ロマンス ドール あらすじ。 映画「ロマンスドール」のあらすじネタバレやラスト結末は?主題歌や予告動画も!

ロマンスドール(映画)のあらすじ・キャスト!原作もチェック!

ロマンス ドール あらすじ

一目惚れをして結婚した園子(蒼井優)と幸せな日常を送りながら、 ラブドール職人であることを隠し続けている哲雄(高橋一生)。 仕事にのめり込むうちに家庭を顧みなくなった哲雄は、 恋焦がれて夫婦になったはずの園子と次第にセックスレスになっていく。 いよいよ夫婦の危機が訪れそうになった時、園子は胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける……。 妻にそのことを秘密にしている。 両角 演:浜野謙太 みなさんお待ちかね、浜野さんとネムくんの2shotになります。 ご査収ください。 ゲームセンターで哲雄と出会う。 原田 演:大倉孝二 ドラマ「僕とシッポと神楽坂」の現場で、誕生日を祝っていただいたっす。 おっさんの誕生日など、どうでもいいのは承知なのですが、どうしてもツイートしろと圧力がかかったので。 でも感謝してますっていう顔ですこれ。 — 大倉孝二 95PDjpQsuEwbc8Z 久保田商会を内定調査する捜査員。 タナダユキ監督作。 ラブドール職人とそのモデルの恋愛と結婚を描いたラブストーリー。 脇役まできっちり描き切っていて完璧!ラブシーンも美しいし、高橋一生と蒼井優も相性よく、リアルとファンタジーの融合が見事な傑作だと思います!蒼井優は本当いいい女優だな。 — さいとうかおり saikaosai 哲雄さん。 不器用できょどきょどしてるけど、向き合うべきところは向き合って。 コミカルもシリアスもラブシーンも 淡々とした日常のひとコマも、全部全部目が離せない好き… 次見るときもどきどきだろうなぁぁ — natsume natsume45156938 ロマンスドール、試写でした。 なんの予備知識もなく見たので、おおおーとラブシーンに圧倒され…。 誰かの手によって丁寧に作られる過程は夫婦も同じで、触れた(話した)ぶんだけぬくもりがある。 重なった瞬間がたしかにみえた。 美しさがある作品でした。 ずっと見ていたい2人だったなあ。 脇で支える渡辺えり、きたろうの 素朴な芝居も秀逸。 限りなくフィクションに近い設定に 絶妙なリアリティを与えている。 物語後半、高橋一生が丹精込めて つくりだす究極のラブドールに鳥肌。 何とも切ない表情で まさに生きている、と思わせる完成度。 そして互いに命を削って絶頂を迎える 至極のラブシーン。 その吐息の切なさがずっと耳に残る。 感動の余韻が収まらぬなか ラストシーンのセリフが あっけらかんとしていたのも好感。 やっぱり蒼井優、最高の女優です! また好きになりました。 受け付けない。 既婚者が見れば「夫婦ってこうゆうことあるよなぁ・・・」という点も沢山あるようです。 一貫して重苦しい静かな雰囲気というわけではないそうで、ユーモラスなシーンもあるようですよ。 映画「ロマンスドール」濡れ場シーンの高橋一生 映画「ロマンスドール」では高橋一生さんと蒼井優さんの濡れ場シーンが沢山あるんですが、お二人の演技力や空気感がなせるわざなのか、いやらしさやエロさを感じるよりも愛を感じる素敵なシーンになっているそうなんです。 夫の嘘と妻の秘密を抱えたある夫婦のこじれた紐を10年かけてどうやってほどいていくのか。 まさに大人の為のラブストーリーです。 蒼井優さんの透き通るような透明感と、高橋一生さんの隠しきれないダダ漏れの色気で心臓が持つか不安ですが 笑 原作者であり監督脚本とを務めたタナダユキさんのファンの方も多く、作品に関して理解のある方が多い印象です!しかしながら、「ロマンスドール」の世界観を受け止められるか拒否反応が出てしまうかは人それぞれでしょう。 けれど、人気俳優2人の作り出す独特な世界観に浸れる点としては観に行く理由に十分ではないかと思います!ぜひご覧ください!.

次の

ロマンスドール、結末のネタバレは「最初の一行」に驚愕!

ロマンス ドール あらすじ

ラブドール?ダッチワイフ?の事情には私は疎いのですが、その製作を職としている男とよくできた妻との純愛を描いた作品。 序盤の雰囲気は凄く良くて、なんだかんだ生身の人間の温もりは人形では表現できないもどかしさを描いていくのかなと思っていた。 きたろうさんのコメディーパートは本当に笑える。 ところが中盤に妻に関するある展開を迎えて以降は、そっちに転がっちゃうか…という個人的には好みでない展開へ。 旦那の言葉にも共感が難しい。 個人的に好みでなかっただけで、高評価をつける人の気持ちは十二分にわかる。 何と言っても蒼井優。 「彼女がその名を知らない鳥たち」 を思い出させるような名演でした。 どこか儚げで虚ろな雰囲気を演じるのが本当に上手だと思った。 そして、ピエール瀧が手錠をかけられるシーンは諸事情でニヤニヤしてしまった。 人肌に憧れがある僕は、それやその魂が形として残り、それが広まっていくというのに残念ながらのることができなかった。 些細なことだけど、後半、二人の顔は化粧はおろかドーランさえ塗らず、蒼井優の顔はほくろだらけだし、高橋の鼻はざっくりと古傷が浮かんでいた。 これは、象徴していたんですね。 愛し合いながら、いつかすれ違い、取り返しのつかないところにきて、いろんな偶然で再び愛し合うこと。 でも、一番大事なことは、二人が全てさらけ出し、その姿を見せ合うことで、心の底を見つめ合うこと。 あっ、と思ったのは、高橋が浮気を告白したこと。 自分なら仕事のことは告白しても浮気は隠すかな。 でも、全てさらけ出すことで、唯一無二の愛を手に入れることが出来た。 人形は舞台回しの鎧みたいなもので、セックスも舞台装置の一つ。 何だか、振り回されて、迷いそうになったけど、最後は心の奥底を刺激された。 感動した、やっぱり一番大事な愛を手に入れるには、全てをさらけ出して、突き詰めた方が良い、それは単なる理想かもしれないけど、映画で鑑賞できて本当に良かった。 何か人生で大事なものに気づかされたような、そんな気持ちになりました。 ラブドールを扱っていながら厭らしさがない。 携わっている人たちの誠実さが伝わってくるからだろう。 脇を固める役者たちの安定感と安心感のなせる業でもあろう。 仕事にたいして卑屈さはないにしても、妻に嘘をつき通す夫。 妻一途かと思いきや。 まったくの純愛でもない。 やはり魔が差す、お互いに。 でも、だからこそ、ひと山越えた後に、相手を愛おしく想っている自分の気持ちを再確認できたのだと思えた。 その感情を確かめて高めていく二人の時間の狂おしいくも切ないことったらなかった。 妻の持っていた「秘密」とはなにか?と気になっていたが、想定範囲内ではあった。 むしろ、素性や生い立ちに何事かあるのか?と身構えていた分、ちょっと肩透かしを食らった気分ではあったけど。 本人にしたら重大事項ではありますが) 高橋一生の、ウブな演技は度が過ぎて、ちょっとわざとらしさを感じたが、後半、ドール制作に打ち込む姿の迫真さは見事だった。 あのまま狂人にでもなってしまうかと危惧したが杞憂であった。 ロマンスドール、「永遠」にふさわしい、素敵な呼び名だと思えた。 現実において、実際のラブドールの完成度には目を見張った。 すごい技術だと感銘を受けた。 ピエール瀧を久々に観れたのも嬉しかった。 それと、音楽ではあるけれどネバヤン安部との兄弟共演、おめでとうございます。 ネタバレ! クリックして本文を読む 2020年映画館鑑賞25作品目 事前情報無し 1月末頃全国で公開されたが宮城県での上映はスケジュールの都合で観ることができなかった 蒼井優の芝居がスクリーンでどうしても観たくて花山の峠を越え雪降る硫黄臭い鳴子温泉を経由して山形県東根市まで足を運ぶ まさかのダッチワイフいやラブドール ペ・ドゥナ主演の『空気人形』以来のラブドールもの しかもさわり程度の『空気人形』に比べ今作はかなり踏み込んでいる タナダユキ監督作品 『百万円と苦虫女』も『ふがいない僕は空を見た』も面白かったもんな 今回も大当たり 全国の男性の皆さんに残念なお知らせ 蒼井優の乳首は見えません 背中ヌードから乳房の下の部分は確認できますが きたろう演じる相川さんが生きているあいだは僕自身大好物のコメディー 相川さんと主人公のやりとりが面白い 園子を招いてはしゃぐ相川さんとつっこむ主人公が面白い 間違えて女性用の制服を着る相川さんも笑える 相川さんが亡くなったらガラッと一変ヒューマンドラマ 胸を触ったきっかけで結ばれる二人 忘れたイヤリングを届けにいって主人公はいきなり「付き合ってください」 うなずく園子 とんとん拍子で神前結婚式 緊張して嫁にはめる指輪を自分ではめるところも笑える 順調に思われた二人だったが園子が嘘をついて3日外泊 帰ってきた妻を夫は責めるがそのときの蒼井優の芝居が細かい 一週間後夫に二つの秘密を白状させるのだが仕事の件と浮気の件で見せる表情の芝居が細かい 園子も浮気していたと白状した後のテーブルに顔をつけるなどの芝居も細かい 癌だとカミングアウトしたときも子どもを産めないというあの場面も細かいを芝居をしている これは監督の演出かもしれないが痩せ細っている表現として大きめの指輪をつけているのもなかなか 蒼井優最高! 園子の提案で蒼井優そっくりのラブドールを作ってしまう職人哲雄 名付けて「そのこ1号」 園子は騎乗位が好き あれって結構女の人は大変なのよ 病人がやることじゃない でも絵にはなる 園子腹上死 クオリティーライフ 主人公がそのこ1号を試すときにポメラニアンの名前ゆうこを思い出しながら泣くシーンが良かった 最後の主人公のセリフ「スケベでいい奥さんだったな」も最高 蒼井優のスケッチブックは税抜きで3800円なら買うな 蒼井優そっくりのラブドールが120万なんて安いもんだよ ハスラーの中古くらいの価値はある 最高の夫婦愛 最高のラブストーリーでした 東根にまできた甲斐があった 蒼井優にはいつまでも長生きしてほしい おばあちゃんになっても役者を続けてほしい 自分より先に死なないで 蒼井優が死んだら山ちゃんに負けないくらい号泣する自信がある あと芝居なら何度でもいいけどリアルでしょっぴかれるのは一度だけにしてねピエールさん 1回目に観た時はなんだか展開が早すぎて、原作を読んでもう一度観に行った。 正直、初めて観た時はすぐに『いい映画!』と太鼓判を押せずにいたけど、観てから頭の隅でこの映画のことをずっと考え続けていた。 赤の他人が一緒になる難しさ、恋焦がれて結婚しても"日々"になってしまう毎日。 当たり前なんてないのに、そこに居ることが日常だと錯覚する家族という存在。 感謝をしても時に疎ましく、そして当たり前で無くなった時に感じる後悔。 忘れないようにと強く思うのに、どうして忘れてしまうんだろう。 その尊さは、一番の安らぎであるのに。 フィルムのざらつき、いいことばかりではない結婚生活、『間違えるからな、人間てのはな』のきたろうのセリフ。 観てから時間が経てば経つほど、深くじっくり考える映画でした。 環境が変わり年を重ねるごとに見方が変わりそう。 人生を通して観続けたい一作。 ネタバレ! クリックして本文を読む 職業ラブドール製作を妻に言えない夫と病気を打ち明けられない妻のお話 まず素敵なラストだったなぁが最初の感想 予習ゼロでも大筋はほぼ予想通りだったがラストは予想をはるかに超えていた ラストは湿っぽく美しくだと思っていたのに最後は爽やかに笑顔で締めてくれた ものすごく素敵で印象的なラストだった 相川さん社長や田代のおばちゃん皆素晴らしかった 特に相川さん前後で話が大きく動くのだけれど中盤相川のおっさんがいてくれたらなぁと思わずにはいられなかった そして2人の愛の形 病気を境に絆を深める哲っちゃんと園子 緩和ケアになった後の『私をつくって…』にはグッときてしまった 園子の死後完成したドールは園子そっくり ドールと裸で抱き合う哲っちゃんには美しくも歪な愛の形を見た気がした だけど創りあげたドール〝そのこ〟は商品に この先100人の手に園子が渡ってしまうわけで…自分なら耐えられないなと思ったけど哲っちゃんは笑顔だった 職人としての割り切りだったのか、それとも壊れてしまったのか心配だった でもラストのダッチワイフを片手に園子を想い笑う哲雄の笑顔にはそういった意味でも救われました 素敵でスケベでおかしな愛を描いた映画でした.

次の

映画『ロマンスドール』公式サイト |7/3(金) Blu

ロマンス ドール あらすじ

目次(各項目をタップすると、その項目に飛びます。 作品名:ロマンスドール• 公開日:2020年1月24日• 監督:タナダユキ• 脚本:タナダユキ• 音楽:世武裕子 作品概要: 10年前に発表された小説「ロマンスドール」が、作者自らの手によって今回映画化されました。 タナダ監督曰く、映画と小説は異なるため、小説を読み返さずに「映画として作り直そう」という思いで今回の作品に取り組んだとのこと。 型破りな設定や展開で注目を集めたと言われているこの小説。 主役を演じる高橋一生と蒼井優の共演はなんと19年ぶりとのこと。 タナダ監督が撮影の度に期待を超えてくれたという2人の演技も注目されています。 10年前の小説がどのようなかたちでスクリーンに登場するのか目が離せません。 映画「ロマンスドール」のキャスト 北村哲雄(演:高橋一生) — 2017年 8月月7日午前12時17分PDT 主役のラブドール職人、北村哲雄を演じるのは高橋一生さん。 高橋さんは1980年12月9日東京都出身。 1990年に「ほしをつぐもの」(小水一男監督)で映画初出演を果たします。 1995年にはスタジオジブリの人気作品、「耳をすませば」で天沢聖治の声も演じていました。 2012年には舞台、「4 four」で第67回文化庁芸術祭演劇部門で新人賞を受賞されています。 そんな様々な分野で活躍する高橋さんが今回演じるのは、ラブドール制作に没頭していく北村哲雄。 今回の撮影前にはドール造形の研修も受けられたとのこと。 そんな高橋さんの真剣な眼差しにも注目ですね。 北村(小沢)園子(演:蒼井優) — 2018年 8月月14日午前7時17分PDT もう一人の主役である、秘密を抱えた妻、北村園子を演じるのは蒼井優さん。 蒼井さんは1985年8月17日福岡県出身。 1999年、ミュージカル「アニー」のポリー役に抜擢されてデビューしました。 その後、様々な映画やドラマで活躍し、2007年には「フラガール」(李相日監督)にて第30回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞されました。 そして更に2018年には、「彼女がその名を知らない鳥たち」(白石和彌監督)で第41回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝かれています。 今回のロマンスドールで蒼井さんが演じるのは、哲雄に一目惚れされて結婚した女性、園子。 蒼井さんの常に自然体な姿と愛くるしい笑顔が見れるのはもちろん楽しみですが、秘密を抱え続ける女性をどのように演じてくれるのかにも注目ですね。 映画「ロマンスドール」の予告編動画 原作を知らずに予告編動画を見ただけだと、いったいどういうストーリーなのかなかなか掴みにくいかと思います。 夫は自分の職業を妻に秘密にし続けており、妻も夫にずっと隠していることがある。 それだけはわかりますよね。 ただ、妻のその秘密がいったい何なのかまではわかりません。 「永遠に続くものなんてない」というナレーションも印象的ですね。 夫婦とはいったい・・・ 身近であり、常に答えを探し求められるテーマ。 そんな夫婦の関係をテーマに描かれた作品ではないかと思います。 予告編動画の中の数少ないセリフの一言一々にどこか重みがあり、惹かれる部分がありますよね。 幸せな夫婦生活を送りながらも、哲雄はラブドール職人であることを園子にずっと隠していました。 そして哲雄は仕事にのめり込むうちに、園子とは次第にセックスレスになっていきます。 夫婦というものを試行錯誤しながらも、2人には離婚の危機が迫ってくることに。 そんなある日、園子はずっと抱えていた秘密を哲雄に打ち明けます。 惹かれ合うふたり、そして同じふたりの関係が崩れそうになる瞬間。 そんなふたりの心情、感情の変化がどう映し出されるのか、見逃せませんね。 ちなみにこの作品には原作があるので、原作のネタバレ結末を紹介すると、実は園子はガンに犯されていたのです。 予告編動画ではわからなかった園子の秘密とはこのことでした。 しかも、治療を繰り返すものの、悲しいことに園子の命は助かりません。 それを知った瞬間、本当切ない気持ちになりますよね。 この映画にそんな結末が待っているなんて。 でも、そんな悲しい結末よりも、長年隠し続けていた秘密をお互いに打ち明けてから、ふたりの関係がどんな風に変わっていくのかに映画では注目したいですね。 映画「ロマンスドール」の評価口コミや感想 「ロマンスドール」は2020年1月24日公開ですが、Twitterにはすでに試写会に参加された方の評価や感想があがっているので紹介します。 同性友人と観に行って、パートナーにオススメしたい映画だなーと。 お二人の人柄がたっぷり伝わってくる時間でした。 映画は色々現実とシンクロして号泣…。 もう一回観ます! — Hoshiboshi fumiworld 映画「ロマンスドール」の主題歌の動画 ロマンスドールの主題歌はnever young beachの「やさしいままで」。 メロディーも歌詞も本当にタイトル通りやさしい雰囲気が溢れ出ていますよね。 歌詞は主人公、哲雄の心情に沿って書かれているそうです。 まさにこの映画にぴったりな曲。 never young beachさんも、「愛するということは許すということなのかな」と思いながらこの曲を作ったとコメントしています。 変わりゆくふたりの関係。 その中で常に変わらないものとは? そんなことを映像と共に考えさせてくれる、そんな主題歌ではないでしょうか。 ちなみに劇中歌もnever young beachさんが担当しているそうですよ。 こちらもお楽しみに。 映画「ロマンスドール」の見所 この映画は、恋愛や結婚生活で悩んでいる人に、何かしら解決のヒントを与えてくれる作品なのではないかと思います。 世の中には哲雄と園子と似たような状況の人達もいるのではないでしょうか。 夫婦とは?結婚生活とは? 幸せな将来を夢見て結ばれたふたり。 それなのに、時間とともにその関係性が変わっていく。 ふたりの間に距離ができてしまい、結婚生活の危機が訪れる。 これは映画の中に限った話ではないでしょう。 多くの夫婦が経験してきたことだと思います。 その危機をどう乗り越えるのか。 ふたりの関係をどう修復していくのか。 それはふたりにしかできないこと。 哲雄と園子がどのようにその壁を乗り越えていくのか、そこがこの映画の一番の見所ではないでしょうか。 多くの人から共感を得られる、そしてメッセージを与えることのできる、そんな作品だと思います。 まとめ この記事では、ロマンスドールのキャストやあらすじネタバレ、評価口コミや感想、主題歌などについてご紹介してきました。 映画を見る前に原作の小説を読む人、映画だけを見る人、それぞれだと思います。 小説が映画化される時は、自分がイメージしていた世界を壊されることもありますよね。 でもきっとそこから新たな発見や気づきもあるはずです。 世間に衝撃を与えた小説がどのような映画になるのか、見逃せませんね。 新たな夫婦のかたちが見えてくるかもしれませんよ。

次の