中心としてきた時代から、独自の発信もできる時代だ。 レガシーメディアとインターネットは共存し、相乗的に作用するものとなった。 この状況のなかで、旧来的な方法論から変化しなければ取り残されるだけだ。 手越さんは、この点において現実的な判断をしたと考えられる。 『世界の果てまでイッテQ!』などで50カ国以上に赴いた手越さんは、この会見のなかで海外進出についても語っている。 具体的には以下のように。 「世界に対しての思いがむかしから強いので、Twitter、Instagramもそうですけど、中国の微博(Weibo)のほうも活用しながら、中国だったり、その先には世界ナンバーワンのアメリカも攻めていきたいな、チャレンジしていきたいなと思っている」 これは手越さんも触れているように、先に挙げたインターネットの進展とも結びついている。 インターネットがやってきたことは、要は情報のグローバル化だ。 そしてエンタテインメント(音楽や映像コンテンツ)は、デジタルデータとして流通できる情報そのものだ。 よって、インターネットが普及すればエンタテインメントがグローバル化していくのは必然だ。 われわれは、日常的に動画ならNetflixやAmazonプライムを、音楽ならSpotifyやApple Musicなどで世界中のエンタテインメントを楽しむようになった。 これはこの5年間に起きた大きな変化だ。 ただし、こうしたエンタテインメント(ポップカルチャー)のグローバル化において、われわれが強く実感するのは日本のコンテンツではない。 むしろ韓国だ。 BTS(防彈少年團)やBLACKPINKは日本のみならず欧米でも大人気で、現在のNetflixでは『愛の不時着』と『梨泰院クラス』が日本のランキングでもずっと上位に入っている。 そして、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』がアカデミー賞で作品賞を獲得したのは2月のことだ。 その一方で、日本最大の芸能プロダクションであるジャニーズ事務所は、インターネットにタレントの写真を掲載することすら長く拒み続けた。 その差は歴然としている。 手越さんの海外への言及は、こうしたエンタテインメント状況を当然のように認識しているからこそだ。 状況としては、ジャニーズ事務所が手越さんを見限ったというよりも、手越さんが旧態依然としたジャニーズ事務所に見切りをつけたという印象すらある。 そして、こう考えているのはおそらく手越さんだけではない。 米倉涼子さんは海外での活動を望んでいると報じられており、柴咲コウさんは若いときから個人的に英語を勉強し、2013年にはハリウッド映画『47RONIN』に出演した。 実際に海外に活動の場を移している存在も目立ってきた。 藤井美菜さんは、2012年頃から韓国での活動を本格化させ、近年は準主演級の仕事も目立っている。 オーストラリア出身の忽那汐里さんは、『デッドプール2』(2018年)など近年は海外の映画の出演のほうが多い。 しかし、現状ではなかなか日本の芸能プロダクションが海外進出対応できていない。 海外への窓口をちゃんと設けているのは、大手ではアミューズとホリプロくらいだ。 手越さんにかぎらず、多くの芸能人が日本の芸能プロダクションに限界を感じて飛び出している印象だ。 これを「大手事務所と揉めて飛び出したわがままなタレント」といったフレームで捉えることは、きわめて旧来的かつ表面的な読解でしかない。 もっと事態は複雑かつ深刻だ。 手越さんは会見で「変化しなきゃいけないタイミングが来てしまった」と述べた。 しかし、実際のところ「変化しなきゃいけない」のは芸能プロダクションと、その様子をうかがってばかりの民放テレビ局ではないか。 そうしなければ、芸能プロダクションやテレビ局がゆっくりと衰亡していくだけだ。

次の

【手越祐也】キャバクラ手越やるなら“ババ”でいいから雇って欲しかった|日刊ゲンダイDIGITAL

手越 強い

手越祐也さんは1987年11月11日生まれ、バライティ番組のレギュラー出演もこなしているタレントでもあり、俳優もこなす アイドルです。 NEWSのメンバーの一人で、同じNEWSのメンバーの増田貴久さんと二人で組んでいる テゴマスのメンバーとしても活躍しています。 また、 サッカーが得意で知識もあることからワールドカップの際には現地に赴きレポートもするなど幅広い活躍も見せています。 コンサートではファンたちに「 子猫ちゃん」と呼び掛けたり、ファンたちを存分に楽しませてくれる サービス精神を持っています。 また、「 日本中のハートを奪いたい」「エンターテイナーといえば手越と言われたい」「カメラが回ればアイドルスイッチが入る」という名言も数々残しており、手越祐也さんは根っからの王子様キャラ、プラス かなりの強気でポジティブシンキングの持ち主でもあります。 ジャニーズと言えば、お姉ちゃんが送ったというのが鉄板になりつつありますが、 自分で履歴書を送るとはさすが手越祐也さんですね。 ジャニーズ=かっこいい男というイメージを子どもの頃から持っていたという手越祐也さんは、特に SMAPの木村拓哉さんに強い憧れを持っていたそうです。 自ら強い意志をもって志願したアイドルという仕事だからこそ、今も 精力的に活躍しているのはうなづけますよね。 手越祐也さんはナルシストと言われればそうなのかもしれませんが、 同時に意志の強さを持っている男らしさがこのエピソードから伝わってきます。 ジャニーズとして活動していくにあたり、芸能人には定番の堀越高校に転校していますが、それまでの学歴がすごいのです。 まず、中学校は私立の男子校、 明大中野高校です。 この中学の偏差値はなんと 67と言われています。 さらに高校進学は 明治大学附属中野高校で、 偏差値は69とかなり難関校に手越祐也さんは通っていました。 勉強もできてかっこよくて運動神経もいいって、かなりモテたのでしょうね…。 中学まで男子校だったというのがもったいないくらいです。 しかしながら、勉強ですら強気のポジティブシンキングで臨んでいそうなので、手越祐也さんに偏差値など関係ないようにも思えますね。 NEWSメンバーには高学歴者が多いことでも有名なのです。 元メンバーの 山下智久さんは明治大学、作家としても名をとどろかせている 加藤シゲアキさんは青山学院中等部から 青山学院大学、キャスターも強める 小山慶一郎さんは 明治大学の模範卒業生です。 この模範卒業生は成績と社会貢献に対して評価されるカナリ優秀なケースなんだそうです。 そして 手越祐也さんは早稲田大学に入っています。 人間科学部の通信課程に進んでいましたが、ちょうど卒業にさしかかるあたりから NEWSとしての大事な時期を迎えていました。 大学に入る前に、 4年で卒業すると決めていた手越祐也さんは、目標が達成できないことを悟り、中途半端になるくらいなら NEWSを選ぼうとすっぱり退学を決めたそうです。 その選択が間違いではなかったと今の活躍からわかりますね。 というのも、NEWSのメンバーはJr. 歴が7年、8年あるベテランが多く、 1年足らずで大抜擢された手越祐也さんにとっては壁を感じることも多かったそうです。 しかし、手越祐也さんは 足りないものは努力で埋めていくしかないと考え、事務所やメンバーにも 秘密でダンスの個人レッスンを続けたり、自分でボイトレの先生を探したりして、 陰でひたむきに能力向上に努めたといいます。 そのため 経費はすべて自分持ちで、スタジオを借りる費用の捻出のためにボイトレのレッスン場所はカラオケボックスだったそうです。 当時 10代の男の子がここまで考えて行動するってなかなかできませんよね…。 この努力が4人になったNEWSでさらに花を咲かせることになり、 努力は裏切らないというのを体現している男も惚れるエピソードです。 また、 度胸も人一倍あるために、それは無理だろうということもなんなくクリアしてしまう様は見ていて気持ちがいいものです。 負けん気が強いところもこの番組ではプラスになっているようですね。 明るく爽やかに泥臭いことも成し遂げてしまう勇敢さ、そして 常にポジティブであることは本当に見習いたいと、バライティ番組であるにも関わらず考えさせられます。 週刊誌にとられた 愛車は2500円相当とされるランボルギーニでした。 普通なら30歳手前で高級外車を乗り回すなんて、調子に乗っているなどと陰口をたたかれそうですが、ここは手越祐也さんだからこそなのか、さすが! 期待を裏切らない!とむしろ賞賛の声が上がっています。 このこともあり、Twitterのトレンドには一時期「 ランボルギーニ手越」というワードが浮上していました。 人気アイドルグループの女性と噂になったり、夜の世界でいろいろな女性関係があるなどという噂も絶えません。 自由奔放でチャラチャラしているイメージが強いのもきっとこういったところからきているのでしょう…。 そんな中で、インスタグラムで 手越祐也さんの彼女ではないかと言われる女性が話題になりました。 ファンの間ではもちろん問題となりましたが、手越さんが彼女の存在を隠しているのか?という美談まで飛び交う始末…。 本人からはなんの見解ももちろんありませんから、 真相は闇の中ですが、人気アイドルともなればあることないこと言われるのは周知の事実なのでしょうね。 先ほどもお話しした通り、 自らボイスレッスンをして成長してきた結果の現在の実力なのです。 実際、ジャニーズの中でも 1位2位を争うのではないかと言われるほどの歌唱力です。 実際、増田貴久さんと組んでいる テゴマスは歌を売りにしているため、本当に歌唱力がないとできないというのがよくわかりますね。 イッテQの手越祐也さんしか知らない人からすれば、 圧倒的な歌唱力とビブラートにいっきにファンになってしまうかもしれません。 手越祐也のかっこいいポイント11:女子にも勝る!?美意識の高さ 急だけどさ、やまてぃーこ美意識低いわ。。。 完全に手越に負けてる。 自担にも負けてるわ。 自分で選んだ道だからこそ、仕事に関しては本当にストイックだそうです。 ジムでパーソナルトレーナーをつけて 週3回のウェイトトレーニングに励み、 365日毎日お風呂上がりに パックをしているそうです。 さらには 脱毛に気を遣ったりと、手越祐也さんの美意識は非常に高いようです。 たしかに、 王子様キャラで売っている手越祐也さんですから、自分のイメージを維持し続けるために、そして向上するためにも努力を怠らない プロ根性がうかがえますね。 お騒がせな王子な手越祐也に虜続出! 手越王子。

次の

手越祐也への「応援」VS「批判」 会見の評判、優勢だったのは...: J

手越 強い

古市憲寿氏 24日朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)では、23日夜に行われた元「NEWS」手越祐也(32)の緊急会見を特集。 コメンテーターで社会学者の古市憲寿氏(35)が「何の話か分からない下手な会見」と指摘した。 古市氏は「それにしても下手な会見だった。 手越くんの今後に不安しかないっていうか。 一方で不器用で正直な人という印象も受けた。 結構長かったが、結局、何を言っていたのかあまり分からなかった。 会見をやったということがありきだった」とコメント。 「手越さんからボランティアという言葉が出るのは違和感がない。 たとえば、2018年の広島豪雨の際、自分が手越だと明かさずにボランティアに行ったり、社会のために何かしたいという思いが強い人だと思う」と評価しつつも「せっかくいいことをやっているのに、伝え方が下手だったり順番がちょっと違う。 日本政府と同じくらい会見がうまくない」と残念な点が目立つとした。 会見場に足を運んだ山崎夕貴アナ(32)に「会場にいる記者も応援したいという会見だったんですか」「何が一番印象に残ったんですか」と尋ねるなど、イマイチ話の内容が理解できなかった様子。 山崎アナは「お話が快活で熱量がすごい。 聞けば聞くほど伝わってくる。 だから、どちらかというと手厳しい意見は少なかった」と答えたが、古市氏は納得できないようだった。 また、会見で手越の周囲に医療従事者、実業家、アメリカに強いハブがある人、日本を引っ張っている日本のリーダーなど、ビジネスパートナー、ブレーンがいると明らかになったことに「誰と一緒にやるのかというところが不安ではある」と言及した。 最後に「芸能界の過渡期。 これまでだったら大手事務所を辞めたら仕事ができないということがあったかもしれないけど、なかなかそういうことをマスコミができにくくなってる。 そういう中で新しい活躍ができればいいですけど。 あとはもう手越さん本人とファンの問題」と、やや不安の残る手越の今後に期待した。

次の