ブルートゥース ヘッドホン。 【2020年版】高音質ワイヤレスヘッドホンおすすめ20選。Bluetooth対応の人気モデル

【動画あり】【Windows10】Bluetoothペアリング方法(イヤホン・ヘッドセ...

ブルートゥース ヘッドホン

「テレビをワイヤレスイヤホンで聴きたい!」と思うことはありませんか?例えば、夜中に家族が寝ている時。 大きな音を出せずに、すごく小音量か無音で聞いているという方もいるのではないでしょうか。 そうはいっても自宅のテレビがBluetoothに対応していなくて断念。 しかしテレビを見る距離では、市販のイヤホンは短すぎる!とお悩みのあなたに、Bluetoothで聞くための方法をご紹介します 1.家庭用テレビのBluetooth対応状況は「まだまだ」 Bluetoothのワイヤレスイヤホンなどでテレビを見たいという需要は少なからずあるにせよ、現状の対応状況はまだまだです。 これは、テレビが追いついていないというよりは、そもそものテレビの使用用途を鑑みてのこと、という解釈が正しいといえます。 とはいえ、家族が寝ている場合や、病院などの共同生活の場なんかには、一時的にヘッドホンなどを装着してテレビがみたいというもあるかと思います。 しかし、大きなディスプレイが当たり前になった以上、すでに一般的なイヤホンのケーブルサイズで見れるようなものではありません。 テレビをお買い替えの場合は、テレビ側が送信に対応しているのがもっともシンプルで楽になります。 また、大きすぎて共同生活の小さな部屋には少し置きづらいです。 そこで、紹介するのが「トランスミッタ」です。 2.トランスミッタとは? トランスミッタとは、音声を一旦受けた後にBluetoothとして送信するための機器です。 これをテレビの音声出力端子に装着することで、マシンが音声を一旦受けた後に、Bluetoothで送信することができます。 また、テレビだけではなく昔のiPodなど、音声出力があればなんでも使えます。 これを使って、お手持ちのBluetoothイヤホンなどと組み合わせて使うことをおすすめします。

次の

【2020年版】高音質ワイヤレスヘッドホンおすすめ20選。Bluetooth対応の人気モデル

ブルートゥース ヘッドホン

Mpow(エムポー)の密閉型ワイヤレスヘッドホンは、クリアな音声を楽しめるヘッドホンです。 連続再生時間は20時間で、イヤーパッドは低反発のウレタンを伸縮性のある合皮で包み、フィット性の高いものになっています。 音漏れが気になるシーンでも安心して使用できます。 多少、高音再生時に音が軽い(シャリシャリ感がある)と感じるかもしれませんが、3000円台という価格を考えると妥当なところです。 ワイヤレスヘッドホンを試してみたい方におすすめの商品です。 また値段の割にカラーバリエーションが豊富なのもポイントです。 まずは、アメリカでのヘッドホン売上No. 1ブランド、スカルキャンディのワイヤレスヘッドホンです。 音質や遅延に影響のあるコーデック(音声圧縮の形式)は、標準的な音質であるSBCのみの対応ですが、それが気にならないほど広がりのあるサウンドを楽しめます。 コンパクトに折りたため、220gという軽量ながらも22時間のタフなバッテリーを持っています。 なおかつ10分間で4時間使える急速充電に対応しているのも、日常使いに便利なポイントです。 シンプルなデザインですが、カラーバリエーションが豊富なので個性を出すことも可能です。 また、耳をしっかり覆ってくれるオーバーイヤー型ならではの装着性も魅力です。 音楽の都オーストリアはウィーンのオーディオメーカーAKGのワイヤレスヘッドホンは、アルミ素材でメタリックな見た目がおしゃれな一品です。 コーデックもSBCとその上位のAACに対応しており、高音質でクリアなサウンドを楽しめます。 ヘッドホンの心臓部であるドライバーユニットには、厚みのある低音を響かせるダイナミックドライバーが使用されているので、力強い音楽にも対応します。 またこの価格帯としては充実した機能面も見逃せません。 他にも「アンビエントアウェア機能」はワンタッチで再生ボリュームを60%ダウンさせ、周囲の音を聞き取りやすくしてくれます。 音楽再生を止めずに、車内放送などを聞くことができるわけです。 多機能でありながら、連続再生時間も約33時間と充実しており、急速充電にも対応しているというすぐれものです。 1万円ちょっとのオンイヤーヘッドホンをお探しの方には絶対におすすめできる商品です。 Beatsから販売されているBeats Solo3は、クリアながらも迫力のあるサウンドが幅広い音域で楽しめ、様々なジャンルの曲を聴くのに適しています。 また、この製品には人気ワイヤレスイヤホンであるAirPodsと同じ、W1チップが搭載されています。 W1チップとは、AppleがAirPodsのために作り上げたプロセッサーで、簡単に説明すると機械に対して制御や管理などを行ってくれる、脳であり心臓のようなものです。 このW1チップの働きによって、Beats Solo3はアップル製品と近づけるだけでペアリングが可能という夢のようなヘッドホンに仕上がっています。 もしiPhoneで音楽を楽しみたいならば、これ以上に便利なヘッドホンはないでしょう。 さらに、おしゃれなカラーバリエーションで、ファッションアイテムとしても魅力的です。 時間は驚きの40時間で、一般的な使用方法であれば1週間は充電せずに駆動してくれる可能性もあります。 急速充電にも対応しており、5分の充電で3時間の再生が可能です。 W1チップでApple製品と相性良し• 高いデザイン性でファッショナブル• 40時間持続する大容量バッテリー• 急速充電対応 3万円以上の商品 最後にご紹介するのは、3万円以上の価格帯いわゆるハイエンドモデルと言われるヘッドホンです。 金額を気にしないで購入できるなら、ハイエンドモデルを選択すればまず間違いはありません。 それほど現状においては完成された製品です。 しかし、ヘッドホンに3万円以上出すというのは、おいそれとできることではないです。 ですが色々試すよりも、とにかく確実にいいものを1つ購入するというのであれば、この価格帯の商品は必ずや期待に応えてくれるでしょう。 BOSE QuietComfort 35 II• まず音質に関しては間違いなく高音質です。 シャリつきのない伸びやかな高音と、ナチュラルな低音が音楽をダイレクトに届けてくれます。 低音に関しては、BOSEらしい重い質感のある低音というよりは、より自然な低音になっています。 値段に恥じない高級感のある仕上がりで、プラスチック部分も安っぽく見えません。 長時間の使用でも疲れないソフトクッションのイヤーカップの装着性も抜群で、眼鏡をかけていても耳が痛くならず、音楽を楽しむ時間を何にも邪魔されません。 また、ノイズキャンセリング機能も搭載しており、3段階のレベルを切り替えることが可能です。 周囲の環境に合わせてレベルを切り替えることで、常に自分の最適な環境を作り出すことができます。 さらに、Amazon AlexaやGoogleアシスタントが搭載されていることは実に画期的です。 ヘッドホン使用時話しかけるだけで、スケジュールを追加したり、スケジュール内容を確認することができるのです。 音楽を楽しむための性能はもちろん、生活の一部を任せられる新しいスタイルのヘッドホンです。 連続使用時間は約20時間で、15分の充電で約2. 5時間使用できる急速充電にも対応しています。 高級感のあふれるデザイン、圧倒的な音質、すべての面で高評価されたMDR-1000X、WH-1000XM2の後継商品です。 原音の情報を可能な限り詰め込み、音の厚みや繊細さからアーティストの息づかい、ライブの空気感まで感じ取れるコーデック、ハイレゾコーデックに対応しており、音質を一番に求める方には強くおすすめしたい商品です。 ハイレゾ音源を持っていない方でも、mp3をヘッドフォン側が独自の技術でハイレゾ相当へと引き上げてくれるため、音の多いオーケストラの演奏などにはうってつけです。 SONY自らが「ノイキャン性能の新たな到達点」と語るほどのノイズキャンセリング機能は、ユーザーに合わせて最適化されるシステムになっています。 また気圧センサーも搭載されており、飛行機利用時の気圧の変化にもノイズキャンセリングが最適化されます。 バッテリー面は最大30時間の大容量。 そしてもちろん急速充電可能で10分5時間という驚異的な性能を誇っています。 さらに、アシスタント機能やNFC搭載機器とのワンタッチ接続など、音楽を聴く以外の機能も充実しています。 ハイエンドモデルの中でも頭一つ抜けた商品と言えるでしょう。

次の

Bluetooth(ブルートゥース)イヤホンの仕組みと種類

ブルートゥース ヘッドホン

By: コーデックとは、オーディオ信号をワイヤレス伝送する際、元データを圧縮するときの圧縮形式を意味します。 コーデックには種類があり、送信側と受信側の双方で対応していなければ使用できません。 「SBC」コーデックはBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンなら標準対応しているため、どの機器でも使えます。 ただし、SBCは圧縮率が高く音質が低めなので、音質にこだわる方はより高音質なコーデックを選びましょう。 高音質で伝送可能なコーデックはいくつかありますが、iPhoneをはじめとしたiOS機に採用されている「AAC」のほか、高音質なコーデックのなかでも高い圧縮効率と再現性をもつ「LDAC」、Android端末などをはじめとして対応機器数が多い「aptX」などがおすすめです。 ヘッドホン本体の音質で選ぶ By: 屋外で持ち歩いて使用することがメインという場合は、本体が小さく、軽量で折りたたみ可能なタイプがおすすめです。 また、バッテリーの持続時間も重視しましょう。 移動中に聴くことが多いなら、ノイズキャンセリング機能付きがおすすめです。 通話ができるマイク機能の有無も必要に応じてチェックしましょう。 屋内での使用がメインの場合は、音質を重視した大型モデルがおすすめ。 音の奥行きや情報量、スケール感が存分に楽しめます。 CDを超える高品位なハイレゾ音源再生に対応するかもチェックポイントです。 また、長時間使用する場合は装着感も重視しましょう。 なお、音楽視聴だけでなくPS4といったゲーム機でもBluetooth対応モデルを活用したい方は、サウンドの遅延にも配慮しましょう。 特に遅延が少ない「aptX LL」コーデック対応のヘッドホンがおすすめです。 この場合、送信側の機器にも「aptX LL」に対応したトランスミッターを使用する必要があります。 ワイヤレスヘッドホンのおすすめメーカー ソニー SONY By: ソニーは、スマートフォンやゲーム機、オーディオ機器などを展開しているメーカーです。 ヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源に対応しているモデルやBluetoothで伝送する際の高音質コーデック「LDAC」に対応している機種などをラインナップしています。 しっかり音を聴き取れるクリアなBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンを探している方は、要チェックです。 オーディオテクニカ audio-technica By: 日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつであるオーディオテクニカは、幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えています。 国内メーカーとしては珍しく、開放型を多く展開しているのがポイントです。 音質の傾向としては、やや高音が強調された爽やかなサウンドが持ち味。 幅広い音楽ジャンルに対応できるワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。 ボーズ Bose コンパクトサイズで軽量ながら高音質な音楽を楽しめるソニーのワイヤレスヘッドホン。 価格は非常にリーズナブルで、はじめてワイヤレスヘッドホンの購入を検討される方にもおすすめです。 最大再生時間は35時間と、比較的ロングバッテリーなのもポイント。 また、クイック充電によって10分の充電で約90分の音楽再生が可能なので、充電に煩わしさを感じにくいのも魅力です。 本製品は、8台までのデバイスにBluetooth接続できるマルチペアリングのため、複数のデバイスを使い分ける場合でも、2回目以降のペアリングが簡単。 そのほか、ハウジング部分は「スイーベル機構」によってフラットに収納できるため、ラクに持ち運びできます。 重低音を重視したソリッドバスシリーズのワイヤレスヘッドホンです。 キレのあるサウンドが特徴。 中高音域もクリアで、ボーカルもはっきりと聴こえます。 特にバッテリー持ちがよく、1回の充電で最大70時間の連続再生が可能。 クイックチャージにも対応しており、約10分の充電で約4時間の連続再生ができます。 さらに、電池残量が少なくなるとアナウンスで知らせる機能も搭載。 機器との接続が切れると、5分後に自動で電源が切れるオートパワーオフ機能もあり、バッテリーセーブにも優れています。 また、ハウジング部にはマルチファンクションボタンを搭載しており、簡単な操作なら耳元で可能です。 フラットに折りたためるスイーベル機構で持ち運びにも便利。 167gと軽量かつ、装着感も安定しているので、旅行などの長時間移動でも活躍します。 ユニークなハウジングデザインが目を引くワイヤレスヘッドホンです。 ワントーンでまとめたユニセックスデザインで、ファッション性重視の方におすすめ。 さまざまなファッションに馴染みます。 また、AACコーデックに対応しているので、iPhoneユーザーにおすすめです。 サウンドは全体的に音の輪郭がはっきりとしており、ベースラインもはっきりと聴こえるのが特徴。 アコースティック・ベース・コントロールによって、歪みの少ない低音を再生できます。 さらに、耳元のボタンで簡単な操作ができるのもポイント。 マイク付きでハンズフリー通話にも便利です。 連続24時間再生可能と、バッテリー持ちにも優れています。 通勤や通学などで使用する方にもおすすめです。 ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホン。 航空機内や電車内、カフェなどの騒音が気になる環境でも快適に音楽を楽しめます。 ノイズキャンセリング機能は有線、無線を問わず使用可能です。 大口径40mmドライバーを採用しているのが魅力。 パワフルな重低音を再現できます。 また、iPhoneでの使用に適したAACコーデックに対応しているため、普段の音楽体験をより上質にしたい方に最適です。 ワイヤレスで最大30時間、ノイズキャンセリング使用時でも最大20時間の連続再生が可能なロングバッテリーを搭載。 折りたたみ&スイーベル機能によってコンパクトに持ち運べます。 操作しやすい物理ボタンを採用しているのもポイント。 使い勝手のよいワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。 40mmの大口径ドライバーを備えた高解像度なサウンドが魅力のワイヤレスヘッドホン。 aptXとAACコーデックの両方に対応しているため、AndroidやiPhoneで高品質なサウンドを楽しめます。 広々としたイヤーパッドには低反発フォームが採用されており、長時間使っても疲れにくいのが特徴。 メディア再生時で最大24時間の連続再生が可能な充電式バッテリーを搭載しているため、長時間音楽を聴きながら作業したい方にもおすすめです。 物理ボタンで感覚的に操作しやすいのもポイント。 音楽の再生や一時停止だけでなく、通話切り替えなどが簡単に行えます。 マイクを搭載しており、スマートフォンを取り出す必要もありません。 スタイリッシュな専用ケースも付属した、持ち運びに便利なモデルです。 アクティブノイズキャンセリング機能を有したワイヤレスヘッドホン。 周囲の騒音に合わせてノイズキャンセリング機能を最適化できるため、街中でも音楽に集中したい方におすすめです。 外音取り込み機能も搭載しているので、装着したままでも周囲の音を聞き取れます。 カフェでオーダーしたいときや、アナウンスを聞き取りたいときなどにも便利です。 また、バッテリー持ちにも優れており、約2. 5時間の充電で最長24時間の連続再生が可能。 急速充電では、約10分間の充電で最長5時間も再生できます。 サウンドはやや低音寄りのフラットなチューニング。 コーデックはSBCのみなのがネックですが、聴き疲れしにくいサウンドでさまざまなジャンルの音楽を楽しめます。 SBC・AAC・aptXという3種類のコーデックに対応したワイヤレスヘッドホン。 ワイヤレス接続でもクリアでのびやかな中音域とタイトで力強い低音域により、CDのような品質で音楽を楽しめるのが魅力です。 ノイズキャンセリング機能にはハイブリッド方式を採用し、AKG独自のキャンセリング信号回路と合わせて優れた騒音低減率を実現。 周囲の音を気にせずサウンドに没頭できます。 また、約3時間の充電で最大15時間のワイヤレス再生が可能なので、長時間使い続けたいときも安心です。 199gと軽量でコンパクトに折りたためるので、持ち運びに便利なのもポイント。 専用のキャリングポーチにすっきりと収まり、収納場所に困りません。 軽量で持ち運びやすいヘッドホンを探している方におすすめです。 ノイズキャンセリング性能の高さに定評のあるワイヤレスヘッドホンです。 「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」によりノイズキャンセリング時も高音質。 さらに、「NCオプティマイザー」でノイズキャンセリング機能を環境に合わせて最適化できます。 また、DSEE HXでハイレゾ非対応音源もハイレゾ相当にアップスケーリングできるのもポイント。 AAC・aptX・aptX HD・LDACと幅広いコーデックに対応しており、さまざまなデバイスで高音質サウンドを楽しめます。 バッテリー持ちも良好で、約3時間の充電で最大30時間の連続再生が可能。 長時間のフライトで音楽を楽しみたい方やリスニングに集中したい方におすすめです。 「ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能」を採用したワイヤレスヘッドホンです。 環境音に合わせてノイズカットするので、さまざまなシーンで音楽に集中できます。 オンイヤーコントローラーで、通話応答やボリューム調節なども手軽に操作可能です。 また、ノイズキャンセリング時でもビーツらしい低音が効いたサウンドを楽しめるのもポイント。 Apple製品との接続安定性に優れたW1チップを搭載しているので、iPhoneやiPadなどと組み合わせて使用するのがおすすめです。 最大22時間の連続再生が可能。 バッテリー持ちもよく、約10分の充電で最長3時間再生可能な「Fast Fuel機能」も搭載しています。 ノイズキャンセリングをオフにした状態では、フル充電で最大40時間の連続再生が可能です。 着け心地のよさに定評のあるワイヤレスヘッドホンです。 ボリューム感のあるクッションで耳を覆うため痛くなりにくく、遮音性に優れているのが魅力。 軽い着け心地なので、長時間使用したい方にもおすすめです。 また、独自設計の40mmダイナミックドライバーによって、聴き疲れしにくいフラットなサウンドに仕上がっています。 専用アプリを使えば、好みのサウンドにイコライジング可能。 AACコーデック対応で、iOSデバイスとの接続におすすめです。 さらに、シックなカラーラインナップで高級感のあるデザインも魅力。 オンイヤーコントローラーで、電話の応答や音楽の再生、ボリューム調節などができます。 なお、2. 5時間の充電で19時間の連続再生が可能と、バッテリー持続時間がやや短いので注意しましょう。 モニターライクなサウンドが特徴的なワイヤレスヘッドホンです。 40mm口径のベリリウムドライバーを採用。 aptXに対応しており、Androidユーザーの方におすすめです。 また、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しているのもポイント。 シーンに合わせて、2つのノイズキャンセリングモードを選べるので、リスニングに集中したい方にもおすすめです。 さらに、ヘッドバンドとイヤーカップには厳選したプレミアムレザーを採用。 ヘッドバンド中面とイヤーパッドにはラムスキンを採用しており、肌触りがよく長時間快適に使用できます。 加えて、約1時間の充電で24時間再生が可能とバッテリー持ちも良好。 クイックチャージにも対応しており、15分の充電で約12時間の連続再生が可能です。

次の