第 一 生命 コロナ 感染。 新型コロナ「保険金支払い問題なし」 稲垣第一生命社長 :日本経済新聞

「新型コロナウイルス感染症」に関連したご案内等について

第 一 生命 コロナ 感染

スポンサーリンク 新型コロナウイルスに感染した場合、会社や保険会社の補償はされるのか 2020年2月1日より新型コロナウイルスは指定感染症に認定されたため、インフルエンザと同じく感染したら就業制限されます。 指定感染症に認定されているため、 治療費・入院費・食費は公費負担となり費用は特にかかりません。 ただし、 食事などをグレードアップしたい場合は対象外となり、自費負担となります。 会社での補償について 現在のところ、 会社での補償は対象になっておらず、休業手当を支払う義務はないそうです。 新型コロナウイルスに感染して会社を休むと欠勤扱いとなり、どうしても嫌な場合は有給休暇で消化する必要があります。 つまり、インフルエンザと同じ扱いになるため、「給料をカットされるなら無理しても出勤する」という方が出てもおかしくなく、この対応にはかなり疑問。 水際でも止められず、この対応だと納得いかない方は多いはずです。 ただ、会社には「 傷病手当金」というものがあり、健康保険で給料の6割程度支給されるため、こちらを使うことになりそうです。 自営業の場合に入っている国民健康保険では傷病手当はないため、賃金補償はありませんので注意が必要。 保健会社の補償について 新型コロナウイルスに感染した場合、入院給付金で対応できるそうです。 現在分かっているのは「住友生命」「第一生命」「日本生命」などは対応しているそうで、外資系に関してはわかっておりません。 が、おそらく対象になるはずです。 確実とはいえないため、その他の保険会社に入られている方は、直接コールセンターに問い合わせてみてください。 新型コロナウイルスに感染した場合どこまで補償(カバー)されるのか?会社や保険会社の話まとめ 今回の新型コロナウイルスは全く新しいタイプの病気であるため、各保険会社での対応も追いついていないのが現状です。 現状は入院・食費・治療費は公費が当てられるため医療保険が適用外でも損失はありません。 ですが、新型肺炎に感染して入院すると2週間程度の休みが強いられるため、給料保証がない現状だとかなり厳しいと思います。 今のままだと「有給を全て使うのは・・・」と考える人も出てきておかしくなく、政府の対応が待たれます。

次の

第一生命ホールディングス、営業業績減少もグループ修正利益は期初予想を上回り増益

第 一 生命 コロナ 感染

スポンサーリンク 新型コロナウイルスに感染した場合、会社や保険会社の補償はされるのか 2020年2月1日より新型コロナウイルスは指定感染症に認定されたため、インフルエンザと同じく感染したら就業制限されます。 指定感染症に認定されているため、 治療費・入院費・食費は公費負担となり費用は特にかかりません。 ただし、 食事などをグレードアップしたい場合は対象外となり、自費負担となります。 会社での補償について 現在のところ、 会社での補償は対象になっておらず、休業手当を支払う義務はないそうです。 新型コロナウイルスに感染して会社を休むと欠勤扱いとなり、どうしても嫌な場合は有給休暇で消化する必要があります。 つまり、インフルエンザと同じ扱いになるため、「給料をカットされるなら無理しても出勤する」という方が出てもおかしくなく、この対応にはかなり疑問。 水際でも止められず、この対応だと納得いかない方は多いはずです。 ただ、会社には「 傷病手当金」というものがあり、健康保険で給料の6割程度支給されるため、こちらを使うことになりそうです。 自営業の場合に入っている国民健康保険では傷病手当はないため、賃金補償はありませんので注意が必要。 保健会社の補償について 新型コロナウイルスに感染した場合、入院給付金で対応できるそうです。 現在分かっているのは「住友生命」「第一生命」「日本生命」などは対応しているそうで、外資系に関してはわかっておりません。 が、おそらく対象になるはずです。 確実とはいえないため、その他の保険会社に入られている方は、直接コールセンターに問い合わせてみてください。 新型コロナウイルスに感染した場合どこまで補償(カバー)されるのか?会社や保険会社の話まとめ 今回の新型コロナウイルスは全く新しいタイプの病気であるため、各保険会社での対応も追いついていないのが現状です。 現状は入院・食費・治療費は公費が当てられるため医療保険が適用外でも損失はありません。 ですが、新型肺炎に感染して入院すると2週間程度の休みが強いられるため、給料保証がない現状だとかなり厳しいと思います。 今のままだと「有給を全て使うのは・・・」と考える人も出てきておかしくなく、政府の対応が待たれます。

次の

第一生命、「新型コロナウイルス感染症」に関連した追加対応として災害割増保険金等に規定する「感染症」の範囲を拡大 :日本経済新聞

第 一 生命 コロナ 感染

さて、今回みなさんにお伝えしたいテーマは、新型コロナウイルス感染症(以下:新型コロナウイルス)と現在契約している生命保険の支払いについてです。 このような世の中の流れにおいて、一つの疑問を抱いた方も多いのではないでしょうか? 普通は入院したら入院給付金を受け取れるけど、自宅療養やホテルの場合はどうなるの?お金はもらえるの? そこで、2020年4月17日現在、生命保険会社が新型コロナウイルスへの対応として発表した、医療保険や生命保険の特別な取り扱いについてまとめたいと思います。 ただ、商品や対応の詳細については、必ずご加入の保険会社に直接確認してくださいね。 医療保険に対する生命保険会社の対応 日本国内の大手生命保険会社は、今回の新型コロナウイルス感染症への対応として、いくつかの特別な措置を取ると発表していて、そのひとつが医療保険に対する対応です。 そこで、数社を例に挙げて以下紹介したいと思います。 詳しくは、第一生命のホームページでご確認ください。 明治安田生命保険 臨時施設等または自宅で療養した期間について、その期間に関する医師または医療機関の証明をもって入院給付金・入院治療給付金の対象とします。 詳しくは、明治安田生命のホームページでご確認ください。 メットライフ生命保険 疾病入院給付金は、疾病の治療を目的とした入院に対して支払いをしますので、検査により陽性と判定されたか否かにかかわらず、医師の指示で医療機関に入院された場合は、疾病入院給付金の支払い対象となります。 また、自宅療養や臨時施設等で医師の治療を受けた場合も、医師の証明書等の提出があれば入院給付金の対象とします。 詳しくは、メットライフ生命のホームページでご確認ください。 アフラック 新型コロナウイルス感染症により入院が必要にもかかわらず、医療機関の事情で臨時施設、宿泊施設、自宅等にて医師の管理下で療養した場合、医師が証明した期間において入院給付金の対象とします。 詳しくは、アフラックのホームページでご確認ください。 死亡保険に関する生命保険会社の対応 生命保険会社では、医療保険だけでなく死亡保険に対しても特別な措置を取りはじめています。 以下、代表的な保険会社を例に紹介したいと思います。 詳しくは、日本生命のホームページでご確認ください。 第一生命保険 新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた場合には、疾病による死亡保険金の支払いに加え、災害割増特約の災害割増保険金および傷害特約の災害保険金等についても支払い対象となります。 詳しくは、第一生命のホームページでご確認ください。 住友生命保険 災害による死亡等を保障する商品について、新型コロナウイルス感染症を災害死亡保険金等の支払対象とする等の改正を行います。 詳しくは、住友生命のホームページでご確認ください。 生命保険会社が実施するその他の特別措置について 国内生命保険会社各社は、入院給付金や災害割増保険金の支払いの対応だけでなく、その他にも今回の新型コロナウイルス感染症に対する特別措置を実施しています。 例えば、以下のような特別な措置を現在確認することができます。 保険料の払込に関する期間の延長• 保険金や給付金の迅速な支払いのための一時的な手続きの簡素化• 保険契約の更新手続きに対する遡及対応• 契約者貸付の利息免除 など このように、保険料の支払いに猶予期間を持たせたり、保険金を少しでも早く受け取れるような工夫をするなど、各保険会社は契約者に対してサポート体制を整えはじめてきていることがわかります。 また、緊急でお金が必要になったときに利用できる(商品や条件によっては利用できない場合があります)契約者貸付は、期間限定で利息を免除している生命保険会社もあります。 今後も新たな情報が更新される可能性がありますので、契約している保険会社の最新の情報を確認しておくといいでしょう。 また、新規契約や見直しに関しては通常通りとなっていますので、ライフプランや商品について確認したいという人は、自宅でも安心して質問ができる保険相談を利用してはいかがでしょうか。 また、自分の保障金額を確認してみたいという人は、まずは「1分でできる保障額シミュレーション」をぜひお試しください。 実際に契約している生命保険会社に確認してみよう 契約している生命保険会社がどのような特別措置を実施しているかは、生命保険会社のホームページを見ると確認できます。 一般社団法人生命保険協会のホームページでは、これまで紹介した内容をまとめて確認することもできますし、各保険会社へのリンクも記載されていますのでご確認ください。 あわせて読みたい記事「」 :アーカイブ•

次の