マイレージ プラス クレジット カード。 マイレージ・プラス提携カード徹底解説!|マイレージ比較の達人

MileagePlusセゾンゴールドカード(マイレージプラスセゾンゴールドカード)|入会サイト

マイレージ プラス クレジット カード

年会費無料• 高還元率• 即日発行• 初めての1枚• 高ステータス• マイル重視• キャンペーン• 旅行保険• ETC発行• マイレージプラス MileagePlus セゾンカードは、こんな人におすすめ マイレージプラス MileagePlus セゾンカードは、クレディセゾンがユナイテッド航空と提携して発行しているクレジットカードです。 ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス(MileagePlus)」をもっとも貯めやすいクレジットカードとしても知られています。 実質6,500円(税抜)という年会費ではありますが、これで一気にマイル還元率が跳ね上がるため、マイレージプラスを貯めたいユーザーには非常に魅力的な1枚となります。 そんなマイレージプラス MileagePlus セゾンカードのおすすめポイントと、どのような人におすすめのクレジットカードなのかもあわせてご紹介していきます。 ユナイテッド航空のマイレージプラスを貯めている方!マイレージプラス MileagePlus セゾンカードならショッピングで手軽にマイルが貯まる マイレージプラス MileagePlus セゾンカードはクレディセゾン発行のクレジットカードですが、ポイントプログラムは永久不滅ポイントではありません。 ユナイテッド航空との提携カードで、ショッピングで直接マイレージプラスが貯まります。 通常、ショッピング1,000円ごとに5マイルが貯まり、コスモ石油では1,000円ごとに10マイルが貯まりますが、追加年会費5,000円(税抜)を支払ってマイルアップメンバーズに登録すれば、1,000円ごとに15マイル、コスモ石油では1,000円ごとに20マイルが貯まります。 とにかくマイレージプラスを貯めやすいクレジットカードをお探しの方!マイレージプラス MileagePlus セゾンカードのAMEXブランドなら毎年500マイルのボーナス マイレージプラス MileagePlus セゾンカードは、国際ブランドとしてVISAとMastercard、それにAMEXのいずれかを付帯させることができますが、AMEXのみ、サンクスポイントとして毎年500マイルがプレゼントされます。 より効果的にマイレージプラスを貯めたい方は、AMEXブランドを選択するのもおすすめです。 日常のショッピングでもマイルを貯めたい方!マイレージプラス MileagePlus セゾンカードなら西友やリヴィンがお得! マイレージプラス MileagePlus セゾンカードはクレディセゾン発行のクレジットカードですので、クレディセゾン発行の他のクレジットカードと同様に西友やリヴィンをお得に利用できます。 近くに西友やリヴィンがあってよく利用されるという方にとっては、日常のショッピングをお得にできるチャンスです。 海外でも使いやすいクレジットカードが欲しい方!マイレージプラス MileagePlus セゾンカードは海外旅行傷害保険ほか海外Wi-FiレンタルもOK マイレージプラス MileagePlus セゾンカードには、最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。 詳細は後述しますが、一般カードクラスとしては最高ランクの補償内容となっており、非常に魅力的です。 また、海外でも安心してスマホやタブレットを利用できる「海外モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス」も利用できます。 定額制なので、気になる利用料金についても安心です。 特にAMEXブランドは、VISAやMastercardと比べて付帯特典の充実ぶりが目立ちます。 マイレージプラス MileagePlus セゾンカードの紹介まとめ マイレージプラス MileagePlus セゾンカードは、ユナイテッド航空のマイレージプラス(MileagePlus)を貯めている方なら必ずチェックしておくべき1枚です。 マイルアップメンバーズになれば1,000円で15マイル、コスモ石油での利用なら1,000円で20マイルという高還元率でマイルが貯まります。 ユナイテッド航空のマイレージプラスが貯まるクレジットカードに関しては、このマイレージプラス MileagePlus セゾンカードがもっとも貯まりやすいと言われているほどです。 また、特筆ポイントとしては、一般カードクラスとしては最高ランクとなる最高3,000万円の海外旅行傷害保険の付帯、AMEXブランドなら毎年500マイルをプレゼントしてくれるほか、アメリカン・エキスプレス・セレクトやアメリカン・エキスプレス・コネクトも利用できるという充実ぶりです。 もちろん、貯めたマイルはユナイテッド航空と同じスターアライアンスに加盟している航空会社の特典航空券へ交換することもできます。 CHECK マイレージプラス MileagePlus セゾンカードの概要• ユナイテッド航空のマイルがもっとも貯まりやすい!• マイルアップメンバーズ加入でマイル還元率がさらにアップ!• AMEXブランドならサンクスマイルでお得• AMEXブランドを選べばアメリカン・エキスプレス・セレクトも付帯!• 最高3,000万円の海外旅行傷害保険付帯!一般カードとしては最高ランク!• セゾンポイントモールやMileagePlusモールでネット通販もお得 最大のおすすめポイントは、「普段遣いで手軽にマイレージプラスが貯まる」ところでしょう。 マイルアップメンバーズになれば、5,000円という追加年会費を払っても十分にお得にマイルを獲得することができます。 マイレージプラス MileagePlus セゾンカードの特徴 では上記概要をもとに、マイレージプラス MileagePlus セゾンカードの特徴について解説していきます。 マイレージプラスがもっとも貯まる!マイレージプラス MileagePlus セゾンカードならマイルアップメンバーズになれば1,000円ごとに15マイル! マイレージプラス MileagePlus セゾンカードのポイントプログラムはクレディセゾンの永久不滅ポイントではなく、ユナイテッド航空のマイレージプラス(MileagePlus)です。 通常、1,000円の利用ごとに5マイルが付与されます。 また、コスモ石油なら1,000円ごとに10マイルが付与されます。 しかし、別途5,000円(税抜)の年会費を支払ってマイルアップメンバーズになると、1,000円ごとに15マイルが付与され、コスモ石油では1,000円ごとに20マイル加算されます。 マイルアップメンバーズの年会費分5,000円の元を取るには年間50万円前後が損益分岐点となります。 マイレージプラス MileagePlus セゾンカードの利用額が年間50万円を超える人はマイルアップメンバーズへ加入した方がお得です。 PICK UP マイルアップメンバーズ ユナイテッド航空のマイレージプラス(MileagePlus)を効果的に貯められるために付帯させることができるクレディセゾンのオプションで、通常のマイル還元率が3倍になるメリットがあります。 年会費は5,000円で加入は強制ではなくあくまでも任意なので、必要性を感じるなら加入した方が絶対におすすめ。 加入はマイレージプラス MileagePlus セゾンカード発行後に電話での申込みとなります。 ただし、マイルアップメンバーズで獲得できるマイルには上限があり、年間で3万マイル。 利用金額にすると年間200万円が上限となり、それ以降は通常のマイル還元率(1,000円=5マイル)で積算されます。 年会費5,000円の損益分岐点はおよそ50万円なので、年間50万円以上の利用が見込めるなら加入しておいて損はありません。 マイレージプラス MileagePlus セゾンカードの国際ブランドはAMEXを選べば特典充実!AMEXの付帯特典にマイルプレゼントもある! マイレージプラス MileagePlus セゾンカードで選べる国際ブランドは、VISAとMastercard、それにアメリカン・エキスプレスです。 特に、アメリカン・エキスプレスが付帯されたマイレージプラス MileagePlus セゾンカードには、アメリカン・エキスプレス・カードの特典も付帯されるなど、その特典内容もかなり充実しています。 その代表的な特典となるのがアメリカン・エキスプレス・セレクト。 また、旅先でのサポートが充実したアメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィスや、AMEX会員限定の優待やキャンペーンをチェックできるアメリカン・エキスプレス・コネクトも利用できます。 マイレージプラス MileagePlus セゾンカードは海外旅行傷害保険の充実度が高い!一般カード最高クラスの補償内容! マイレージプラス MileagePlus セゾンカードには、最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。 補償内容の内訳は次のとおりです。 傷害死亡・後遺障害 3,000万円 傷害治療費 300万円 疾病治療費 300万円 賠償責任 (自己負担1,000円) 2,000万円 携行品損害 (自己負担3,000円) 30万円 (1品あたり10万円限度) 救援者費用 300万円 マイレージプラス MileagePlus セゾンカードに付帯する海外旅行傷害保険は、一般カードクラスとしては最高ランクになる補償内容です。 特に、傷害治療費や疾病治療費で300万円の補償が付帯する一般カードはレアです。 海外旅行傷害保険だけを見れば、その内容はほぼゴールドカードに匹敵します。 しかも自動付帯という点も特筆すべきポイントです。 また、カラオケやレンタカー、水族館やサファリパーク、HISの海外パッケージツアーなどが割引となる優待ショップも利用できます。 ネット通販がお得に使える!MileagePlusモールで利用できるほかカード保有宣言でセゾンポイントモールで永久不滅ポイントも貯まる! ユナイテッド航空との提携カードとなるマイレージプラス MileagePlus セゾンカードでは、マイレージプラス会員専用のオンラインモール「MileagePlusモール」を利用できます。 楽天市場やYahoo! ショッピング、LOHACOといった有名なネットサイトも参加しているので、日常的にネットショッピングを活用している方ならぜひとも積極的に利用したいところ。 通常のマイル還元率に加え、MileagePlusモールでのボーナスが0. マイレージプラス MileagePlus セゾンカードは永久不滅ポイントが貯まるカードではないため、そのままではクレディセゾンのオンラインモール「セゾンポイントモール」を利用して永久不滅ポイントを貯めることができませんが、「カード保有宣言」をすることでセゾンポイントモールで永久不滅ポイントを貯めることができます。 PICK UP カード保有宣言とは? 通常、永久不滅ポイントを貯められないクレジットカードを利用している人がセゾンポイントモールを利用する場合はメールアドレスのみでの登録となりますが、クレディセゾンの会員専用サイト「セゾンNetアンサー」に登録してIDを取得し、そのIDをセゾンポイントモールへ登録することで、セゾンポイントモール利用時に永久不滅ポイントを貯めることができるようになります。 マイレージプラス MileagePlus セゾンカードの注意点・デメリット 最後に、マイレージプラス MileagePlus セゾンカードのデメリットや注意点について触れておきます。 家族カードの発行はナシ• マイルアップメンバーズで高還元率となるのは年間3万マイルまで 主に、以上の2点です。 マイレージプラス MileagePlus セゾンカードは家族カードを発行できない マイレージプラス MileagePlus セゾンカードは家族カードの発行ができません。 そのため、家族全員でマイルを貯めるということも不可能です。 ただし、上位カードのマイレージプラス(MileagePlus)セゾンゴールドカードであれば家族カードの発行が可能になります。 マイレージプラス MileagePlus セゾンカードで優良な利用実績を積んでインビテーションを待つのがおすすめです。 マイルアップメンバーズで獲得できるマイルには上限がある!年間3万マイルを超えると通常の付与率に戻る! 先にも触れていますが、マイレージプラス MileagePlus セゾンカードで追加年会費5,000円を支払えば、マイルアップメンバーズに加入することができ、マイル還元率も1,000円=5マイルから1,000円=15マイルにアップします。 しかし、この高還元率で利用できるのは年間30,000マイルまでで、利用金額で言えば200万円までとなります。 年間30,000マイルを超えてしまうと、その分は1,000円=5マイルと、通常の還元率に戻ります。 ただし、年間200万円の利用は一般の人であればそうそうあるものではありませんので、この点に関してはそれほど意識しなくても大丈夫でしょう。

次の

MileagePlus MUFGカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

マイレージ プラス クレジット カード

年会費無料でマイルが貯まるクレジットカード 年会費無料でマイルが貯まるクレジットカード マイルが貯まるクレジットカードは基本的に年会費がかかるため、年会費無料で使えるカードを探しているという人も多いと思います。 マイルを貯めるなら、航空系カードの取得がおすすめです。 航空系カードは年会費がかかりますが、中にはJALカードのように初年度年会費無料のカードもありますし、 一般的なクレジットカードより航空系カードのほうがマイルを貯めやすいです。 今回は、 マイルが貯めやすく初年度年会費無料のクレジットカードと、18歳~29歳まで年会費無料で使えるクレジットカードを紹介します。 一般的なカードより航空系カードがおすすめな理由 マイルを貯めるのに一般的なクレジットカードよりも航空系のカードがおすすめなのは、次のような理由があります。 入会時や毎年の更新時に1,000以上のマイルが付帯される• 飛行機に乗って移動した分のマイルが付帯される 航空系カードの入会や更新特典の1,000マイルを獲得できます。 1,000マイルをカード決済だけで貯めるには、標準的なマイル還元率0. また、航空系カードなら、飛行機で移動した距離分だけマイルをもらえます。 例えば、東京-大阪間を飛行機で移動する場合、往復でおよそ600マイルが貯まります。 一般的なカードではフライト分のマイルは加算されませんので、 頻繁に飛行機を利用する場合には航空系カードのほうがマイルを貯めやすいです。 飛行機によく乗る人はJALカードがおすすめ 航空系カードの中でも、出張や旅行で頻繁に飛行機を利用する人にはJALカードがおすすめです。 JALカードは初年度年会費が無料で、飛行機での移動でマイルを貯められます。 そのため、飛行機にの乗る人は一般的なクレジットカードよりもJALカードの方が多くのマイルを貯められます。 また、JAL系統のカードは、カード決済をするだけでマイルが貯まっていきます。 JAL以外のカードは貯めたポイントをマイルに変更する手続きが必要なので、JALカードはマイレージを使いやすいメリットがあります。 JALカードのデメリットは、入会後と毎年更新後に1,000マイルを受け取るのに、JAL便に搭乗する必要があることです。 そのため、飛行機に乗らずにマイルを貯めたい場合には、JALカードよりもANA系統のカードの方がおすすめです。 飛行機に乗らずにマイルを貯めたいならANA VISA 一般カードがおすすめ 飛行機に乗らずマイルを貯めたい陸マイラーの人にはANA VISA 一般カードがおすすめです。 ANAカードは初年度年会費無料、2年目以降は2,000円(税抜)の年会費がかかりますが、入会と更新時に自動で1,000マイルを獲得できます。 ANA VISA一般カードの隠れた魅力=年会費実質無料 ANA VISA一般カードで2年目以降にかかる年会費2,000円(税抜)は裏ワザで実質無料にできます。 マイ・ペイすリボに登録すると 次年度年会費が1,025円(税抜)になる上、継続時に1,000マイルが自動的にもらえます。 マイルの価値は使用方法によって異なりますが、1マイル100円以上はあるので実質年会費無料以下でカード利用できます。 通常、リボ払いだと手数料がかかりますが、マイ・ペイすリボ登録後に「毎回支払金額」の設定を「全額」に変更すれば手数料がかからず年会費が割引されます。 ANA VISA一般カードはマイレージを使うのに移行手続きが必要 ANAカードは利用していても自動でマイルは貯まりません。 カード決済で貯めたポイントをマイルに移行する手続きが必要です。 ANAカードは、1,000円利用するごとに1ポイント貯まります。 12ポイント以上をマイルに交換する際は、5マイルコースよりも10マイルコースのほうがお得です。 年会費無料でマイル高還元率「JCB CARD W」 JCB CARD Wはカード利用金額1,000円ごとに2ポイント貯まるクレジットカードです。 貯めたポイントは200ポイント=600ANAマイルに交換することができます。 (JALの場合も200ポイント=600JALマイル) 200ポイント=600ANAを マイル還元率で言うと0. 6%です。 ANA VISAカードは通常マイル還元率が0. 5%なので、JCB CARD Wを使ったほうがマイルを貯めやすいです。 更に、JCB特約店である「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」を利用してショッピングをすると、ポイント還元率が2~20倍にアップします。 JCB CARD Wは申込資格が18~39歳までと限定されていますが年会費永年無料のカードなので、作っておいて損はないカードです。 ポイント高還元率 JCB CARD Wはポイントに特化したJCBカードなので、 ポイントが貯まりやすいのが特徴です。 クレジットカードは一般的にポイント還元率が0. 5%程度ですが、JCB CARD Wは還元率が常に1%です。 更にネットショッピングや提携しているお店でカードを利用すると追加でポイントが手に入るため、実質マイル還元率は0. 6%以上だと言えます。 マイル移行手数料無料 クレジットカードのポイントをマイルに交換する場合、移行手数料を取られてしまうことがありますが、JCB CARD Wは 移行手数料無料でANAマイルに交換できます。 年会費永年無料 航空系クレジットカードは基本的に年会費がかかってしまいますが、JCB CARD Wであれば年会費永年無料で利用できます。 たまにしかカードを使わないという人でも、全く損をすることなく利用できるのは安心です。 番外:18歳~29歳限定の「ANA JCB ZEROカード」 航空会社のクレジットカードは年会費が高めの傾向がありますが、「ANA JCB ZEROカード」は、年会費が5年間無料です。 年会費が無料のカードは学生専用カードを除いて、他にはない異例のカードといえます。 ただし、このZEROカードの申込みの年齢条件は「18~29歳まで」、そして「JCBカードのみ」なんです。 JCBは海外の加盟店で利用できない場合があるため、海外旅行者の方にはおすすめできません。 このZEROカード、年会費無料の他にもおすすめするポイントがいくつかあります。 ANA JCB ZEROカードのおすすめポイント• その1:マイレージへの移行手数料が無料!• その2:区間マイル+10%のボーナスマイルが付いてくる!• その3:1,000円の利用で5マイル貯まる• その4:家族カードも年会費無料で発行OK• 18~29歳以下の社会人(学生不可)しか申込みできない。 JCBしか選べない(海外で使う場合、VISA・MASTERの方が加盟店が多いため)• 入会時のボーナスマイルがない。 ANA JCB ZEROカードはこんな方におすすめ ANAカードを初めて持つ方、自分はどれだけカードを使うかわからないという方に。 年会費が無料なので、お試し感覚でANAカードの特典を使ってみたいという方には最適なカードといえます。 マイルが貯まるクレジットカードとは? 各航空会社のマイレージサービスに登録して飛行機に乗ると、距離に応じてフライトマイルが貯めることができます。 でも、フライトマイルだけで特典航空券に交換できる分のマイルを貯めるのは結構大変ですよね。 現在、様々なクレジットカード会社が航空会社と提携してポイントをマイルへ移行するサービスを行っています。 なぜ航空会社のクレジットカードが効率的にマイルを貯められるのか?というと、ポイント還元率が良いこと、また航空会社ならではのマイルがもらえるサービスがたくさん用意されているからなんです。 次にそのサービスのひとつひとつをご案内いたします。 航空会社のマイルが貯まるお得なサービス まず、なんといっても大きいのが、航空会社のクレジットカード入会時や搭乗時、カード更新時のボーナスマイルです。 ANAの場合 一般カード• 入会特典…1,000マイル• 継続特典…1,000マイル• 搭乗時…区間マイル+10% ゴールドカード• 入会特典…2,000マイル• 継続特典…2,000マイル• 搭乗時…区間マイル+25% プレミアムカード• 入会特典…10,000マイル• 継続特典…10,000マイル• 搭乗時…区間マイル+50% JALの場合 一般カード• 初搭乗後…1,000マイル• 契約更新後の搭乗後…1,000マイル• 搭乗時…区間マイル+10% ゴールドカード・プラチナカード• 初搭乗後…5,000マイル• 契約更新後の搭乗後…2,000マイル• 搭乗時…区間マイル+25% どこの航空会社のクレジットカードがよいのか? では、どこの航空会社のクレジットカードがよいのか?というと、使う方のライフスタイルや好みがあるので一概にこれが一番!ということはいえません。 日本に住んでいると必然的にJALカードまたはANAカードを選ぶ方が多いでしょう。 JALもANAもたくさんカードの種類があってどれが自分に合っているのかわからない…という方は、次のポイントでカードを選ぶといいですよ。 サービス内容が自分に必要かどうか• 年会費やポイント移行手数料の有無• ポイント還元率がいいか• よく行く場所(帰省先、出張先など)、将来行ってみたい場所に就航路線があるか• その航空会社が好き、気に入っている ほかにもある!ANAマイルの便利な使い方 マイルを使って無料航空券に交換したくても、なかなか必要なマイレージ数まで貯まらない、とか、繁忙期で座席が空いてなくて使えない、という方もきっと多いのではないでしょうか。 そんな方にぜひ活用してほしい「ANA SKYコイン」についてご紹介します。 「ANA SKY(スカイ)コイン」って何? ANA SKYコインとは、ANAウェブサイトで10コイン=10円相当で利用できる電子クーポンのことです。 1マイルから交換可能なので余ったマイルも無駄なく使えるのが魅力です。 ANAマイルからSKYコインへ交換する他にも、SKYコインを貯める方法は「ANA SKY PARK で投稿・動画視聴してSKYコインをゲットする方法」と「提携パートナーのポイントをSKYコインに移行する方法」の2つあります。 ANA SKY PARK で投稿・動画視聴してSKYコインをゲットする方法 ANA SOCIAL SKY PARKからtwitterやfacebookで決められたテーマに沿ってコメントを投稿したり、動画を見るだけでSKYコインがゲットできます。 提携パートナーのポイントをSKYコインに移行する方法 他社(下記、提携パートナー参照)ポイントのポイントをSKYコインに移行して使うこともできます。 ポイント交換率は各社異なるのでANA WEBサイトを参照ください。 また、一度交換したSKYコインは各他社ポイントに戻すことができないのでご注意ください。 利用方法はいたって簡単、航空券や旅行商品の支払い画面で、事前に交換したSKYコイン数を入力するだけです。 マイレージで取る特典航空券と違って、空席があれば取れるので便利です。 燃油サーチャージの支払いにも使えます(特典航空券との併用はできません)。 また、ANA SKYコインの支払いでももれなくフライトマイルが貯められますよ。

次の

マイレージプラス・クレジットカード会員向けキャンペーン

マイレージ プラス クレジット カード

具体的には、米国「Global Traveler」誌の読者が選ぶ「 ベストフリークエントフライヤープログラム」に2004年から 11年連続で選出されています。 今回のマイル加算制度の改定に伴い、マイレージ・プラスのフライトマイル加算率は、残念ながら 大幅に低下しました。 とくに、ユナイテッド航空/ユナイテッド・エクスプレスでのフライトの際は、マイレージ・プラス会員としてマイルを加算するよりも、ユナイテッドと提携している航空会社のマイレージプログラム会員としてマイルを加算(たとえば、ANAマイレージクラブとしてANAマイルを加算を申請)する方がおトクな場合が多いです。 一方、ユナイテッド以外の航空会社が発券する提携航空でのフライトについては、従来どおり飛行距離に基づいて獲得マイル数が決定されます。 2015年3月1日以降、提携航空でのフライトによるマイル加算率も全般的に改悪されましたが、ANAやルフトハンザ、エアーカナダなどいくつかの 強固な提携関係にある航空会社でのフライトによるマイル加算率はかなり高いです。 マイレージ・プラスは、特典航空券の交換に必要なマイル数は、全般的に、JAL/ANAに次いで少ないうえ、特典航空券利用時は 燃料サーチャージが徴収されません。 そのため、2015年始め頃まで、マイレージ・プラスの特典旅行に必要なトータルコストは路線全般的に業界最安でした。 ところが、2015年8月1日現在、燃料サーチャージは2015年1月比で半額未満に下がっています。 この燃料サーチャージの急落に伴い、マイレージ・プラス特典旅行の総コストは、日本国内線を除き、JAL/ANAのローシーズンの必要マイル数よりも総じて高くなりました。 アップグレード特典については、ANAをはじめ大半の航空会社はアップグレードの対象運賃を普通運賃もしくは一部の正規割引運賃に制限していますが、マイレージ・プラスは、 格安航空券でも追加料金を支払えばアップグレードの対象になるという点で非常に魅力的です。 ユナイテッド航空はプレミア資格フライトマイル積算率が高いため、 プレミア会員資格をクリアしやすいというメリットもあります。 25,000マイル以上で「 プレミアシルバー」、50,000マイル以上で「 プレミアゴールド」として、75,000マイル以上で「 プレミアプラチナ」、100,000マイル以上で「 プレミア1K」として、少なくとも1年間、 プレミア特典ボーナスマイルをはじめ、足元が最大約12センチ広い エコノミープラス座席の無料利用(同伴者1名様まで)や優先チェックイン、 無料受託手荷物の追加など、 プレミア会員特典を受けることができます。 共同運航対象路線では、ANAが発券した航空券でANAに搭乗する場合、ANAマイレージクラブ会員としてマイル積算するよりも、マイレージ・プラス会員としてマイル積算する方がマイルがたまります。 ANA以外のスターアライアンス加盟航空でのフライトにおいても、マイレージ・プラスのマイル加算率は総じてANAマイレージクラブよりも高く設定されています。 【プレミア会員プログラムでもおトク 】 2011年4月1日より開始されたユナイテッドとANAの提携強化はプレミア会員プログラムにも及んでいます。 2015年7月現在、ユナイテッドとANAの共同事業対象路線では、ANA便でフライトしても、 マイレージ・プラスのプレミア資格取得対象マイルは、ユナイテッド便搭乗の場合と同一基準であり、エコノミークラス運賃は一律100%加算、ビジネス/ファーストクラスは一律150%積算となります。 たとえば、ANAマイレージクラブでは、ANAカード会員であるか否かに関わらず、ANAエコノミークラスPEX運賃でのフライト年間42,857マイル以上でようやく 「ブロンズサービス」(スターアライアンス・シルバー)会員になれます。 これが格安航空券利用なら、年間フライト60,000マイルが必要となります。 ところが、マイレージ・プラスなら、ユナイテッド便、ANA便いずれのエコノミークラス運賃でも年間フライト25,000マイル以上で 「プレミアシルバー」(スターアライアンス・シルバー)会員に、年間フライト50,000マイルなら 「プレミアゴールド」(スターアライアンス・ゴールド会員)なることができます。 【注意】2012年1月1日よりプレミア資格を獲得するには、一暦年中にユナイテッド、コパまたはコパコロンビアを加算対象運賃にて、 少なくとも4便利用を必要とする新ルールが課されました。 このように、マイレージ・プラスなら、ANAマイレージクラブよりもはるかに簡単にエリート会員に到達できます。 しかも、マイレージ・プラスのプレミア会員は、 ANA便をはじめ、エアカナダ、全日空、オーストリア航空、ブリュッセル航空、ルフトハンザ航空、スイス航空、が運航する搭乗でも、 25%〜200%の プレミアボーナス特典マイルを獲得できます。 これらの理由から、マイレージ・プラスは、世界的にみて魅力的であるのはもちろん、(とくに太平洋路線で) ANAを利用する機会が多い方にとっても、魅力的なマイレージプログラムだといえます。 「マイレージ・プラス」の主な特長 最終更新:2015年8月3日• 世界最大級の自社運航便路線網 :(2014年7月現在)59ヵ国369ヵ所に就航• 《便利》外資系航空トップクラスの日本発着路線網(国内11空港23路線):国内11都市からグアムへ、成田から米国内へ、または北米経由で南北米の多彩な都市へ渡航できます。 《最大》提携航空ネットワーク: スターアライアンス27社( ANAを含む)+独自提携航空13社• 提携航空会社のフライトでマイルがよくたまる。 《おトク》ANAとの強力な提携関係 :ANA便利用でマイルが一番たまります。 《おトク》特典航空券交換に必要なマイル数が少なめ• 《おトク》日本国内特典航空券(800マイル以下の路線)は片道 5,000マイル(Saver)• 《おトク》日本国内特典航空券(800マイル以上の路線)は片道 8,000マイル(Saver)• 《おトク》日本-北アジア(中国・韓国・台湾など)の特典航空券は片道 15,000マイル(Saver)• 《おトク》日本-オセアニア(グアム、フィジー、ニューカレドニアなど)の特典航空券は片道 12,500マイル(Saver)• 無料航空券・アップグレードともに片道利用の場合の マイル減算は半分のみ• ユナイテッドホリディ:ツアー参加でもマイルが貯まります• 《希少》:国内446店舗(2016年4月25日現在)が参加するネットモール 利用100円につき 1〜3マイル加算。 外資系FFPの中では最も充実した国内提携店舗数です。• 《おトク》多彩な提携クレジットカードに入会可能(オプション): カード利用 100円につき1マイル〜最大2マイル積算をはじめ、入会ボーナス 最大3,000マイル、毎年継続時ボーナス 最大5,000マイルなど、マイルを獲得するための特典が多彩です。 《希少》マイルを購入できます: 2,000マイル以上1,000マイル(=USD35+連邦消費税7. 《希少》:他の会員口座へ2,000マイル以上1,000マイル(=USD15)単位でマイル移行できます。 《希少》マイルの復元:有効期限のきれたマイルの一部または全部を復元して、特典旅行に交換できます。 25,000マイルまでごとにUSD50かかります。 《おトク》: ユナイテッド航空ならびにスターアライアンス航空運航便の利用で1暦年に加算対象運賃で25,000エリート資格取得対象マイル(EQM)以上または30エリート資格取得対象区間(EQS)以上に到達すると、「プレミア」資格を獲得でき、 ボーナス特典マイルや、 優先チェックイン、 預入手荷物許容量アップなどの特典が付与されます。 そのため、日本在住者にとって、スターアライアンス加盟航空会社のなかで、ユナイテッドとANAのどちらのマイレージプログラムの会員になるかは迷うところです。 では、どちらを選ぶかですが、 【 フライトが多い方には】エリート会員資格取得の容易さで業界No. 1という点で、マイレージ・プラスはおススメです。 フライトマイル加算率も全般的にANAマイレージクラブよりも若干高いです。 ANA便利用時も、ANAマイレージクラブ会員よりもマイレージ・プラス会員の方がマイルがたまります。 ただし、ユナイテッド便利用時はマイル加算率は低いので注意が必要です。 主にクレジットカードでマイルを稼ぐという方は、入会するカードランクによって事情は異なります。 【 一般カードランクなら】の方に入会し、ANAマイルを貯める方がよいでしょう。 なぜなら、(とくにANAカード)はボーナスマイルがもらえる国内提携パートナーが多彩であるうえ、特典航空券交換に必要なマイル数がマイレージ・プラスよりも少ないからです。 【 ゴールドカードランクでは】カード利用100円につき1. 【 ダイナース提携カードでは】ANAダイナースカード(年会費27,000円/税抜)の方が、MileagePlus ダイナースクラブカード(年会費28,000円/税抜)やMileagePlus ダイナースクラブファースト(年会費43,000円/税抜)よりも、あきらかにコストパフォーマンスが高いです。 ただし、「マイルを無期限にする」ことだけを目的とするなら、 一番効率の良いマイル期限延長対策は、MileagePlusモールなど マイル提携パートナーの利用すれば十分です。 たとえば、MileagePlusモールを経由し楽天ブックスで本やCDを購入すれば、注文金額200円につき1マイルが加算されます。 マイル提携パートナー利用時の決済にMileagePlus提携クレジットカードを利用する義務もありません。 ショッピングでマイルをしっかり貯めたいという方には、マイレージ・プラス提携カードへの入会がおススメです。 おススメできるMileagePlus提携カードは、年間カード利用額によって異なってきます。 年間カード利用額が大きい方なら、より高い年会費を支払ってでもカード利用100円につき1マイル、あるいは1,000円につき15マイル貯まるカードを選択する方がお得になります。 では、マイレージ・プラスを1マイル=1. 5円相当とみるのが妥当でしょう。 5万円利用 3年間105万円利用 3年間127万円利用 MileagePlus JCBクラシックカード 3,936円 2,625マイル 3,937. 5円( -7,162. とはいっても、マイル積算率が1,000円=5マイル/200円=1マイルと低いため、魅力はありません。 年間カード利用35万円以上年間200万円以下の場合は、 (マイルアップメンバーズ利用時の年会費6,825円/1,000円につき15マイル加算)がもっとも高いコストパフォーマンスを発揮します。 マイレージ・プラス提携ゴールドカード・プラチナカードは、• 5マイル/通常入会ボーナス3,000マイル)• 5マイル・海外2マイル/条件クリアで入会ボーナス10,000マイル・条件クリアで毎年継続ボーナス5,000マイル)• 0マイル・海外1. 5マイル)• 0マイル・海外1. 5マイル) の8券種が発行されています。 そこをあえて言うならば、 マイル獲得のコストパフォーマンスでは、 MileagePlus JCBゴールドカードならびに MileagePlusセゾンゴールドカードが一番すぐれています。 マイレージ・プラス会員として世界を飛び回るエグゼクティヴな方には、も選択肢に入ってきます。 移行したいときだけ、「ダイナースグローバルマイレージ」に移行するようにすれば、年会費を抑えることが可能です。 ピックアップ!MileagePlus提携カード MileagePlusセゾンカード カード利用1,000円につき15マイル貯まる!業界トップレベルのマイル換算率を誇るユナイテッド航空マイラー向けハイコストパフォーマンスカード。 年会費 税別 家族会員 利用枠 リボ払い金利 キャッシング金利 1,500円 - 30〜150万円 14. 52% 12. 0〜18.. 0% 入会資格 ポイントプログラム 旅行保険 買物保険 18歳以上 電話連絡可能な方 1,000円=10〜15マイル 2. 0〜3. 0円換算の場合 MileagePlusセゾンゴールドカード カード利用1,000円につきユナイテッド航空マイルプラス15マイル貯まる!AMEXブランドを選択すると、毎年サンクスマイルがもらえます。 4/7. 2 7. 0/7. 0 【本会員】15,000円 【家族会員】5,000円 〜300万円 9. 6〜12. ・ コスモ石油で1,000円につき20マイル加算 ・ サンクスマイル《AMEX限定》:毎年の年会費請求の2か月後に 1,500マイルをプレゼント ANAグループ空港内免税店で 10%OFF:対象店舗で、MileagePlus JCBゴールドカードを利用すると10%OFF。 もちろんショッピングマイルも獲得できます。 0円の場合の参考値です。 MileagePlus JCBゴールドカード 100円=1. 5マイル!ユナイテッド航空「マイレージ・プラス」のマイルが業界最高レベルの還元率で貯まるハイコストパフォーマンスカード。 ステイタス 年会費 税別 利用枠 空港ラウンジ プライオリティ・パス 《国内》7. 5 《海外》7. 5マイル 3. もちろんショッピングマイルも獲得できます。 [対象店舗] 成田国際空港、関西国際空港のANA DUTY FREE SHOP、羽田国際空港のTIAT DUTY FREE SHOP SOUTH ・ MileagePlusモール:国内200社が参加するネットモール。 利用100円につき通常1〜3マイル加算。 そうでない場合は最高5,000万円の補償になります。 実際の還元率は、マイルをどの特典に交換するかによって上下します。 MileagePlusセゾンプラチナカード カード利用1,000円につきユナイテッド航空マイルプラス15マイル貯まる!VISAプラチサービスが使えるステイタスカード。 ステイタス 年会費 税別 利用枠(入会時) リボ払い金利 空港ラウンジ 《国内》8. 3 《海外》8. 4 【本会員】36,000円 【家族会員】9,000円 〜500万円 9. 6〜12. ・ コスモ石油で1,000円につき20マイル加算 ・ サンクスマイル:毎年の年会費請求の2か月後に 5,000マイルをプレゼント ・ ANAグループ空港内免税店で10%OFF:対象店舗で、MileagePlus JCBゴールドカードを利用すると10%OFF。 もちろんショッピングマイルも獲得できます。 [対象店舗] 成田国際空港、関西国際空港のANA DUTY FREE SHOP、羽田国際空港のTIAT DUTY FREE SHOP SOUTH ・MileagePlusモール:国内200社が参加するネットモール。 利用100円につき通常1〜3マイル加算。 0円の場合の参考値です。 MileagePlus ダイナースクラブカード 今なら新規入会で最大5,000マイルをプレゼント!ショッピングで、フライトで、ユナイテッド航空のマイルが無期限で貯まる! ステイタス 年会費 税抜 利用枠 リボ払い金利 空港ラウンジ 《国内》8. 5 《海外》8. もちろんショッピングマイルも獲得できます。 ・海外クラブホテルズ/国内クラブホテルズ/旅の宿/スパ優待/充実のゴルフサービス ・ 手荷物宅配サービス:海外からご帰国の際に、スーツケース等のお荷物1個を対象空港からご指定の場所までお届けします。 他にも、プラチナ級サービス多数。 5 《海外》8. 1 【本会員】43,000円 【家族会員】9,000円 一律の制限なし カード会社のホームページをご確認ください 国内外 1,000ヵ所以上 2019年11月現在 入会資格 ポイント付与 海外旅行保険 国内旅行保険 買物保険 年齢27歳以上の方 国内100円= 1. もちろんショッピングマイルも獲得できます。 ・海外クラブホテルズ/国内クラブホテルズ/旅の宿/スパ優待/充実のゴルフサービス ・ 手荷物宅配サービス:海外からご帰国の際に、スーツケース等のお荷物1個を対象空港からご指定の場所までお届けします。 他にも、プラチナ級サービス多数。 MileagePlusセゾンカード 画像をクリックすると、詳細情報ページが開きます。 【最終更新:2019年10月20日】 カードタイプ MileagePlus JCBカード MileagePlus セゾンカード クラシック 一般カード ゴールド 一般カード ゴールド プラチナ 提携ブランド 年 会 費 / 税 抜 本会員 1,250円 5,000円 15,000円 1,500円 20,000円 50,000円 家族会員 400円 1,000円 5,000円 - 5,000円 9,000円 申 込 資 格 本会員 原則18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方 20歳以上で本人に安定継続収入のある方。 学生不可 原則18歳以上で電話連絡可能な方 原則20歳以上で、 ご本人に安定継続 収入のある方 家族会員 本会員と生計を同一にする配偶者、ご両親、18歳以上(高校生を除く)のお子様が対象。 2 - 7. 2 8. カードでのお支払いがない場合には、最高5,000万円補償になります。 s MUFGカード v. UCカード 画像をクリックすると、詳細情報ページが開きます。 【最終更新:2019年10月20日】 カードタイプ MileagePlusダイナースクラブ MileagePlus MUFGカード MileagePlus UCカード 一般タイプ ファースト 一般 ゴールド プレステージ 一般カード ゴールド 提携ブランド 年 会 費 / 税 抜 本会員 28,000円 43,000円 5,000円 「楽Pay」による 年会費優遇あり 15,000円 「楽Pay」による 年会費優遇あり 1,500円 18,000円 家族会員 9,000円 9,000円 1名様無料 2人目より1名につき1,000円 無料 400円 5,000円 申 込 資 格 本会員 年齢27歳以上 原則20歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方(学生不可) 原則20歳以上で本人に安定収入のある方(学生不可) 満18歳以上の方 専業主婦の方、 学生の方も申込可(高校生不可) 原則25歳以上 年収500万円以上 家族会員 本会員の配偶者の方、 ご両親、18歳以上のお子様 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18才以上)の方 生計を同一にする同姓の配偶者 ・親子(18歳以上)の方 発行所要期間 申込から最短3営業日 1〜2週間程度 最短5営業日 利用枠 一律の制限なし 10〜100万円 50〜300万円 10〜40万円 100〜200万円 カード利用マイル 100円=1マイル 100円= 国内 1. 5マイル 海外2マイル 100円 =1マイル リボ払 1. 5マイル 100円= 国内1. 0マイル 海外 1. 1 6. 5 7. 2 - 7. カードでのお支払いがない場合には、最高5,000万円補償になります。

次の