バストアップ 温める カイロ。 バストアップ 温める カイロ

【平熱35.5℃→36.8℃へ!】私が冷え性改善して下半身太りと貧乳を卒業した方法

バストアップ 温める カイロ

体温が高い人の方が免疫力も高いし、代謝も良くなり、美容効果も高いからです。 というのも、「高い体温」というのは、確かに健康と美容には良いのですが、果たしてバストアップにも間違いなく良いのか?という点で、少し疑問を感じました。 基礎代謝が高ければ、ダイエットにはかなり効果があります。 が、バストアップさせたい場合、あまり基礎代謝が高いと、バストの脂肪分が燃焼しやすくなってしまう恐れがあります。 つまり、体温が高いという事は、「 痩せやすい体」と言うこともできるからです。 そう考えると、体温が高かったり、血行が良かったりといった部分は、あまりバストアップにはプラスに働かないのではないか?と考えるわけです。 もちろん、基本的には、体温は高い方がいいし、血行も良い方がいい。 ただ、あちこちで言われているように、「バストアップのためには体を温めて、血行を良くすれば良い!」と言うのは、ちょっとどうかなと考えるわけです。 胸を大きくしたいなら、体を温めたり、血液をサラサラにする努力をする前に、もっとやるべきことがあるのではないか?と思うわけです。 それは「睡眠時間を長くする」ことであり、「摂取カロリーを少し増やして、体脂肪率を上げる」ことだったりです。 もちろん「バストアップサプリで女性ホルモンを増加させる」という事も含みます。 体を温めて、体温を上昇させても、女性ホルモンは増えないし、体脂肪も増えません。 むしろ基礎代謝が上がる分、体脂肪は減少するかも。 バストアップに関する情報は、いろいろなものが出回っていますが、優先順位を忘れず、大切なことからやっていくようにすると、バストアップの成功確率は上がると思います。 ここまで私は、「体温を上げることは最優先課題ではない」と、書いてきましたが、体温を上げること自体は賛成です。 おそらく、睡眠不足によって、自律神経が交感神経に偏り、その影響で体温が下がると思われます。 なので、やはり「寝不足は万病のもと」だと思うわけです。 体温が下がれば、あらゆる病気になりやすくなってしまいます。 これは、女性の方が筋肉量が少なく、体脂肪が多いからだと思われます。 その結果、女性は冷え性になったり、寒がりになったりすると思われます。 筋トレすれば平熱は上がりやすくなると思いますが、あまり筋トレをやりすぎると、男性ホルモンが増えるので、バストアップに不利になります。 この点だけ要注意ですね。 でも、中途半端なダイエットなどすると、カロリーが足りず、熱が生み出せず、平熱が下がることがあります。 なので私が思うに、バストアップには少食は向かないと考えます。 私なりにまとめると、 「体温を上げると、免疫力が上がり、美容と健康にメリットがある」 「でも、体温を上げるだけでは、バストアップしない」 「なので、まず先に、睡眠・栄養・サプリの導入、を優先する方が、胸が大きくなりやすい」 私は、こんな感じで考えています。 ご参考まで。 ここまで、低体温は美容と健康にあまり良くないと書いてきました。 低体温の人にしてみれば、37度1分は微熱なんじゃないか?と思うくらいかと思いますが、37度1分はギリギリセーフだと思います。 ここまで平熱が下がってしまうと、基本の免疫力も下がってしまい、成人病のリスクが上がります。 バストアップを考えると、35度台の平熱でも特に問題はないと思いますが、それでも血流が悪くなるので、36度5分までは上げたい。 睡眠というのは、体温のアップダウンによって眠くなったり覚醒したりするので、もともと体温が低い人の場合、このメリハリが甘くなり、不眠症になりやすいと思うわけです。 不眠症になると女性ホルモンのエストロゲンが減少し、バストダウンにつながってしまうので、低体温と不眠症は、絶対に避けたいところです。

次の

温めるだけで胸を大きくする!冷えは貧乳の元

バストアップ 温める カイロ

バストアップをする際に重要になってくるのは、冷え対策を行なうことです。 スタートしやすい方法としては、入浴の際に浴槽にしっかりと浸かることです。 普段、シャワーだけの方というのは、特に心がけた方が良い習慣とも言えます。 入浴の際の適温は、42度がちょうど良いと言われています。 少し汗ばむくらいの温度が血行を良くしますし、身体全体を芯から温めることができます。 浴槽に浸かる習慣ができると、も上がります。 が良くなることで、冷えにくい身体作りもできるようになります。 体温が高い方が、女性ホルモンも活発に働くため、バストアップにも繋がるという訳なのです。 また、身体を冷やす食べ物や飲み物もできるだけ避けましょう。 アルコール類の中でも、特にビールは身体を冷やします。 内臓にまで影響が及ぶので、アルコールを飲む場合はお湯割りにしたり、などを飲むことをオススメします。 手っ取り早くバストを温める方法としては、カイロを使用することもできます。 とは言っても、バストにダイレクトにカイロを貼るのではありません。 最も効果的だと言われているのが、お腹です。 お腹を温めることによって、冷えも改善されます。 そして、女性の身体の中で最も冷やしてはならない子宮も温めることができます。 子宮を温めることによって、女性ホルモンも活発に活動するようになり、バストアップだけではなく、美白効果も期待できます。 身体を冷やすと、様々な支障をきたしてしまうので、日頃から冷え対策をしておけば、健康面でも安心です。 夏も冷房に気を付けましょう。 infoclub21.

次の

【医師が教える】冷え胸解消でバストアップ!カイロよりも温熱ピローでじんわり温めよう

バストアップ 温める カイロ

先日、こういう をいただきましたので ブログでもちょっと取り上げたいと思います 以下が質問内容です。 『太股やお尻は冷えると脂肪がつきやすくなると聞きますが、逆に胸は温めるといいとよく聞きます。 なぜ胸は温めるほうがよいのでしょうか? 胸も脂肪の塊だから冷やした方が脂肪がつきやすいのでは…?』 このように、疑問に思ってらっしゃる方もいるかと思います。 しかし、 バストは冷やさない方がいいです。 その理由をこれから説明していきたいと思います。 「温める」のは大事な事ですが、温度に注意したいところです。 温度が高すぎるとバストの脂肪が燃焼してしまいます。 なので 「適度な温め」が重要です。 体温が高いとバストが痛むんですよね。 見た目もいつもより大きくなるし、、 これは体温が高い事で 血の巡りやら乳腺が広がって栄養が行き渡ってたからなんでしょうね。 あ、あと 母乳の出を抑えるのは冷やすことです。 おっぱいは冷やすと母乳の分泌を抑えるそうです。 逆に温めてしまうと母乳がどんどん作られるそうな・・。 そう考えると、やっぱり温める事って分泌を促す役目があるんだなーとわかりますよね!.

次の