春の 野鳥 の 種類。 野鳥図鑑(身近な鳥)

春の鳥の季語・鳥の種類(春の季語)

春の 野鳥 の 種類

フォトギャラリー野鳥図鑑(身近な鳥) 身近な鳥(スズメ大) スズメ スズメ目ハタオリドリ科 全長:14. 5cm 翼開長:22. 5cm 人家付近でのみ見られる。 ほおに黒い斑(幼鳥ではうすい)。 シジュウカラ スズメ目シジュウカラ科 全長:14cm 白いほお、胸から腹にネクタイ模様(太い方が雄)。 カワラヒワ スズメ目アトリ科 全長:14cm 肌色で太めのくちばし、翼と尾に黄色の斑。 シメ スズメ目アトリ科 全長:19cm 太いくちばし、短い尾。 メジロ スズメ目メジロ科 全長:12cm スズメより小さく、上面が緑っぽい。 目のまわりが白い。 ツバメ スズメ目ツバメ科 全長:17cm 翼開長:32cm 燕尾。 上面が一様に黒い(=リュウキュウツバメ)。 アオジ スズメ目ホオジロ科 全長:16cm 胸から腹が黄色にまだら模様。 ホオジロ スズメ目ホオジロ科 全長:16cm 腹が茶色、チチッまたはチチチッと短く続けて鳴く。 ジョウビタキ スズメ目ツグミ科 全長:19cm 翼に白い斑、雄は胸から腹が橙色。 モズ スズメ目モズ科 全長:20cm 黒い過眼線(雌は褐色)、長めの尾を回すように振る。 ハクセキレイ スズメ目セキレイ科 全長:21cm 長い尾を振りながら歩く。 白いほお、澄んだ声。 コゲラ キツツキ目キツツキ科 全長:15cm スズメ大で、ギーと戸がきしむような声。 身近な鳥(ムクドリ大~ハト大) ムクドリ スズメ目ムクドリ科 全長:24cm 翼開長:40cm 黄色っぽい足とくちばし、短い尾。 ヒヨドリ スズメ目ヒヨドリ科 全長:27cm ピーヨまたはキーヨと甲高く、伸ばす声。 ツグミ スズメ目ツグミ科 全長:24cm ムクドリよりスマートで、眉斑、胸にまだら模様。 アカハラ スズメ目ツグミ科 全長:24cm 胸から脇腹が赤茶色。 シロハラ スズメ目ツグミ科 全長:24cm ツグミやアカハラに似て、腹が白っぽい。 キジバト ハト目ハト科 全長:33cm 翼開長:55cm 翼や背に茶色のうろこ模様、首にしま模様。 身近な鳥(カラス大以上) ハシボソガラス スズメ目カラス科 全長:50cm 翼開長:99cm ガー、ガーと濁った声で鳴く。 ハシブトガラス スズメ目カラス科 全長:56cm 翼開長:105cm カー、カーと澄んだ声で鳴くことが多い。 トビ タカ目タカ科 全長:59~69cm 翼開長157~162cm カラスより大きく、濃い褐色、長めの角尾。 カササギ スズメ目カラス科 全長:45cm 九州佐賀平野近辺の農耕地周辺で留鳥。 シラコバト ハト目ハト科 全長:32cm 埼玉県越谷市周辺の農耕地や人家付近で留鳥。

次の

今日の野鳥-春爛漫、桜花を楽しむ小鳥たちと春告鳥ウグイスの写真集

春の 野鳥 の 種類

都会で見られる野鳥の種類 春の野鳥《ツバメ》 某野球チームのマスコットでもおなじみ、燕尾服を着たようなスズメの仲間の鳥です。 スズメとは違って歩くのが不得意な鳥なので、見かけたことは少ないかもしれませんが、日本全国にいるんです。 きっとあなたの街の電信柱や建物の陰にこっそりといるはず。 秋の野鳥《モズ》 ドラマ「MOZU」の由来にもなったモズの早贄など、可愛い顔して攻撃的な一面が有名な鳥です。 《シジュウカラ》 真っ白なほっぺたがキュートな小鳥。 よく見ると胸に黒いネクタイのような柄があるのもわかります。 細く「ツピーツピー」と、山で会うと森の奥行きを表してくれるような声で鳴いてくれます。 《ムクドリ》 スズメよりも大きくハトよりも小さい、という鳥の大きさの基準にもなるポピュラーな鳥です。 開けた場所でよく群れるので、黄色いくちばしと足が遠くから見ても印象に残ります。 鳴き声が大きいと、これまた被害報告がある鳥でもあります。 さすが、印象に違わずロックですね 笑 《メジロ》 山手線の駅の名前じゃありませんよ! 笑 数いる野鳥の中でもトップクラスの美声のの持ち主です。 そのさえずりは、芥川賞作家、小川洋子の小説「ことり」でも取り上げられました。 美しいさえずりを街で聞くことはなかなか叶いませんが、小柄な体に見合わないくらい大きく「チュチュッチュチュッ」と鳴く声はよく聞くことができます。 《キジバト》 あれ、なんかこのハト、柄が豪華じゃない? その子、きっとキジバトです。 夏によく聞かれる「デデッポーポーデデッポーポー」などのリズミカルな鳴き声の持ち主です。 山の方にいる印象があるかもしれませんが、最近は都会でも多数目撃情報があがっているのです。 なんて、語っているうちにいよいよまとめです 笑 都会で出会える美声の持ち主たちをどどんと紹介いたします!.

次の

今日の野鳥-春爛漫、桜花を楽しむ小鳥たちと春告鳥ウグイスの写真集

春の 野鳥 の 種類

都会で見られる野鳥の種類 春の野鳥《ツバメ》 某野球チームのマスコットでもおなじみ、燕尾服を着たようなスズメの仲間の鳥です。 スズメとは違って歩くのが不得意な鳥なので、見かけたことは少ないかもしれませんが、日本全国にいるんです。 きっとあなたの街の電信柱や建物の陰にこっそりといるはず。 秋の野鳥《モズ》 ドラマ「MOZU」の由来にもなったモズの早贄など、可愛い顔して攻撃的な一面が有名な鳥です。 《シジュウカラ》 真っ白なほっぺたがキュートな小鳥。 よく見ると胸に黒いネクタイのような柄があるのもわかります。 細く「ツピーツピー」と、山で会うと森の奥行きを表してくれるような声で鳴いてくれます。 《ムクドリ》 スズメよりも大きくハトよりも小さい、という鳥の大きさの基準にもなるポピュラーな鳥です。 開けた場所でよく群れるので、黄色いくちばしと足が遠くから見ても印象に残ります。 鳴き声が大きいと、これまた被害報告がある鳥でもあります。 さすが、印象に違わずロックですね 笑 《メジロ》 山手線の駅の名前じゃありませんよ! 笑 数いる野鳥の中でもトップクラスの美声のの持ち主です。 そのさえずりは、芥川賞作家、小川洋子の小説「ことり」でも取り上げられました。 美しいさえずりを街で聞くことはなかなか叶いませんが、小柄な体に見合わないくらい大きく「チュチュッチュチュッ」と鳴く声はよく聞くことができます。 《キジバト》 あれ、なんかこのハト、柄が豪華じゃない? その子、きっとキジバトです。 夏によく聞かれる「デデッポーポーデデッポーポー」などのリズミカルな鳴き声の持ち主です。 山の方にいる印象があるかもしれませんが、最近は都会でも多数目撃情報があがっているのです。 なんて、語っているうちにいよいよまとめです 笑 都会で出会える美声の持ち主たちをどどんと紹介いたします!.

次の