小豆 ちゃん。 @小豆(あーずー)の太った理由がやばかった!本名・彼氏・妊娠の噂を解明!

パオパオチャンネルがUUUM離脱!?小豆/ぶんけいのプロフィールや交際疑惑/活動休止の理由/個人チャンネル/エッセイ/現在の二人の活動は?

小豆 ちゃん

レストランにも近く、お散歩へも行きやすく、床暖房もあってとても暖かく、部屋が独立しているので、とにかく気楽に過ごせるところが我が家向きです。 小豆さん使用に整えた部屋で、 小豆さんも勝手知ってるのか、おやつを堪能。 からの~ リラックスでした 小豆さんが休憩 していてくれる間に我々も温泉 を満喫。 今回我々は飲み放題も付けてみました。 星印以外は90分間飲み放題です。 食事はレストランがオープン中(ラストオーダー時間まで)時間制限がないので、ゆっくりと宴を楽しめました しかも美味しかった~ 我が家は小豆さんファースト 我々お供は後からです。 でも、食べ終わると 2時間はレストランから動かないお供の二人をちゃんと待っていてくれるのです。 ありがたいです。 マイクロバブルバスを入浴出来るところはトリミングサロンや動物病院にもありますが、温泉が利用できて、しかもセルフ(これが我が家の小豆さんにとっては重要ポイント)入浴が出来る施設はかなり少ないのです。 小豆さんは、小さなころから何故か若い女性のトリマーさんがとても苦手です ちなみに若い女性の看護師さんも苦手です それは私やおばちゃんばかりと暮らしていたからなのかなぁ ごめ~ん ということで、今回もすっきり さっぱり させられた小豆さんでした 「お疲れちゃん」 これからは、お初のお宿訪問はやめ、小豆さんが楽しめるところを中心に出掛けて行きたいと思います。 お久しぶりです。 なかなか更新することができず 気が付けば年末間近 となっておりました。 今年の事は今年の内に(我が家の記録用としても)できる限りアップしておきたいと思っています。 本当は11月の秋旅のつもりでしたが、出遅れて予定していた日程では予約が取れず (やっちゃったー) 12月に入ってしまいました。 雨模様のお天気だったので、小豆小屋近くでのんびり朝食を取ったり、平日でないと済ませられない用事などを片付けてから鬼怒川温泉へ それが失敗 事故渋滞に巻き込まれ それでも、雨も上がってくれたので途中休憩も入れ(マイペースに )、 佐野SA 目が見えていた頃 何度が訪れたことのあるパーキングです。 アズさんテクテク時にはランランしながら休憩してくれてました。 ドッグランもあってわんこに優しいパーキング。 ありがたいです。 鬼怒川に着いた頃は、もう真っ暗 日が短くなりましたね…淋しい 今回のお宿は今年の夏にオープンした『 』さん。 楽しみにしておりました まずは、お部屋を一気にご紹介。 入り口は1階で、専用階段を上がった2階のお部屋でした。 洗える畳?というか防水の畳? 滑らないですし、寒くも暑くもなさそうだし、我が家もこれにしたい!と思ったくらい。 露天風呂と、 内風呂が付いておりました。 12月の夜の露天風呂はかなり寒かったです ワンコ用品も、揃っておりました。 流石はカーロさんグループ。 玄関脇の棚にはワンコ用の器。 トイレはワイドサイズですが、二つ折り?男の仔用 ??どうやったら広げられるのか全く使い方がわからず 出番なし 1階には電子レンジも置かれていました。 スイートのお部屋は部屋食になるようです。 夕食はこちらです。 小豆さん用に注文しておいたごはんも用意されていたので、一緒にスタート あっという間に食べてしまいました 人用の食事はこちらです。 個室ですが、ロビー側が上がり口になっていて、障子4枚くらい必要なところ2枚なので、 閉められない 造りでした。 旅行の時は、夕食は宴と呼ぶ我が家。 8 時からの方々が多いので、ということだったので我が家は8時半からにしました。 専用土鍋で炊いたごはんつきました。 ごはんは炊き立てで美味しかったです。 お味噌汁は、8時の方々の時に準備されたのかな? びっくりするほど冷めておりました 思わず笑い 小豆さんも勿論一緒にいただきました 夜と同じメニューを注文。 (写真を撮り忘れていたようです ) 朝食もあっという間にペロリン完食でした 食事後は、お庭をてくてくお散歩。 オープンしたばかりですし、スタッフの数も今の時代は少ないですから きっと大変なんだと思います。 もしくは、私達がたまたまだそういう状況に当たってしまっただけなのかもしれませんね チェックアウトをして、明細書を見て ・・・ ハハハっ 翌日は慣れたお宿だからね!っと気持ちを切り替えて出発 GO つづきま~す 前記事『ワンズリゾート山中湖 初宿泊だよ!』の続きで、今回で旅行記は最終話です お宿をチェックアウトした後、富士山5合目を目指しました 小豆さんと私はお初 (主は何度か登ったことがあるらしい ) お天気がとても良かったので、楽しみでした 青空と富士山 こんなにも近い位置で富士山の頂上を見た のも勿論お初。 5合目ということは、既に富士山に登っているということですから (Wow) 迫力があって、ちょっと怖かったりもしました 平日でしたが観光バスが沢山来ていて、外国人観光客の多さにも圧倒されました 勿論小豆さんも圧倒されっぱなしで、ビビりまくってました そんな時は、カートイン。 小豆さんのシェルターです 涼しい風は吹いているものの、とにかく日差しが強すぎて、5合目から速攻退散して、上がって来るときに比較的空いていた4合目の駐車場へ移動 雲海。 とても雄大な景色でした(感激)... お蕎麦屋さんを探すことが多いのですが、山梨県といえば『ほうとう』じゃない?と提案して、ワンコが入れるお店を検索 ヒットしたのが さん 中庭側のバルコニー席がワンコOKでした。 バルコニー席は3テーブルです。 以前隣り合わせで座ったワンコがケンカになってしまったらしく、それ以来 ワンコ連れの場合 隣り合わせにならいように、真ん中の席を空けて案内しているそうです。 小豆さんはお昼ごはんなしなので、テーブル下でお待ちいただきました。 もう一組のワンちゃんも柴っ仔だったので、小豆さんは気になったようです。 じーっと 見つめておりました (声を掛けることも、これ以上進もうともせず、ただじーっと見つめるだけの小豆さん しかも、見えているのは おちりだけ ) と 言うことは、右目はまだ見えているのかも。。。。 だと嬉しいです 少し暑かったりもしましたが、揺らがずに私はほうとうを注文。 主はメニューの写真で揺らぎ 、 こちらを注文。 ほうとうの味見をさせてあげた結果、ほうとうにしておけば良かったと後悔しておりました (イヒヒ) 1泊2日の短い旅でしたが、小豆さんとずーっと一緒に過ごすことができたので、少しは小豆孝行できたかなぁと思います (案外 小豆さんは疲れてたりして ) 次回 山中湖を訪れるチャンスがあったら、山中湖で5柴ちゃんと暮らすパパさんがおしえて下さった公園を小豆さんとお散歩したいと思います。 もちろん小豆さんも一緒です。 数段ですが、階段を下りたところにあるラウンジです。 スロープがないので、カートインした状態だと下りるのがちょっと面倒でした チェックイン後はお部屋へ。 必要な方へは荷物を運ぶお手伝いをしてくれます。 (我が家不要なので、遠慮しました) お部屋は、富士山が見えるツインルームを予約しておきました。 収納性抜群のクローゼットとテレビ、冷蔵庫、空気清浄機、 トイレ、洗面所、シャワールームも 備えられていました。 お風呂はないので、大浴場(温泉 )を使いました。 ワンコ用のアメニティーはバッチリ 備えられていました もちろん用意をしてきてはいますが、この心遣いがとてもうれしい 富士山が見えるお部屋というだけあって、本当に良くみえました (写真は翌朝に撮影したものです) 駐車場脇に見えるのは、ドッグランです。 ウッドチップが苦手な小豆さんにはうれしい芝のドッグラン。 目が不自由なので、走り回ることはありませんが、てくてくマイペースにドッグランを散策しておりました チェックイン後は、てくてく したり、交代で お風呂を満喫。 売店で売っていた珍しいビールでクールダウンもしてみました 黄桜酒造さんがつくられたビールなんです!デザインがとにかく可愛い アルコール分は5度。 飲みやすく、美味しいビールでした。 まずはワンコ用のメニューから。 夕食用には、たっぷり牛肉の角切りをオーダー。 当日、テーブルで注文できます。 ちょっと小豆には量が多かったかな と心配もしましたが、本人(犬)は満足したらしく、お肉は見事に完食でした 人間用の夕食はこちらでした。 こちらはスタンダードの料理です。 食事が終わった後は、小豆さんも一緒のテーブルに着きました。 あんなに食べたのに、まだ欲しそうな様子の小豆さん お皿に向かって、うまうまこっちへ来い来いビームを静かに送っておりました そして、朝食。 小豆さんにはわんちゃんメニューから『ささみの角切り』をオーダーしました。 これまたたっぷりの量 さすがに残しておりました。 そして人間用の朝食がこちらです。 珈琲、紅茶、ジュース類はセルフサービスでした。 前記事『ブルームーンで朝食』の続きです。 ワンコは入場料無料です。 以前行った国営ひたち海浜公園のように季節ごとにお花を楽しめる場所のようです。 規模は大分小さいですが、そこは富士山がしっかりカバーしていると思います 二人乗り、4人乗りの自転車で園内のコースを周ることができます。 お尋ねしたら、ワンコも同乗OK!だったので 小豆さんも一緒にGO ちなみに、二人乗りの自転車は、30分で500円でした。 しっかり前を向いて、真剣に乗っておりました。 私が自転車のペダルをこぐと、小豆さんの乗り心地がよろしくないようだったので、主が一人にがんばってこいでもらいました (お疲れさん) 小豆さんは大好きな主と一緒で、ご満悦でした 美しい富士山に感激 『よっ!日本一』 園内をワンコも歩くことができますが、この日は涼しい風は吹くものの、とにかく日差しが強くて、アスファルトの上を歩かせられる状態ではありませんでした 涼しいかと思った山中湖周辺、意外と暑くてびっくりでした お久しぶりです 6月7日から1泊2日の旅をしてまいりました とても久しぶりの旅行です。 小豆地方も 梅雨入りしてしまいましたが、梅雨の晴れ間 となってくれました(ラッキーでした )... まずは、小豆小屋から車でわりと近いところにある『 』さんで朝食 (写真を撮り忘れていたので、お店のホームページより拝借しました) (こちらもお店のホームページより拝借しました) まったく存じ上げなかったお店で、つい先日 埼玉在住の有名な柴犬くんのブログで知ったばかり (情報をありがとうございました) もっとアンテナを張り巡らせて置かなくては・・ こちらのお店はドッグカフェではありませんが、店内ワンコOK 暑い季節そして冬場はとても助かりますね そして、人参ケーキとバナナケーキのワンコメニューもありました 小豆さんのテンションも上がります 今回はバナナケーキを注文 少しずつちぎってあげると、あっという間に完食してました 我々は、モーニングメニューの中から2種類を注文 飲み物が付きます。 がっつり頂きました パンケーキは焼き上がりまで少し時間がかかるということでしたが、それ程気になる時間ではありませんでした。 私達が食べている間 小豆さんは、 キッチンに向かって座って、ただ静かにじーっと『うまうま出てこいビーム』を送っておりました のんびりとワンコと朝食をいただけるお店でした また行ってみたいと思います。 (どこまで見えなくなくっているのか判らない小豆さんの右目(未熟白内障の方)、緑内障発症の左目は失明しているとの診断ですが、右はまだ見える時があるのか、それとも見えないけど、匂いで料理が出てくるのが分かるのか… ワンコは凄い ) 4月14日から2泊3日で帰省した際の前記事『ザ・ヒロサワ・シティをお散歩』の続きです。 16日 前日のお天気が嘘だったような晴天 でした。 まっすぐに帰るのはもったいないので、予定を変更して へ寄ってみることにしました。 無料の大きな駐車場があって、参道を通りぬけると大きな大きな鳥居があります。 私の呼びかけに全く反応しない小豆さん (相変わらず・・見えないけど聞こえているはずです 安定の無視) 鳥居を抜けて表参道へ。 空気が澄んでいるかのように気持ちの良い空間でした。 小豆さんもしっかり歩けておりました 小豆さんも一緒にお参りさせてもらいました。 しっぽもしっかり上がっていて、ご機嫌でした 参拝後は、看板犬のいるお店で休憩 2歳の若く凛々しい看板犬くん。 とても人懐っこいワンちゃんでした。 こちらのお店では、お団子をいただきました そして、お参りに向かうときに、「わんちゃんも一緒にどうぞ~」と声をかけていただいていたので、お隣のお店で お蕎麦までいただいてしまいました 食べ過ぎだよね・・ 揚げたての天ぷらと手打ちのお蕎麦、おいしくいただきました 今回、御朱印長を持ってこなかったので、もう一度小豆さんと一緒に参拝したいと思います。 その際には、旧参道や奥宮も回ってみようと思います! 静かで、とても気持ちの良い神社でした. おまけ(私事ですが) また一つ年を取りました 今年も姉から届いたお花 「 遠くから ありがとう 覚えていてくれて ありがとう 小さい頃からお世話になりっぱなしで 何歳になっても小さくて・・(大分大きな年になっているんですが ) 引き続きどうぞよろしく~」 ジャーン 『 北斗星 』です (何故?ここに?? 凄い ) こちらが見たくて参りました 北斗星の展示場の脇にはとっても広い芝生が 雨でなかったら、この時期は鯉のぼりも上げてくださっているらしいです 筑波山も見えて、とても美しい場所でした。 小豆さんのテンションも上がり 久しぶりにバッキューンと走り出しておりました 目が不自由な小豆さんですが、ぶつかる障害物がないので、安心してランランできました 楽しそうに走りまわる小豆さん 「良かったね~」 北斗星寝台列車との記念撮影 は、安定の笑顔なしの表情 ブルートレインってやっぱり素敵 カシオペアに乗った後、いつか北斗星にも乗りたい!と思っていましたが、終了してしまいました(残念 ) 乗っておけば良かったと車両を覗きながら ブツブツつぶやいておりましたら、 小豆さんが何度も振り返って私を待っていてくれました 「ありがとね」 北斗星の他にも、 オーナー様の趣味なんでしょうか?趣味の広さと財力に圧倒されました。 凄い セスナの展示脇にはバラらしき植物のアーチもありました。 バラが咲く季節は見応えのあるアーチになると思います。 小豆一行が大内宿を訪れたのは11月10日でした。 その時は秋色だったのですが、21日には、 冬景色に変わってしまったようです。 今年の9月1日から東京建物グループの「レジーナリゾート」から運営が変わりました。 我が家 約2年ぶりで、運営が変わってからはお初でした。 総合フロントの場所が売店になり、売店と大浴場の入り口カウンターだった建物が総合フロントになっていました (はい、我が家は間違えて売店へ入っていってビックリしてしまいました) 我が家が利用するドーム型コテージの名称は運営会社が変わっても『オルサ』のまま。 部屋の中も変わった様子は特になしでした。 以前ブログの副賞でいただいて宿泊したことのある『いぬのきもちコテージ』は『レイクサイドドッグヴィラ』という名前になったようです。 エンゼルフォレストやレイクサイドドッグヴィラなど、長い横文字が多くて 苦戦 明るい内にチェックインができたので、施設内をお散歩。 ワンコがお散歩出来る敷地が広いところと充実しているところは魅力です。 以前は、森の広場や芝生広場も少し離れた場所にあって、さらに充実していたんですが、数年前閉鎖となりました 小豆さんは今年の夏左目の視力を失ってしまったので、ノーリードのドックフォークを走り始めると、木やフェンスへ激突するんじゃないかと冷や冷やさせられる場面もありましたが、案外上手く走ったりできていました。 (犬って凄いなぁ ) そんな小豆さんとは反対に、大浴場 の建物までの移動を面倒と感じるようになっていた人間達。 寄る年波には勝てないとはまさにこのこと。。。。 大きく変わったと感じたこと、それは食事です。 人間もワンコもバイキング方式になっていました。 (写真はホームページより) 小豆さんお気に入りの『牛すじと根菜のことこと煮込み』は健在 「アズさん、良かったね〜」 バイキング方式があまり好きではないのですが、ワンコ用はとても良いと思いました。 思いっきり食べちゃって!!と2回に分けてメインを用意したら、ペロッと食べたので、もう一杯用意したところ、 食べませんでした (えーっ!!! アズさん案外食べないのね) 翌朝の朝食バイキングは、メイン2杯とデザートとしてヤギミルクとお芋のブラウニー風ミニミニ1個を用意したところ完食 、満足気でした 人間用のバイキングは、和洋折衷用意されていて、沢山召し上がれる方々には満足できると思います。 とても美味しかったです。 90分飲み放題バイキングもありました。 お手頃価格で充実の飲食となったこちらの施設は、 レジーナの森時代よりも沢山のお客さんで賑わっているように感じました こちらの施設の我が家にとってのもう一つの魅力は、わんこの『マイクロバブルバス』をセルフで利用できる点です。 最終日の帰る前に、ドッグコミュニティーハウスでマイクロバブルバスを利用していたのですが、 ドッグコミュニティーハウスは閉鎖となっていて、わんちゃんスパのある建物にマイクロバブルバスも併設されていました。 利用時間も、空いていればいつでも大丈夫だったところから、10時、12時、14時、16時の時間帯で事前予約が必要となっていました 10時に予約が既に入っていたので、12時からを予約し、チェックアウト(11時)後は、お散歩をして過ごしました。 目が不自由になってからは、ニオイチェックがさらに念入りになったように思います。 タオルとシャンプーと鍵のセットをいただきに総合フロントへ。 2代目ジーナちゃんは、総合フロント内におりました。 「若いね〜」 ドッグコミュニティーハウスが閉鎖となってジーナちゃんも移動となったようです。 小豆さんは美味しい宿ごはんを満喫できたようです (食いしん坊万歳!!) これまでの思い出と重なって、さらに小豆を愛おしく思うようになりました。 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2012. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2011. 2010. 2009. 2009. 2009. 2009. 2009. 2008. 2008.

次の

豆柴より小さい小豆柴とは

小豆 ちゃん

作出 より小さいのが、それよりさらに小さいのが小豆柴(アズキシバ)です。 小豆柴は、極小豆柴をもとに富士野荘が永年かけて作出したものですから、小豆柴は富士野荘以外にはどこにもいません。 もし 小豆柴と言って富士野荘以外で販売していたら、それは偽物です。 小豆柴が柴犬の大きさになったなどと言っているのがいたらそれも偽物です。 また、小豆柴は餌を与えず、栄養失調状態にして小さくしたものだ、と悪口を言う人がいるがどうなのか、との質問を受けたことがあります 30年 7月 31日の来客他。 そんな事実は全くありません。 そのような飼い方をしていたら他に類例を見ない『如何なる病気であっても満一歳までの生命保証』など出来るものではありません。 現に満一歳までに病死して保証の対象になった小豆柴は一頭もいません。 尚、ドッグフードの種類、与え方等、 をご覧ください。 小豆柴は、小さく、それでいて柴犬の体型と性格はそのまま具備した希少価値の高い犬です。 理想の室内犬として、今後の人気の更なる上昇が期待されています。 豆柴で買ったのに柴犬、それもオーバーサイズの柴犬になったといった話は枚挙に暇はない程耳にします。 小豆柴の今後 小豆柴は今後更に人気化すると思われます。 その理由は柴犬の持つ体形はそのまま有しており、体が小さいので女性にも子供にも扱い易い等からです。 概要 小豆柴は、豆柴を基に改良・繁殖、作出した犬種です。 したがって、これも豆柴同様、公益社団法人日本犬保存会では血統登録上は独立した犬種としての分類はなく、犬種分類上は柴犬として登録されています。 つまり、小豆柴も、現在は未公認犬種の段階にある、言うならば『世界最小の柴犬』です。 公認された権威ある登録団体である公益社団法人日本犬保存会おいては、豆柴同様、小豆柴としての独立した犬種登録はなく、すべて柴犬としての登録となります。 言うならば『未公認犬種』です。 日本の場合、犬種登録の先進国、アメリカやイギリス等ヨーロッパのようには、一旦決めた犬種以外の公認には時間が必要なようです。 外国なら例えばプードルは、スタンダード・プードルからミディアム・プードル、ミニチュア・プードル、トイ・プードルまで4段階に分かれて4犬種があります。 その何れも『未公認犬種』時代を経てきたのです。。 何れにせよ、柴犬は誇り高き国の天然記念物です。 小豆柴も柴犬ですから国の天然記念物であり、これも飼う人の心を満たすひとつの柱となっています。 したがって派手さはありませんが、柴犬本来の、野性味ある素朴感の中にも品位に満ちた風格、鋭敏な感覚、敏捷な行動力、飼い主に忠実な性格が備わっています。 をご覧ください。 しかし実際にはさらに小さなものがほとんどです。 以下に普通柴と豆柴の比較、および豆柴と小豆柴の比較画像を掲載します。 なおいずれの犬も成犬です。 成犬の写真 ここに紹介する小豆柴は、小豆柴時代到来の先がけです。 小豆柴の写真は少しずつ増やしていきます。

次の

あずきちゃん

小豆 ちゃん

作出 より小さいのが、それよりさらに小さいのが小豆柴(アズキシバ)です。 小豆柴は、極小豆柴をもとに富士野荘が永年かけて作出したものですから、小豆柴は富士野荘以外にはどこにもいません。 もし 小豆柴と言って富士野荘以外で販売していたら、それは偽物です。 小豆柴が柴犬の大きさになったなどと言っているのがいたらそれも偽物です。 また、小豆柴は餌を与えず、栄養失調状態にして小さくしたものだ、と悪口を言う人がいるがどうなのか、との質問を受けたことがあります 30年 7月 31日の来客他。 そんな事実は全くありません。 そのような飼い方をしていたら他に類例を見ない『如何なる病気であっても満一歳までの生命保証』など出来るものではありません。 現に満一歳までに病死して保証の対象になった小豆柴は一頭もいません。 尚、ドッグフードの種類、与え方等、 をご覧ください。 小豆柴は、小さく、それでいて柴犬の体型と性格はそのまま具備した希少価値の高い犬です。 理想の室内犬として、今後の人気の更なる上昇が期待されています。 豆柴で買ったのに柴犬、それもオーバーサイズの柴犬になったといった話は枚挙に暇はない程耳にします。 小豆柴の今後 小豆柴は今後更に人気化すると思われます。 その理由は柴犬の持つ体形はそのまま有しており、体が小さいので女性にも子供にも扱い易い等からです。 概要 小豆柴は、豆柴を基に改良・繁殖、作出した犬種です。 したがって、これも豆柴同様、公益社団法人日本犬保存会では血統登録上は独立した犬種としての分類はなく、犬種分類上は柴犬として登録されています。 つまり、小豆柴も、現在は未公認犬種の段階にある、言うならば『世界最小の柴犬』です。 公認された権威ある登録団体である公益社団法人日本犬保存会おいては、豆柴同様、小豆柴としての独立した犬種登録はなく、すべて柴犬としての登録となります。 言うならば『未公認犬種』です。 日本の場合、犬種登録の先進国、アメリカやイギリス等ヨーロッパのようには、一旦決めた犬種以外の公認には時間が必要なようです。 外国なら例えばプードルは、スタンダード・プードルからミディアム・プードル、ミニチュア・プードル、トイ・プードルまで4段階に分かれて4犬種があります。 その何れも『未公認犬種』時代を経てきたのです。。 何れにせよ、柴犬は誇り高き国の天然記念物です。 小豆柴も柴犬ですから国の天然記念物であり、これも飼う人の心を満たすひとつの柱となっています。 したがって派手さはありませんが、柴犬本来の、野性味ある素朴感の中にも品位に満ちた風格、鋭敏な感覚、敏捷な行動力、飼い主に忠実な性格が備わっています。 をご覧ください。 しかし実際にはさらに小さなものがほとんどです。 以下に普通柴と豆柴の比較、および豆柴と小豆柴の比較画像を掲載します。 なおいずれの犬も成犬です。 成犬の写真 ここに紹介する小豆柴は、小豆柴時代到来の先がけです。 小豆柴の写真は少しずつ増やしていきます。

次の