ヤクルトスワローズ 速報。 東京ヤクルトスワローズニュース一覧

【速報】村上、陰性|ヤクルトスワローズ燕アンテナ

ヤクルトスワローズ 速報

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• ニュース一覧 東京ヤクルトスワローズ• ニュース一覧 7月16日(木)• 7月15日(水)• 7月14日(火)• 7月13日(月)• 7月12日(日)• 7月11日(土)• 7月10日(金)•

次の

巨人ゲームレポート速報版 読売ジャイアンツvs東京ヤクルトスワローズ(2020.7.12)│超激辛NPBコラム

ヤクルトスワローズ 速報

超激辛NPBコラムは今シーズンより、巨人勝利の場合に限り二部構成(負けた場合は速報版のみ)で記事を作成し、第一部の速報版は試合終了直後に公開、第二部の詳細版は試合翌日早朝に公開致します。 3塁の状況で炭谷がサードゴロ打ち、ゲッツー崩れの間に同点という形になったと思われたが、スワローズ側からのリクエスト(2塁走者のパーラのスライディングが守備妨害ではないかというアピール)によって判定が覆り、守備妨害を宣告されてダブルプレーとなり得点が認められなかった場面。 連敗中、ミス絡みの敗戦が続いている状況のなかで、通常なら「まだまだ」と思えはずなんだが。。。 残念ながら今の巨人にそんな余裕はない。 ——————————— 【敗者の慟哭】 5回裏1アウトから若林が粘って四球で出塁 「流れが悪い」って、いったい何回言ってんねん。。 毎試合、毎試合。。。 ここのところずっと言ってるやん。。 ふうぅぅぅ。。。 まあ、6回裏のパーラの走塁はしょうがない。。。 彼は手抜きしなかった事が裏目に出ただけだし、まあ今の野球では危険なプレーという事で判断されたがホント。。。 しゃーない。。。。 むむ?本音を言えって? 「何してくれてんねん!〇ホんだら。。。 〇ケ!、〇ス!!!」 ここで深呼吸。。。 ふうぅぅ。。。 でもやっぱり、この試合では昨日に続いてリーダー格の丸亀製麺!?、じゃなかった、〇とカメが見事なお見合いで結ばれてしまった訳!?、もとい、記録に残らないエラーで失点してしまった事が、再びチームに何とも言えない重苦しい雰囲気を呼び込んでしまったよね。。。 こういう時にスカッと一発期待したかった若大将も打てそうな雰囲気を全く感じなかったし。。。 こういう空気感は確実に先発投手に伝わってしまうし、桜井自身も終始窮屈なピッチングになってしまった。 えーーーっと、ただいま試合は8回表のヤクルトの攻撃中で、多分、負けるだろうなぁ。。 という予想のもとで書いていますが。。。。 やっぱりダメか。。。 9回裏。。 おおお!。。。 マスダイ!!。。。 また見逃しかよ。。。 頼むぞダイナマイト慎吾ぉぉぉぉ!!ガックシ・・。 あ~あ。。 テレビ画面に映ってるたっつあん。。。 相当アタマに来ているねぇ。。。 顔が真っ赤でまさに赤鬼やん。。 ワイはまだまだ余裕よ! エっ?本音? 「余裕です」ピシャリ! 首位陥落? そんなの関係ねぇ! 4連敗? おっおおおぉ。。。 しかーーし! 慌てない慌てない!ひとやすみ!ひとやすみ! 以上 敬称略 超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。 (超激辛NPBコラムTwitterはをクリック) Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。 又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。 このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。 尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。 (超激辛NPBコラムTwitterはをクリック)•

次の

【速報】プロ野球勝敗予想オッズ!!阪神タイガースvs. 東京ヤクルトスワローズ 5回戦|ブックメーカージャパン

ヤクルトスワローズ 速報

2塁のチャンスを与えてしまったものの、勝負処でボールが低めに集まっていたので何とかピンチを凌いだ 一方、サンチェスの方も、山田哲に対してインサイド攻めの末に四球、足で揺さぶられて青木にも四球、村上内角直球で三邪飛、雄平に合わせられるが左直でこちらもギリギリで持ちこたえた。 1回の表裏終えた段階で、早くも乱打戦の予感がヒシヒシ伝わり、まるで火薬庫のそばで野球をやってるような状況だった。 そして、その火薬庫にあるダイナマイトの導火線に着火させたのは増田大だった。 2回表、2死満塁、増田大がフルカウントから粘って押し出し四球でもぎ取った1点で、丸のタイムリー(爆発)を誘発し、ヤクルトベンチも何とかその爆発を消火しようと早めにリリーフをつぎこむが、もう、こうなると簡単には消火できない 坂本、岡本にも連続タイムリーが生まれて合計5点のビッグイニングとなった。 そしてこの流れはこの後も変わることなく5回表に巨人が駄目押しとなる3点を奪い勝敗が決した。 ——————————— 【勝者の歓声】 さすがの名将!我らのハラのたっつあんやね! 相手先発が左の山田大と見るや、当たりが出始めていた尚輝と前日の試合でHRを放ったベイビーシャークをあえてスタメンから外し、右打者のマスダイを1番で起用し、左投手でもパーラと同じ左打者のカメちゃんを6番で起用して、それがものの見事に的中するもんなぁ。。。 勿論、ハラのたっつあんなりの根拠、ペナントを長期的な視点で見た起用なんだろうけど、我々凡人には計りしえない第六感というか、そういうミスターばりの動物の勘が冴えてるようにも感じる。 そして、そうこうしているうちにマルとカメちゃんにも調子上昇の兆しが徐々に出てきたし、若大将とキャプテンは相変わらずの勝負強さだし、攻撃陣の軸がしっかりしてるので、野手に関してはかなり手ごたえを感じるようになってきたかなぁ。。。 以上 敬称略 超激辛NPBコラムはTwitterでも活動しています。 (超激辛NPBコラムTwitterはをクリック) Twitterではblogで書ききれなかった事や、ファームの試合雑感、G以外他チームの試合雑感、注目選手の評価、ブログ更新情報など、様々な発信をしております。 又、ブログについての感想やご意見もこちらで受け付けております。 このブログを読んで気に入った方は是非ともフォローしてください。 尚、フォローバックにつきましては、基本的にコメントのやり取りをした方に対してのみ行いますのでご了承ください。 (超激辛NPBコラムTwitterはをクリック)•

次の