インスタ ブロック わかる。 Instagram(インスタ)でブロックされたらどうなるの?フォローは?

インスタグラムで「ブロック」したら/されたらどうなる? 確認方法や相手にバレるかなど全解説

インスタ ブロック わかる

この記事のINDEX• を使っていると「あの人にこの投稿見られたら気まずいかも…」と思うことってありますよね。 そんな時にブロック機能を使おうかと迷いますが、ブロックした相手に通知が行ってしまわないか、ブロックした相手には自分のアカウントがどう見えるのか…色々と気になるところ。 そこで今回は ブロック機能の使い方とを使う前に知っておいてほしい注意点をご紹介します! ブロック機能ってなに? ブロック機能とは、 指定した相手に対して自分のアカウントを非公開にする機能です。 通常の投稿やストーリーが見られなくなるのはもちろん、DMなどでコンタクトをとる事もできなくなります。 これはフォローの有無に関わらず、使用することが可能です。 インスタで相手をブロックする方法 ブロックする方法は、相手のプロフィールが画面を開き 右上の「…」をタップします。 「ブロックする」を選択すれば相手をブロックすることができますよ! また解除したい場合は、ブロックした相手のプロフィール画面で 「ブロックを解除」のボタンを押します。 これで、ブロックが解除され「フォローする」のボタンに切り替わります。 ブロックしたらどうなるの? ブロックした場合は次のようなことが制限されます。 ブロックした相手をフォローしていた場合は、フォローが解除されます• タイムラインに、ブロックした相手の投稿が表示されなくなります• ブロックした相手からのDMが送られなくなります• ブロックした相手が過去に自分の投稿につけた、いいね!やコメントが表示されなくなります• ブロックした相手のプロフィール画面を開くと「投稿がありません」と表示されます ブロックされた側はどうなるの? ブロックされた場合は次のようなことが制限されます。 ブロックされた相手をフォローしていた場合は、フォローが解除されます• ブロックされた相手の投稿が表示されなくなります• 検索からブロックされた相手のアカウントを見つけられなくなります• ブロックされた相手が過去に自分や他ユーザーにつけた、いいね!やコメントが表示されなくなります• ブロックされた相手が他のユーザーのタグ付されている場合、タグをクリックすると、プロフィール画面は表示されますが、投稿は表示されません• 過去にやりとりしたダイレクトメッセージからアカウントにとんだ場合も同様で、プロフィール画面は表示されますが投稿は表示されません• ブロックされた相手のフォロワー、フォロー中のアカウントも表示できなくなります ということで、 ブロック機能を使用しても通知等は届かない仕組みになっているんですね。 しかし、それでもブロックした相手がプロフィール画面を開いた場合は、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されてしまうので ブロックしたことは相手にも分かってしまいます。 非公開モードとの違いと活用方法 非公開モードは、自分が承認した人以外には投稿を公開しない機能です。 非公開モードに変更した場合、すでにいる自分のフォロワーは、フォローバックの有無に関わらず自動的に全員承認されます。 そのため、 フォロワーの中にブロックしたい相手がいる場合は非公開モードに変更しても特に変化はありません。 ただ、 非公開モードの状態で特定の相手をブロックすると相手のフォローが自動的に外れます。 その後ブロックを解除したとしても、非公開設定なのでリクエストを承認しない限り投稿を見ることはできませんし、 相手にも非公開アカウントとして表示されるのでブロックしたことに気づかれない可能性もあります。

次の

インスタ「ブロック」方法、ブロックするとどうなる?

インスタ ブロック わかる

インスタのブロックとは?自分・相手の表示方法 インスタグラムのブロックとは、特定の相手に対して自分の投稿 写真や動画、ストーリー を非表示にする機能です。 またDMやコメントといったやりとりも制限できます。 フォロー・フォロー外に関係なく全ユーザーをブロック可能です。 もしも誹謗中傷を繰り返す悪質ユーザーに悩んでいる場合、ブロックを検討してみてください。 なおブロックしても相手に通知が届くことはありません。 しかし通常と比べて画面表示が異なるので、ブロックしたことが相手にバレる可能性は高いです。 とはいえブロックの設定や解除は簡単にできるので、状況に合わせて利用しましょう。 ブロックした自分側の表示画面 自分が特定の相手をブロックした際、下記4つのように表示されます。 相手のプロフィール画面が非表示に• 相手の投稿・ストーリーがタイムラインから非表示に• 相手からのいいね・コメントが非表示に• DMのやりとりができなくなる 基本的には自分のタイムラインに、相手の投稿が一切表示されなくなります。 各画面表示について詳しく紹介します。 相手のプロフィール画面が非表示に 特定の相手のプロフィールにアクセスはできますが、ほぼ非表示になります。 投稿やフォロー・フォロワーが全て0人と表示されます。 相手の投稿・ストーリーがタイムラインから非表示に ブロックした相手が写真やストーリーを投稿しても、自分のタイムラインに表示されることはありません。 相手のプロフィールにアクセスしても表示されないので、当然いいねやコメントもできなくなります。 相手からのいいね・コメントが非表示に ブロックした相手が、過去自分の投稿に付けたいいね・コメントが非表示になります。 またフォローユーザーの行動が表示される「アクティビティ」でも、相手の行動は表示されません。 DMのやりとりができなくなる ブロックした相手と過去にやりとりしたDMは、スレッド一覧に残ったままです。 ちなみに「チャットを削除」をクリックすれば、スレッド一覧からも削除されます。 ブロックされた相手側の表示画面 ブロックされた相手の画面には、下記4つのように表示されます。 DMの既読や投稿共有が非表示に• 自分のプロフィールが非表示に• 自分の投稿やストーリーが非表示に• 各画面表示について詳しく紹介します。 DMの既読や投稿共有が非表示に インスタには、相手がDMを読んだかどうか判別できる既読機能があります。 しかしブロックされた相手は、自分にDMを送れるものの、メッセージは届きません。 そのため既読が付くことはありません。 またDM内で投稿を共有できますが、ブロック後は「投稿を見ることができません」と表示されます。 ちなみに投稿を削除しただけの場合、「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されます。 ブロックと削除で表示される文が異なるので、ブロックかどうか判別できます。 自分のプロフィールが非表示に ブロックされた相手が自分のプロフィールにアクセスすると、アカウントが削除されていないにも関わらず、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。 投稿内容や投稿数、フォロー・フォロワー数も非表示になります。 「フォローする」ボタンを押しても、無効です。 また相手が検索フォームで自分のIDを入力した場合でも、自分のアカウントが表示されることはありません。 アカウント自体は存在しているものの、一切アクセスできなくなります。 投稿やストーリーが非表示に 自分が写真やストーリーを投稿しても、相手のタイムラインには表示されません。 もちろん相手は自分のプロフィールにアクセスできないので、投稿・ストーリー・ハイライトなどは見れません。 投稿で自分をタグ付けできない インスタグラムで写真や動画を投稿する際、相手のアカウントをタグ付けできます。 しかしブロックされているとユーザーを検索できないので、タグ付け画面に表示されません。 インスタグラムのブロック方法 インスタグラムでは、下記4つのブロック機能が用意されています。 特定の相手を完全にブロック• 自分のストーリー表示のみブロック• 相手のコメントのみをブロック• 相手の投稿をブロック どの方法も簡単なので、ブロックする目的によって使い分けましょう。 各ブロック方法を詳しく紹介します。 特定の相手を完全にブロック 特定の相手からのアクセスや視聴を完全にブロックする方法です。 自分の投稿を相手に表示させなかったり、相手の投稿を非表示にできます。 ブロックしたい相手のプロフィールにアクセスし、右上のメニューバーをクリック。 「ブロック」ボタンをクリック。 以上でブロック完了です。 ブロックした時点から、全ての制限がかかります。 なお念の為、ブロックできたかどうか確認しておきましょう。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「ブロックしたアカウント」をクリックし、先ほどブロックしたユーザーが表示されていればOKです。 自分のストーリー表示のみブロックしたい 「特定の相手に自分のストーリーを見られたくない…」時は、ストーリー表示のみブロックしましょう。 投稿やDMに制限は掛からず、ストーリーのみ非表示にできます。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「ストーリーズ」をクリック。 「ストーリーズを表示しない人」をクリック。 ストーリーを非表示にしたい人にチェックを入れ、「完了」をクリックすればOKです。 相手のコメントのみをブロック 特定の相手が自分の投稿にコメントするのをブロックできます。 「悪質なコメントを繰り返すユーザーがいる…」時におすすめです。 インスタグラムの設定ページにある「プライバシー」をクリック。 「コメント」をクリック。 「コメントをブロックする相手」をクリック。 フォームにコメントをブロックしたいユーザーIDを検索フォームに入力し、「ブロックする」をクリックすればOKです。 相手の投稿をブロック 自分のフォロワーの中には「頻繁に写真やストーリーを投稿して煩わしい…」と感じる人もいるのではないでしょうか? ただ「交流があるのでブロックはできない…」そんな時は「ミュート機能」を利用しましょう! ミュート機能は相手の投稿を非表示にできるものの、DMやコメントなどのやりとりはできます。 また相手は自分の投稿をチェックできたり、相手のプロフィールから投稿を見れることも可能です。 ブロックとは大きく異なり、ミュートがバレる心配はありません。 ミュートしたいユーザーの投稿のメニューバーをクリック。 「ミュート」をクリック。 「投稿のみミュート」か「投稿とストーリーをミュート」を選択できます。 用途に合わせて各ボタンをクリック。 以上でミュート完了です。 インスタグラムのブロックの解除方法 「インスタでブロックしたけどやっぱり解除したい…」時も、簡単に解除可能です。 相手のプロフィールが表示されるので、「ブロックを解除」をクリック。 「ブロックを解除しますか?」と確認されるので、再び「ブロックを解除」をクリックしましょう。 以上でブロックを解除できました。 ただしブロック解除後は、互いにフォローが外れている状態です。 再びフォロー関係になる場合、「フォローする」ボタンをクリックしてください。 またミュートした相手を解除する方法は、まずミュートを解除したい相手のプロフィールに移行します。 そして「フォロー中」ボタンをクリック。 「ミュート」ボタンをクリック。 あとはミュートを解除したい項目のチェックを外せばOKです。 インスタグラムでブロックする際の注意点 インスタグラムで特定の相手をブロックする際、注意すべき点は下記の3つです。 閲覧を防ぐために「非公開設定」にする• グループスレではブロック相手とトークできてしまう• ブロックはトラブルの元となるので慎重に 各注意点を紹介します。 閲覧を防ぐために「非公開設定」にする インスタのブロックは、あくまでも特定ユーザーからのアクセスを制限する機能です。 そのためブラウザ版からログインせずにアクセスしたり、別垢から自分の投稿を見られる可能性があります。 不特定多数の人から自分の投稿を見られるのを防ぐため、「非公開設定」にしましょう。 非公開設定とは鍵垢のように、自分が承認したユーザーにのみ投稿を見せられます。 非公開設定の方法は、インスタの設定ページから「プライバシー」に移動し、「アカウントのプライバシー設定」をクリック。 「非公開アカウント」をオンにすればOKです。 非公開設定すればブラウザから自分のアカウントを検索されたり、別垢で申請されても拒否すれば、見られることはありません。 グループスレではブロック相手とトークできてしまう インスタのDMには、複数での会話が可能なグループスレッドがあります。 万が一ブロックした相手と同じグループに属している場合、自分の会話や相手のメッセージが届いてしまいます。 また第三者が自分とブロックした相手を追加して、グループトークを作成することもできます。 どうしても嫌な場合は別グループを作成したり、自分が退出しましょう。 ブロックはトラブルの元となるので慎重に 近年SNSでのトラブルが増加していますが、お互いのブロックも原因の一つです。 特にリア友や交友のある人を一方的にブロックすると、トラブルの原因となってしまいます。 トラブルを防ぐためにも、ブロックは慎重に行いましょう。 まとめ インスタのブロックを利用すれば、特定の相手のアクセスを制限できます。 また投稿やストーリーなど、一部機能を制限できるブロックもあるので、目的に合わせて使い分けましょう。 ブロック設定や解除は簡単なので、今回の記事をぜひ参考にしてみてください! 関連記事はこちら.

次の

【最新】インスタグラムのブロックは相手に通知表示されてバレる?

インスタ ブロック わかる

ブロックしたい相手がいるけど通知されたら気まずい..。 と思う人は多いと思います。 今回は、 Instagramのブロック機能についての一般的な疑問と解決法をまとめてみました。 ブロックしたら相手に通知は届く? 結論からいうと、 ブロックしたという通知が相手に届くということはありません。 これはすべての人がInstagramを快適に楽しむという点において、メリットがないからです。 ブロックを〝された側〟も快適にInstagramを続けることができるように配慮されているということですね。 Instagramに限らず、ほとんどのSNSではポジティブなアクションに対してのみ通知だけをするという特性があります。 (削除した、ブロックした、フォローを外したといったネガティブなアクションに対しては通知されません) ブロックの特性と目的 ブロックはアカウント主のアクティビティの妨げになるユーザを排除し、特定のユーザからのアクセスを拒否することでインスタグラムを快適に使用できるようにするための機能です。 ブロックすることによって得られる効果は次のようなものです。 ブロック指定したユーザをフォローからはずし、相手のフォローリストから自分を除外する。 ブロック指定したユーザから自分の投稿が見られないようにする。 ブロック指定したユーザからのフォローを自動で拒否する。 ブロック指定したユーザからのダイレクトメッセージを自動で無視する。 ブロック指定したユーザが自分を検索できないようにする(検索結果に表示されないようにする) ブロックする方法• ユーザーネームをタップしてプロフィールを開く。 〝ユーザーをブロックする〟をタップ。 ブロックを解除するには、上の手順の後で 〝ブロックを解除する〟をタップします。 参考: ブロックリストはある? Instagramにはブロックしたユーザを一覧で表示し管理できるようなリストはありません。 なので、ブロックする人を把握しておきたい場合や、後でブロック解除を行いたい場合には相手のユーザ名などをメモしておくことが必要です。 ブロックされているかを確認する 方法 上のことから、ブロックされている場合に起こるのが次のようなものです。 以下の状態に当てはまる場合はブロックされている可能性があります。 フォローしていたはずの相手が 勝手にフォローから外れていた。 相手の投稿が見ようとしたら 、〝投稿はありません〟と表示される。 〝フォローする〟をタップすると一瞬〝フォロー中〟に切り替わるが、 すぐに〝フォローする〟(未フォロー)状態に戻る。 ダイレクトメッセージを送っても相手から 〝既読〟がつかない。 他の人から(別アカウントから)は投稿が表示されているのに自分のアカウントからは見ることができない。 相手の写真のハッシュタグを検索できない (検索しても表示されない)• ブロックを解除した場合には、相手がブロック前に書いたコメントやいいねはすべて復活します。 自分をフォローしていたはずの相手から再びフォロー通知が来たら? 自分をフォローしていたはずの相手から再度フォロー通知が来た場合には、相手が何らかの理由で一度自分のフォローをやめていたということになります。 この場合に考えられる原因はブロックしたことだけに限りません。 相手が自分のフォローをやめてから再度フォローした• 相手が自分をブロックした後にブロックを解除し、再度フォローした• とくによく顔をあわせる相手をブロックして次のようなことを言われた時には返答に注意。 ダイレクトメッセージ送ってるけど見てる?と言われた時• 投稿を消したんだね、と言われた時• フォローできないんだけれどなんで?と聞かれた時 さすがに〝あなたをブロックしているから〟とは言えないですね(笑)ちなみに、ブロック中に送信されたダイレクトメッセージは ブロックを解除したときにまとめて届きます。 ブロックした相手からメッセージが届いているかを確認したい時には時々ブロックを解除すると確認することができます。 その他の問題を避けるには次の方法が有効です。 さりげなくブロックする方法 前述の通り、ブロックと非公開の設定では微妙に相手への表示の内容が異なります。 もしもブロックするのに抵抗がある、普段顔を合わす仲なのでブロックするのは気まずい、というような場合には次の方法で相手のアカウントを除外した後で非公開設定にすることで双方にストレスなく不快なアカウントを除外することができます。 社内や学校内の悪い噂や愚痴を公開しないために自主的にSNS非公開設定することを勧めている場合がある。 日常的に個人情報を公開することはよくないと思い、SNSへの投稿はすべて非公開にしている。 特定のグループでのみの情報交換用アカウントとして使用している。 写真記録用アカウント(クラウド代わり)に非公開アカウントを設けている。 など、様々な理由で使用される機能でもあるので、ブロックする機能と比較すると、 特定の人を除外するという意図に限定されないことから、ブロックのニュアンスとしてはソフトになるという利点があります。 Instagram内でいじめ・嫌がらせ・なりすましに出会ったら Instagramでは、いじめや嫌がらせを行うユーザや、なりすましユーザ(Instagram内で定めているコミュニティ規定に反しているユーザ)に対してアカウントを凍結するなどの方法をとっているとのこと。 Instagramへの迷惑ユーザの報告は行うことができます。 メインアカウントにブロックしたいけれどできない、かといって他の方法で対処するのも難しいという場合には、アカウントをもう1つ作り、投稿をシェアしたい人を厳選して登録したあと非公開設定にしておくことで メインアカウントと分けて使用することができます。 Instagramではこのように複数のアカウントを使い分ける人も多く、公式アプリには複数のInstagramアカウントをすぐに切り替えて使用するためのマルチアカウントの機能があります。 マルチアカウントの使い方• 自分のプロフィールにアクセスして、右上にある または をタップします。 下にスクロールして、[アカウントを追加]をタップします。 追加するアカウントのユーザーネームとパスワードを入力します。 追加したアカウントに切り替えるには:• プロフィールに移動します。 画面上部にあるユーザーネームをタップします。 切り替えるアカウントをタップします。 アカウントは5つまで追加できます。 引用: まとめ ブロック機能そのものはトラブルを防止するためのものですが、ブロックしたことで発生するトラブルがあることも事実です。 ブロックと非公開を合わせた方法はブロックによる2次的なトラブルを防ぐには有効な方法だと言えます。 SNSアプリは日常的に目にすることの多いアプリだからこそ、工夫してお互いにストレスを持つことなく快適に使用したいものですね。 この記事と一緒によく読まれる記事•

次の