ジラーチ スーパー リーグ。 【ポケモンGO】スーパーリーグおすすめのポケモン!最強はどれ?

【GOバトルリーグ】ジラーチの弱点と技、勝てるポケモン紹介!

ジラーチ スーパー リーグ

GOバトルリーグで ジラーチに勝ちたい! ジラーチは、GOバトルリーグの スーパーリーグ・ マスターリーグで対戦する エスパー・ はがねタイプのポケモンです。 ジラーチの弱点(効果抜群!)• 弱点2:なし• 弱点1: あく ゴースト じめん ほのお ジラーチは初手て出てくることが多く、初手でマリルリ・チルタリス・メルメタルなどを出すと返り討ちにあいます。 運よく悪タイプのポケモンを出せればいいのですが、ジラーチはたま~に出るのでジラーチだけに対策するのは難しいもの。 当記事では、ポケモンGO GOバトルリーグで対戦する ジラーチについて、弱点や技、勝てるポケモンを紹介します。 スポンサーリンク ジラーチが使ってくる技 GOバトルリーグ・トレーナーバトルで使ってくる技です。 数値はバトル用です。 通常技• エスパー ねんりき( 16)• ゲージ技• フェアリー マジカルシャイン(110)ゲージ1• はがね はめつのねがい(75)ゲージ2 マジカルシャイン 効果あり チルタリス・マリルリ・アローラライチュウ・ゲノセクトなど。 マジカルシャインは1ゲージ技なので発動が遅いです。 初手で出でくるとまず撃ってこないです。 交代してバトル後半のシールドが無い状態では撃ってくる可能性があります。 弱点を突かれるポケモンを残している場合は注意が必要です。 サイコキネシス 効果あり フシギバナ・ラグラージ・ゴースト・ドクロッグ・チャーレムなど。 マジカルシャインとほぼ同じポケモンに通じます。 発動が速いので、マジカルシャインより使い道があります。 サイコキネシスは10%の確率で相手の防御力を1段階下げます。 出し勝ってても注意です。 はめつのねがい 効果あり マリルリ・ゴースト・プクリン・ピクシーなど。 ジラーチ独自の必殺技です! いわ フェアリー こおりタイプのポケモンの弱点を突けます。 ジラーチの個体値を厳選するなら! ジラーチの 一番強い個体値は下記です。 スーパーリーグ 攻撃10/防御15/HP13の CP1499(Lv16. 5) ハイパーリーグ 攻撃10/防御13/HP15の CP2497(Lv27. GOバトルリーグについては下記記事をご覧ください。 勝ちたいポケモン・勝てる技を持ってないポケモンがいたら持ってるトレーナーと交換して貰いましょう! ポケモン強化に必要な星の砂は、・・などで稼ぎましょう! 参照 以上、ポケモンGO GOバトルリーグで対戦する ジラーチについて、弱点や技、勝てるポケモンでした。

次の

【ポケモンGO】ジラーチのおすすめ技と最大CP&弱点

ジラーチ スーパー リーグ

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! ポケモンボックスは解放したかな? お兄さんは3000まで即解放!! いやー、これでしばらくは快適なポケモンGOライフを送れそうだよ。 ……とか言いながら、すぐにカツカツになるのは目に見えてるんだけどね! それはさておき、2020年に実装が予告されている「GOバトルリーグ」に向け、トレーナー諸君もそろそろスーパーリーグ、ハイパーリーグ用のポケモンを育てなきゃなぁ、なんて思っている頃かと思う。 今回はその第2弾! 今回もAさんにスーパーリーグ用に育てたいポケモンをさらに5つ紹介してもらった。 先に言っておくが、 読んだら育てたくなること間違いなし! というか、どれもマストで育てるべきポケモンと言っていいだろう。 それでは以下をご覧あれ。 レジスチル 「最近、マリルリの天下だったスーパーリーグに異変が起きました。 それまでもステータス的にレジスチルは優秀だったんですが、スペシャルアタックの発動が遅いのが難点だったんですね。 ところがノーマルアタックをロックオンにすることで即ゲージが溜まり、 スペシャルアタックがとんでもないサイクルで発射できるんです。 できれば交換でステータスを下げた方がイイですが、その価値は絶対にあります。 しばらくの間スーパーリーグは、レジスチルが主役の一角を担うことになるでしょう」 チルタリス 「スーパーリーグ開始直後、チルタリスはエース級の活躍をしていました。 ひこうタイプとドラゴンタイプのチルタリスはステータスも優秀で、くさタイプに滅法強いんですね。 それを終わらせたのがフェアリータイプを持つマリルリです。 マリルリの被害を一番被ったのがチルタリスと言っていいでしょう。 ただ、レジスチルの登場で再びチルタリスが脚光を浴びつつあります。 つまり、 レジスチルのタッグパートナーとしてチルタリスは最高なんです。 いずれにせよ、チルタリスは育てておいて損はありません」 ラグラージ 「ラグラージの魅力は、 スペシャルアタックの発動が恐ろしく早いところです。 とにかくスペシャルアタックがバンバン打てますので、抱え落ちもなく相手のシールドを削るにもラグラージは最適です。 みず・じめんタイプなので、くさタイプが2重弱点ではありますが、一方でレジスチル対策としては大いに力を発揮します。 その際、スペシャルアタックはハイドロカノンとじしん。 またマリルリ対策ならハイドロカノンとヘドロウェーブにするといいでしょう。 ラグラージに関しては 2体育てても後悔はしないハズです」 ブラッキー 「そもそものステータスが化け物クラスに高いのがブラッキーです。 それに加えノーマルアタックの バークアウトが強化されて以来、一気にスーパーリーグの主役の一角に躍り出ました。 上手くやれば倒されるまでに6~7回スペシャルアタックを打てるほどポテンシャルが高いです。 それにより天敵のマリルリに勝てないまでも善戦できます」 カメックス 「まずカメックスはそもそものステータスが優秀です。 それに加えてみずタイプ単体なので、2重弱点がありません。 マリルリとは違って毒が弱点ではありませんので。 また、ラグラージはくさが2重弱点なので迷ったら即死なんですが、 カメックスには多少の猶予があります。 育てておくと非常に便利で、使えるポケモンですね」 いかがだろうか? 先ほどお兄さんが言ったようにメチャメチャ育てたくなったのではなかろうか? 注目は「ラグラージ」「ブラッキー」「カメックス」の3体は コミュニティ・デイ限定わざが必須であるということ。 つまり……わかるよな? 特別なわざを覚えられる12月のコミュニティ・デイまであまり猶予はない。 でも、やるしか……ないねん。 とにもかくにも、やらない人ほど「そうなのか……!」と目からウロコが落ちるトレーナーバトルの鬼によるスーパーリーグ講座。 近日中に第3弾も公開予定だ。 それではトレーナー諸君の健闘を祈る! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼が「初心者はまず御三家を育てるべき」と力説する理由

ジラーチ スーパー リーグ

解説 メガニウムはわざ構成のおかげで幅広く対応できる メガニウムはスペシャルわざにじしんを持つため、はがねタイプやアローラガラガラにも勝機を見出すことができます。 苦手なタイプがチルタリス、エアームドのようなひこうに限定されるので、一方的に負かされる状況が少ないことが魅力です。 そんなメガニウムをうまく使うためのアドバイスをこの記事で解説していきます。 じしんを撃つために後続で使いたい 相手にシールドを1枚は使わせた状況で、メガニウムをくり出すことでレジスチル相手にも十分戦うことができます。 じしんと見せかけたブラフのハードプラントをくり出すのも、メガニウムに求められる立ち回り方。 初手でメガニウムを出すのもアリですが、シールドが2枚あるため、じしんを撃ちにくくなるデメリットがあります。 相手に後続を悟られにくいパーティーの組み合わせにすることで、メガニウムを最大限活かせることが可能ではないでしょうか。 メガニウムをくり出すなら、中堅か最後がおススメです。 大負けしにくい型。 ハードプラント、じしんを相手によって使い分けられ、ブラフもできる。 みずタイプが多く繰りだされるならアリかもしれない。 得意なポケモン 〇トリデプス 5:5 ハードプラントは等倍、じしんは2重弱点で与えられ、くり出す速度もメガニウムのほうが早いので有利。 トリデプスのかえんほうしゃを警戒するぐらいだが、HPに余裕があるなら1回は受ける。 〇メルメタル 5:5 はがねタイプといってもメルメタル自体の耐久力が高くないので、ハードプラントでもかなりのダメージを与えられる。 じしんまで貯めてから、ハードプラントを撃ったほうが相手にプレッシャーを与えられる。 〇マリルリ 6:4 みずvsくさの対面なので、メガニウムが有利。 マリルリのれいとうビームも1回は耐えられるので、受けてもいい。 じゃれつく型でれいとうビームがない場合もあるので、1回目は受けたほうが効率的。 2回目はシールドを使ってバリアしつつ、つるのむちでゲージ貯めしたい。 〇ピクシー 5:5 お互い等倍での攻撃になる。 ハードプラント連発で相手がシールドを使って突破してくるか、シールドを使わずに後続に持ちこむかは、相手の判断次第。 あまえるだけでメガニウムを倒すのはやや厳しい。 〇プクリン 5:5 ピクシーと違い、プクリンにはれいとうビームがあるので注意。 それ以外はピクシーと同じ。 〇ドクロッグ 5:5 ヘドロばくだんが怖いが、相手もじしんが怖い。 ハードプラント2発で沈められるので、じしんまでゲージ貯めしてからハードプラント連発でもいいかもしれない。 ブラフのどろばくだんに注意したい。 ゲージ貯めにも利用したいが、ヘドロウェーブがあるので油断大敵。 シールドがない状況だと逆転負けされるので、ハードプラントが使える状態にしておくか、シールドを1枚確保しておきたい。 ふぶきを食らうと致命傷になるので、シールドを1枚確保するか、ハードプラントを即撃てるようにしておきたい。 〇アローラライチュウ 6:4 かみなりパンチもくさむすびも耐性受けでき、こちらのハードプラントを等倍で与えられる。 アローラライチュウの耐久力は低いため、じしんを使わずにハードプラント2回で十分。 ゲージ貯めに利用したい。 ハードプラントを撃ちつつ、ゲージ貯めにも利用したい。 マッギョも耐久力は高いので、メガニウムで処理できるのが理想的。 〇デンチュラ 5:5 ボルトチェンジ、ほうでんを耐性受けできるのが大きいが、むしのさざめき、クロスポイズンに警戒したい。 デンチュラの耐久力は低いので、ハードプラントでもそれなりに削れる。 じしんが決まれば沈められるので、シールドがあるならじしんまで貯めてハードプラントを連発か。 〇ヤミラミ 5:5 お互い等倍になり、ヤミラミは耐久力が低いので、ハードプラント1発で致命傷になる。 ゲージ貯めに利用できそうなら、つるのむちで押し切りたい。 〇スリーパー 5:5 スリーパーのわざの型次第。 対マリルリ用にかみなりパンチ型が多いが、れいとうパンチもほのおのパンチもメガニウムはばつぐんで食らうので、運要素が強い。 スリーパーがシャドーボールを撃ってきたら、かみなりパンチ型と考えられる。 初手のバリアがある状態なら、ラスターカノン2発で負ける。 中堅、最後ならバリアも0~1枚なので、勝利できる可能性あり。 ブラフのハードプラントを撃ちつつ、じしんで決める。 じしんが当たればあとはハードプラントで倒せる。 グロウパンチでさらに加速するので、早めに交代したい。 ジラーチ自体の耐久が低いので、じしんが決まれば倒せる。 つるのむちだけではダメージも微々たるものなので、シールドを多く持った状態で後続に任せる。 〆のシャドーボールに注意。 ハードプラントもじしんも2重耐性になり、ゴッドバードを弱点で食らってしまう。 最も対面したくない相手。 初手、中堅どのタイミングでもチルタリスはいるので、うまくメガニウムと対面しないように立ち回りたい。 むしろエアスラッシュがあるので、さらに不利かもしれない。 ハードプラントを2重耐性で受けられるからと、じしんを撃っても大して減ることはない。 れいとうパンチを弱点で食らう反面、ハードプラントを大ダメージで与えられる。 チャーレムの耐久力は高くないので、シールドの枚数次第で勝敗が決まる。 お互いに等倍での攻撃になり、ヤルキモノの耐久力は低くはないので、ハードプラント2回は撃たないといけない。 のしかかりを連発されるが、シールドを張るべきか判断に迷う。 リザードンはひこうタイプも持つため、じしんも効かない。 早々に交代したい。 リザードンの耐久力は高くないので、パーティー内の別のポケモンに対処させたい。 じしんなら等倍になるので、終盤のギリギリの対面の時はなんとか当てたい。 じしんも耐性を持つので、ハードプラントを連発する戦いになる。 こちらのハードプラントを2重耐性で受けられるので、じしんを撃ちたい。 相手にシールドがある状態なら押し負ける可能性が高い。 ゲージ貯めにも利用されるので、早めに交代したい。 ハードプラントもじしんも2重耐性なため、どうにもできない。 相手がはっぱカッター型なら多少はマシになる。 パーティーにブラッキーが苦手なポケモンがいるなら、メガニウムで削れるだけ削っておきたい。 お互い等倍の攻撃で、デオキシスは耐久力が高い半面、攻撃力はそこまで高くない。 いわなだれを連発してくるが、後続次第でメガニウムに突破するか決める。 不意にサイコブーストを撃ってくることもある。 なんとかじしんまで貯められたら形勢逆転できるが、序盤で対面したらシールドもあるので、かなり厳しい。 終盤のシールドのない状況なら期待できる。 じしんまで貯める前にシャドーボールで葬られてしまうので、ゴーストに対面する前にゲージを貯められるだけ貯めたい。 3体いずれも耐久力があるので、大負けしにくい。 チルタリスの苦手なはがね、フェアリーが出たら、マリルリかメガニウムに交代する。 初手ではがねやひこうタイプが出てくるとキツいので、かなり思い切った型。 負けが続くようであれば、順番を並び替えて工夫したい。 初手でレジスチルやマリルリが出た時はダーテングに交代し、終盤にメガニウムを出す。 くさ2体という相手には予想されにくい型なので、意表を突いての勝利が期待できる。

次の