を女の子にしてしまった話。 公園の女の子│【怖い話】心霊・都市伝説・恐怖の実話怪談

女の子(12)「男子!エッチな話はやめなさい!」10年後→「ジュルルルッ!グッポグッポ!」

を女の子にしてしまった話

スポンサードリンク あやかしトライアングル2話ネタバレ:女の子としての生活 祭里は2日前、春休みの最後の日に 妖の王シロガネの術で女の子になってしまいました。 シロガネを早く見つけて術を解かねばなりません。 朝、祭里は迎えにきたすずと共に学校へ向かいます。 その途中ですずが妖を見ていると、すかさず祭里はどら焼きを差し出し、 妖は無視する癖をつけろと言いました。 妖の中にはシロガネのように、弱く見せてくるものもいます。 すず自身がどんな妖にも警戒しないと、と祭里は注意しました。 すずは妖巫女という、妖を惹きつける特異体質であり、それ故に命を狙われています。 すずのためにと、当分甘い物を持ち歩こうと考える祭里なのでした。 その時、バスがやってきて二人は乗り込みました。 祭里はすずから離れて座ります。 すずの体質を知った祭里は、中学に入った頃からすずと距離をおくようになりました。 それは女の子になったからといって、急に変わるわけもなく。 少し寂しそうに祭里は俯きました。 女の子になった祭里。 しかしいつも通りすずを少し離れて見守っているようですね。 女の子としての学校生活はどうなるのでしょうか!? スポンサードリンク あやかしトライアングル2話ネタバレ:シロガネの企み 祭里はすずと同じクラスになりました。 祭里の祖父が長年妖を退治してきたコネがあるようで、学校側に根回ししてくれたのです。 すずは祭里がスマホを持っていたことに、この日初めて気づきました。 連絡先を交換したいと思いつつ、 今更だと思ってなかなか言い出せません。 するとすずの友人、 ヤヨがすずの太ももにくっつきました。 更にそれをルーが写メにおさめます。 そんな様子を、教室の端で祭里は見ていました。 女友達とはあんなにベタついてくるものなのか、とめんどくさそうだと考えていると…祭里の髪につけていた風車が回り出しました。 それは祓忍具の風車。 風の術の発動時に集中力を高める他にも、 妖の探知をサポートするアイテムにもなるものでした。 祭里は慌てて教室を飛び出します。 それに気づいたすずも、後を追いました。 祭里が向かった先にはシロガネがいました。 シロガネの目的は、その妖力を奪った封神の巻を返してもらうことです。 本来の姿に戻れば祭里にかけた術を解くことができる、とシロガネは言いました。 しかしそんなことをすれば、すずをまた食べようとするに違いありません。 するとシロガネは ギボシ山の封印塔に封じられた妖を解放した、と言い出します。 しかしその名を呼ぶも現れません。 その時、すずの叫び声が聞こえてきました。 その妖はシロガネの言うことを聞かずに、すずの方へ向かっていたのです。 現れたのは凶悪な妖。 すずのピンチに祭里はどうするのか!? スポンサードリンク あやかしトライアングル2話ネタバレ:女友達としてのお付き合い すずを食べれば偉そうなシロガネに代わって妖の王になれる、そう言って爛はすずに襲いかかりました。 そこへ素早く祭里が駆けつけ、すずを抱き抱えます。 風巻流・祓忍法鎌威太刀!! 祭里の手刀が爛の顔を半分に斬り裂きました。 爛はそのまま叫び声を上げて消えてしまいます。 それを見ていたシロガネは、 今の猫の姿では妖の王の権威も役に立たないことに気づきました。 それにしてもあの爛を一撃だと、とシロガネは祭里を警戒します。 一方すずは、 助けてくれた祭里が女の子なのにとてもかっこよかったと頬を赤くしていました。 すると祭里は考えが甘かった、こうなったらこれしかないと決意して立ち上がります。 その後祭里はすずの友達2人に挨拶しました。 ヤヨこと鳥羽弥生、ルーこと月丘ルーシー。 すずの友達と仲良くすることにしたようです。 祭里はすずに、自分を女友達にしてほしいと言い出したのでした。 それはすずをより近くで守るためです。 祭里は男の子なのに女友達だなんていいのか、とすずは思いました。 しかし それでもちょっとの嬉しさを感じていたのです。 その帰り、 2人はバスで隣り合って座ります。 近くないかとそっぽを向く祭里に、女友達ならこの方が自然だとすずは言いました。 2人の距離が近づきましたね! ただそれは女友達として。 今後2人はどんな生活を送るのでしょうか!? スポンサードリンク あやかしトライアングル2話ネタバレの感想考察 祭里の女の子としての生活が始まりましたね! 学校へはすんなり入れたようです。 これも全て祖父の力でした。 そして学校では、すずと女友達が予想以上に密着していましたね。 実際の学校でもこの辺りはあり得るので、セーフです! ただ、 祭里は少し驚いていたようですが。 そして シロガネの再来です。 思いの外早かった…というか、シロガネも毎回出てくるのでしょうか!? 今後はシロガネが連れてきた妖と戦う展開になるのかもしれません。 ただ、 そのうちシロガネは仲間になりそうな気もします。 すずを食べるのは自分だから、と強い相手と戦う際に助けてくれたりするかも!? そういった展開はまだ先のことになりそうですがね。 祭里とすずの関係ですが、まずはできていた距離が近くなったのでよかったですね。 女友達としての距離、というのも複雑なのでしょうが、これまでのことを考えるとすずが嬉しくなる気持ちもわかります。 これから祭里とすずがより仲良くなっていくのを見守っていきたいですね! スポンサードリンク あやかしトライアングル2話ネタバレ展開考察:トライアングルは誰と誰と誰!? この作品のタイトルには、トライアングルという単語が入っています。 そこから 三角関係がテーマなのではないか、と考えられますね。 では、その三角関係を作る三者とは誰なのでしょうか。 まずは主人公の祭里ですね。 もう一人はヒロインのすず。 この二人は確定です。 そうなるとあと一人は誰になるのでしょうか!? 読者の声の中に、 祭里の男バージョンと女バージョンとすずで三角関係になる、というものもありました。 確かにそれも面白いですね! 他に考えられるのは、 女の子の祭里を好きになる男の子でしょうか。 あやかし、というタイトルからするとその人物は妖なのかもしれません。 もしくはシロガネがそこに入るとか!? 次回以降の登場人物も要チェックですね! スポンサードリンク あやかしトライアングル2話ネタバレ展開考察:女の子になった祭里はどんな生活を送るのか!? 女の子になってしまった祭里は、翌朝女の子の制服で学校へ登校するようです。 第2話は学校での話となりそうですね。 これまで男の子だった祭里が突然女の子になりました!とオープンにすると混乱を招くでしょう。 そのため、 転入生扱いで学校に入ることになる可能性もあると思います。 本来の祭里は旅に出た、入院している、など嘘をでっち上げて何とかするのでしょうか。 最終的にはその事情も友人にバレてしまうも、それを受け入れてもらって普通に暮らすという流れになりそうですね。 あやかしトライアングル2話ネタバレ展開考察:祭里はこのまま女の子のままなのか!? では、 祭里はこのまま女の子として過ごすことになるのでしょうか。 女の子のままだとすずも複雑でしょう。 ただ、前以上に距離は近づくかもしれません。 悪いことばかりじゃないはず!? しかしやはり祭里も男の子に戻りたい気持ちもあるでしょう。 シロガネ本人、もしくは別の妖の力でたまに男の子に戻る展開もあり得ますね。 それでも最後には女の子になってしまいそう。 きちんと元に戻るには、シロガネとの決着が必須なのではないでしょうか。 こういうのを待ってました!!感の強い作品。 吉崎的に黒猫やToLOVEるのデビルーク王みたいなバトル物も、ダークネスや迷い猫みたいなエロラブコメ物も大好物なので、こういうのは大好きです!! — 吉崎お米@今年のアツはナツいぜ dreambud216 矢吹先生の新作、タイトルが「あやかしトライアングル」ということはこれから三角関係展開が予想される。 その場合三人目がどうなるかだが…俺は、「主人公が男と女に分裂する」説を唱えておこう。 WJの新しいラッキースケベ枠ね。 と思って読んだら、後半で見事に捲られた。 まさかのTSくノ一百合だった。 しかもこれ、明らかに主人公の方がヒロインちから高いなぁ? — けい Szs9DzqW0NUsEtB 「あやかしトライアングル」今後にすごく期待してます。 — 🔋 1c907wOeBNk1LWB.

次の

1 女の子にトイレ(小)我慢をさせたら、おもらししてしまった時の話|グローライト|note

を女の子にしてしまった話

「女の子には女の子らしくしてほしい願望があるんですよ、僕は」 タクシー代を払いながらその人は言った。 財布から1500円を出そうとしている私を制して。 そのAさんとは既婚者で、互いになんの利害もない相手であり、人と人の間柄でしかない。 たまたま同じ時間に同じほうに向かう予定があり一緒にタクシーに乗った。 少ない額とはいえ、払ってもらう理由がなくて大変恐縮した。 でも、Aさんには理由があったわけだ。 「女の子には女の子らしくしてほしい」「僕は男が払いたいし、車道側を歩きたい」「最近はこういうことって男女差別みたくなって言いづらいですよね。 差別をするつもりはないけど、区別はあるというか。 性別で違いはあるから」と続けた。 お金を払ってくれるのも、車道側を歩いてくれるのも、優しい。 優しいと思う。 ありがたい。 でも、それだけで片付けてはいけない問題だと思って、ずっと考えている。 「どこからが差別になるのかの線引きは難しいですよね…」と私はそのときぎこちなく当たり障りのないことを答えるしかできなかった。 確かに性別の違いはあるが、それは例えば、めちゃくちゃ重い物を運ぶとか、高いところのものを取るとか、筋肉量や身長などで物理的に難しいことのみにしか言えないのではないか、とも思った。 「女の子らしく」というのは、物理的な話ではなく、精神的な話だ。 精神的な話は性別と紐付くものではなく、すべて個人の好みの話ではないだろうか。 私はどんな相手とでも、「人」と「人」でありたいと思っている。 「女の子らしく」である前に、「人」だからだ。 性別での区別がある前に、まず「人」だからだ。 同じホモサピエンスなのだ。 しかし、「人」である以上、相手の「こうしたい」を否定するのは私の流儀に反する。 そこはどうしても尊重したいのである。 人と人であることと、相手を尊重すること、この二つを両立させようと考えて、さっきから頭の中で詰んでいる。 両立できない。 Aさんは、自分はお金を支払うなど男らしく振る舞い、相手には女の子らしくしてほしいと考えている。 いわば互いがロールプレイ含みの振る舞いをすることを望んでいるのだ。 これが厄介で、じゃあAさんだけどうぞお一人で男らしいロールプレイをしてください、というわけにはいかない。 このロールプレイは受け手がないと成立しない。 ところが私は、その「受け手」を強要されることに釈然としない気持ちを抱いているわけだ。 ロールプレイなどしたくない。 ロールプレイという薄い膜ごしに接されても困る。 私は私だ。 詰んでる。 Aさんのようなタイプと、私のようなタイプが対峙するとき、どうやってもどちらかが何かしらを我慢しなければならない。 「男らしく」振る舞いたい男性もいれば、「女らしく」振る舞いたい女性もいて、本人がそうしたいならそうしていいに決まっている。 ただ、そうしたい人はその代わり、異なる考えを持つ人にロールプレイを強要しかねないことには自覚的であってほしいし、性自認と身体的性が一致しない人の存在も意識してほしい。 結局は、できるのはここまでなのかもしれない。 意識する、まで。 実際には、感性の合わない相手と接するのは避けられない。 ささいな日常会話で毎回いちいち相手の考えを確認するわけにもいかなかろう。 それに確認したところで、どちらかが譲るよりほかないわけだし。 難しいな…。 関わる人が多くなればなるほど、いろいろなことが両立できなくて詰む。 やっぱり出来る限り一人でいることが最強のストレス回避法だよなぁ… 結局そこに戻る.

次の

1 女の子にトイレ(小)我慢をさせたら、おもらししてしまった時の話|グローライト|note

を女の子にしてしまった話

私は、小学生の低学年の頃、隣の席の女の子が授業中におしっこを漏らしたのを、高学年になってから、授業中、斜め前の女の子がうんちを漏らしたのを目撃しました。 その体験がきっかけで、女の子の排泄にすごい興味を持つようになったことに大学生になった時に気付きました。 高校生になって彼女ができて、Hを楽しむようになりましたが何か満たされませんでした。 当方S気質で、強引に彼女と公園でHしたり、隣に家族がいる時に彼女の部屋でHしたりと結構やりたい放題やってみたのですが、いまいち興奮しません。 大学生になって一人暮らしをするようになった頃、P2Pのファイル交換が流行っていました。 M女のエロ動画を漁っていると、その中に女の子がお漏らしする動画あり、それをみた時、気付いたのです。 満たされない願望は、女の子のトイレを我慢させたい、お漏らしさせたいということでした。 その頃、私には合コンでできた彼女がおりました。 その彼女と3回目くらいのHだったと思います。 お酒が入っていたのもあり、彼女はうちにつくなりトイレに行きたいと言いましたが、彼女のトイレを妨げて、立たせてお漏らしさせようとしました。 最終的には、風呂場でパンツを脱いだ状態でおしっこをさせることに成功しましたが、結局、泣き出してしまい、なんとも後味の悪い終わり方になってしましました。 これがきっかけか(喧嘩も多かったが)、この彼女とは数日後、お別れに。 これが私にとっては結構ショックで、彼女にお漏らしをさせるという願望を封印することにしました。 数ヶ月後、新しい彼女ができましたが、ノーマル、強いて言うなら、攻める程度のHしかしませんでした。 彼女はちょっとおトイレが近い子で、しょっちゅう「トイレいきたいー」とか「漏れそうー」とか平気で言う子でした。 私は、いよいよスイッチが入りそうになりましたが、また、お別れ騒動になるのは御免です。 そんな時に、出会い系の存在を知ります。 そこで、自分の秘めたる願望をセフレを作って叶えようとしたのです。 まず、近くに住んでいるM女を募集しました。 今では考えられないと思いますが、1時間くらい掲示板に募集をだせば、10人以上の女性が反応をしてくれます。 エッチな話をしてゆく中で「お漏らし」というキーワードを放り込んでみます。 その単語に対して、良いリアクションを取った女の子としばらくメル友の関係を築きます。 その中で、うちから適度に離れた距離、だいたい、30分くらいの距離に住んでいて、2週間連絡が続いた女の子と会うことにしました。 それが、私より3歳上で、保育士をしていたあや(仮名)です。 当時は写メを送ることができなかったので、会うまでドキドキでした。 近くの大きな駅で待ち合わせて定刻通りに合流。 思った以上にぽっちゃりでタイプではありませんでしたが、プレイの相手ですので、容姿のこだわりはありません。 とりあえず、居酒屋へ行き、世間話をしながら2時間ほど、飲み食いしました。 この時、私はドキドキが止まらなかったのを覚えています。 というのも、会う前日に電話した時に「今日はトイレを我慢してうちに来てもらう」と伝えてあったからです。 お互い結構な量を飲んで、私は2時間の間に2回トイレに行きましたが、あやは、1回もトイレには行きませんでした。 会計を済ませた後あたりに、私のアパートで飲み直そうとあやに言うと、いいよ、と喜んでついて来ます。 私のアパートは、電車で2駅、駅から徒歩10分の位置にありました。 居酒屋のエレベーターで2人きりになった時、私はあやに聞きました。 「結構飲んでたけど、トイレ行かなくて大丈夫なの?」.

次の