鳥越 マリ 現在。 鳥越マリ

20世紀アイドル写真館 : 鳥越マリ

鳥越 マリ 現在

経歴 女優、タレント活動 中学校3年生のときに自らに入り、の 「JAL沖縄キャンペーンガール」として入りした。 その直後からまでテレビ番組「」()の司会者を務め、との絶妙なコンビが注目を集めた。 1980年代後半以降は女優としての活動が主体となり多くの作品に出演、映画「女帝 春日局」()ではを披露している。 頃まで「スタッフアップ」に所属していた。 以降の消息は不明である。 歌手活動 、「暗くなるまで待てない」(音産、5月21日)、さらに「シーズン! 」が発売された。 オムニバスCD 「アイドル宝石箱」 (ビクター) - 鳥越の楽曲も収録されている• 出演時に歌った「ドミノ倒しの夏」というタイトルのネーミングに、当時若手だった からイジられていた。 私生活 11月、同月に4歳年上の金融会社と、またであることが報じられた。 出演 テレビドラマ• (フジテレビ)• 「どきどき婦警さん」(1983年・1984年)• 「とことんトシコ」(1983年)• 「」(1983年・1984年)• (1985年、テレビ東京)• (1985年、フジテレビ)• 新・花の聖カトレア学園(1985年、テレビ東京)• うすずみ桜(1985年、よみうりテレビ)• スペシャル(1986年、TBS)• (1986年 - 1987年、TBS) - 香織 役• (1986年、フジテレビ) - 千代子 役• 「ぐるり富士山おまじないツアー」(1988年、テレビ朝日)• 原色恋愛図鑑(1989年、TBS)• 「仲人してみませんか? 」(1989年、よみうりテレビ)• まだ眠らない 悪女が生まれた夜(1989年、関西テレビ)• 蝮のようなレディ(1989年、TBS)• (テレビ朝日)• 「」(1989年 - ) - との共演。 当たり役であった とされる。 「キャンパス迷路殺人事件」(1991年)• 「14」(1995年)- 大内リサ 役• 「死体を置いていかないで」(1996年)• 「」(1997年1月25日) - 守口有加 役• 「」(1997年9月13日) - 佐藤薫 役• 「」(1999年)- 森下三枝子 役• (日本テレビ)• 「宵侍草殺人事件」(1989年)• 「過去からの殺人者」(1989年)• 「6」(1995年)• 「仮想結婚」(1995年)• 「4」(1996年)- 関えつ子 役• 「2」(1996年)• 「18」(1996年)• 「9」(1997年)• 「冬の駅」(1999年)• (TBS)• 「バイト人生百発百中」(1989年)• 「さそり」(1991年)• 「新・株式会社徳川家康」(1992年)• 「京都映画女優殺人事件」(1994年)• 「伊豆温泉めぐり殺人ルート」(1994年)• 「佐賀・有田、龍文壷の殺意」(1996年)• (1990年、フジテレビ)• 大坂物語 父と逢う春(1990年、毎日放送)• キスの温度 いちばん近い他人(1990年、日本テレビ)• 牛後九時の目撃者(1990年、関西テレビ)• 女キャスター物語(1990年、テレビ東京)• (1990年、TBS)• LOVE 13「タッくんへ」(1991年、フジテレビ)• 『鏡』 (1991年、フジテレビ)• 古都・奈良殺人事件(1991年、テレビ東京)• 10年目のクリスマス・イブ(1991年、テレビ朝日)• (1991年、日本テレビ)- 芝夏美 役• (1991年、テレビ朝日)• 第2シリーズスペシャル「みちのく忠臣蔵」(1991年、日本テレビ) - 関前操 役• (1992年、日本テレビ)- 芝夏美 役• 「螢のハネムーン」(1992年、テレビ朝日)• (1992年4月8日、フジテレビ)• 麗しのサブリナ(1992年、テレビ東京)• 「悪霊に狙われた花嫁」(1992年、テレビ朝日)• パイナップルの彼方へ(1992年、フジテレビ)• (1992年、テレビ東京) - 橘友佳里 役• (1993年、TBS)• スペシャル「散る花 咲く花 吉原と大奥の光と影! こだくさん(1993年、テレビ朝日)• 結婚不安症候群(1993年、関西テレビ)• 美徳のよろめき(1993年、テレビ東京)• (フジテレビ)• 「結婚式」(1993年)• 「野々村さんちの夫婦ゲンカ 1・2」(1994年)• 「平成カイシャイン物語」(1995年)• 「帰ってきたOL三人旅 香港極楽エステツアー殺人事件」(1995年)• 「京都紫式部殺人事件」(1996年)• 「」(1996年)• 「2」(1998年)- 春日ゆう子 役• (1995年、TBS)• (1995年、フジテレビ)• (1995年、NHK) - 桐子 役• 詐欺 狙われた実印(1995年、CBC放送)• (1995年、) - 主演• (1997年、テレビ朝日)• (1997年、日本テレビ)• 「悪霊学園」(1997年、フジテレビ) - 担任 役• 家政婦は見た! (1997年) - 木曽佐知• (1996年、テレビ東京)• (1998年、TBS)• (1998年、日本テレビ) 映画• いとしのラハイナ(1983年) - 映画デビュー作品• (1987年、フジテレビ、小学館)-恭世 役• パイレーツによろしく(1988年、木下プロ)• ・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・(1988年、東映)• 木村家の人びと(1988年、日本ヘラルド映画) - 安代 役• 危ない話 『ツタンカーメン王の呪い』(1989年) - 看護婦 役• (1990年、東映京都) - おつめ 役• (1990年、プロジェクト・アルシェ) - 令子 役• (1992年、東宝) - 島怜子 役• (1994年、ケイエスエス)• 東雲楼 女の乱(1994年、東映京都撮影所 、銀龍) - 銀龍 役• B面の夏(1995年、)• (1996年、松竹) - 花村典子 役 バラエティー• (1983年 - 、フジテレビ) - 司会• (1984年、毎日放送) - アシスタント• (1988年4月 - 9月、フジテレビ) - レギュラー• (1988年 - 1989年、NHK総合) - 役• (1989年 - 1990年、毎日放送) - レギュラー CM• ルイジアナチップス()• 保護キャンペーン()• モノゲンユニ() 他多数 音楽 シングル• 暗くなるまで待てない(1984年)• ドミノ倒しの夏(1985年) アルバム• シーズン! イメージビデオ にイメージビデオが発売された。 鳥越まりのダイエット記念日(1996年、) 写真集• HOTELマンダリン - 鳥越マリ写真集(1999年、) 参考• 1999年11月13日付け報道 関連項目• 「JAL沖縄キャンペーンガール」• (1982年)• (1985年)• (1986年) この項目は、に関連した です。

次の

鳥越マリ 女優・俳優部門 恐怖の追跡〜あの人たちは今?〜

鳥越 マリ 現在

来歴 [ ] 、(現:)出身。 父親は俊雄といい、その俊の一字をとって俊太郎という名前がついた。 父親は大学を卒業して企業に入り、現場でいろいろないじめにあってを発症、俊太郎が生まれたときはのの病棟に入院していた。 、小学校へ入学し、戦後教育の第一期生となる。 を経て、1965年、(国史学専攻)卒業。 、に入社。 初任地は新潟支局であった。 10月、で知り合い結婚。 その後、毎日新聞社の『』編集部に異動。 在籍時に「」が発生し、当時編集長のの方針で主宰者のを匿ったため、鳥越を含む編集部全員がで逮捕されそうになる。 外信部特派員時代のからにかけての戦場報道を行う。 4月、サンデー毎日編集長となる。 6月、就任間もない首相の愛人問題を報じ、結果的に7月ので自民党大敗・内閣退陣に追い込んだ。 政治家の女性問題は報じないのが当時の不文律だったが、その「掟」を破る画期的な報道だったとされる。 同年8月に毎日新聞社を退職し、同年10月、『』の司会に就任。 レギュラー放送終了後も、単発となった同番組の司会を務める。 、のに就任。 、呼びかけ人の一人として『マスコミ九条の会』結成に参加。 、レギュラーアンカーを務めていたテレビ朝日『』に本人が電話出演し、であることを告白した。 3日後にを受け、その後復帰。 5月、インターネット新聞『』日本語版の初代編集長に就任。 2月、が候補としての擁立を打診するも、自身が依然として療養中であるため、「(任期の)4年間に責任を持てない」として打診を断る。 同年、『』日本語版の編集長を辞任した。 同年、『スーパーモーニング』で、癌がに転移していたことを明かす。 同年1月に左肺を一部切除、同年8月には右肺も手術していた。 、同番組で癌がに転移していることを明かし、翌に切除手術を受け療養に入る。 に同番組で復帰した。 、『』の3代目理事長に就任。 5月まで約1年2ヶ月務めた。 都知事選挙 [ ] 、への立候補を表明する。 記者会見では「15年の生まれです。 「終戦の時20歳でした。 もちろん空襲も覚えてます。 防空壕に逃げ込んだこともよく記憶しております」と自己紹介した。 」 選挙戦を戦っている最中、7月21日発売のにて女子大生への疑惑を報じられた。 報道によれば、当時女子大生を別荘に連れ込み(私立大学関係者)拒む女性にキスを行い淫らな行為に及ぼうとするも女性の抵抗にあい未遂に留まったとされ、この件が元で鳥越は大学への出入りを禁止されたという(別の私立大学関係者)。 鳥越側は発売前日の20日に事実無根であるとし週刊文春に抗議文を送付、21日におよび違反であるとして東京地検に告訴し、選挙運動に集中するため会見等は開かないと発表した。 一方の週刊文春側はの取材に対し「記事には十分自信を持っている」と述べている。 また、この件に関しては、13年前に被害者とされる女子大生と直接接触して証言を得ていたが、女子大生の強い希望により掲載を見送っていたことを7月28日発売の週刊新潮で報じた。 これを受け、鳥越側は28日に名誉毀損および公職選挙法違反であるとして週刊新潮を東京地検に告訴した。 これに対し週刊新潮側はからの取材に対し、「あきれるほかない。 自身の説明責任を果たされることを願う」と述べた。 鳥越に都知事選の出馬を譲ったは、「記事そのものから見て、事実無根と考えることはできません。 応援に立つことはできません」として鳥越の応援演説に立たなかった。 は淫行疑惑が報じられた際の鳥越の対応について「鳥越さん あれだけ報道の自由を叫んでいたのに自分のことになったらちょっとケツの穴が小さくないか?」、「今回の文春なんてチョロい記事。 ちゃんと釈明しなさい」と述べている。 、東京地検は名誉毀損だとして訴えられていた週刊文春と週刊新潮、両誌の編集長を不起訴処分とした。 関係者によると、いずれも嫌疑不十分だった。 「『女子大生淫行』疑惑」と題した、2016年7月発売の週刊文春の「平成14年[ 2002年]に当時大学2年だった女子学生に強引にキスをし、ラブホテルに誘った」などとする記事による名誉毀損での不起訴決定を受けて、同誌は「当然の決定」と述べた。 7月31日の投開票では、134万6103票を得るも、、に次ぐ3位となり落選した。 受賞歴 [ ] にの前で発生した「」におけるの報道姿勢(「単なる男女の痴話げんか」など)に疑問を抱き、『ザ・スクープ』で独自取材。 その結果、の虚偽発表と怠慢が次々と明るみに出て、には、を受賞する。 、『ザ・スクープ スペシャル』における警察の裏金疑惑報道が第41回報道活動部門大賞を受賞。 、男性向けのが主催する第2回「ダンディ大賞2007」の文化人部門で1位を獲得し 、翌の第3回でも、同部門で1位になった。 癌への姿勢 [ ] の3代目理事長を務めた後、現在はCSRプロジェクト 会長を務める。 8月にを手術したを「悲観することは一切ない。 病気は生活の乱れを見直すいい機会だから、桑田さんも前より健康になれるはず」と激励。 70歳から週3回のジム通いを始め、「ハンデを持っていても走れる! ということを自分に証明しなきゃならない」としての出場を目標にした。 また、4度の手術経験から「『がんには痛みがない』という常識を知ってほしい」「がん検診の受診率はいつまでたっても上がらないけど、自分を動かす(受診する)のはあなたしかいないんです」と訴えている。 12月9日に行われた40回大会では8時間19分55秒で完走した。 主張・言動 [ ] 政治に関して [ ]• 7月、頻発する無差別殺傷事件について、「日本のが広がり、が増えている。 の名の下に進められた変化が、こういう犯罪を産み出していると思えてならない」という見解を示した。 2009年、民主党・代表(当時)のいわゆる「故人献金」問題の報道において、「秘書の浅知恵でしょう」との見方を示した。 2010年、民主党の支持率低下はのせいであるとし、民主党の資金管理団体を巡って元秘書3人が逮捕されたの報道において、小沢批判をするマスコミは小沢に疑惑をかけている検察から情報をリークされており、「私たち世論は操作されている」と主張。 また、1月21日の同番組内で、小沢が疑惑を持たれていた土地購入資金の4億円を、「小沢側が3億円は父親の遺産、1億円は妻から借りたもので4億円は自分で持っていたもの」と主張していた件について、鳥越は庶民には4億は高額だが、銀行がつぶれたら1000万円しか返ってこないため、お金持ちはをするものであると主張した。 、小沢一郎について東京第5が「起訴相当」の議決を行ったことに対して、「今回の議決を読むと、『市民目線』とか『市民感覚』とか書いてあるけど、証拠とはあまり関係なく、感情的、情緒的な判断」とコメント。 政治に関するについて、「毎日新聞の記者時代の経験ですが、調査結果の発表前に選挙の担当者が数字を調整するのをしばしば見てきた。 担当者が取材で掴んだ選挙区情勢と違うという理由です。 そういった裏事情を知っているので、私自身は世論調査の数字を疑っています」と述べている。 2012年12月に行われたの結果について、「自民勝利は、大手メディアの選挙予測がもたらした」と述べている。 大手メディアは連日報じる結果によって「は悪人」と印象操作してきたと指摘。 また1000兆円の国の借金や原発、、基地問題はすべて自民党単独政権時代のツケであり、メディアがその負の遺産に触れないことを問題視。 勝ち馬に乗って批判を控えている新聞やテレビも、1年も経てば手のひらを返したように口汚く罵ると予想している。 2012年11月にが結成された際は同党を支持し、「びわこ宣言」の賛同人に、、、と共に名を連ねた。 日本未来の党が解党した後はを支援しており、には、4月ので敗れた池田真紀の応援演説や、7月ので当選したの応援演説を行うとともに、民進党のポスターにも登場している。 「」が意見広告を出したことに関して、「という右翼的な団体があって、そこからお金が出て、産経と読売に意見広告が出ている、ということがある程度分かってきている」と2016年2月の記者会見で述べた が、日本会議はこれを事実無根とし、撤回と謝罪を要求した。 人物 [ ]• に関して、「元から。 かつてはファンで今は」と語っている。 本人は「ジャーナリスト」と呼ばれることを嫌い、「ニュースの職人」を名乗っている。 但し、出馬時は肩書きを「ジャーナリスト」としていた。 「事実や真実に対して正直であることが、じつはいちばん得をする道だ」との考えの持ち主とのこと。 『サンデー毎日』副編集長時代の経験を交え、企業不祥事が起きたら、すぐに外部の目も入れて徹底検証し、その結果を洗いざらい公表して、二度と同じような不祥事を起こさないための防止策も社会に明らかにするべき、と主張している。 もし、自分が不祥事の当事者になったら、「洗いざらい公表して責任を取りますよ。 後ろ指を差されて、下を向いて歩いていくような生き方は嫌ですからね」とコメントしている。 評価 [ ]• 用意周到に完璧な会見を開いて、なんかできる人だなぁって思うよりは、なんかみんなのために急遽立ち上がったんだっていう方が、僕は好感が持てましたけどね」と持論を述べている。 2003年から2004年にかけてのコマーシャルに登場し、2007年にはのに登場していた。 ジャーナリストのからは「その企業が問題を起こした場合、ジャーナリズムそのものにも傷をつける」、からは「現役のジャーナリストがコマーシャルに出るなんてあり得ないこと」と批判された。 コマーシャル出演について鳥越は「保険には公共性があり、世に広まることに意味があると思うので出演した」とコメントしている。 日本語版の元スタッフは、廃刊に至った原因として「初代編集長の鳥越俊太郎氏の責任が大きく、オーマイニュース創刊の足を引っ張った」と証言している。 のは、鳥越が2016年3月の記者会見で「安倍晋三政権はテレビ報道を神経質に気にしていて、監視チームを作ってチェックしている」と主張した ことについて、根拠を示しておらず、事実確認を軽視していると批判した。 家族・親族 [ ] 鳥越家 (10年)、俊太郎の曽祖父・鳥越彦三郎が福岡県浮羽郡吉井町(現・うきは市)で・日用取扱業を創業。 1940年、製粉・精麦業に転換。 についてNHKの(2015年7月10日放送)で俊太郎の鳥越家の祖先は「戦国大名の家臣である鳥越興膳」と紹介していたが、興膳の末裔でに大富豪に成長した大の18代当主の男性は「興膳はうちの先祖です。 俊太郎の鳥越家は近所の住民で同姓だが、血縁関係はない。 」と放送内容を否定している。 曽祖父・ 彦三郎(? - 、鳥越製粉創業者)• 祖父・ ( -? 、鳥越製粉社長)• 父・ ( - 、京都帝国大学経済学部卒業 、住友本社を経て鳥越商店勤務 、鳥越製粉専務)• 伯父・ ( - 、鳥越製粉社長) 出演 [ ] テレビ [ ] 現在出演中• (九州・沖縄ANN系列) - 月一回• () - 月一回• 『スーパーJチャンネル九州・沖縄』及び『KBCニュースピア』は月一回のスペシャルコメンテーターとして出演。 後者では「鳥説」というコーナーを担当。 - 2016年7月は東京都知事選挙出馬の候補者として出演。 2016年8月以降は専門家又はゲストコメンテーターとして月に1 - 2回程度出演。 過去の出演• (1989年10月 - 2015年8月、) - 前述の都知事選挙出馬の関係で、2016年8月放送分は出演せず、以降の回も出演していない。 (1995年10月 - 2001年3月、テレビ朝日) - コメンテーター• (2002年10月 - 2011年3月、テレビ朝日) - 月曜日 - 木曜日ニュースナビゲーター(コメンテーター)• (テレビ朝日)• (2004年4月 - 2005年3月、) - ナビゲーター• (テレビ朝日) - 鳥越教授 役• (テレビ朝日) - 1992年 - 1996年まで代理司会者、パネリストとして出演。 (テレビ朝日)• 烏越俊太郎の遺書(2008年12月31日、BS朝日)• テレビ朝日開局50周年ドラマ (2009年6月20日・21日、テレビ朝日) - 産政新聞デスク 役• 「安藤百福 遅咲きのラーメン王」(2010年5月、NHK教育) - 語り手• NHK「」(2010年7月31日、) - (内閣綜合計画局長官)役• (2011年4月14日、) - コメンテーター• (2011年9月、) - 旅人• 最終話(2011年12月16日、TBS) - 社長 役• 西日本8局特番 鳥越俊太郎のがん医療最前線〜「生きる」を支える人々〜(2012年5月4日、毎日放送)• (2008年4月 - 2015年9月、)• (テレビ朝日)金曜コメンテーター(不定期) ラジオ [ ]• () - 月曜日「鳥越俊太郎ニュースの職人のこだわり」( - )• (TBSラジオ) - レギュラーコメンテーター• (TBSラジオ)• () - ゲスト CM [ ]• 英会話学校Gaba• 『』 -「鳥越俊太郎の実感篇」• 『トゥルースリーパー』 著書 [ ]• 『新あめりか漂流記』東京出版、1984年 『あめりか記者修業』• 『異見 あまのじゃく 鳥越俊太郎のジャーナリズム日誌』現代人文社 1998• 『鳥越俊太郎のあのくさ、こればい! 最近のニュースが3分間でわかる』プラネット出版 2000• 『そのニュースちょっと待った! 』 2001• 『ニュースの職人「真実」をどう伝えるか』 2001年• 『みんなの政治ニュースがよくわかる本』 2001• 『報道は欠陥商品と疑え That's Japan 』ウェイツ 2002年• 『親父の出番』集英社be文庫 2003• 『歳には、勝てる』 2005年• 『僕らの音楽 対談集1〜4』、2005• 『人間力の磨き方』 2006年• 『2時間でわかる問題なニッポン 現代ニュース用語から読み解く』 2007• 『鳥越俊太郎のエンディングノート 葬送曲はショパンでよろしく』アース・スターエンターテイメント,泰文堂 2011年3月• 『がん患者』 2011年6月• 『祖父の流儀 ダンディズム 』 2014• 『君は人生を戦い抜く覚悟ができているか? 鳥越俊太郎仕事の美学』 2015 共著・編著 [ ]• 『うちのお父さんは優しい 検証・金属バット殺人事件』共著 明窓出版 2000• 『桶川女子大生ストーカー事件』烏越&取材班 2000年• 『子どもの目親の目から見た私の家族』編 2001• 『虚誕 警察につくられた桶川ストーカー殺人事件』共著 2002• 『石原「総理」の危うさ やらせてみたい。 でも……』編著 2003• 『本当は知らなかった日本のこと』共著 2006• 『日本の薬はどこかおかしい! 』, 聞き手 青志社 2008• 『生きる。 がんと向きあう7人のストーリー』,,,,,共著 幻冬舎 2009• 『眠って生きろ』共著 デコ 2010• 『証言 「原発危機500日」の真実に鳥越俊太郎が迫る』細野豪志共著 講談社 2012• 『20人の識者がみた「小沢事件」の真実 捜査権力とメディアの共犯関係を問う! 』共編 2013• 『戦争は秘密から始まる 稀代の悪法「秘密保護法」を許さない』,共著 日本機関紙出版センター 2014 脚注 [ ]• 産経ニュース 産経新聞社. 2016年7月23日. 2017年12月19日閲覧。 鳥越俊太郎公式サイト• 朝日新聞デジタル2013年7月3日• マスコミ九条の会• 産経新聞. 2016年7月12日. 2016年7月12日閲覧。 鳥越俊太郎公式サイト• 朝日新聞デジタル 2016年7月20日23時29分• 週刊新潮. 2016年7月28日閲覧。 鳥越俊太郎公式サイト 2016年7月28日. 2016年7月28日閲覧。 YOMIURI ONLINE 2016年7月28日. 2016年7月28日閲覧。 日刊スポーツ 2016年8月1日. 2016年8月17日閲覧。 サンスポ• 朝日新聞デジタル 2017年3月23日• 日本記者クラブ. 2010年5月24日閲覧。 [ ]• テレビ朝日• (、ニュースリリース - 男のエステ ダンディハウス)• 出典:組織概要。 なお、鳥越自身のホームページにはこの肩書が書かれていない。 また、この法人は働き盛りのがん経験者・家族・医療従事者・企業の支援を目的とする法人である。 サンスポ 2010年8月5日• [ ]スポーツ報知 2012年4月25日• J-CASTニュース. 2008年7月23日. 2010年8月8日閲覧。 2009年7月1日. 2010年8月8日閲覧。 2010年1月21日. 2010年8月8日閲覧。 J-CASTニュース. 2010年4月28日. 2010年8月8日閲覧。 NEWポストセブン 2012年7月20日• NEWポストセブン 2012年12月21日• [ ]• 産経ニュース. 2016年2月29日. 2016年7月18日閲覧。 2016年3月1日. 2016年7月18日閲覧。 ,デイリースポーツ,2016年7月13日• 朝日新聞2016年2月15日 - 28日、全10回• リアルライブ• 2007年9月18日• 産経ニュース 産経新聞. 2016年7月15日. 2016年7月16日閲覧。 『』新潮社、2016年5月26日号、46-48頁。 参考文献 [ ]• 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年。 外部リンク [ ]• shuntorigoe -• shun. torigoe -• () 歴代キャスター 期間 メインキャスター コーナーキャスター 男性 女性 ニュース スポーツ 1989年10月 - 1990年9月 1 (メインが兼務) 1990年10月 - 1993年3月 2 (なし) 1993年4月 - 1995年9月 1995年10月 - 1997年9月 1997年10月 - 1998年3月 3 1998年4月 - 1999年9月 1999年10月 - 2000年3月 (不明) 2000年4月 - 2000年9月 2000年10月 - 2001年9月 1 (なし) 4 2001年10月 - 2002年9月 (なし) 2002年10月 - 2012年1月 1 2012年5月 - 現在.

次の

鳥越マリ

鳥越 マリ 現在

経歴 女優、タレント活動 中学校3年生のときに自らに入り、の 「JAL沖縄キャンペーンガール」として入りした。 その直後からまでテレビ番組「」()の司会者を務め、との絶妙なコンビが注目を集めた。 1980年代後半以降は女優としての活動が主体となり多くの作品に出演、映画「女帝 春日局」()ではを披露している。 頃まで「スタッフアップ」に所属していた。 以降の消息は不明である。 歌手活動 、「暗くなるまで待てない」(音産、5月21日)、さらに「シーズン! 」が発売された。 オムニバスCD 「アイドル宝石箱」 (ビクター) - 鳥越の楽曲も収録されている• 出演時に歌った「ドミノ倒しの夏」というタイトルのネーミングに、当時若手だった からイジられていた。 私生活 11月、同月に4歳年上の金融会社と、またであることが報じられた。 出演 テレビドラマ• (フジテレビ)• 「どきどき婦警さん」(1983年・1984年)• 「とことんトシコ」(1983年)• 「」(1983年・1984年)• (1985年、テレビ東京)• (1985年、フジテレビ)• 新・花の聖カトレア学園(1985年、テレビ東京)• うすずみ桜(1985年、よみうりテレビ)• スペシャル(1986年、TBS)• (1986年 - 1987年、TBS) - 香織 役• (1986年、フジテレビ) - 千代子 役• 「ぐるり富士山おまじないツアー」(1988年、テレビ朝日)• 原色恋愛図鑑(1989年、TBS)• 「仲人してみませんか? 」(1989年、よみうりテレビ)• まだ眠らない 悪女が生まれた夜(1989年、関西テレビ)• 蝮のようなレディ(1989年、TBS)• (テレビ朝日)• 「」(1989年 - ) - との共演。 当たり役であった とされる。 「キャンパス迷路殺人事件」(1991年)• 「14」(1995年)- 大内リサ 役• 「死体を置いていかないで」(1996年)• 「」(1997年1月25日) - 守口有加 役• 「」(1997年9月13日) - 佐藤薫 役• 「」(1999年)- 森下三枝子 役• (日本テレビ)• 「宵侍草殺人事件」(1989年)• 「過去からの殺人者」(1989年)• 「6」(1995年)• 「仮想結婚」(1995年)• 「4」(1996年)- 関えつ子 役• 「2」(1996年)• 「18」(1996年)• 「9」(1997年)• 「冬の駅」(1999年)• (TBS)• 「バイト人生百発百中」(1989年)• 「さそり」(1991年)• 「新・株式会社徳川家康」(1992年)• 「京都映画女優殺人事件」(1994年)• 「伊豆温泉めぐり殺人ルート」(1994年)• 「佐賀・有田、龍文壷の殺意」(1996年)• (1990年、フジテレビ)• 大坂物語 父と逢う春(1990年、毎日放送)• キスの温度 いちばん近い他人(1990年、日本テレビ)• 牛後九時の目撃者(1990年、関西テレビ)• 女キャスター物語(1990年、テレビ東京)• (1990年、TBS)• LOVE 13「タッくんへ」(1991年、フジテレビ)• 『鏡』 (1991年、フジテレビ)• 古都・奈良殺人事件(1991年、テレビ東京)• 10年目のクリスマス・イブ(1991年、テレビ朝日)• (1991年、日本テレビ)- 芝夏美 役• (1991年、テレビ朝日)• 第2シリーズスペシャル「みちのく忠臣蔵」(1991年、日本テレビ) - 関前操 役• (1992年、日本テレビ)- 芝夏美 役• 「螢のハネムーン」(1992年、テレビ朝日)• (1992年4月8日、フジテレビ)• 麗しのサブリナ(1992年、テレビ東京)• 「悪霊に狙われた花嫁」(1992年、テレビ朝日)• パイナップルの彼方へ(1992年、フジテレビ)• (1992年、テレビ東京) - 橘友佳里 役• (1993年、TBS)• スペシャル「散る花 咲く花 吉原と大奥の光と影! こだくさん(1993年、テレビ朝日)• 結婚不安症候群(1993年、関西テレビ)• 美徳のよろめき(1993年、テレビ東京)• (フジテレビ)• 「結婚式」(1993年)• 「野々村さんちの夫婦ゲンカ 1・2」(1994年)• 「平成カイシャイン物語」(1995年)• 「帰ってきたOL三人旅 香港極楽エステツアー殺人事件」(1995年)• 「京都紫式部殺人事件」(1996年)• 「」(1996年)• 「2」(1998年)- 春日ゆう子 役• (1995年、TBS)• (1995年、フジテレビ)• (1995年、NHK) - 桐子 役• 詐欺 狙われた実印(1995年、CBC放送)• (1995年、) - 主演• (1997年、テレビ朝日)• (1997年、日本テレビ)• 「悪霊学園」(1997年、フジテレビ) - 担任 役• 家政婦は見た! (1997年) - 木曽佐知• (1996年、テレビ東京)• (1998年、TBS)• (1998年、日本テレビ) 映画• いとしのラハイナ(1983年) - 映画デビュー作品• (1987年、フジテレビ、小学館)-恭世 役• パイレーツによろしく(1988年、木下プロ)• ・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・(1988年、東映)• 木村家の人びと(1988年、日本ヘラルド映画) - 安代 役• 危ない話 『ツタンカーメン王の呪い』(1989年) - 看護婦 役• (1990年、東映京都) - おつめ 役• (1990年、プロジェクト・アルシェ) - 令子 役• (1992年、東宝) - 島怜子 役• (1994年、ケイエスエス)• 東雲楼 女の乱(1994年、東映京都撮影所 、銀龍) - 銀龍 役• B面の夏(1995年、)• (1996年、松竹) - 花村典子 役 バラエティー• (1983年 - 、フジテレビ) - 司会• (1984年、毎日放送) - アシスタント• (1988年4月 - 9月、フジテレビ) - レギュラー• (1988年 - 1989年、NHK総合) - 役• (1989年 - 1990年、毎日放送) - レギュラー CM• ルイジアナチップス()• 保護キャンペーン()• モノゲンユニ() 他多数 音楽 シングル• 暗くなるまで待てない(1984年)• ドミノ倒しの夏(1985年) アルバム• シーズン! イメージビデオ にイメージビデオが発売された。 鳥越まりのダイエット記念日(1996年、) 写真集• HOTELマンダリン - 鳥越マリ写真集(1999年、) 参考• 1999年11月13日付け報道 関連項目• 「JAL沖縄キャンペーンガール」• (1982年)• (1985年)• (1986年) この項目は、に関連した です。

次の