あぁ 野麦 峠。 富岡製糸場と映画の「ああ野麦峠」は関連性はありますか?有るとしたらど...

あゝ野麦峠 新緑篇

あぁ 野麦 峠

『あぁ野麦峠』の旅 『あぁ野麦峠』の旅 1 はじめに * 日本史Aの授業で、ここ数年、『あゝ野麦峠』を扱っており、いつかは実際に行ってみたいと思っていた。 * 公共交通機関で行ったという情報が少ない。 インターネットで調べても、車やバイクで行ったという報告は多いのだが。 * 実際には、現地(高山市の観光案内所)に行って(行く前日に)資料収集をし、行くかどうかを考えた。 失敗(4の課題のところで述べる)。 手前の植物はクマザサ。 『あぁ野麦峠』には、これには、稲穂のような「ササの実」をつける。 これを飛騨では「野麦」と呼び、往時の人びとは、この実を粉にしてダンゴをつくり飢えをしのいだという。 「野麦峠」という呼び名もおそらくここから生まれたものであろう、とある。 『あゝ 野麦峠』の中で「アー飛騨が見える」と言って死んでいった政井みねの碑。 映画は大竹しのぶさん主演のものが有名だが、もともとは日活のほうが企画は早かった。 しかし、事情で日活の方は流れ、主演する予定であった吉永小百合さんがこの碑を建てたらしい。 後ろに「贈 吉永小百合」とある。 日本唯一の峠の資料館という「野麦峠の館」(0577-59-2820)。 入館料500円。 入ってすぐ15分くらいのVTRを見せられた。 3F〜かたりべエリア(峠にまつわる話)、灯火の歴史 2F〜なるほどエリア(山と蚕の古道具類の展示) 1F〜イベントホール(飛騨の養蚕業・写真展) 野麦峠の館の中には、左の写真のような女工ディスプレイもあちこちにおかれていた。 企業による「罪滅ぼし」のための供養塔?。 「南無阿弥陀仏」と記される。 お助け小屋(0577-59-2409)。 休憩・食事・宿泊等ができる。 宿泊すれば、夜に映画『あゝ野麦峠』を見ることができる。 建物は1970年に野麦集落の古い家屋を移築したもの。 ここに、政井みねの写真がかざってあった。 みねの写真が見つかったときの新聞記事(1988年6月11日付け『中日新聞』)も展示してあった。 前ページの石像はちょっとこわい感じだが、実際はかわいらしい感じの女性であった。 昼食・野麦定食。 1200円。 ご飯の中に稗が混じっていた。 おいしかったよ。 当時、工女宿といわれたものはただ単に工女を泊めるというばかりではなく、送り迎えはもちろん、検番たちの工女募集の根拠地となり、工女荷の集散までやって、あたかも信州製糸の出張所のような役割を果たしていた。 (『あぁ野麦峠』より) 上の写真は、『あゝ野麦峠』にも登場する旅館「八ツ三館」の玄関。 明治時代に岡谷の製糸工場の検番宿として多くの女工や出迎えの家族で賑わいを見せた。 4 課題 * 結局、悩んだ結果、行くことを決断したのは、高根村観光開発公社に問い合わせたところ、「地元にもタクシーがある」との一言であった。 初めは、高山市から1日タクシーを貸し切ろうかなぁとも思ったが、前日に乗ったタクシーの運転手さんの話によれば、4〜5万くらいかかるかも、と。 これはきびしいなぁと思って、問い合わせをしたのだ。 ただ「地元にもタクシーがある」とのことばに、ちょっと油断してしまった。 数台はあるだろうと思っていたら、1台しかなかった。 事前に連絡を入れなかったため、上ヶ洞のバス停で降りてから、1時間待たされた。 ま、温泉に入って時間をつぶしたから、よかったものの……。 * 上ヶ洞から20分ほどいったところに、「野麦の里」というのがある。 ここは「野麦の館」「野麦学舎」「野麦の里公園」の3つからなる。 「野麦の館」では食事や宿泊ができるほか、山菜狩りや紅葉ウォークといった季節のツアーが好評。 「野麦学舎」はこの地区で実際に校舎として使われていた建物。 * 次に行くときは、この「野麦の里」からちょっと行ったところに「旧道入り口」があるので、そこから実際に歩いて野麦峠を越えて、長野県側(松本)に行きたい。 野麦集落から野麦峠まではおよそ2時間。 野麦峠を越えて長野県側の奈川村の川浦という集落には「扇屋」という当時の女工宿を再現した展示館がある。 野麦峠からはおよそ1時間のところ。 そこからは村営バスがでているらしい。 * 高根村の行事 野麦峠山開き(5月1日)…神事のあとに女工に扮した保育園児による餅つきが行なわれ、通行客に振る舞われる。

次の

あゝ野麦峠とは

あぁ 野麦 峠

概要 [編集 ] からにかけて地方の農家の娘(多くは10代)たちが、を越えての、の製糸工場へ働きに出た。 吹雪の中を危険な峠雪道を越え、懸命に就業した。 当時のの国策において有力な貿易品であったの生産を支えた女性たちの姿を伝えた。 山本は10数年におよび飛騨・一円を取材し数百人の女工、工場関係者からの聞き取りを行ったという。 書籍(原作)の内容 [編集 ] 映画では、飛騨からの出稼ぎ女工の悲惨な面を強調して描かれているが、原作では、工女の賃金にばらつきがあったことや、「我が家は貧乏だったので工女に行けなかった」、「実家の農家で働いていた方がきつかった」といった複雑な背景も描かれている。 糸値に翻弄される製糸家の厳しい実情などにも言及し、詳細な聞き取り調査のもと、日本の貧しく苦しい時代を懸命に生き抜いた人々を、その時代背景と共に浮き彫りにするように描かれている点が、多くの読者に評価されている。 道のり [編集 ] 野麦峠周辺の地形図。 小説の道のりでは、右上のを経由する。 関連 [編集 ] などの製糸企業の進出もあり、『長野県統計白書』ではに朝鮮人の女工32名が記録されている。 映像化作品 [編集 ] 映画 [編集 ]• テレビドラマ [編集 ] 「あゝ野麦峠」 からまで、系列で放送。 全9話。 放送時間は、火曜 21:00 - 21:55。 スタッフ [編集 ]• 脚本:、石井君子、• 演出:• 主題歌:「想い出して下さい」• 制作:、TBS 出演者 [編集 ] 出演者参照:『』1980年4月1日 - 5月27日付朝刊、テレビ欄。 女工・ヨシ:• 女工・チカ:• 女工・アキ:• 女工・キク(ヨシの妹):• 女工・スズ:• 女工・みね:(第1話・第2話)• 女工・さと:横部薫• 女工・スエ:坂井孝子• 検番見習い・勤(久太郎の甥):• 検番見習い・清太郎:• 検番・早瀬:• 監督人・ぬい:• 工場主・山田久太郎:• さわ:• 久太郎の娘・恵子:(第5話)• アキと同郷の青年・作治:(第6話)• 佐伯医師:(第8話)• 工場主の息子・九一郎:(第9話)• サブタイトル [編集 ] 話数 放送日 サブタイトル 1 1980年 4月1日 桃割れは吹雪をついて 2 4月8日 母マの飛騨がみえる 3 4月15日 九歳の新工 4 4月22日 母恋しさに峠を越えて 5 4月29日 勤さ・あんたが好きだ 6 5月6日 一日だけの青春 7 5月13日 旅芸人に母をみた 8 5月20日 姉と妹の細い糸 9 5月27日 野産み峠に光る雪 火曜21時枠 前番組 番組名 次番組.

次の

『あぁ野麦峠』の旅

あぁ 野麦 峠

上映データ [ ] 公開日 上映時間 (昭和57年) 136分 サイズ キャスト [ ]• 中谷タケ:• 河合アイ:• 生田朝子:• 宮田常治:• 今井丈吉:• 塚本トシ:• 久保田清司:• 吉田勝代:• 金丸大介:• 佐々総務部長:• 小沢見番:• 北見見番:• 沖名梅太郎:• 武井ひで:• 津川祥夫:• 加山努:• 斉藤健一:• 生田達治:• 桜井ヤス:• 佐藤トメ:• 平井スミ:• 塩川ケイ:• 武田シナ:• 後藤ミキ:• 増田君江:• 生田チヨ:• ナミエ:• 林義人:• 高峯すぎ:• 生田市子:• すず: スタッフ [ ] 製作 、、 協力製作 監督補佐 チーフ助監督 スチール 製作会社 配給 ビデオソフト化・テレビ放送 [ ]• に系「」枠で初のテレビ放送が行われた。 2015年現在、一切ビデオソフト化されていない。 2014年に前作『』がDVD化されたが、本作のDVD化は行われなかった。 脚注 [ ].

次の