リアル人工芝。 【人工芝をDIY】おすすめはリアル人工芝!継ぎ目が自然でコスパ最強

人工芝を自分で施工する方法~DIY~

リアル人工芝

5種類の人工芝の「タフト数」を割り出した結果、密度が高いのはリアリーターフ、となりの青い芝となりました。 リアリーターフはさすが高級タイプなだけあって密度は群を抜いていますね。 となりの青い芝は、それに匹敵するほどの密度があり、コスパが非常に良い品質です。 トゥフ・デルブは一般的な密度数値ですが、35mmの芝丈と柔らかい丈夫なU字パイルとの絶妙なバランスでカバーしています。 タフト数とDtex 糸の太さ の数値やバランスの違いで人工芝の品質がある程度決まります。 予めご了承ください。 【在庫について】 商品については、日々在庫管理を行っておりますが、突発的な欠品や廃盤などが発生した場合、その情報がページに反映されていない場合がございます。 その場合には、大変申しわけございませんが、ご注文後に、納期のご相談や注文の変更・キャンセルをお願いする場合がございますことを何卒ご了承下さい。 RESTAでは、どなたでも簡単にお部屋の内装を自分で施工していただける様にさまざまなDIYコンテンツや貼り方・施工方法などをご紹介させて頂いております。 また、初めての方でもクロスの張替えを楽しみながらチャレンジして頂けるよう、施工道具やマニュアル、生のり付壁紙などがセットになった、 RESTAオリジナル「かんたん壁紙張替えチャレンジセット」などをはじめ種類豊富な生のり付壁紙や高級壁紙、タイルカーペットやクッションフロア、 ビニールレザーや椅子張り生地やダイノックシート、フロアタイルなど10,000点を超える各種リフォーム商品を取り揃えております。 そして、大量入荷・大量販売で価格も業界最安値を目指し、専門スタッフや職人によるアフターフォローも万全にてお客様をサポート致します。 スタッフ一同、お客様にご満足頂けるよう対応を心がけ、ご利用を心からお待ち申し上げております。 RESTAでは、どなたでも簡単にお部屋の内装を自分で施工していただける様にさまざまなコンテンツや貼り方・施工方法などをご紹介させて頂いております。 また、初めての方でもクロスの張替えを楽しみながらチャレンジして頂けるよう、施工道具やマニュアル、生のり付壁紙などがセットになった、 RESTAオリジナル「かんたん壁紙張替えチャレンジセット」などをはじめ種類豊富な生のり付壁紙や高級壁紙、タイルカーペットやクッションフロア、 ビニールレザーや椅子張り生地やダイノックシート、フロアタイルなど10,000点を超える各種リフォーム商品を取り揃えております。 そして、大量入荷・大量販売で価格も業界最安値を目指し、専門スタッフや職人によるアフターフォローも万全にてお客様をサポート致します。 スタッフ一同、お客様にご満足頂けるよう対応を心がけ、ご利用を心からお待ち申し上げております。

次の

リアル人工芝を徹底比較|DIYショップRESTA

リアル人工芝

リアルな人工芝ってどんな芝?従来のものとどう変わった? 芝生が欲しいけど、天然芝は少し難易度が高いですよね。 かといって人工芝は固いし色も鮮やかな緑色をしていて、以下のようないかにも人工芝は避けたい。 そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、最近そんな人工芝もかなり改良され、良質な人工芝が多く発売されてきております。 リアルな人工芝ってどんな芝? 今では一目見ただけでは天然芝か人工芝かの見分けがつかないレベルにまでその質は高くなっております。 従来のような光沢もありません。 その他、抜けにくい植毛をされていたり、V字加工でつぶれにくく丈夫なもの、退色を防ぐ加工など各社様々な特徴があるようです。 天然芝と人工芝の違いや気になる価格差は? 天然芝とは、生きた芝草でつくられた天然の芝生のことです。 通常は1種類~数種類の芝生を使用しており、日本の気候にも適した芝生も多く売られています。 人工芝の見た目はどんどんと本物に近くなっていますが、天然芝と比べてどんなメリットやデメリットがあるか気になりますよね。 お手入れによってはとてもきれいな芝生を楽しめる。 ・寿命が長く、しっかりお手入れをすれば何十年も持つ。 ・初期コストが安い。 ・水はけが悪く、根腐れをする可能性も。 ・メンテナンス費用がかかる。 ・基本的にメンテナンスの必要が要らないので手間が少なく、維持費もかからない。 ・水はけがよく、防水性にも優れている。 ・季節感は感じられない。 価格差は? もちろん商品によっても異なりますが、人工芝は10平米あたり約3万円~5万円程度、天然芝は10平米あたり5千円~2万円程度と、比較をすると天然芝の方がお安く買うことができます。 施工費も人工芝と比べ天然芝は10分の1程度で抑えることができます。 初期コストを重視するのであれば、天然芝がおすすめですが、天然芝は肥料はお手入れ用具、メンテナンス費など、初期費用とは別にランニングコストがかかってくるので注意しましょう。 リアルな人工芝オススメ6選を紹介! ホームセンターにも人工芝は販売されていますが、重さや大きさを考えるとインターネットでの注文が便利です。 そこでおすすめのリアルな人工芝6商品をご紹介いたします! 今回1m幅の商品を紹介しましたが、こちらはベランダや広めのバルコニーにおすすめのサイズとなります。 一軒家などで広めの庭に敷きたい場合は2m幅を検討してみて下さいね。 「ツヤ消し加工」でよりリアルな仕上げ、また「UVカット加工」を施しているので、日光による退色が少なく、キレイな色を長期間楽しむことができます。 こちらもフレッシュグリーンとオータムカラーの割合が多いナチュラルグリーン2色の展開。 肌着類用の基準にも合格しているので、肌の敏感な赤ちゃんやペットにも安心です。 また本数をただただ増やして見かけを良くするのではなく、長く使うことを見越して耐久性を考えた質量を設定しています。 ある程度の太さに独自形状の芝糸を採用したことにより、ヘタリに強い人工芝になっています。 通常の人工芝より太めを選択したいという方にオススメです。 また国際サッカー連盟「FIFA」認定工場で生産されている為、リアルな質感とハイクオリティな耐久性能を実現。 また、お子さんがいるご家庭ではアスファルトや土、砂利だと転んだ時の怪我も心配ですが、人工芝だと裸足で走り回れるぐらい安全です。 商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。 更新日: 2018年06月19日 初回公開日: 2018年06月19日.

次の

通販で買えるリアルな人工芝・どれがいいのか比較してみた

リアル人工芝

久々に話した友人が、 最近、 リアル人工芝を引いたらしい! 昔は天然芝生を引いていたお家なのですが、 手入れが大変なので、 人工芝に引き直したのだとか…。 写真を1枚見せてもらいましたが、 思った以上に本物っぽい! 我が家も検討してみようかなー、 なんて思って、 取り敢えずサンプルを請求したり、 少量だけ購入したりしてみました! (サンプルいっぱい!) 頼んでみて思ったのは、 リアル人工芝と一口に言っても、 「特徴も品質もそれぞれ!」ということです。 なのでこの記事に、 各社のリアル人工芝について、 私なりの口コミをまとめて書きたいと思います。 価格の変更、仕様の変更が行われている可能性もあります。 ) (リアル人工芝3種、変わった色2種、ゴルフ向き2種) まあ7種中ゴルフ用のものは、 リアル仕様ではないし、 変わった色のやつは… 面白いけれど、 今、私が求めているものとは違うため、 取り敢えず見送り^^; おとなしく リアル人工芝3種を、 検討していきます。 (左から「防草シート付き 芝丈30mm」、 「スタンダート 芝丈30mm」、「遮熱加工 芝丈45mm」) さて、このリアル芝3種類に対する感想ですが… 結論から言うといずれも、 「候補外かなぁ」という感じです。 まず 「防草シート付き 芝丈30mm」。 パッと見は、 そこそこリアルなんですが、 画像のとおり、 光を当てると結構テカる。 実物を見ると、 この画像で見るよりも 「ビニールっぽさ」が出ています。 また側面から見ると、 わかると思いますが、 ボリュームもイマイチです。 量が少なすぎるせいなのか? 芝もうまく立ちません。 お値段も決して安くはなく、 私が欲しい10㎡分買うと、 4万円オーバー。 ただ 防草シート付きのタイプは、 かなり珍しいです。 なので、 「土の上に引くから、 雑草が心配だけど、 別途、防草シートを張るのは面倒」 「とにかく手軽なほうが良い」 という人には向いていると思います。 次に 「スタンダート 芝丈30mm」。 同じメーカーのものでも、 こちらは 芝にしっかりボリュームがあるし、 ちょっと撫でるだけで 画像のようにしっかり立ちます。 見た目も 割とリアル。 ただ値段(こちらは10㎡で税込4万5千円オーバー)の割は、 素材にビニールっぽさがあるなぁと。 でもテカりはしっかり立てれば、 そんなに気になりません。 作りはしっかりしていますし、 ボリュームはあるので、 「太めでボリューミーな芝」が好きな人には良いでしょう。 「遮熱加工 芝丈45mm」タイプは、 個人的には長すぎると思ったのと、 カラーリングに違和感があるので、 最初から候補外に。 メインの芝部分が、 1色のみ&くすんだ色なのに、 根元に落ちた芝には、 濃いグリーンが混じっているところに、 どうにも 違和感があって^^; お値段も10㎡購入すると、 6万円くらいとお高め>< 人工芝は熱を持ちがちなので、 遮熱加工は魅力的なんですけどね。 ということで、 私としては「芝人おやじのこだわり工房」での、 購入は見送ろうという結論になりました。 悪くはないものの、 この値段出すなら他社のほうが… という感じですね。 あとは個人の好みとして、 もう芝が少し細いほうが好きかも…。 ただ作りはしっかりしていたのと、 「防草シート付き」「遮熱加工」 「珍しいカラーのラインナップ」 といった、 商品への工夫の多さや、 サンプル請求後の対応の早さ(即日送って下さいました)、 などなど、 魅力も多い業者さんです。 リアル人工芝の口コミ!【2】に続く! では、次のメーカーのリアル人工芝を… と、いきたいところなのですが、 ずいぶん長くなったので、 記事を分けますね。 からどうぞ^^ノ.

次の