ポケモン 剣 盾 バクガメス。 『バクガメス』のパーティ|ポケモンパーティ構築|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】バクガメスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 バクガメス

連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 威力は20〜200 Lv. 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 必ず後攻になる 優先度:-3。 そのターン、最初に相手の物理技のダメージを受けた直後に、相手全体を攻撃する。 自分のターンまでに相手の物理技のダメージを受けなかった場合は失敗する。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第6世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 すべての攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『すばやさ』ランクが1段階上がる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が場を離れると効果は消える。

次の

ポケモン剣盾のバクガメスの捕まえ方について質問です。バクガメスだけが捕まり...

ポケモン 剣 盾 バクガメス

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるバクガメスの育成論と対策について掲載しています。 バクガメスのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• また、ドラゴンタイプとしては珍しく、こおり、フェアリータイプが等倍となり、半減されてしまうはがねタイプに対して抜群を突けるなど通常のドラゴンタイプが苦手なポケモン相手にも有利に立ち回ることができます。 高い物理耐久と相性の良い専用技 バクガメスの物理耐久は高く、物理受けとしても活躍できます。 弱点であるじめん、いわタイプの攻撃は物理が多いため、耐久を調整することで弱点を突かれても耐えるほどの固さを持つことができます。 また、専用技「トラップシェル」によってこれらをトリガーとして 素早さに左右されずに行動ができます。 高速アタッカーであるドリュウズやドラパルトの範囲技を受けて直後に行動できるため相手の上から高火力技で制圧が可能です。 範囲いわ技を呼びやすく、無効タイプの関係上サイドチェンジでの起爆やこのゆびとまれを使用した弱点引き受けが可能な トゲキッスとは相性が良く、お互いがお互いの苦手なポケモンを狩れるベストパートナーです。 調整について HPをいのちのたまと相性が良い10n-1、砂嵐状態などのスリップダメージに強い16n-1を兼ねる実数値159に調整しています。 防御方面には補正がかかることで効率の良い11n調整を、余りを特防に回しています。 特攻に振り切ることで無補正でもHP252振りアーマーガアやとつげきチョッキドリュウズに対してダブルダメージでも確定1発で倒せる火力になります。 持ち物を回復実や半減実にすることで抜ききれない高速アタッカーに強いのが特徴です。 殻を破った後はHPが多く残っているようであればダイマックスアタッカーとしても運用が可能です。 上記育成論では命中安定でデメリットのない攻撃技を選択していますが、ダイマックスを考慮に入れる場合には高威力技を採用するのもおすすめです。 調整について 素早さでは殻を破った後で最速インテレオンのラインを抜けるように調整しています。 最速にした場合に抜ける対象が少ないためHPに回しています。 広範囲に打ちやすいタイプ一致技と環境に多いアタッカーに対して有効打となりやすい技構成にして多くことでトリル環境ではもちろんですが、通常状態でも殴り合えるアタッカーとなっています。 アイテム補正も乗せることで受け出しを許さないエース級の働きに期待ができます。 ダメージライン HP252振りアーマーガア:かえんほうしゃ 96. トリルアタッカーなのか、耐久型なのか、からをやぶるを使用した高速アタッカーなのかを見極めていく必要があります。 対策方法 特殊方面で攻めるのが安全 HPが低く、特殊方面の耐久は高くないポケモンなので特殊方面から攻めるのがおすすめです。 トラップシェルをされた場合でも特殊技であれば起爆しないので安全に攻めることができます。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 トリックルーム運用時には素早さ0がおすすめです。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

『バクガメス』のパーティ|ポケモンパーティ構築|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 バクガメス

連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 威力は20〜200 Lv. 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 必ず後攻になる 優先度:-3。 そのターン、最初に相手の物理技のダメージを受けた直後に、相手全体を攻撃する。 自分のターンまでに相手の物理技のダメージを受けなかった場合は失敗する。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第6世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 すべての攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がり、『すばやさ』ランクが1段階上がる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が場を離れると効果は消える。

次の