退職 届 雛形。 退職届書/内容証明net

退職届(兼有給休暇届)の書き方|テンプレートをダウンロードしてサクッと済まそう

退職 届 雛形

退職届と退職願にはどのような違いがあるのでしょうか。 二つの言葉は似ていますが、末尾が"届"であるか"願"であるかという違いがあります。 言葉の性質から、退職願は退職を「願い出る」ための書類であり、退職に対する会社の承諾を得るための申し入れと解釈することができます。 そのため、会社が退職を承諾する前は退職について撤回可能です。 そのため、退職の意思表示は撤回が認められない可能性もあります。 もっとも、退職願・退職届を提出する段階においては、既に退職の意思も固まっているでしょうから、撤回をするようなケースも稀かと思います。 また、いずれの場合でも会社側が退職意思の撤回を認めれば、撤回すると考えられます。 上記が退職届と退職願の違いになりますが、一般的にはどちらを提出しても問題はありません。 もし迷うようであれば、どちらを提出すべきか直接聞いてみてもいいでしょう。 法的には退職の際に退職届・退職願を提出する義務はありません。 退職の意思は口頭でも有効です。 しかし、退職に関連してトラブルが生じた際に、形として退職の意思表示がなされた書類が残されているかいないかは重要となります。 もし書類がなければ、言った言わないの問題になってしまうからです。 例えば、退職する意思がなかったとしても言い争いなどで感情的になって「会社を辞める」と言葉にしてしまった場合に、退職の意思表示として有効か否かという問題が発生します。 退職の意思が真意に基づいたものであることを明に示すことにより、このようなトラブルは避けられます。 そのため、企業・退職者双方のためにも、退職届・退職願は提出することが望ましいでしょう。 そもそも、就業規則において退職の際には退職届・退職願を提出することを定めている場合もあります。 なお、退職届・退職願を提出する際には、自身の手元にも原本をコピーして保管することをおすすめいたします。 タテ書き(退職届)• 一行目に「退職届」と記載します。 二行目の最下部に、「私事、」と記載します。 「私事」は「私儀」と記載しても構いません。 「わたくしごとではありますが」という意味合いを持ち、慣例として記載することが一般的です。 三行目から本文を記載します。 理由に関わらず、「一身上の都合により」と記載します。 また年月日には、あらかじめ企業側と決めた退職日を記載します。 退職届は退職の意思表示を一方的に告げる書類のため、「退職致します」と締めます。 参考記事:• 本文の次に、自身の所属部署と氏名を記載し、捺印します。 証拠能力を考えるならば、氏名は自筆で署名し、実印で捺印することが望ましいです。 最後に、退職する企業名と代表者名を記載します。 タテ書き(退職願)• 一行目に「退職願」と記載します。 二行目の最下部に、「私事、」と記載します。 「私事」は「私儀」と記載しても構いません。 「わたくしごとではありますが」という意味合いを持ち、慣例として記載することが一般的です。 三行目から本文を記載します。 理由に関わらず、「一身上の都合により」と記載します。 また年月日には、あらかじめ企業側と決めた退職日を記載します。 退職願は退職を願い入れるための書類であるため、「お願い申し上げます」と締めます。 参考記事:• 本文の次に、自身の所属部署と氏名を記載し、捺印します。 証拠能力を考えるならば、氏名は自筆で署名し、実印で捺印することが望ましいです。 最後に、退職する企業名と代表者名を記載します。 企業名は略さずに、正式名称で記載します。 また、代表者名の後には「様」もしくは「殿」を必ずつけましょう。 さらに、慣例として代表者名を自分の氏名より上になるように調整します。

次の

退職願・退職届無料ダウンロード

退職 届 雛形

退職届のサンプルテンプレート、フォーマットを作成しました。 退職届を会社に提出する場合には手書き、もしくはPCで退職届を作成する事になると思います。 PCで 退職届を作成する場合にはワードで編集することでスムーズに退職届を作成できます。 このページで退職届のサンプルフォーマットをダウンロードする事ができますので、退職届をPCで作成する予定の方は下記からダウンロードして下さい。 又、退職届を入れる封筒のサイズなどの情報については のページをご覧下さい。 退職届の テンプレート、フォーマットは縦書きと横書きそれぞれ2タイプの退職届を用意しています。 一般的には横書きを使用することが多いので、特にこだわりが無い場合には横書きをダウンロードするようにしてください。 この退職届サンプルテンプレートはワードソフトで編集する事ができます。 なお、この退職届テンプレートの書式サイズは基本的には B5になりますので、 B5で作成しています。 A4で退職届を作成しても問題ありませんので、 退職届をA4で作成する場合などにもワードソフトで編集をお願いします。 ここからは作成した退職届テンプレートの画像付き本文解説を掲載しておきたいと思います。 退職届の画像は上記サンプルの画像です。 退職届の画像付き本文解説 ここからは退職届の本文を解説していきたいと思います。 退職届の例文は数多くインターネットに掲載されていますが、その中でも退職願と同じ例文が使用されていることが多々あります。 退職届と退職願の意味は少し違いますので、このページでは退職届の例文を解説しておきたいと思います。 退職届と退職願の違いについては下記のページをご覧下さい。 今回は退職届のテンプレートを2種類、縦書きと横書きを作成しましたのでどちらも画像を掲載しておきたいと思います。 又、 退職届を提出する際には遅くても 約1ヶ月前 までには提出した方が良いでしょう。 退職届サンプルテンプレート横書き 退職届横書き画像: 退職届横書きのサンプルテンプレートになります。 退職届を横書きで作成する場合には基本的な書類の作成方法となんら変わりません。 この退職届サンプルフォーマットをダウンロードして使用する場合にはワードで〇〇の部分を編集し忘れないように注意して下さい。 また、退職届は退職願と違い、退職することが確定している場合に使用するはずですので、 退職届のサンプル例文にある【 退職いたします】は 変更しないようにして下さい。 この【退職 いたします】の部分が【退職いたしたく】になると退職願の例文と同じになってしまい、 退職届の場合には 【退職いたしたく】が 間違った文になってしまうので注意が必要です。 退職理由は基本的に【一身上の都合】になりますので、 特別な退職理由で無い限りは【一身上の都合】にしておきましょう。 又、会社側の都合で退職しなければいけない場合や 退職理由が自己都合退職に該当しない場合には 【一身上の都合】と退職届に書くのではなく、 【会社都合により】 【契約満了により】 など【一身上の都合】を使わないよう、退職理由にあわせて書く必要があります。 なお、退職届の用紙サイズは基本的に B5サイズの用紙、又はA4サイズの用紙になりますので その点も間違えないようにしましょう。 退職届を印刷する紙はコピー用紙でも問題ありません。 次は退職届の 縦書きサンプルフォーマットと例文について解説していきたいと思います。 退職届サンプルテンプレートフォーマット縦書き 退職届縦書き画像; 退職届の縦書きは退職届の横書きと違い、例文冒頭の前に必ず【私事】が必要になりますので、 編集する際には変更しないようにご注意下さい。 それ以外には退職届の横書き解説と あまりお伝えする事は変わりませんので省略させて頂きたいと思います。 退職届の縦書きサンプルテンプレートを使用する場合にも【〇〇】の部分の編集忘れにはご注意下さい。 又、上記でお伝えしましたように退職届の場合には退職する事がほぼ確定している場合に使用すると思いますので、 【退職 いたします】は 変更しないようにしておきましょう。 以上で退職届サンプルテンプレート、フォーマットの例文解説を終了したいと思います。 退職届は2種類、縦書き、横書きと作成してありますので、 退職届を作成する場合にはダウンロードした後、 ワードソフトで編集して頂くことですぐに退職届を作成する事ができます。 又、どちらのサンプルテンプレートも用紙サイズはB5で作成してありますので予めご了承下さい。 退職届 サンプルのテンプレート、フォーマット、ダウンロード(例文付 の記事を読んだ人は他にもこんなページを見ています。

次の

退職届・退職願の封筒の書き方、選び方、郵送時の注意など

退職 届 雛形

退職届と退職願にはどのような違いがあるのでしょうか。 二つの言葉は似ていますが、末尾が"届"であるか"願"であるかという違いがあります。 言葉の性質から、退職願は退職を「願い出る」ための書類であり、退職に対する会社の承諾を得るための申し入れと解釈することができます。 そのため、会社が退職を承諾する前は退職について撤回可能です。 そのため、退職の意思表示は撤回が認められない可能性もあります。 もっとも、退職願・退職届を提出する段階においては、既に退職の意思も固まっているでしょうから、撤回をするようなケースも稀かと思います。 また、いずれの場合でも会社側が退職意思の撤回を認めれば、撤回すると考えられます。 上記が退職届と退職願の違いになりますが、一般的にはどちらを提出しても問題はありません。 もし迷うようであれば、どちらを提出すべきか直接聞いてみてもいいでしょう。 法的には退職の際に退職届・退職願を提出する義務はありません。 退職の意思は口頭でも有効です。 しかし、退職に関連してトラブルが生じた際に、形として退職の意思表示がなされた書類が残されているかいないかは重要となります。 もし書類がなければ、言った言わないの問題になってしまうからです。 例えば、退職する意思がなかったとしても言い争いなどで感情的になって「会社を辞める」と言葉にしてしまった場合に、退職の意思表示として有効か否かという問題が発生します。 退職の意思が真意に基づいたものであることを明に示すことにより、このようなトラブルは避けられます。 そのため、企業・退職者双方のためにも、退職届・退職願は提出することが望ましいでしょう。 そもそも、就業規則において退職の際には退職届・退職願を提出することを定めている場合もあります。 なお、退職届・退職願を提出する際には、自身の手元にも原本をコピーして保管することをおすすめいたします。 タテ書き(退職届)• 一行目に「退職届」と記載します。 二行目の最下部に、「私事、」と記載します。 「私事」は「私儀」と記載しても構いません。 「わたくしごとではありますが」という意味合いを持ち、慣例として記載することが一般的です。 三行目から本文を記載します。 理由に関わらず、「一身上の都合により」と記載します。 また年月日には、あらかじめ企業側と決めた退職日を記載します。 退職届は退職の意思表示を一方的に告げる書類のため、「退職致します」と締めます。 参考記事:• 本文の次に、自身の所属部署と氏名を記載し、捺印します。 証拠能力を考えるならば、氏名は自筆で署名し、実印で捺印することが望ましいです。 最後に、退職する企業名と代表者名を記載します。 タテ書き(退職願)• 一行目に「退職願」と記載します。 二行目の最下部に、「私事、」と記載します。 「私事」は「私儀」と記載しても構いません。 「わたくしごとではありますが」という意味合いを持ち、慣例として記載することが一般的です。 三行目から本文を記載します。 理由に関わらず、「一身上の都合により」と記載します。 また年月日には、あらかじめ企業側と決めた退職日を記載します。 退職願は退職を願い入れるための書類であるため、「お願い申し上げます」と締めます。 参考記事:• 本文の次に、自身の所属部署と氏名を記載し、捺印します。 証拠能力を考えるならば、氏名は自筆で署名し、実印で捺印することが望ましいです。 最後に、退職する企業名と代表者名を記載します。 企業名は略さずに、正式名称で記載します。 また、代表者名の後には「様」もしくは「殿」を必ずつけましょう。 さらに、慣例として代表者名を自分の氏名より上になるように調整します。

次の