アシガール ネタバレ 90。 アシガール【最新話】ネタバレ98話!尊の手紙が無事届き、唯は再び若君のもとへ│シロカミエンタ

9ページ目の[ アシガール ]

アシガール ネタバレ 90

アシガール90話ネタバレ 向坂名誉教授が夜中にトイレに起きて外の異変に気付いた。 「速川さん!!起きて!!」と家の窓を叩き唯さんが大変だと叫んだ。 唯の父と母が倒れている唯を発見した。 お腹が痛いと訴える唯に盲腸か!と聞く父に身籠ったことを伝えると父は驚いて尻持ちをついた。 唯は熱もあった。 救急車と毛布を母が頼むと向坂名誉教授がすでにやってくれていた。 「退院!?もう?」母が驚いている。 唯は腎盂炎を併発して高熱と痛みがあり、流産の怖れもあったが薬と点滴で回復したのだった。 唯はすでに動き回っていた。 赤ちゃんは今10週目で出産は来年の三月はじめだという。 先生は若いからと言って無理をしないようにと注意し、唯は家に戻った。 尊の研究所はぐちゃぐちゃになっていた。 ちゃんと動くのか母は心配したが、唯は自分が来たのだから大丈夫だと答えた。 母は、尊が行っていなかったら唯がどうなってたかわからないと父に話す。 そして一か月もの間尊が戦国なんて大丈夫かと心配するのだった。 その頃尊は、一刻も早く唯を病院に行かせることしか考えておらず、唯が行ってから自分が戦国に残されたことに気が付き青ざめていた。 一か月ですめばラッキーだけど今のところ帰る方法はわからないのだ。 若君は巻き込んでしまってすまないと尊に謝った。 そして、緑合へ送るので天野の家でゆっくりしたらいいと伝えたのだが、尊は慌てて拒否した。 自分は姉とは違う、知らない人の家では暮らせないのだと。 けれど今はまだ戦の最中で若君は明日も出陣するのだ。 自分は新しいタイムマシンを作るまで死なないからという理由だった。 側にいてやれない若君は、仕方なく小平太と源三郎を呼んだ。 二人に戦の最中も尊の面倒を見て欲しいと頼んだのだ。 翌朝、食事を出された尊だったが潔癖症も相まって食べることが出来なかった。 そして馬に乗って移動すると言われたが、尊にはそれも無理だった。 走って追いかけることにする。 源三郎は遅れている尊を見て、「あの者、奥方の御実弟というのは間違いございませぬか?」と疑問をなげかけるのだった。 若君は少し心配になる。 速川尊17歳は、永禄で本物の小姓生活始まるのだった。

次の

9ページ目の[ アシガール ]

アシガール ネタバレ 90

アシガール【第97話】のネタバレ 尊の困惑をよそに、 少しずつ清永の縁談が周囲に受け入れられ始めてしまう一方。 当の清永は相変わらず 尾張に行くことも辞さない勢いで、 縁談を断ると決めているようだった。 しかしそんな清永を嘲笑うかのように、 志喜が縁談を持って来てわずか2日後に、なんと 織田信長本人が御月家に乗り込んできて、 清永は絶体絶命。 するとその一方、 西の館には思いがけず、宗熊が清永に会いに来ていた。 そしてそこで、宗熊に 清永がここにはいないことと、 「信長から縁談の話がきている」ことを報告していたのだが、すると 「誰の縁談」なのかを追求する声があがる。 しかも、 織田信長は圧がすごく、尊は この人の「怖さ」を身をもって感じていた。 だが、尊は 清永が断固断る気であろうことも見抜いており、 姉には申し訳ないが 今はとりあえず承諾しておくべきだろうにと焦り始める。 しかし、 清永は完全に尊の意図とは反対に動きそうで、 かなり慌てていた、その時だった。 急に騒がしくなったかと思えば、 清永の目の前には、なんと お腹の大きくなった唯が姿を現す。 それを見た尊は、信長どころではなく、 何が起きたのかと大パニックになってしまった。 ちなみに、 満月からは10日近く経っていることや、 髪型が戻っていること、 お腹が大きくなっていることなどにも驚いたが、なによりも なぜこのタイミングなのかということに一番驚いている尊。 そして驚きは、 その場にいた信長以外の誰もが持っていたものであったが、 唯はそんなことお構いなしで、絶望の表情をしながら、 信長のことなど全く気付いていないように清永の目の前に座り込んだのだった。 偉大なる唯之助と織田信長 そのまま、 涙ながらに清永を責める唯に、 思わず言葉を失う清永。 一方で 父・忠永は今初めて子供が出来たことを知り、その報告がなかったことで清永を責めていた。 すると清永は 「子が助からないと言われた」ことや、だからこそ 「小垣に養生」させていたため、今まで会えなかったことを、 皆の前で報告する。 もちろん、 暗に織田に聞かせる意味もあり、 尊はその清永のごまかしに感心していた。 ただそんななかで唯は、 状況がわかっていないこともあり、つらつらと、 自分がここまで頑張ってきたことや、 清永の縁談がかなりショックだったことを語り始めてしまう。 そして唯はあろうことか、 信長に向かってタメ口で縁談を非難したのだった。 その行動に、 思わず空気が凍る。 おそらく 唯は、この男が信長だと分かっていないからだが、 尊は顔を真っ青にした。 しかし皆の緊張に反して、 信長は大笑いしたかと思えば、この状況を 「面白かった」と言い、これで 「清永の泣き所」もわかったし、良かったと言って あっさり引き下がる。 それから最後に、 唯に謝罪し安産を祈願してくれたが、 何も知らない唯はその言葉をかなり軽く聞き流したのだった。 戻ってきた唯と清永の時間 その後信長が帰ると、 唯の怒りの矛先は、この事態を止められなかった尊に。 それを聞いて 尊はかなり不服そうに事情を説明するものの、何を言っても責められ、やはり尊は不満顔を浮かべるしかなかった。 それから唯は いろんな人物に懐妊を知らせながら挨拶して回る。 そんな様子は、相変わらず 「清永のことしか考えていない」印象で、 織田信長にも揺らがないその態度に、尊はさすがだと思っていた。 そして、その日の夜。 まだむくれていた唯は、縁側にてじっと夜空を眺めている。 一方で、そんな唯に声をかけた清永は、 大きくなった唯の腹を眺めていたので、唯は 自分のお腹が「蛙みたい」だと揶揄し、 清永におかしく思われているのだろうとさらにむくれた。 しかし、 そんなわけない清永はそれを笑い飛ばすと、今回の縁談で唯に嫌な思いをさせたと謝り、 これからは自分が唯と子供を守ると約束してくれるので、 唯は思わず涙を流す。 それから二人はだきあい、 夜深くまで静かにお腹の子供に話しかけるのだった。 アシガールの最新話を含めココハナをすぐに無料で読む 以上、アシガール【第97話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えばココハナの 2020年6月号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のアシガールの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 今回は慌ただしく再会だったので、次回はそのへんにもふれてくるのかな?と思います。 そしてかなりお腹も大きかったので、次回もう生まれるのではと、そのへんもハラハラ! 次回も楽しみに待っています! 次回のアシガール【第98話】掲載のココハナ2020年7月号の発売日は5月28日になります! まとめ 以上、アシガール【第97話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

アシガール最終回ネタバレあらすじ&感想 結,若君と結婚へ!ラストシーンに涙

アシガール ネタバレ 90

アシガール【第97話】のネタバレ 尊の困惑をよそに、 少しずつ清永の縁談が周囲に受け入れられ始めてしまう一方。 当の清永は相変わらず 尾張に行くことも辞さない勢いで、 縁談を断ると決めているようだった。 しかしそんな清永を嘲笑うかのように、 志喜が縁談を持って来てわずか2日後に、なんと 織田信長本人が御月家に乗り込んできて、 清永は絶体絶命。 するとその一方、 西の館には思いがけず、宗熊が清永に会いに来ていた。 そしてそこで、宗熊に 清永がここにはいないことと、 「信長から縁談の話がきている」ことを報告していたのだが、すると 「誰の縁談」なのかを追求する声があがる。 しかも、 織田信長は圧がすごく、尊は この人の「怖さ」を身をもって感じていた。 だが、尊は 清永が断固断る気であろうことも見抜いており、 姉には申し訳ないが 今はとりあえず承諾しておくべきだろうにと焦り始める。 しかし、 清永は完全に尊の意図とは反対に動きそうで、 かなり慌てていた、その時だった。 急に騒がしくなったかと思えば、 清永の目の前には、なんと お腹の大きくなった唯が姿を現す。 それを見た尊は、信長どころではなく、 何が起きたのかと大パニックになってしまった。 ちなみに、 満月からは10日近く経っていることや、 髪型が戻っていること、 お腹が大きくなっていることなどにも驚いたが、なによりも なぜこのタイミングなのかということに一番驚いている尊。 そして驚きは、 その場にいた信長以外の誰もが持っていたものであったが、 唯はそんなことお構いなしで、絶望の表情をしながら、 信長のことなど全く気付いていないように清永の目の前に座り込んだのだった。 偉大なる唯之助と織田信長 そのまま、 涙ながらに清永を責める唯に、 思わず言葉を失う清永。 一方で 父・忠永は今初めて子供が出来たことを知り、その報告がなかったことで清永を責めていた。 すると清永は 「子が助からないと言われた」ことや、だからこそ 「小垣に養生」させていたため、今まで会えなかったことを、 皆の前で報告する。 もちろん、 暗に織田に聞かせる意味もあり、 尊はその清永のごまかしに感心していた。 ただそんななかで唯は、 状況がわかっていないこともあり、つらつらと、 自分がここまで頑張ってきたことや、 清永の縁談がかなりショックだったことを語り始めてしまう。 そして唯はあろうことか、 信長に向かってタメ口で縁談を非難したのだった。 その行動に、 思わず空気が凍る。 おそらく 唯は、この男が信長だと分かっていないからだが、 尊は顔を真っ青にした。 しかし皆の緊張に反して、 信長は大笑いしたかと思えば、この状況を 「面白かった」と言い、これで 「清永の泣き所」もわかったし、良かったと言って あっさり引き下がる。 それから最後に、 唯に謝罪し安産を祈願してくれたが、 何も知らない唯はその言葉をかなり軽く聞き流したのだった。 戻ってきた唯と清永の時間 その後信長が帰ると、 唯の怒りの矛先は、この事態を止められなかった尊に。 それを聞いて 尊はかなり不服そうに事情を説明するものの、何を言っても責められ、やはり尊は不満顔を浮かべるしかなかった。 それから唯は いろんな人物に懐妊を知らせながら挨拶して回る。 そんな様子は、相変わらず 「清永のことしか考えていない」印象で、 織田信長にも揺らがないその態度に、尊はさすがだと思っていた。 そして、その日の夜。 まだむくれていた唯は、縁側にてじっと夜空を眺めている。 一方で、そんな唯に声をかけた清永は、 大きくなった唯の腹を眺めていたので、唯は 自分のお腹が「蛙みたい」だと揶揄し、 清永におかしく思われているのだろうとさらにむくれた。 しかし、 そんなわけない清永はそれを笑い飛ばすと、今回の縁談で唯に嫌な思いをさせたと謝り、 これからは自分が唯と子供を守ると約束してくれるので、 唯は思わず涙を流す。 それから二人はだきあい、 夜深くまで静かにお腹の子供に話しかけるのだった。 アシガールの最新話を含めココハナをすぐに無料で読む 以上、アシガール【第97話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えばココハナの 2020年6月号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のアシガールの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 今回は慌ただしく再会だったので、次回はそのへんにもふれてくるのかな?と思います。 そしてかなりお腹も大きかったので、次回もう生まれるのではと、そのへんもハラハラ! 次回も楽しみに待っています! 次回のアシガール【第98話】掲載のココハナ2020年7月号の発売日は5月28日になります! まとめ 以上、アシガール【第97話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の