憂いなければ備えなし。 備えあれば憂いなし 停電対策 ~在宅医療編~ │ ちくさ病院からの最新情報「ちくさニュース」

備えあれば、憂いなし!!~災害対策特集

憂いなければ備えなし

最近、環境(エコ)が大事だ、Co2削減しよう、なんて話をどこでも聞く。 しかし僕は正直、CO2問題も砂漠化も温暖化などについても、ことさら問題だ!と騒ぐ人の気が知れない。 寒冷化してる地域や時期もあるし、その逆もある。 雨や雪がすごい減った時期や場所もあれば、その逆もある。 総論や平均で語る意味はあまりない。 挙げ句に、わずか30年前までは寒冷化で氷河期に入るかも、とすら言われていた(おかげさまで就職氷河期は来たが)。 いかようにでもデータは取得できて事実は「作れる」し、発信や拡散のされ方次第でデファクト・スタンダードになるものだ。 そう考えると、環境負荷を下げなければ!CO2減らさなきゃ!みたいな話になって、やらなければいけないからやるとか、そう主張している(または、他者や企業を批判する)自分は正しいと思えてしまう、という社会の方がコワイことだ。 ヒステリックな感情で動くのは世の常だとしても、思考停止が伴うとまるでタチの悪い布教活動のようだ。 ただひたすら、僕らのやることは変わらない。 原料やエネルギーは何で、 どこで採れていて、 どのくらい使っていて、 誰がどんな環境で作って、 どう運ばれて来て、 誰にいつ届き、 その後の廃棄を含めてどう活かされるか。 そのステークホルダーやコストはどれだけあるのかを可視化し、できる限りネガティブなインパクトを起こさないように、できる限り持続できるような工夫を続けること。 ビジネスだろうが生活だろうが同じ。 それが「営み」だよね。 何でも考えることなく手に入り、来歴やコスト構造を見なくなったこの数十年がオカシイだけでさ。 つまり、トレーサビリティも、商品ストーリーも、オーガニックも、働き方改革も、ヘルスケアも、社会保障政策も、SDGsも、コロナ自粛すらも。 言葉や分野は違っても結局同じことを言っている。 「有限な資源を早いペースで使い潰すと、中長期的にはリスクやコストが上がるよ。 」 「資源を得る・使うだけじゃなく、増やしながら、切り替えながらも考えようね。 」 「短期的な経済効果ばかりではなく、先のことも考えて備えようね。 」 「ちゃんと自分で把握して、プランBやCくらいは持っておこうね。 」 ってだけの話だよね? 日本語にはこれを一言で表した、『備えあれば憂いなし』っていうスバラシイ格言があってさ。 自然災害が多かった日本らしい考え方だ。 にもかかわらず、普段の我々は、モノもサービスも雇用も安全も誰かが保証(保障)してくれることに甘え、備えもしない怠惰な生き方をしている。 そのくせ「危機が来たぞ!」「誰のせいだ!あいつだ、責任取れ!」みたいな話にはやたらと敏感、というウザさ。 「日本人自身が日本の社会を好きになれない」のは、この矛盾が根底にある気がする。 備えあれば、憂いなし。 自分のことをちゃんと把握しろ、あらゆる環境変化に備えて色々やっておけ、そうすりゃ誰かの言葉に踊らされてビクビク憂うことないだろ、って先人の教え。 貯金しろ(キャッシュ持っておけ)、生活コストは下げておけ、スキルや実績増やしとけ、信用積んどけ、水や米やトイペはローリングストックにしとけ、複数言語を喋れるようになっとけ、仕事や生活拠点は複数持っておけ、みたいな諸先輩方からの有り難いアドバイスも(昔はうるせーなぁとも思っていたが)、実は同じことを言っている。 備えろと言われてもカンペキなんかない。 準備している間に何かがおきてしまったなら仕方ない。 コロナだろうが、天変地異にまで備えられないから。 受け入れ、乗り越え、また備えられるようになれば良いじゃないか。 そんな余裕も、やるだけやってるんだから仕方ない、という気持ちから生まれるものだ。 そんなことをSDGsバッヂつけてるだけ、自粛と言われたから籠もっているだけの思考停止で心に余裕のない皆様にお伝えして、僕は連休に入ろうと思う。 来週に備えてやることがあるから余裕がないのだ(つまり残業w)。 それでは皆様、良い週末を。

次の

「備えあれば憂いなし」ことわざ 英語筆ペン書き方

憂いなければ備えなし

備えあれば憂いなしの意味とは 備えあれば憂いなしの意味とは、人間だれしも心理的な不安な気持ちや、心配事を持っているものですが、全ての物事、事柄に対して、事前に準備を十分にしておく事で、そういった心理的な不安が解消されるという意味です。 そしてこのことわざは物事に対する取り組み方やとらえ方という心の持ちようを戒める言葉となっており、実際に日常生活の中でも実感される人は多いのではないでしょうか。 備えあれば憂いなしの由来 儒教の重要な最古の歴史書とされる「書経」という書籍に記述されており、これが由来と言えるでしょう。 書経は君主などのが主に記されているもので、そのなかの宰相の言葉で「備えあれば憂いなし」の語源が記載されており、儒教の教えが現代の日本にもなお根強く浸透をしています。 備えあれば憂いなしの由来の文章・例文 例文1. 明日は面接だから入念に準備をしよう、備えあれば憂いなしだから 例文2. 今日の発表は問題なくてよかった、備えあれば憂いなしだね 例文3. スマートフォンの充電器は複数持ち歩くようにしている、備えあれば憂いなしで準備万端だ 例文4. 備えあれば憂いなしという言葉は物事に対する捉え方、考え方を表した言葉と言える 例文5. 備えあれば憂いなしという格言は何世紀も前も今も準備の大切さを示唆している 準備をして物事に臨むという姿勢を表す言葉として、今も代表的に使われる言葉と言えるでしょう。 備えあれば憂いなしの類義語 備えあれば憂いなしの類義語として、「」「念には念を入れよ」「なければ近憂あり」「浅い川も深く渡れ」などが挙げられます。 備えあれば憂いなしのまとめ 備えるという事は準備をするという事です。 しっかりと準備をしておくことで物事の想定外のアクシデントやを回避するためのにもなりますし、その準備をしたという行動が精神的な安心感を自分自身に与えて、不安な気持ちを解消してくれることにも繋がります。 物事の準備の大切さを意味する言葉であり、日常生活でもよく使うのしっかりと意味を理解しておくといいでしょう。

次の

【備えあれば憂いなし】意味と使い方をわかりやすく解説!【例文】

憂いなければ備えなし

---------------------------------------------------------------------- 憂いなければ、備えなし 2011年60号 ---------------------------------------------------------------------- 人生を成功させるための時間管理 自分の時間をどのように使うか について、 物事を重要度と緊急度の二軸で、更に四つの領域に分けて考えようと「七つの 習慣」の筆者スティーブン・R・コヴィー氏は述べています。 通常私たちは、第一の領域を最優先で取り組みます。 大きなトラブル、締め切りに迫られた仕事、危機や災害等ですから、何を差し 置いてもトップから現場まで、全社を挙げて取り組まざるを得ません。 修羅場であったり土壇場の状況です。 スティーブン・R・コヴィー氏は最も大切な時間管理は、第二の領域「重要で あるが、緊急でない事」にフォーカスして取り組むべきであると述べています。 これが、「備え 危機管理・未来創造 」の部分です。 特に、経営のリーダー層が 意識して確保しなければならない時間配分の最も重要な領域です。 ここをしっかり取り組んでおく事により、第一の領域の比重 リスク を格段に 削減することが出来ます。 最悪の状態を想定して、「どうしたらそれを回避できるのか?」 「もしその状態になったらどう対応しなければならないのか?」を想定し事前に 手を打っておく事です。 どうしたらその変化・チャンスを活かせるかという未来づくりです。 「事後の百策より事前の一策」を今回の東日本大震災では痛感させられました。 天災、人災、国災という「複合連鎖災害」です。 福島原発の補助電源が津波の 影響を受けないように建設時に施していたら、今の日本の厳しい状況(世界の 原発問題含め)は激変していたはずです。 安全、安心より経済性・コストを優 先した結果です。 正に魔がさした判断です。 「備えあれば憂いなし」ではなく、「憂いなければ備えなし」の泥縄状態を つくってしまいました。 私が訪れた仙台の海岸地区は見渡す限り瓦礫の平原で想像を絶する惨状でした。 震災の40日後でも、足がすくみ、心も凍りつく思いがしました。 憂いを忘れた奢りの経営が招いた結果といえます。 その一方で、震災のその日、激震と津波が町を飲み込む真っ只中で、自分自身が 置かれたその場所、学校、家庭、職場等で自らの命の危険を顧みず、人のために 尽くされた多くの方がいらっしゃった事も決して忘れてはいけない日本人としての 誇りだと思います。 「一隅(いちぐう)を照らす」という言葉があります。 月刊誌『致知』より ---------------------------------------------------------------------------- 山本のぶさんという盲目のマッサージ師がいた。 私とは戦争前からのつき合いがあった。 私の寺から500メートルほど離れた所に住んでいたが、 空襲で家を焼かれて、寺へ避難してきた。 手に持っていたのは、過去帳と杖、茶碗だけである。 当時、寺には30人ほどの罹災者がいたが、警報が鳴ると、 みんないっせいに逃げ出して、寺を守る者もいなくなった。 その中で、山本さんだけは本堂に残ってお経を読んでいた。 戦争が終わってからも、私は山本さんを呼んで、 マッサージをしてもらっていたが、 彼女が家の前の路地に電灯をつけたという話を聞いた。 家といっても、もちろんバラックである。 当時は金だけですまず、米かあるいは何がしかのプラスアルファを つけないと、電灯工事などしてくれなかった。 ずいぶんなムリをしたんだな思い、さらに訊いてみると、 電灯がついたのは家の前だけで、家の中にはついていないのだという。 あと1メートルも延ばせば、家の中も明るくなるというのに。 私は思わず「なんてバカなことをしたんだ」と言ってしまった。 しかし、彼女の答えを聞いて、 バカなのは自分であったと悟らされたのである。 彼女は盲目である。 したがって、家の中に電灯は必要ないわけだ。 どこだって必要がない。 杖が1本あれば足りる。 しかし、彼女の家の前の路地は、バス通りへの近道になっていて、 大勢の人が通るという。 雨が降ると、ぬかるみになってみんなが難儀をするのである。 電灯が1つでもあれば、それが少しは救いになるだろう、と彼女は考えた。 自分にはまったく必要ない。 しかし、他人に必要なことだから、実行したのであった。 この話を聞いた時、私はいきなり 心臓を突かれたような思いがしたものである。 ------------------------------------------------------------------------- 目に見えるもの、計算できるものからの発想ではなく、目に見えないもの、 計算できないものの大切さに目覚める事により、「新生」が始まります。 今後、自分たちは未来に向けて何に備えるか? それが、人としての生きざまであり、会社としての存在価値の表れなのかも しれません。

次の