サラ と ダック。 USB

サラとダックン/Sarah and duck

サラ と ダック

この項目では、2017年のテレビシリーズについて説明しています。 1987年のオリジナル版については「」をご覧ください。 ダックテイルズ DuckTales アニメ 原作 、ジーマン・メイゴン マット・ヤングバーグ フランシスコ・アンゴネス 監督 マット・ヤングバーグ シリーズ構成 フランシスコ・アンゴネス キャラクターデザイン ティモシー・M・モーエン 音楽 ドミニク・ルイス アニメーション制作 スニップル・アニメーションスタジオ 製作 ディズニー・エンタープライズ 放送局 、 放送期間 - - - 『 ダックテイルズ』(原題:DuckTales)は、 製作、2017年放送開始のシリーズである。 のひとつ。 概要 [ ] からまで放送された『』の作品。 アメリカ合衆国では、よりにて放送が開始された。 日本ではより、ディズニーXDにて日本語吹替版の放送が開始された。 では、同年にの誕生日に合わせ先行放送を実施、よりレギュラー放送を開始した。 よりでも放送開始した。 を実施。 ヒューイの声は黄色、デューイの声は水色、ルーイの声は緑色、その他のキャラクターの声は白で表示される。 ドナルド以外のキャラは全員声優が当時(逝去した声優含む)と異なっており、ヒューイ・デューイ・ルーイの個性を引き立たせるため、声だけでなく容姿や性格もそれぞれ従来のシリーズと異なっている。 ヒューイら3人の日本語吹替を男性声優が担当するのは本作が初となる。 過去にディズニーが制作したアニメ映画やテレビシリーズとのも行われており、シーズン1では『』、シーズン2では『』 と『』のキャラクター達がゲスト出演。 シーズン3ではや、もそれぞれ『』、『』、『』の主演作品の格好で出演する予定となっている。 ストーリー [ ] カッコ内話数は吹替版準拠。 シーズン1 [ ] が就職面接に行く日の朝、ベビーシッターの手配が上手くいかず、仕方なく三つ子の甥を大富豪の伯父に預けることにする。 スクルージはかつて世界一の冒険家として名を馳せていたが、冒険をやめて既に10年が経っていた。 ドナルドとは何か因縁がある様子で、自邸にやってきた三つ子にも厳しく接する。 軟禁され、暇を持て余していた三つ子の前に、変わり者の女の子ウェビーが現れる。 ウェビーはスクルージ邸の家政婦、ミセス・ビークリーの孫娘で、同年代の友達が全くおらず、やってきた三つ子を見て大喜びする。 4人はスクルージの倉庫へ暇つぶしに行くが、スクルージが冒険で手に入れた財宝の呪いを解くなど、騒ぎを起こしてしまう。 スクルージはその解決に奔走する中で冒険の楽しさや家族の大切さを思い出し、三つ子やドナルドと共に暮らすことにする。 同時に、ドナルドはかつてスクルージの冒険のパートナーだったことも明かされた。 ( 1・2) デューイは、倉庫の絵画にスクルージ、ドナルドに加え、まだ見ぬ母とおぼしき女性(デラ・ダック)が描かれているのを見て、ウェビーと共にデラ失踪の謎を解き明かそうとする。 2人が邸宅の書庫でデラのことを調べると、「セレネの槍」が深く関わっていることを知る。 最初は2人だけでその秘密を追うが、最終的にはヒューイ、ルーイもそこへ加担する。 一方、ウェビーはふとしたことから年上の女の子リナと親友になり、邸宅へ招き入れる仲となる。 ところが彼女は闇の魔女でおばのマジカ・デ・スペルに取り憑かれており、行動を制限されていた。 マジカもまたスクルージと因縁があり、2人の友情を利用して彼が持つ幸運のを奪う機会を狙っていた。 デラはもうすぐ卵から孵る子供達に星を贈りたいと考えていたが、ドナルドは危険だと反対した。 見かねたスクルージはサプライズで「セレネの槍」と名付けたロケットを造り、それを出産祝いにしようとしたが、これを知ったデラは無断で飛び立ってしまう。 スクルージはデラの性格から無理に止められずにいたが、そのまま行方不明になってしまった。 これを聞いた三つ子は、母を失ったのはスクルージが無理にでも止めなかったせいだと考え、非難する。 口論の末、スクルージは再びドナルドらと険悪になり、自邸で独居する。 ( 23) 15年前、マジカはスクルージの10セントコインの力に目を付け、手に入れるべく彼と対峙したが、逆にコインの中に封じられてしまう。 その際、自分の影からリナを創り出し、スクルージに復讐をするためのスパイとしてこの世に遺していた。 そして今、彼が家族を失い、廃人同然となったことを知ったマジカは、リナを操ってコインを奪い、自身の肉体を解放する代わりにスクルージをコインに封じた。 一方、三つ子たちは、ミセス・ビークリーからスクルージが破産寸前になるまでデラを捜索し続けていたことを聞き、スクルージとの和解を決心する。 家族の働きによりスクルージは解放され、マジカは魔力を失い敗走する。 ウェビーを守るためにマジカに反逆したリナは消されてしまった。 ( 24・25) シーズン2 [ ] デラは無事だったが、怪物の妨害でセレネの槍を直せず月で10年が経つ。 月のルナリスとペナンブラから月の住民もその怪物に脅かされてきたことを知ったデラは、持ち前の優しさで怪物と和解する。 ルナリスはこれを称えてセレネの槍の修復を助けるが、ペナンブラはデラを地球人が月を侵略するための先鋒と思い込み敵視する。 一方、デラは月の住民と交流を深め、いつか一緒に地球へ行こうと約束する。 やがて修復は完了するが、ペナンブラはデラ一人を無理矢理地球に送る。 デラは起ち際にセレネの槍の設計図をペナンブラに手渡し、ロケットを造って住民との約束を叶えるよう伝えた。 彼女はデラの優しさが本物だったことに気付くが、ルナリスは住民たちにデラは裏切り者であると嘘を教える。 ペナンブラが突如豹変したルナリスを問いただすと、地球を恐れるばかりでなくこちらから先制攻撃をすべきで、そのためには住民に地球人への憎悪を煽る必要があるのだと言う。 ( 32・36) ドナルドが子育てに疲弊する姿を見たスクルージ達は、彼に二週間のを贈る。 ドナルドはその出際にセレネの槍が着陸するのを見て駆け寄るが、デラを探すうちに誤って月へ飛び立ってしまう。 一人で脱出していたデラはスクルージとの再会を果たす。 最初は初めて会う息子や家族の変化に戸惑うが、母親としての振る舞いを模索しながら、家族に溶け込んでいく。 一方、リナは影の世界から密かにウェビーを見守っていた。 ウェビーはリナ復活を模索するうち、図書館で同年代の女の子バイオレットと出会う。 実はバイオレットはマジカの杖が変化したお守りを拾得しており、これによりリナは復活し、3人は親友となる。 家族の危険を知ったドナルドはルナリスと対峙するが、揉み合いの末、月のロケットで地球に打ち上げられてしまう。 ( 42) ルナリス率いる月の軍は、完璧な侵略計画を以て地球に降り立つ。 彼らの最終目的は、巨大ロケットで地球を月のに変えることだった。 デラは三つ子とウェビーを匿いクラウドスレイヤーで逃げるが、月の軍に撃墜され無人島に不時着する。 そこには月から来たドナルドもおり、2人はようやく再会を果たす。 一方、ダックバーグではスクルージ達が月の軍に対抗するも、ダックファミリーを研究し尽くしたルナリスには歯が立たなかった。 しかし、協力を申し出たグロムゴールドによりルナリスは混乱し、更に帰ってきたデラ達によって月の軍は敗北する。 フェンシングが得意。 ケチなことで有名で、必要な金しか使わないと公言している。 旧版に比べると身体能力が数段アップし、冒険を愛するタフで勇敢な点が強調され、友人達に食事を奢るなどお金を費やす一面を持つなど旧作ほど強欲でケチではない。 マクダック社の社長で、自邸とは別にある大金庫にオフィスを設ける。 なお、マクダック社の本社社屋はこれとは別に存在している。 10年前まではドナルドやデラと共に冒険していたが、自身がデラ失踪の遠因となったことで家族と険悪になり、冒険をやめていた。 しかし、ドナルドが連れてきた三つ子を見て冒険の楽しさや家族の大切さを思い出す。 10才の時に初めて稼いだをペンダントにし、「幸運の10セントコイン」として肌身離さず持っている。 スコットランド出身で、冒険を通して世界中の神秘に触れている。 幽霊や魔法の類にも通じていて、マクダック邸には様々な不思議なものが保管されている。 心配性で過保護な性格からしばしばスクルージと対立する。 従来のシリーズ同様に短気で怒りやすく、とにかく運が悪いが決して諦めない根性を持っているなど、旧版よりオリジナルに近い設定になっている。 旧版では数話のみの登場だったが、本作ではレギュラー出演している(ただし登場回数はそれほど多くない)。 本作では1話で就職面接を受けたフリントハートから支給された白の帽子と黒の水兵服 を着ており、他作品でも見られる青い水兵服姿は1話の冒頭や回想のみに登場する。 以前は双子の姉 デラや共にスクルージと冒険していたが、デラが行方不明になったことをきっかけに、一時期スクルージと疎遠になっていた。 第1話時点では港に係留した船で三つ子と共に水上生活を送っていたが、デューイがエンジンをかけっぱなしにしたことで半焼してしまい、現在はスクルージ邸のプールに船を置いてもらっている。 スクルージ邸ではよく自分勝手な振る舞いをし、その度にミセス・ビークリーから叱責を受けている。 声は従来の甲高く騒がしい声ではあるが、ジャイロの発明品を飲み込んだことで一時的に声が良くなったり 、無人島でデラ達と再会した際には の物真似を披露したりしたことがある。 彼率いる三人の騎士を有名にするというルーイの提案にのるが、現場のとあるパーティー会場にてデイジーと知り合う。 周りに理解されない自分の声を完全に理解できるという彼女に歌を披露し、互いに両思いとなる。 赤い野球帽と赤い半袖シャツがトレードマーク。 弟達より三秒早く産まれた三つ子の長男。 原始ダックに関する論文を執筆するなど、優等生タイプのしっかり者で、ややオタク気質である。 ボーイスカウトの指南書「冒険少年クラブ(ジュニアウッドチャック)・ガイドブック」を持ち歩いている。 他の2人と比べ、性格は旧版の三つ子に最も近い。 他の二人に比べてあまりイタズラをしないが、几帳面過ぎる性格が災いすることもある。 ギズモダックの大ファン。 青い長袖のシャツとツンツン髪がトレードマークの三つ子の次男。 単純で目立ちたがり屋な性格で、後先を考えない行動が多いトラブルメーカー。 一人で番組ごっこを行った事がある。 普通の子と馴染めないウェビーを誘う優しいところがあり、ウェビーと行動することが多い。 スクルージ達の冒険が描かれた絵に行方不明の母親デラを見つけてからは、ウェビーと共にデラ失踪の真相を追い求めていく。 顔立ちがデラに似ているという設定がある。 シーズン1ではスクルージや他の兄弟が出ない回が存在する中唯一全話出演しており 、メインの回が多い。 緑のパーカーと流した前髪にジト目がトレードマークの三つ子の末っ子。 生意気で計算高い現代っ子で、得意の「ルーイ流」でうまいこと言って楽をしたがるが、大抵失敗し事態を悪化させてしまう、デューイとは違う意味でのトラブルメーカー。 ウェビーから「一番悪い子は? 」と聞かれた際、ヒューイとデューイに指を差された。 スクルージ以上に財宝に目がなく、スクルージの宝の相続権利を付箋を貼って主張したり、グラッドストーンに憧れたこともある。 少々飽きっぽく、炭酸も最初しか飲まずに別のものを飲んだり、会社を興しても事業が思い付かず放置している。 怠け者で少々狡猾だが、根は優しく家族思い。 有名な冒険家であるスクルージに憧れており、頭がよく好奇心旺盛な弾丸少女。 デザイン上もおかっぱのような頭の毛が追加され、イメージカラーはピンクから紫に変更された。 旧版に比べておてんばになった代わりに、三つ子に仲間外れにされることはなくなった。 旧版では自分そっくりな人形を肌身離さず持っていたが、本作では矢で壁に突き刺している。 スパイグッズを持ち歩いており、持ち前の機転で家族の危機を救うことも多い。 偵察と格闘技が得意でサバイバル能力にも長け、スクルージやマクダック邸関連の情報収集を趣味にしている。 ミセス・ビークリーとマクダック邸に来てから外に出たことがなかったため、バスの乗り方やマナーを知らないなど、一般常識に疎く、自分が普通の子と違うことを気にしている。 三つ子とは別にリナという女の子の親友ができたが、リナがマジカ・デ・スペルのスパイだとは知らない。 ミセス・ビークリー(Mrs. マクダック邸のハウスキーパーで、執事や子守などのあらゆる仕事を任されている。 旧版以上にルールにとてもうるさいが、常にクールな頼もしい存在。 デザイン上も旧版の肥満体型から、筋肉質な体型へと変更されている。 過去にスパイだった経歴があるらしく、知的な上に高い戦闘能力を持っており、局長を務めるドレイク教授 からの紹介でスクルージとは当時のスパイパートナーでもあった。 「ダークウィング・ダック」の大ファンであるランチパッドの影響で、彼女もこれにハマる。 なんでも運転できるタフガイでジョークが大好き。 ただし旧版同様天然で少し抜けており、すぐに墜落して大惨事を起こすこともしばしばで、給料は全てその修理代で消える。 マクダック邸のガレージに住んでいて、テレビドラマのヒーロー「ダークウィング・ダック」の大ファン。 デューイを親友だと思っている。 今まで車を無免許運転しており、11話で取得した免許証によると1987年9月18日生まれ。 旧版ではスクルージを「大将」と呼んでいたが、本作では「旦那」と呼び、丁寧語を使っている。 旧版ではスクルージの運転手をしていたダックワースのポジションも担当している。 一度やると決めたら最後までやり遂げる性格。 ドナルドやスクルージと共に数々の冒険を経験してきたが、スクルージが建造したロケット「セレネの槍」に無断で乗り込み、準備不足のまま飛び立ったことで月から戻れなくなった。 月に不時着した際の事故が原因で左足を失い、義足を付けている。 当時息子たちは誕生直前だったが、その姿を見ないまま10年に渡り月面生活を送ってきた。 後に月の住民の協力によりセレネの槍を修復し、地球に帰還する。 それからすぐの間は母親としての立ち振る舞いに悩むが、最終的には家族として馴染むことができた。 息子にはそれぞれジェット(ヒューイ)、ターボ(デューイ)、レベル(ルーイ)と名付けようとしていたが、誕生時に不在だったため、ドナルドが名付けた。 月に行く前はランチパッドではなくデラが飛行機を操縦していた。 現在ランチパッドがサンチェイサーと呼んでいる機体も、元々はデラが「クラウドスレイヤー」と呼んでいた。 製作したロボットは半数が暴走した。 小さなロボットのリトル・バルブをアシスタントにしている。 調子に乗るととんでもない発明をしがちだが、スクルージにクビにされることを恐れて自重している様子。 温厚な性格だった旧版に反し、本作では研究以外に興味がない偏屈な癇癪持ちになっている。 余談だが、秋田犬のニッポンの科学者アキタの下で働いていたインターンだった彼は、ヘアスタイルが旧作とほぼ変わらなかった。 クアックファスター(Mrs. 旧版でのフェザービーにあたる。 職務に忠実で書籍や書類の整理が得意だが、時々意味のわからないことを発声したり、暴走したりする。 ダックバーグ図書館の司書も兼任している。 旧作と違い既に逝去しているが、現在も幽霊の姿でマクダック邸に常駐し、スクルージのピンチに駆け付ける。 スクルージの誕生日会にて、ビーグルママの息子の一人であるブラックアーツ・ビーグル によってあの世から物質世界に呼び出された。 そして自分が幽霊であることを利用し、三つ子が招待した悪党達を追い払った。 ドラマティックな演出も御手の物。 遅くともデラが月へ行くまでは存命で、回想場面やスクルージがタイムトラベルで過去のクリスマスパーティーを訪れたシーンでは喋っている。 スクルージの甥で三つ子のおじさんでもある。 常に20ドルのお金を拾う強運の持ち主。 ドナルドとは対照的にラッキーだけで生きているイケメンガチョウ。 マコー() にあるホテルで起きたトラブルに巻き込まれたため、助けを求めるが、自分の運に絶対の自信があり、向上心がなく怠け者のため、スクルージ達にも嫌われている。 他力本願なところがあり、スクルージの機転とドナルドの運の悪さのおかげで助かった時も全て自分の運のおかげだと発言。 そのため自分を羨望していたルーイにまで愛想を尽かされたが、改心する様子はなかった。 スクルージの秘密ラボの管理人をしている。 思わせ振りな発言があったゆえに、科学者と誤解されたが、「だったら科学者になればいい!」と決意し、彼のメンバーであるミッツィー と共にラボを後にした。 月の民による攻撃により、デラご一行を乗せたサンチェイサーがある島に撃ち落とされた同じ頃、彼はグラッドストーンと共にミッツィーに乗って、デラと三つ子、そしてドナルドと合流した。 スクルージとルナリス将軍の対決の末、ミッツィーがルナリス将軍を乗せた黄金の戦艦 を地球から追放した。 ゼウスの息子でセレネの兄弟。 ドナルドを自分の親友だということを何よりの自慢としている。 ゼウスの娘でストークレスの姉妹。 不思議な予言でデラを誘うも、何故か息子のデューイを呼んだ張本人。 母を探していたデューイに思いでの写し「セレネの珠」を授けた。 ウェビー主催の冒険に参加したスクルージの友、ジンの為に神殿を貸したこともある。 現代のマクダック邸で生活していく中で、ホットドッグをたらふく食べるようになったり、とある杖を取ったりしたことで、彼はマクダック一族の様々な要因となる。 旧版ではスクルージの会計士だったが、本作では職業が異なり羽の色も違っている。 警察官の母親 と二人暮らし。 人々の役に立つ発明をしたいと思っているがうまくいかないことが多々あり、何度かクビにされかけている。 トイレを研究室にされている。 とある一件から、ジャイロが開発したロボットスーツを着てスーパーヒーローのギズモ・ダックに変身するようになる。 旧版ではギズモ・ダックはロボダックと翻訳されていたが、本作では原語版と同じ名前になっている。 本作のギズモ・ダックのスーツは音声認識で様々な機能を使い分け 、起動パスワードは「戯言を言うたわけ者」。 正体を知っているのはスクルージの他に新たにその場にいたデューイとランチパッド、そして勘付いたジャイロ が加わった。 後にウェビーや自身の母親にも正体がバレている。 紫色の宝石でできたペンダント状の魔法のお守りを持ち歩いている。 元々はマジカがスクルージに復讐するためのスパイとして動き、常に行動を制限されていた。 マジカからの自由を条件にウェビーに近付くが、彼女に友情を感じるようになり、マジカがスクルージと対峙したときにはウェビーを守る。 ウェビーの影として守ってから影の世界で生きることになった彼女のため、ウェビーは物質世界に戻す方法を探すべく訪れた図書館にて、オカルト好きのバイオレットと知り合う。 バイオレットが影との戦いにて拾ったマジカの杖の欠片が彼女に反応し、一度暴走はしたものの、結果的に彼女は影の世界から戻ることができた。 それ以降、彼女はバイオレットの養兄弟姉妹として引き取られた。 旧作では、「キララ・ゴールディ(: Glittering Goldie)」という名前で、スクルージの彼女 だった。 図書館でウェビーと出会い、すぐに打ち解ける。 リナの魔法のお守りをダックバーグの砂浜で拾い、ずっと持っていた。 二人の父親をもつ。 ブラジルの花の祭りがあると言われている村にてドナルドと再会する。 空の旅行のコンサルタント及び客室乗務員を勤めている。 ホセとドナルド並びに「三人の騎士」の一人。 ミュージシャンを勤めているが、一度は売れたものの少し落ちぶれていたため、再ブレイクのきっかけを求めていた。 本来、腰の左右にあるにはを装着しているが、本作では銃の代わりにを装着している。 3つまで願いを叶えてくれるランプの魔神。 初めは、番組のクリエイター「ジン・コリババ(: Gene C. Baba)」として作ったり、マクダック一家の写真家として出演した。 ドナルドの親友。 との思い出の写真を肌身離さず持っている。 マークビークスの母を対象としたパーティー会場にてドナルドと知り合う。 旧作ではスクルージから世界一の大金持ちの座を狙っており、隙あらばスクルージを亡き者にしたがる卑劣な悪者。 場合によっては従業員すらも平然と見捨てる。 計画に無駄が多く、どこかドジで間抜けな性格は旧作とかわらず、本作はその面が強調されている。 スクルージと同じスコットランドの出身で、民族衣装のキルトを着ている。 髭は付け髭のため交換可能。 億万長者クラブのメンバー。 マジカが街を荒らした際に行方不明となり 、その間はザン・オウルソンという女性がグロムゴールド社のを代行していた。 復帰して以降もオウルソンは秘書として残り、事あるごとに彼の破天荒な発言を諭している。 一時的ではあるが、ルーイに会社を含む全財産を奪われたことがある。 預金は本物だが自身の利益や名誉のことしか考えておらず、従業員の地位も気分次第な口先だけの自己中。 嘘の新商品の企画書を宣伝して投資させるなど、詐欺同然の行為もしている。 魔法少女アニメのファンという設定がある。 自分の評判を上げるために常にスマホを離さず、すぐにSNSにアップし、スマホのスペアも何個かある。 億万長者クラブに入りたがったが、スクルージだけでなく悪党のグロムゴールドにすら相手にされなかった。 スクルージのまぬけな噂を広めようと頑張っている。 ジャイロが発明したギズモ・ダックに興味を持ち、いつか自分のものにしようとしている。 旧作より残忍な性格だがファミリーは大事にしている。 ビーグルボーイズに悪事を指示する司令塔。 マクダックの財産を狙っている。 兄弟で一番賢いが間が悪く、ママに認められないでいることに不満を抱いているが、ハグしてもらいたがるなど若干マザコンである。 旧版同様名前に反してボーイズで一番の小男。 頭は悪いが力持ちの大男で、ママと兄貴の命令はきくなど本作のビーグルボーイズの中では一番旧作に近い。 食いしん坊で太っていた旧版と違い、1番痩せ型でほとんど喋らず唸るだけ。 なお、バギー・ビーグルは登場せず、他にも旧作にも登場しなかった多くの兄弟達がいる。 どこか抜けていてスクルージと共闘することもあった旧版と違い、冷酷な悪役。 15年前、ダイムを狙ってスクルージと対決した際にダイムに肉体を封じられる。 その際、復讐のために自分の影からリナを創り出し、スパイとしてこの世に遺す。 リナの魔法のお守りは、マジカの魔法の杖が変化したものである。 力関係は魔力を持つマジカの方が強く、リナの行動を制限してきた。 自由をちらつかせてリナを脅し、リナの悪夢の中ではウェビーを殺してしまった。 後にリナを操ってダイムから自身の肉体を解放し、スクルージと再び対峙するが、敗北し、魔法の杖と共に魔力を失う。 その後、リナから魔力を奪い返すため、現在は「ファンゾーのファンゾーン」にて働いている。 スクルージがゴルゴンの首を取ったことにより、民はスクルージを英雄として崇めるようになった。 それから彼は名声も失い、スクルージを憎むようになった。 空賊のリーダーの狼。 自分たちの飛空艇に偶々乗り込んでいたデューイに、一時的とはいえ、自分を照らすスポットライトとリーダーの座を奪われたことで、デューイを憎んでいる。 当初はデラに対し寛大な人格者として接するが、最終的に地球侵略のために利用する。 地球のエネルギーの秘密はマクダック一族の末裔、スクルージ・マクダックであると思い、地球侵略の第一歩として、ダックファミリーを倒そうと目論む。 アキタ博士(Akita) 声 - 彼のインターンであったジャイロと共にボイドを開発したニッポンの科学者。 当初はデラの優しい心に疑念を抱き、地球が月を侵略するための先鋒と考えていたが、徹底した優しさを見て彼女を信頼するようになる。 彼がダックバーグにやって来たのは、イフリートの夜明け 迄にかつての冒険の知り合いであったスクルージにランプ を返してもらう約束があったからだ。 旧作では、F. Lのメンバーだった。 マクダック・エンタープライズによる映画の打ち合わせに旧作テレビ俳優として呼ばれたが、新作映画の「内容がダークウィング・ダックではない」と大ファンであるランチパッドも批判をするが、さらに主演が彼ではなく、新人俳優のドレイク・マラードだったことが原因で、彼に敵意を見せる。 新作の撮影で乱入し、彼を倒そうとしたがランチパッドの説得により理性を取り戻したが、彼を事故から守った。 ダークウィング・ダックとは正反対の「ネガ・ダック」として活動を始める。 ランチパッドと同じくダークウィング・ダックの大ファンで、幼い頃に苛められていたそうだ。 彼の楽屋に侵入したランチパッドに出会い、ダークウィング・ダックの話題によって彼と打ち解ける。 その日は映画の撮影で、途中で邪魔もあったが何とか間に合った。 ジムとの対決との末、巻き込まれたランチパッドを彼に助けられた。 余談だが、ランチパッドは彼の名前を聞いたことがないという。 月の民との対決では、スクルージと入れ替わり、共にマクダック邸を取り戻した。 ボイド・ドレイク(Be. Only. Yourself. Dude. 一見するとビークスの実の子に見える外見をしている。 ビークスがドゥーファスの誕生日会に出席し、彼の財産の一部をもらうために利用された。 しかし会場でルーイがゴールディを助けたのを見て家族について自問自答するようになり、ドレイク家の養子(ドゥーファスの義理の弟)になった。 彼はニッポンのトウキョウにて、アキタ博士と彼のインターンだったジャイロによって造られた男の子ロボットだった。 彼の本当の名前は「2-BO 」。 ジャイロはまだ彼を兵器だと思っていた らしく、彼を兵器として利用していたアキタ博士との対決の末に、ジャイロが彼を「本当の男の子」だと認めたことで以降、正式に男の子として過ごし始める。 だが、その正体は、世界征服を企む組織F. のリーダー。 のメンバーの一人。 赤いカチューシャをしている黒サギの女性。 かつて、世界征服までもう一歩というところでエージェント22の助手であったエージェント・マクダックに邪魔をされた。 のメンバーの一人。 子どもたちの遊び場にしてアミューズメントパーク「ファンゾーのファンゾーン」のマスコット「ファンゾー」として管理している。 真っ黒な姿をしている。 のメンバーの一人。 より参照。 のメンバーの一人。 フリントハート・グロムゴールドに並ぶ、スクルージ・マクダックのもう一人のライバル。 かつてガンプションから地下の金塊を騙し取ろうとした が、カブレラ保安官の機転とスクルージの活躍により計画は失敗。 のメンバーの一人。 ジョンのボディーガード的存在だが、見た目はオリジナルと全く異なっており、ゴリラのような体型をしていて、歯の一部が金メッキである。 かつてガンプションでゴールドラッシュが起こった頃からの経歴も謎で、氷付けになっている ジョンを抱えたまま、現在も存命している。 のメンバーの一人。 エージェント・D。 本作では、ヘッドフォンを首にぶら下げている黒タンクトップの雌鳥。 悪というよりはどちらかというと現時点では某女泥棒ポジなので不明。 ジャイロ曰くスパイ。 科学者としてフェントンと気が合い、デートに誘う。 ヒューイとウェビーにより、それまでに無関心だった彼への印象が恋へと変わる。 スタッフ [ ]• スクルージ原案 -• 原作 - ジーマン・メイゴン• 企画開発 - マット・ヤングバーグ、フランシスコ・アンゴネス• 監督 - マット・ヤングバーグ• 副監督・シリーズ構成 - フランシスコ・アンゴネス• アートディレクター - ショーン・ヒメネス• リードキャラクターデザイン - ティモシー・M・モーエン• キャラクターデザイン - ジェレミアー・アルコーン、シャケ・ホーザナリアン、アレックス・カーワン、タパン・ガンディー、他• プロップデザイン - メラニー・アトウォーター、サラ・クレイグ、トニー・アンサー、タラ・ウィッテカー、他• ロケーションデザイン - ジャニーン・チャン、デレク・ハンター、ジャスティン・パルパン、ヴァレリー・シュワルツ、他• リードテクニカルディレクター - ブライアン・コール• 作画協力 - マット・ヤングバーグ、ダナ・テラス、イズエレル・マン・カルロス三世、アントニー・ホールデン、他• 色彩設計 - ダニエレ・サイモンソン• 編集 - ジャスミン・ボクス、ジョン・プライス• 録音監督 -• 音楽 - ドミニク・ルイス• プロダクションマネージャー - ローラ・レガンツァ・レイノルズ• プロダクションスーパーバイザー - ジェイソン・エヴァリスト• ラインプロデューサー - スザンナ・オルソン• 制作 - 、スニップル・アニメーションスタジオ• 制作協力 - トゥーンシティ・アニメーション• 製作著作 - ディズニー・エンタープライズ 放映リスト [ ] シーズン1 [ ] 吹替版の話数は一部途中で変更されている。 当初は原版の第5話が吹替版の第25話とされていたが、2019年10月1日から原版と同じ順番に修正された。 それ以前は原版第5話の吹替は放送されず、オンデマンド配信等のみで視聴可能だった。 話数 吹替版 サブタイトル (原題) 原案 脚本 ストーリーボード 演出 1A( 1) ファミリー・トラブル! (Woo-oo! Part 1 ) フランシスコ・アンゴネス コリーン・エヴァンソン ノエル・スティーブンソン マディソン・ベイトマン ネイト・フェーダーマン マット・ヤングバーグ フランシスコ・アンゴネス エミー・シシエレガ ベン・ホルム ジェイソン・ライチャー デヴィッド・ベイカー マシュー・ハンフリーズ テナー・ジョンソン ダナ・テラス ジョン・アオシマ 1B( 2) アトランティスへ行こう! (Woo-oo! Part 2 ) 2( 3) ウェビー大活躍 (Daytrip of Doom! ) フランシスコ・アンゴネス コリーン・エヴァンソン ボブ・スノウ マット・ヤングバーグ マディゾン・ベイトマン クリスティアン・マガリャエス レイチェル・ヴァイン レイチェル・ヴァイン エミー・シシエレガ ベン・ホルム ジェイソン・ライチャー ダナ・テラス 3( 4) 10セントを追え! (The Great Dime Chase! ) フランシスコ・アンゴネス コリーン・エヴァンソン ボブ・スノウ マディソン・ベイトマン クリスティアン・マガリャエス マット・ヤングバーグ マディソン・ベイトマン デヴィッド・ベイカー マシュー・ハンフリーズ タナー・ジョンソン ジョン・アオシマ 4( 5) ビーグルママのバースデー! (The Beagle Birthday Massacre! Neverrest! System! In the Sky! Part2 シーズン2 [ ] 話数 吹替版 サブタイトル (原題) 原案 脚本 ストーリーボード 演出 24( 26) 危険なゲーム大会! (The Most Dangerous Game... Night! ) フランシスコ・アンゴネス マディソン・ベイトマン コリーン・エヴァンソン クリスティアン・マガリャエス ボブ・スノウ フランシスコ・アンゴネス ヴィンス・アパロ エミー・シシエレガ ベン・ホルム タナー・ジョンソン 25( 27) 深海のフェズリーおじさん (The Depths of Cousin Fethry! ) クリスティアン・マガリャエス ステファニー・ゴンザーガ ヴォーン・タダ ブランドン・ウォーレン ジェイソン・ズレク マシュー・ハンフリーズ 26( 28) デューク・ボロニアの物語 (The Ballad of Duke Baloney! ) コリーン・エヴァンソン Jean-Sebastien Duclos マイク・モリス サム・キング ジェイソン・ズレク 27( 29) 三人の騎士が再会! (The Town Where Everyone Was Nice! ) (『』とのクロスオーバー) マディソン・ベイトマン ヴィンス・アパロ エミー・シシエレガ ベン・ホルム タナー・ジョンソン 28( 30) ストークレス参上! (Storkules in Duckburg! ) ボブ・スノウ ステファニー・ゴンザーガ ヴォーン・タダ ブランドン・ウォーレン マシュー・ハンフリーズ 29( 31) 思い出のクリスマス! (Last Christmas! ) フランシスコ・アンゴネス Jean-Sebastien Duclos サム・キング ジェイソン・ライチャー ジェイソン・ズレク 30( 32) デラ・ダックに何が起こった?! (What Ever Happened To Della Duck?! ) マディソン・ベイトマン コリーン・エヴァンソン ヴィンス・アパロ エミー・シシエレガ ベン・ホルム タナー・ジョンソン 31( 33) 魔法のランプの伝説! (Treasure of the Found Lamp! ) クリスティアン・マガリャエス Jean-Sebastien Duclos マイク・モリス サム・キング ジェイソン・ズレク 32( 34) ならず者スクルージ! (The Outlaw Scrooge McDuck! ) ヴィンス・アパロ エミー・シシエレガ ベン・ホルム タナー・ジョンソン 33( 35) 87セントの行方 (The 87 Cent Solution! ) ボブ・スノウ ステファニー・ゴンザーガ ヴォーン・タダ ブランドン・ウォーレン マシュー・ハンフリーズ 34( 36) セレネの槍を直せ! (The Golden Spear! ) Jean-Sebastien Duclos サム・キング ジェイソン・ライチャー ジェイソン・ズレク 35( 37) デラ・ダックは無敵 (Nothing Can Stop Della Duck! ) コリーン・エヴァンソン ヴィンス・アパロ エミー・シシエレガ ベン・ホルム タナー・ジョンソン 36( 38) デューイとデラの大冒険 (Raiders of the Doomsday Vault! ) マディソン・ベイトマン ステファニー・ゴンザーガ ヴォーン・タダ ブランドン・ウォーレン マシュー・ハンフリーズ 37( 39) 普通のお泊まり会がしたい! (Friendship Hates Magic! ) フランシスコ・アンゴネス マディソン・ベイトマン コリーン・エヴァンソン クリスティアン・マガリャエス ボブ・スノウ レイチェル・ヴァイン レイチェル・ヴァイン ステファニー・ゴンザーガ ヴィクトリア・ハリス ヴォーン・タダ ブランドン・ウォーレン マシュー・ハンフリーズ 38( 40) ガンドラ・ディーと初デート (The Dangerous Chemistry of Gandra Dee! ) フランシスコ・アンゴネス マディソン・ベイトマン コリーン・エヴァンソン クリスティアン・マガリャエス ボブ・スノウ クリスティアン・マガリャエス Jean-Sebastien Duclos サム・キング ジェイソン・ライチャー ジェイソン・ズレク 39( 41) ダークウィング・ダック復活! (The Duck Knight Returns! ) (『』とのクロスオーバー) フランシスコ・アンゴネス ヴィンス・アパロ エミー・シシエレガ ベン・ホルム タナー・ジョンソン 40( 42) ドナルドダックに何が起こった?! (What Ever Happened to Donald Duck?! ) コリーン・エヴァンソン ジェイソン・ズレク ジェイソン・レイチャー 41( 43) ドゥーファスの誕生日会 (Happy Birthday, Doofus Drake! ) ボブ・スノウ フランシスコ・アンゴネス マシュー・ハンフリーズ 42( 44) リナのこわーい悪夢 (A Nightmare on Killmotor Hill! ) エミー・シシエレガ タナー・ジョンソン 43( 45) 黄金の秘密兵器! (The Golden Armory of Cornelius Coot! ) クリスティアン・マガリャエス ボブ・スノウ マシュー・ハンフリーズ 44( 46) タイムフーンで大混乱! (Timephoon! ) マディソン・ベイトマン ジェイソン・ズレク 45( 47) グロムテイルズ (Glomtales! ) コリーン・エヴァンソン タナー・ジョンソン 46( 48) 世界一金持ちのダック (The Richest Duck in the World! ) マディソン・ベイトマン マシュー・ハンフリーズ 47A( 49) 月が攻めてきた! パート1 (Moonvasion! Part 1 ) ボブ・スノウ クリスティアン・マガリャエス ジェイソン・ズレク 47B( 50) 月が攻めてきた! パート2 (Moonvasion! Part 2 ) マディソン・ベイトマン コリーン・エヴァンソン タナー・ジョンソン 脚注 [ ]• 2017年2月1日閲覧。 2017年6月26日閲覧。 ドナルドと同様、どちらもアニメと同じ声優が声を担当している。 2020年1月19日閲覧。 ザテレビジョン. 2 2018年2月16日. 2020年5月4日閲覧。 コミックシリーズと同じ服装。 本作で姉であることが友人であるストークレスの口から明らかになった。 「クワックパック!」の世界にいる間の彼の声は、彼の願いによって造られた世界であるが故• 38話にて、デューイがデラにミドルネームがディンガスだと言った。 内緒で行っていたが後にウェビーにバレている事が判明した。 出番がほとんどない回でも必ず顔を出す。 綴りがLlewellynで読みにくいらしい• 従来同様が声を担当している。 ニッポンにいた頃の彼の最後の発明が暴走したことがきっかけだったそう• スクルージをマジックショーに参加させ、霊魂を呼んだ。 その霊魂がダックワースだった。 彼を訪ねたヒューイ、デューイと共に深海で発見したが、その正体は深海の環境によって突然変異し巨大化したオキアミだった。 デラが置いていったセレネの槍の設計図を参考に月の住民が真似て造った• だが、その正体はルーイがタイムタブをいじったことによって発生して連れてこられた原始ダックだった• 旧作では母親はテレビばかり見るニートであった。 第17話からは、ヒューイの機転によって、フェントン自身がスーツを扱うことができるようになる• 旧作ではフェントンだと知っている描写がなく、特にリマスター版のゲーム版ではスクルージからジャイロは気づかないと発言から知らない様子。 バイオレットはリナに興味があり、彼女を研究しようというのが本当の理由• スクルージは彼女に振られたと思い込んでいるが、他の金目当ての女との結婚を強引に止めるほどに愛されていると半ば理解したそうな。 実は、ドナルドの願いによって、ダックファミリーを別世界へ飛ばした張本人だった• 余談だが、ドナルドの言葉を完全に理解できるのは彼女だけ• となり、漁場にて働いていた。 その時の彼の名は「デューク・ボロニア」。 初起動当時、ボイドに破壊のプログラムを組み込んだ真犯人• 厳密には、彼の九世の祖、つまりご先祖様の恋人がランプの魔神だったため、先祖がこれを解放し、夫婦となったという。 スクルージ曰くなにも起きないと言われたが、実際は彼の誕生日• 映画の撮影ができなくなったことで仕事を失うが、ランチパッドが「ギズモ・ダックのような、ダックバーグを守るヒーローになれ」と彼の背中を押した。 何故に似ているのかは未だ謎に包まれている。 拾われた当時につけられた名前は「ビークス・オプティミスティック・ユース・ドロイド」• ドレイク夫妻はボイドを大いに可愛がり、親らしい時間を取り戻しつつある。 名の由来は、「鉄腕アトム」から、ある人物の人格の元だった少年「トビオ」から• 彼の初起動時の記録によると、彼のことを破壊兵器だと情報を上書きしたのは、彼の上司だったアキタ博士だった• ベントレー、ブラッドフォード、 名不明 の3人で行動している• その時の爆発に右腕が巻き込まれ、現在は義肢である。 当時に未来から来たジャイロ曰く詐欺師の大悪党だった• よって粉砕された金塊がガンプション付近の川に流れ、ゴールドラッシュが起こったという• 捕まえた悪党を冷凍保存するというジャイロの発明• 現在の彼の顔には、ガンドラの腕にあるのと同じ印と電線がついている• マークビークスが「ギズモダックの力を手にいれるために、起動パスワードを入手せよ」という依頼だった。 ギズモダックの正体は彼から聞いたため、彼の声紋と同時に手にいれる必要があった• ディズニー公式. 2019年9月16日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• 2010-12• 2010-13• 2011-15• 2012-15• 2012-16• 2012-13• 2012-16• 2012-13• 2012-14• 2013-15• 2013-16• 2014-16• 2014-17• 2014-17• 2014-18• 2015-17• 2015-18• 2015-19• 2016-17• 2016-17• 2016-17• 2016-18• 2016-18• 2016-18• 2017• 2018-20 現在放送中 米国.

次の

ゲームサラ&ダック オンライン。プレーは無料

サラ と ダック

<発売日>Vol. 1-3 2018年5月2日(水) Vol. 4-6 2018年6月2日(土) Vol. 7-9 2018年7月3日(火)• <製作年度>2012~2014年• <製作国>日本• <DVD仕様>カラー/Vol. 1:約29分/Vol. 2-3:約27分/ドルビーデジタル2. 0ch/16:9/片面一層• <品番>Vol. 1:OED-10426 Vol. 2:OED-10427 Vol. 3:OED-10428 Vol. 4:OED-10429 Vol. 5:OED-10430 Vol. 6:OED-10431 Vol. 7:OED-10432 Vol. 8:OED-10433 Vol. 9:OED-10434• <価格>2,800円(税抜)• <発売・販売元>オデッサ・エンタテインメント.

次の

ダックテイルズ

サラ と ダック

4月からNHK Eテレで放送されていたミニアニメ「 サラとダックン」。 9月28日 月 の放送が第一話の「なんのタネ?」だったので、てっきり10月からも引き続き放送されると思っていました。 ところが、妻から「来週からモフィだって!(涙)」と聞かされがっかり。 このダックンはちぇぶちゃんの最近一番のお気に入りアニメなので、今度こそ録画しておこうと楽しみにしていたのです。 ダックンは日本語のDVDが出ていないので、この放送がないと日本語版は見ることができないんですよね。 ダックンもどこかで別の時間で放送してくれればいいのに…。 わが家では、妻の妊娠が判明したころから将来子どもと一緒に見る外国語のアニメのDVDをいろいろ探して集めています。 妻の思惑通り、ちぇぶちゃんはこのアニメをとても気に入ったようです。 以前はPeppa Pigというアニメを家族でよく見ていたのですが、最近は「ダックン!ダックン!」と言って自分から英語のDVDを見たがるようになりました。 ダックンの「グワッ!」という真似もとても上手です。 Eテレの放送が終了してしまったので、勝手に名場面を振り返ってみようと思います。 ちなみに、Eテレでは全部で26話分放送されていましたが、イギリスではすでに70話以上放送されているようです。 是非続きも放送してほしいですね。 サラとダックン 名場面 サラとダックンには、魅力的なキャラクターがたくさん登場します。 今回は妻とちぇぶちゃんが大好きなお月さまと、自分が気に入っている虹が出てくる話を取り上げてみます。 また気が向いたら、その他の場面も追加していくことにします。 ところどころに流れる音楽も洒落ていて良いですね。 サラはまだ7歳という設定らしいのですが、とても上手にチューバを吹いています。 全体がほんわかした不思議な雰囲気のアニメですが、見ているうちにいつの間にかダックンの世界に惹きこまれていきます。 お月さま登場シーン 第12話「おみせにないもの 原題:Big Shop」 で登場するお月さま。 「サラとダックン」にはなんとお月さまが登場します。 お月さまといっても擬人化されたキャラクターで、他の登場人物と同様に話したり何かを食べたりします。 かばんを持って、お仕事(夜空に浮かんでいることかな?)に向かう場面がよく出てきます。 お月さまは第15話「ベンチは どこ? 原題:Fairground」でも登場します。 Fairground は絵本にもなっています。 下の写真は、お月さまがアイスクリームを食べようとしてにうまくいかずポトリと落としてしまう場面。 ちぇぶちゃんはこのシーンになるとお月さまと一緒に「Oh! 」と言って笑っています。 (そこは悲しむところだよ…。 ) お月さまは第20話「ゆめの スフレ 原題:Strawberry Souffle」 にも登場します。 これはサラがうとうとしながら美味しそうな夢を見ているお話。 なんとお話の中で、くるみ割り人形のワルツが流れます。 これは素敵ですね。 いちごが空を飛んだり、スフレが膨れて飛び散ったり、ちぇぶちゃんも大好きなお話です。 虹登場シーン サラとダックンには、お月さまの他にも虹がキャラクターとして出てきます。 第8話「にじが やってきた 原題:Rainbow Lemon」で虹が登場する場面。 虹さんがおしゃべりをして笑っている様子は本当に不思議です。 第20話「ゆめの スフレ 原題:Strawberry Souffle」にも虹が出てきます。 雨が嫌いという赤い傘も再登場。 虫登場シーン 第13話「みんなで えんそう 原題:Woollen Music」には、虫が登場します。 これはみんなで楽し気な曲を演奏する場面。 お月さま、虹、虫の他にもいろいろなものが楽しくおしゃべりしたり歌ったりするのがこのアニメの見どころですね。 自分の苦手な虫も、かわいらしく見えてくるから不思議。 サラとダックンの絵本 日本語では絵本が2冊出ています。 サラとダックン なにになりたい? サラとダックンのDVD DVDは現時点で3枚出ていて、10月に4枚目が発売されるそうです。 それぞれ10話ずつ入っています。 1話7分(Eテレでは5分に短縮されています)、英語音声・英語字幕入り。 ちょこちょこ見るのにもおススメです。 いつか日本語版も出てくれるといいのになぁ。 お月さまや虹が出てくるお話がたくさん入っています。 イギリスのAmazonから取り寄せましたが、日本のAmazonからでも注文可能なものがあるようです(マーケットプレイスで輸入盤を海外から取り寄せる形になります)。 Fairground 16 かぜを ひいたら Sarah Gets A Cold 17 おとなりさんの おとしもの Ribbon Sisters 18 おほしさまと いっしょ Coloured Light 19 にじいろの ひかり Stargazing 20 ゆめの スフレ Strawberry Souffle 21 しゃしんを とろう Camera 22 おとのでる クツ Tapping Shoes 23 ボブスレーの チーム Bobsleigh 24 はなびは こわくない Fireworks Dance 25 すてきな こうえん Fancy Park 26 やねうらの オーケストラ Pipe Conductor bokipapa.

次の