うろこ だき さ こんじ 声優。 【モンスト】うろこだきさこんじの適正キャラと攻略方法|火属性4体【超究極】|ゲームエイト

鱗滝左近次がお面をつけてる理由はなぜ?素顔や正体の予想まとめ!

うろこ だき さ こんじ 声優

「鬼滅の刃」とは? 「鬼滅の刃」は2016年に週間少年ジャンプで連載が開始された漫画で、 大正時代、父親を早くに失った炭を売る少年、この物語の主人公、 竈門 炭治郎(かまど たんじろう)がある日家族を鬼に皆殺しにされてしまいます。 しかし鬼の襲撃から唯一生き残った妹の 竈門 禰󠄀豆子(かまど ねずこ)も、鬼に襲われたときに負った傷口に鬼の血を浴びたため鬼になってしまいます。 鬼になった妹、禰󠄀豆子は助けに来た炭治郎に襲い掛かりますが、鬼狩りにきた 冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)に炭治郎は一旦助けられ、その後、鬼の禰󠄀豆子を殺そうとする冨岡を必死で止め、鬼の禰󠄀豆子も炭治郎をかばう姿をみて冨岡は刀をひきます。 そして、妹を助ける道として鬼殺隊としての訓練を受けるように勧め、天狗の面をつけた鬼殺隊の元水柱、 鱗滝 左近次(うろこだき さこんじ)のもとで修行をすることになります。 そこから、鬼殺隊の一員となり、妹の禰󠄀豆子を背中に抱えながら鬼狩りの道を歩んでいく物語です。 簡単な説明ですが、こんな感じで物語は進んでいきます。 「鬼滅の刃」の作者は? 作者は吾峠呼世晴先生です。 吾峠呼世晴先生? なんて読むのか一発で答えられた人はすごいですね。 「ごとうげ こよはる」と読みます。 でもこの先生は、男性なのか女性なのかウキペディアなどで調べてみても出てきませんし、顔写真もありません。 ネットで調べていくと女性なのでは? といわれています。 でもまだはっきりとはわかっていないようです。 1989年(平成元年)5月5日生まれとのことなので、現在、現在31歳になられたばかりでしょうか? 実はこの誕生日にも、なにか意味があったりするかもしれませんね 笑 「鬼滅の刃」の単行本とアニメ版との乖離 登場人物を紹介する前に、アニメ版は漫画の単行本で何巻まで進んでいるんでしょうか? これは、アニメ版の終わりは、無限列車に乗り込む時点までなので、 第7巻・第54話の「こんばんは煉獄さん」までです。 そこから、 「無限列車編」が始まります。 映画を見に行く方は予習するのもありですね!! 映画の公開は、コロナの影響で延期となり、10月16日(金)が公開予定となっています。 楽しみですね!! 「鬼滅の刃」の登場人物 それでは、アニメ版の「鬼滅の刃」の主要な登場人物をサラッと紹介しますね。 アニメ版の登場人物なので、劇場版や単行本ではさらに強く恐ろしい鬼が登場しますが、そこは今回は省きます。 竈門 炭治郎(かまど たんじろう) 「鬼滅の刃」の主人公。 声は花江夏樹さん 竈門家の長兄として、父親が亡くなった後、竈門家を支えるため家業である炭焼きを営み家族を養っていた。 とにかく家族や仲間思いで、戦って死んでゆく鬼に対しても慈悲の念をかける、めちゃくちゃ性格の優しい少年。 妹の禰󠄀豆子を人間に戻すためどんな苦難でも立ち向かっていきます。 天狗の面をつけた鬼殺隊の元水柱、鱗滝 左近次(うろこだき さこんじ)から「水」の呼吸法と剣術(壱から拾の型)を身につける。 まさに主人公なキャラですが、まじめすぎて融通が利かない時があるし、キレると柱であろうが関係なしにカマします 笑 この辺りも人間味が出てていいですね。 優しいし、頼れるお兄ちゃん的で女子にはモテそうです。 竈門 禰󠄀豆子(かまど ねずこ) 主人公、炭治郎の妹。 声は鬼頭明里さん。 鬼は人を喰ってエネルギーにするのですが、その代わりとして「睡眠」することで、エネルギーを補充できるようになったようです。 炭治郎や他の人間を鬼から守る存在でもあります。 鬼は日光を浴びると灰化するので、日中は部屋で眠っているか、炭治郎の背負う「箱」の中で眠っています。 我妻 善逸(あがつま ぜんいつ) 炭治郎の同期で、鬼殺の剣士。 声優は下野紘(しもの ひろ)さん 金色(黄色)の髪と太い眉が特徴で、とにかくビビり。 劣等感が強すぎて情緒不安定で、いつもわめいています。 アニメで観ていると、うるさ過ぎてちょっとダマれ~と思う時もしょっちゅうありました。 アニメ版の中ではまだ、戦いの中では、緊張や恐怖が極限まで高まると気絶してしまい、それによって緊張から解放され、能力が覚醒されることで本来の強さを発揮できます。 「雷」の呼吸法で鬼を倒します。 「雷」六つの型のうち、「壱ノ型 霹靂一閃」しか会得できてませんが、 それのみを鍛え上げ、雷光にたとえられる速さで鬼を倒します。 性格的には、「自分の信じたい人を信じる」という性格の持ち主。 ビビりで、やかましいけど、いい奴です。 嘴平 伊之助(はしびら いのすけ) 炭治郎の同期で、鬼殺の剣士。 声優は松岡禎丞(まつおか よしつぐ)さん 猪に育てられた捨て子で、いつも猪の被り物をかぶっているが、被り物を脱ぐと、女の子のようつぶらな瞳の持ち主。 我流の呼吸法である「獣(ケダモノ)」の呼吸法で鬼を倒す。 「猪突猛進!!猪突猛進!!」が口癖。 乳児期に何らかの理由により母親に捨てられ、山の中で猪に育てられた。 ほぼほぼ獣の伊之助ですが、炭治郎や善逸との出会いで人間の心を問い戻していきます。 いつも強気ですが、意外に打たれ弱い性格をしています。 栗花落 カナヲ(つゆり かなを) 炭治郎の同期で、鬼殺の剣士。 声優は上田麗奈(うえだ れいな)さん 幼いころ、親に売られたが、縄につながれて人買いに連れ歩かされているところを胡蝶カナエ・しのぶ姉妹に買い取られ保護された。 そこで才覚を認められ、蟲柱・胡蝶しのぶの「継子」となります。 全集中の呼吸・常中を早くに習得し炭治郎たちより一歩先を行ってる。 「花」の呼吸の使いてとなります。 殆どしゃべらず、全てにおいて「どうでもいいから何も決められない」ので、指示以外はしのぶからもらったコインを投げて表裏で行動を決定していた。 炭治郎によって自分の意志で行動できるように少しずつなっていきます。 不死川 玄弥(しなずがわ げんや) 炭治郎の同期で、鬼殺の剣士。 声優は岡本信彦さん。 炭治郎と同じ藤襲山における最終選抜をくぐり抜け、鬼殺隊へと入隊した。 アニメ版では、最終選抜の時に女童の髪の毛を引っ張り、日輪刀を催促するが、激怒した炭治郎に止められた。 呼吸の才能が全く無いが、鬼の肉を喰い、体内に取り込むことで、その力を一時的に使うことができる鬼殺隊にとって無二の人材。 五感組 鬼殺隊同期の 炭治郎、善逸、伊之助、カナヲ、玄弥の五人は五感組といわれ、 竈門炭治郎は嗅覚、我妻善逸は聴覚、嘴平伊之助は触覚、栗花落カナヲは視覚、不死川玄弥は味覚とそれぞれ五感のひとつが優れており、同期の五人で五感組と呼ばれています。 柱 鬼殺隊において、最高位に立つ九人の剣士のことです。 最初に登場した柱は水柱・冨岡義勇(とみおか ぎゆう)でした。 「全集中の呼吸」の流派にによって「 〇柱」という肩書を持ち、「全集中の呼吸」を極めた達人で、手の甲にその柱名が浮かび上がります。 「柱」という感じは九画あるので、柱の定員は9名だという事です。 柱たちが持つ、日輪刀には「 悪鬼滅殺」の文字が彫り込まれていて、刀を見れば柱であることがわかるようになっています。 水柱・冨岡義勇(とみおか ぎゆう) 「水」の呼吸を使用する 水柱(みずばしら) 声優は櫻井孝宏さん 炭治郎に生き方を示す兄貴的存在。 胡蝶しのぶに「みんなから嫌われている」と指摘されるが自分には自覚がないシーンが面白かったですが、無口だけど、情に厚つくやさしい男っていう印象です。 鬼殺隊の隊士。 竈門炭治郎が初めて出会った鬼殺隊士である。 鬼と化した竈門禰豆子が炭治郎を襲う現場に現れ、問答無用で禰豆子の頚を刎ねようとしたが、自分と刺し違えてでも妹を守ろうとする炭治郎と、その兄を庇う禰豆子の姿を見て刀を引く。 そして炭治郎に、恩師・鱗滝左近次の家を教え、鬼殺隊士として生きる道を示した。 胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ) 「蟲」の呼吸を使用する 蟲柱(むしばしら) 声優は早見沙織さん 蝶の髪飾りを付けた女剣士ですが、言ってることはかなりきつい。 「鬼も人も仲良くすればいい」と言いながら、命乞いをする鬼に「殺した人の分だけ拷問することで仲良くできる」と鬼に言ってみたり、冨岡義勇に「みんなから嫌われている」といってみたり、笑顔でサラッと言います。 刀を振る筋力が弱いため柱の中で唯一鬼の首を斬って倒すことができない剣士ですが薬学に精通し、藤の花から「鬼を殺せる毒」を作り出し鬼を殺します。 鬼殺隊の隊士。 不死に近い人喰い鬼の数少ない弱点である、藤の花から精製した特殊な毒によって鬼を滅殺する。 容姿は善逸曰く、「それ(顔立ち)だけで食べていけそう」なレベルの美人。 煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう) 「炎」の呼吸を使用する 炎柱(えんばしら) 声優は日野聡さん。 炎のような髪型と瞳が特徴的です。 くせ者揃いの柱達の中で、正義感溢れる好青年って感じですが、 アニメ版では柱の登場は冨岡義勇と胡蝶しのぶ以外は少なかったので、 劇場版「 鬼滅の刃」 無限列車編では大暴れしてくれそうで楽しみです。 全集中の呼吸・炎の呼吸を極めた「炎柱(えんばしら)」。 炎を象った羽織を着ている。 特徴的な炎を思わせる髪色と双眸を見開いた眼力を持つ明朗快活な青年で、くせ者揃いの柱達の中では(相対的に)常識人。 「音柱」の二つ名を持つ二刀流の剣士。 身長は大正時代には珍しい六尺(約180センチメートル)以上という長身で筋骨隆々という、恵まれた体躯を持った伊達男。 輝石をあしらった額当てを着け、パンクファッション風の化粧をした派手好きな性格で、「 派手に」が口癖。 更に自らを 「派手を司る神」(=祭りの神)と豪語する。 また、彼の語彙においては 「地味」は罵倒の範疇に入る(本編中でも敵に対して「地味に死ね!」と罵っている)。 その徹底した派手好きぶりから、 一部の読者からは「派手柱」とも呼ばれる。 時透 無一郎(ときとう むいちろう) 「霞」の呼吸を使用する 霞柱(かすみばしら) 声優は河西健吾さん 鬼殺隊の頂点に立つ剣士「柱」の一人。 「霞柱」の二つ名を持つ。 腰に届くほどの髪を伸ばした小柄で中性的な少年。 髪色は黒から毛先にかけて青のグラデーションになっている。 ロップイヤーのような妙な髪型だが、ツーサイドアップなのか、そういう癖なのかは不明。 瞳は淡い青で虹彩がハッキリとせずぼんやりとしている。 「恋柱」の二つ名を持つ美貌の女傑。 作中屈指のお色気キャラで、色事には鈍い炭治郎に鼻血を出させ、思春期に突入した玄弥は彼女と一言も話すことができなかったほど。 初登場時から瞳孔のない白眼で描かれており、盲目である事が後に本人の口から明かされる。 炭治郎や伊之助から鬼殺隊最強と見立てられており、それは鼻のきく炭治郎が「悲鳴嶼さんだけ匂いが全然違う」と語り、強さにこだわる伊之助が「初めて会った時からビビッと来た」と称するほど。 伊黒 小芭内(いぐろ おばない) 鬼殺隊の隊士。 隊の中では冨岡義勇と同じく「柱」と呼ばれる上級剣士。 「蛇柱」の二つ名を持つ。 「鏑丸」というオスの白蛇を首に這わせており、初登場が木の上。 代表的な染色体異常の発現である虹彩異色症(オッドアイ)の罹患者であり、左目が青緑、右目が黄という身体的特徴を持つと同時に、片目が弱視など、遺伝子疾患が影響と思われる先天的特質を複数抱えている。 服装面では口元を常に包帯で覆っており、素顔を人前に見せることは無い。 不死川 実弥(しなずがわ さねみ) 見た目と粗暴な言動とは裏腹に理性的で常識的な面もある人物。 目上には敬意を払い、規律にも厳格で他の柱との協調性も持ち合わせる。 敬愛するお館様・産屋敷耀哉の前では礼節を弁え、理知的で恭しい言葉遣いで接する。 そんなお館様への敬意を以ってしても、鬼に対する並々ならぬ憎悪は押さえきれないようで、自らの腕を切って血を流し、禰豆子を挑発して鬼の醜さを証明しようとした。 だが禰豆子が強靭な意志でそれを拒絶したため、やむなく引き下がる。 それ以来炭治郎とは反りが合わず、竈門兄妹が鬼殺隊に大きく貢献したという殊勲を上げた後も見方は変わらぬまま、彼らを認めなかった。 炭治郎の同期である不死川玄弥の兄であるが、それを頑なに認めようとしない上、玄弥を突き放すような態度を取り続ける。 育手 鬼殺隊に育てるための師匠的存在。 鬼殺隊を志す若者を指導、育成し仮の日輪刀を渡して最終戦別に送り出していきます。 育成には引退した剣士が当たることが多いとのこと。 鱗滝 左近次(うろこだき さこんじ) 天狗の面をつけた鬼殺隊の元水柱 「水の呼吸」を用いた剣術を教えている。 炭治郎の優しすぎるが上での優柔不断さに剣士には向いていないと感じるも、最後まで課題を克服した炭治郎を弟子として向かい入れ、徹底的に鍛えた。 鱗滝の弟子たちはすべて、最終選別で殺されており、実は最終選別に行かせるまでに諦めさせようと無理な課題を与えていたが、炭治郎はついに大岩を割り最終選別に向かい、見事突破し鬼殺隊となりました。 天狗の面をいつ何時も外す事は無いのですが、理由は顔立ちが優しいために鬼にバカにされたらしいです。 鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん) 1000年以上前に生まれ、最初の人食い鬼。 自分自身の血を与えることで人間を鬼に変えられる唯一の存在であり、さらに、鬼に自分の血を与えることで与えられた鬼の力が増強される。 声優は関俊彦さん 存在が一定ではなく、ある時はモダンな紳士「月彦」、ある時は利発な少年「俊國」、ある時は妖艶な女性と、その時々で姿が変わる。 それだけに留まらず周囲の人間も『彼が昔から居た』かのように振る舞い対応する。 たびたび姿を変えると同時に周囲の人間を洗脳しているのか、同時に複数の自己を存在させられるのか、現状では不明。 人として過ごしたり街に出る場合は、家族や恋人に見える人間を連れており、時には養子という形で富豪の家の一員になったりする特徴がある。 まとめ いかがでしたか? アニメ版「鬼滅の刃」で登場する主なキャストです。 ここに鬼の各々の物語が加わり、コミカルなシーンとシリアスなシーンがうまく混ざって展開していきます。 アマゾンプライムで無料で観れますのでこの機会にぜひご覧くださいね。

次の

【鬼滅の刃】鱗滝左近次の声真似が面白い!(声優:大塚芳忠)

うろこ だき さ こんじ 声優

名前:鱗滝左近次 うろこだき さこんじ 職業:育手 年齢:不明 階級:元・水柱 特技:鼻が効く 「育手」として鬼殺隊の剣士を育てています。 育てた隊士が問題を起こせば育手の責任になるようです。 現に炭治郎がつれている妹の禰豆子が鬼として人を喰らった場合には腹を切ると親方様に約束をしていました。 鱗滝は現在は狭霧山に住んでおり、水の呼吸をつかう鬼殺隊の柱でした。 そのため鱗滝が育てた炭治郎、義勇、錆兎も水の呼吸を操ります。 鱗滝は炭治郎と同じく鼻が利くようで、人の感情などを感じ取ることができます。 出会った当初、鬼にとどめが刺せなかった炭治郎から優しい匂いを嗅ぎ取っていました。 年齢は不詳ですが、白髪であることや、しゃべり方、彼の話している内容からすると老人であると考えられます。 炭治郎のほかにも何人も鬼殺隊に入隊させるために育て上げてきたようですが、炭治郎の修行の最後に岩を斬る試験の際に出できた錆兎や真菰も鱗滝に育ててもらっていたようですね。 最終選別において出てきた鬼は、鱗滝に対し恨みを抱えており、鱗滝の弟子を13人も喰ったと話していました。 そのため、弟子が死ぬところをもう見たくないと思い、炭治郎の修行において無理難題を突きつけていたのだと思われます。 画像引用元:FOD 禰豆子に暗示をかけたのも鱗滝です。 禰豆子が人を襲わないように、「人間は皆家族であり、家族を守り、家族を傷つける鬼を許すな」という暗示を禰豆子が眠っている間にかけています。 また、丸腰でも剣を持った炭治郎に勝る強さを持っています。 現役時の強さは果たしてどれだけのものだったのでしょうか。 スポンサーリンク 素顔や正体の予想まとめ! 鱗滝さんの素顔がどんな感じなのか、どれだけ顔立ちが優しいのか・・・めちゃくちゃ気になりますよね。 若き頃の桑島さんと若き頃の鱗滝さん。 お顔は捏造です。 基本コマ外キャラの台詞でパックマン型ふきだしを使用。 1枚目:台詞は指のみ登場しているキャラのもの。 次のコマでキャラ登場。 通常型使用 2枚目:1コマめの台詞はコマ外キャラのもの。 お顔立ちは捏造です。 15歳くらいをイメージ。 まだそこまで大きくないけど、1、2年後にくる成長期で背丈は高くなる。 体つきも成長期に若干厚くなる。 瞳は青緑や青紫の中間くらいの深い寒色系かなと勝手ながら思っております。 カラー、お顔立ちは捏造です。

次の

鬼滅の刃アニメ声優は花江夏樹さんなど豪華なキャスト陣に決定!

うろこ だき さ こんじ 声優

名前:鱗滝左近次 うろこだき さこんじ 職業:育手 年齢:不明 階級:元・水柱 特技:鼻が効く 「育手」として鬼殺隊の剣士を育てています。 育てた隊士が問題を起こせば育手の責任になるようです。 現に炭治郎がつれている妹の禰豆子が鬼として人を喰らった場合には腹を切ると親方様に約束をしていました。 鱗滝は現在は狭霧山に住んでおり、水の呼吸をつかう鬼殺隊の柱でした。 そのため鱗滝が育てた炭治郎、義勇、錆兎も水の呼吸を操ります。 鱗滝は炭治郎と同じく鼻が利くようで、人の感情などを感じ取ることができます。 出会った当初、鬼にとどめが刺せなかった炭治郎から優しい匂いを嗅ぎ取っていました。 年齢は不詳ですが、白髪であることや、しゃべり方、彼の話している内容からすると老人であると考えられます。 炭治郎のほかにも何人も鬼殺隊に入隊させるために育て上げてきたようですが、炭治郎の修行の最後に岩を斬る試験の際に出できた錆兎や真菰も鱗滝に育ててもらっていたようですね。 最終選別において出てきた鬼は、鱗滝に対し恨みを抱えており、鱗滝の弟子を13人も喰ったと話していました。 そのため、弟子が死ぬところをもう見たくないと思い、炭治郎の修行において無理難題を突きつけていたのだと思われます。 画像引用元:FOD 禰豆子に暗示をかけたのも鱗滝です。 禰豆子が人を襲わないように、「人間は皆家族であり、家族を守り、家族を傷つける鬼を許すな」という暗示を禰豆子が眠っている間にかけています。 また、丸腰でも剣を持った炭治郎に勝る強さを持っています。 現役時の強さは果たしてどれだけのものだったのでしょうか。 スポンサーリンク 素顔や正体の予想まとめ! 鱗滝さんの素顔がどんな感じなのか、どれだけ顔立ちが優しいのか・・・めちゃくちゃ気になりますよね。 若き頃の桑島さんと若き頃の鱗滝さん。 お顔は捏造です。 基本コマ外キャラの台詞でパックマン型ふきだしを使用。 1枚目:台詞は指のみ登場しているキャラのもの。 次のコマでキャラ登場。 通常型使用 2枚目:1コマめの台詞はコマ外キャラのもの。 お顔立ちは捏造です。 15歳くらいをイメージ。 まだそこまで大きくないけど、1、2年後にくる成長期で背丈は高くなる。 体つきも成長期に若干厚くなる。 瞳は青緑や青紫の中間くらいの深い寒色系かなと勝手ながら思っております。 カラー、お顔立ちは捏造です。

次の