白ワイン 料理。 白ワインで料理をさらにランクアップ!週末におすすめのレシピ12選

白ワインを使った料理レシピ31選|デザートレシピ5選

白ワイン 料理

普通は、たらこを薄皮の中から取り出して、バターと一緒にゆであがったパスタに合えますが、ここは、 たらこをほぐした時に、柚胡椒を混ぜておきましょう。 たらことバターの塩味とコクに、柚胡椒が入ったことで 酸味とスパイシーさがプラスされ、ますます白ワインに合うようになるのです。 もちろん、最後に かいわれ菜を乗せるのをお忘れなく。 追加で、 ネギや大葉を薬味として乗せても良いですよ。 そもそも、クリームソースは白ワインとよく合います。 チーズやクリームのおかげで、 程よい酸味と塩味が加わっているのも良く合う理由です。 イチコ、オレンジ、キウイ、ブルーベリー、好みのフルーツをそのまま、あるいは食べやすい大きさにカットしましょう。 基本的に、フルーツには フルーティな白ワインが合いますね、 南国フルーツの風味があるものだともっと良いです。 しかし、厳密にいうと、フルーツによって 相性の良い白ワインの味は違うので、おさえておきましょう。 苺やオレンジなど酸味のあるフルーツには 酸味のある白ワインを、マンゴーなどの南国フルーツには 甘みのあるものを選びましょう。 手に入れやすいのと、たっぷり振りかけられた塩と、脂っこさ、ぱりぱりした食感がアルコール飲料によく合うから、良く選ばれるのです。 色んな味のポテトチップスが売っていますが、白ワインには、 シンプルな軽い塩味のものを選びましょう。 コンソメ味やペッパー味は、むしろ、 赤ワインの方が合います。 味は、辛口と甘口に分かれますが、 酸味があり、さっぱりしているのが特徴です。 白ワインの用途 白ワインは、 魚介類の匂い消しや、酸味を活かした 食材の香りづけに使われます。 ワイン自体に色が殆どないので、食材に色が付きませんね、 食材の色に影響しないこともしっかり活かされているのです。 白ワインの選び方 料理用なら、 安いもので充分です。 どんなものでも良いですから、 料理用のものを特別に買う必要はありません。 正直に言うと、 飲み残しの白ワインで充分なのです。 しかし、 甘口のもの、 古くて酸化したものは止めておいて下さいね。 もし、どうしても料理用のワインをストックしておきたいというなら、 ボックスワインがおススメです。

次の

白ワインを使った料理レシピ31選|デザートレシピ5選

白ワイン 料理

普通は、たらこを薄皮の中から取り出して、バターと一緒にゆであがったパスタに合えますが、ここは、 たらこをほぐした時に、柚胡椒を混ぜておきましょう。 たらことバターの塩味とコクに、柚胡椒が入ったことで 酸味とスパイシーさがプラスされ、ますます白ワインに合うようになるのです。 もちろん、最後に かいわれ菜を乗せるのをお忘れなく。 追加で、 ネギや大葉を薬味として乗せても良いですよ。 そもそも、クリームソースは白ワインとよく合います。 チーズやクリームのおかげで、 程よい酸味と塩味が加わっているのも良く合う理由です。 イチコ、オレンジ、キウイ、ブルーベリー、好みのフルーツをそのまま、あるいは食べやすい大きさにカットしましょう。 基本的に、フルーツには フルーティな白ワインが合いますね、 南国フルーツの風味があるものだともっと良いです。 しかし、厳密にいうと、フルーツによって 相性の良い白ワインの味は違うので、おさえておきましょう。 苺やオレンジなど酸味のあるフルーツには 酸味のある白ワインを、マンゴーなどの南国フルーツには 甘みのあるものを選びましょう。 手に入れやすいのと、たっぷり振りかけられた塩と、脂っこさ、ぱりぱりした食感がアルコール飲料によく合うから、良く選ばれるのです。 色んな味のポテトチップスが売っていますが、白ワインには、 シンプルな軽い塩味のものを選びましょう。 コンソメ味やペッパー味は、むしろ、 赤ワインの方が合います。 味は、辛口と甘口に分かれますが、 酸味があり、さっぱりしているのが特徴です。 白ワインの用途 白ワインは、 魚介類の匂い消しや、酸味を活かした 食材の香りづけに使われます。 ワイン自体に色が殆どないので、食材に色が付きませんね、 食材の色に影響しないこともしっかり活かされているのです。 白ワインの選び方 料理用なら、 安いもので充分です。 どんなものでも良いですから、 料理用のものを特別に買う必要はありません。 正直に言うと、 飲み残しの白ワインで充分なのです。 しかし、 甘口のもの、 古くて酸化したものは止めておいて下さいね。 もし、どうしても料理用のワインをストックしておきたいというなら、 ボックスワインがおススメです。

次の

白ワインを使った料理レシピ31選|デザートレシピ5選

白ワイン 料理

料理用ワインと通常のワインの違いは? なぜ、料理用と記載されたワインがあるのか、 飲む用のワインと何が違うのか。 一言でいえば、 料理用ワインは料理の味を引き立たせるために、 成分を調整したワインなんです。 通常の飲む用のワインに比べて糖分が少なく造られているため、 品質を保ちやすく、開栓後も長持ちするという違いがあります。 飲む用のワインは、開栓後は酸化によってワインの香り、 風味ともに劣化が進んでいきますよね。 残念ながら、どんなに持っても3日から5日くらいが限度です。 それに比べ、料理用のワインはもともと飲むために造られているわけではないので、 アルコール度数が少し高めに造られており、保存も開栓後は冷蔵庫に保管して、 数週間はそれほど味が劣化することなく使えます。 (劣化の感覚は個人によるので、あくまで目安として) 料理用のワインは冷凍保存もOKです! 毎日料理にワインを使わないという方は、 買ってきたらすぐに製氷器に入れて小分けにして冷凍保存すのがおすすめ。 冷凍したら半年くらいは保存ができます。 料理用ワインにも「赤」と「白」がある 料理用ワインには、 「クエン酸」「リンゴ酸」「酒石酸」「乳酸」などの有機酸が たくさん含まれているので、料理にコク・うまみを与え、 肉や魚の風味をよく仕上げます。 特に、有機酸の中の「乳酸」はお肉を柔らかくする効果があります。 また、料理用のワインにも、飲む用のワイン同様、 「赤」と「白」の2種類があります。 料理用ワインの「赤」は、ブドウの果皮成分が多めに入っているため、 肉が柔らかくよりおいしく仕上がり、 料理用ワインの「白」は、飲む用ワインとくらべて糖分と酸味が かなり抑えられて造られているため、魚介類の生臭みをおさえ、 風味豊かに仕上がります。 料理用赤ワインの特徴とおすすめ料理 有機酸の一種である「乳酸」が飲む用のワインよりも多く含まれているため、 お肉をしっとりと柔らかく仕上げてくれます。 おすすめの料理は、 「牛肉の赤ワイン煮込み」。 煮込む前に、1~2時間牛肉を赤ワインに漬けておくとより柔らかくなります。 また、 「鶏レバー」などの臭みのある肉も下ゆでした後に、赤ワインで煮詰めると、 臭みもとれて美味しく仕上がります。 和食に使いたいという方には、 「ブリの照り焼き」におすすめです。 ブリの切り身に塩コショウ、小麦粉を軽くまぶしてフライパンで両面を焼き、 料理用赤ワインにお醤油やみりんを加えた合わせダレを絡めます。 ブリの臭みをとり、より照りもでて美味しく仕上がります。 最後にデザートとして、 「フルーツコンポート」もおすすめです。 プルーンやいちじくなどのドライフルーツと料理用赤ワインを鍋に入れて、 弱火で10~15分煮るだけ。 ドライフルーツ自体に甘味があるので、 赤ワインと煮るだけの簡単コンポートです。 シナモンやスターアニスなどのスパイスを入れたら、 ホットワインのようなテイストにも仕上がります。 料理用白ワインの特徴とおすすめ料理 料理用ワインの「白」は、飲む用ワインとくらべて 糖分と酸味が かなり抑えられて造られているため、魚介類の生臭みをおさえ、 風味豊かに仕上げてくれます。 おすすめ料理は、 「あさりの白ワイン蒸し」や 「アクアパッツァ」など 魚介を白ワインで蒸したり煮たりするのがおすすめです。 魚介の臭みがとれる上に、ワインによってコクとうまみがでてきます。 また、 「ブイヤベース」のように、魚介から出た出汁をスープとして 食べられる料理や、 「魚介のパスタ」などもいいでしょう。 ワインの銘醸地ロワールの郷土料理に、 「白ワインを使った豚肉料理」があります。 豚バラ肉に塩をしっかりとまぶして一晩おき、余分な水分を出します。 豚バラ肉を水洗いし、キッチンペーパーで水気をとったら、 コショウとローズマリーをまぶして、あとは白ワインで煮込むだけ。 お肉というと赤ワインのイメージがありますが、 白ワインでさっぱりと仕上げた肉料理もおすすめです。 いかがでしたでしょうか。 ワインは飲むのもおいしいですが、 お料理に入れることで、ワインがもつポリフェノールや有機酸などの効果で 料理にコクやうま味を出してくれて、料理をよりおいしく仕上げてくれます。 ワインは開けると飲み切ってしまって、なかなか料理にまで回らないという方には、 飲む用はと別に、料理用ワインの購入をおすすめします。

次の