ドコモ 機種変更 データ移行。 【データ移行方法】新しいGalaxyへ機種変更する方法

初めてドコモオンラインショップで機種変更→データ移行準備とやり方

ドコモ 機種変更 データ移行

ドコモデータコピーアプリを使う• microSDカードを使う• DOCOPYを使う• iTunesやiCloudを使う(iPhoneのみ)• GoogleDriveを使う パソコンやクラウドに保存する方法もありますが、メーカーや機種によって異なります。 今回メインで解説するのは、ドコモが公式に案内している「ドコモデータコピーアプリ」を使う方法です。 ドコモデータコピーアプリを使う 画像引用元: ドコモが公式に案内している方法であり、 Android・iPhoneの両方に対応しています。 機種変更前と後の機種にアプリをダウンロードして、Wi-Fi経由で転送します。 データ移行できる項目は以下の5つです。 電話帳• スケジュール/メモ• 画像/動画• 音楽 上記に加えてドコモデータコピーアプリでは、以下の5つの項目に対しても、SDカードにバックアップ・復元機能を備えています。 メール• トルカ• ブックマーク• 通話履歴• ユーザー辞書 しかしこの5つは、機種変更後の新しい機種へのデータ移行はできません。 あくまでバックアップのみです。 またアプリを利用する場合は、 最新バージョンになっているか確認しておきましょう。 microSDカードを使う 画像引用元: Androidではインストールされているアプリを使って、 microSDカードにバックアップして新しい機種で読み込むことができます。 また読み込みができない項目もありますし、microSDカードが機種変更後の機種にも対応しているか、確認は必須です。 データ移行方法が少し専門的になってくるので、慣れていないと難しく感じることがあります。 DOCOPYを使う ドコモショップ店頭に設置されている機器「DOCOPY」を使うこともできます。 その際には機種が対応しているか、ドコモショップまたはドコモのコールセンターに、問い合わせるようにしましょう。 オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うと ポイント2倍• 万が一でも安心のドコモケータイ補償が 最大10万円• ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得• 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ• 国内とハワイの主要空港ラウンジが 無料でつかえる• 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。 ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。 また故障や水没などの予期せぬ事態で、スマホ内のデータが消えてしまっても、 バックアップがあれば安心です。 機種変更前に限らず、データのバックアップはこまめに行うようにしましょう。 iPhoneの場合 画像引用元: iCloudもしくは、パソコンを使ってiTunesにバックアップします。 データ移行に関しては、ドコモデータアプリを使えますが、バックアップは使えないので注意してください。 iCloudへのバックアップは以下の手順で行います。 Wi-fi接続が必須です。 iPhoneの「設定」アプリ内の一番上のユーザー名をタップする• iCloudをタップする• iCloudバックアップをオンにして、今すぐバックアップを作成をタップする Wi-fiがあれば、iPhoneだけでバックアップができてしまうのですが、無料のiCloud容量は5GBとかなり少なめです。 そのため写真など大量にある場合、容量をアップさせるために、有料の月額プランに加入しないといけません。 また、Wi-fi経由のため時間がかかることもあるので、 可能な限りパソコンを使って、iTunesにバックアップがおすすめです。 パソコンでiTunesを立ち上げる• iTunesとiPhoneを接続する• iTunes内の「今すぐバックアップ」をクリック• バックアップした日時が表示されれば完了 バックアップ容量はパソコンの容量に影響します。 パソコンが必要にはなりますが、バックアップデータにパスワードを設定できるなど安全です。 Androidの場合 画像引用元: ドコモデータコピーアプリを使って、microSDカードに保存します。 手順は以下の通りです。 事前にバックアップする機種に、microSDカードが挿入されていることを確認してください。 画像引用元:• ドコモデータコピーアプリをクリックして、バックアップを選択する• (アプリ起動時に、アクセス許可が出てきたら許可をタップする。 バックアップしたいデータを選択後、バックアップ開始をタップする。 バックアップ実行中には、電源を切ったり、アプリを終了しない。 バックアップ実行結果が表示されれば、完了です。 Androidスマホの場合は、microSDカードがあればバックアップ自体は簡単に行えます。 特に写真を多く取る人は、最初にカメラアプリの設定から、データ保存先をmicroSDカードにしておくことをおすすめします。 そうすることで写真のバックアップができるだけでなく、microSDカードを移し替えるだけで新機種でも写真を見ることができます。 機種変更前と後の両方のiPhoneに、最新バージョンのドコモデータコピーアプリがDLされている必要があります。 最新バージョンでない場合は、事前にバージョンアップが必須です。 iPhoneからiPhone(またはAndroid) ドコモデータコピーアプリ(iOS10. 0以上に対応)を使用します。 機種変更前と後のiPhone(Android)の Wi-fiをオン、Bluetoothをオフにする• アプリの「はじめる」をタップ• 画面にコピー元/コピー先の選択が出るので、それぞれ選ぶ• 画面に機種の選択が出るので、それぞれ選ぶ• QRコードが表示されるので、新しいiPhone(Android)で読み込む• 移行データの選択画面が出てくるので、コピーしたいデータを選択して「次へ」をタップする• データ移行中の画面の後、「データ移行が完了しました」と出ると完了• データ移行がちゃんとできているか機種で確認する もしうまくデータ移行ができない場合は、Wi-Fiの速度が遅いもしくは、移行するデータが多すぎることが考えられます。 Wi-Fi環境を変えるか、データの整理をしてから再度試してみましょう。 セクション画像引用元: AndroidからAndroid(またはiPhone) ドコモデータコピーアプリ(Android 4. 4以上に対応)を使用します。 機種変更前後のAndroid(iPhone)のWi-fiをオン、Bluetoothをオフにする• 画面にコピー元/コピー先の選択が出るので、それぞれ選ぶ• QRコードが表示されるので、新しいiPhoneで読み込む• 移行データの選択画面が出てくるので、選択して「次へ」をタップする• データ移行中の画面の後、「データ移行が完了しました」と出ると完了 Androidスマホではデータ移行ができても、機種変更前と後の機種メーカーが違うと、うまく表示されない場合があります。 セクション画像引用元: データ移行の注意点 データ移行における注意点を説明します。 データ移行元と移行先の機種は、 充電を十分にしておく• 全てのデータが移行できるわけではない• アプリのデータ移行方法は、それぞれ違う• 大量の写真(動画)を移行する場合、かなりの時間がかかる 充電が十分にないと、データ移行が行えないことがあります。 電池容量のチェックはしておきましょう。 万が一データ移行の途中で、電池切れが起きると最悪の場合、データが消えてしまう恐れがあります。 全てのデータ移行ができるわけではない データ移行では全てのデータが移行できるわけではありません。 機種変更前の機種では正しく表示されていたとしても、新しい機種では仕様変更などによってうまく表示がされないことがあります。 また、移行できていないデータなどもあったりするので注意が必要です。 面倒でもデータ移行後は、 大切なデータがしっかりと表示できるか確認しましょう。 まして違うOS同士であれば、完璧にデータを移すのは難しいです。 アプリのデータ移行方法は、それぞれ違う アプリ内のデータ移行に関しては、それぞれのアプリによって違います。 事前にアプリデータが引き継げるかどうか、もしくは引き継ぎ方法を機種変更前に、各アプリで確認しておきましょう。 特に課金情報は異なるOS間(iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneなど)では、 引き継げない場合が多いので注意が必要です。 それで仕方なく同じOSのスマホに機種変更した人もいます。 機種変更した後に、課金情報が反映されなかった、ということの無いようにしましょう。 大量の写真(動画・音楽)を移行する場合、かなりの時間がかかる 大量の写真(動画または音楽)を移行する場合は、かなりの時間がかかります。 データ移行の中でも、これらのデータ容量が飛び抜けて多いからです。 あまりに多すぎる場合は、事前に整理もしくは、新機種側でもダウンロードできないか確認しておきましょう。 めったに無いですが、移行先の機種の本体容量が足りない場合は、当然データ移行ができません。 スマホ機種変更後のデータ移行は手順通りにやれば難しくない! スマホのデータ移行は、ドコモデータコピーアプリを使って手順通りにやれば、難しくありません。 データ移行の時間は、データの内容によって大きく時間が変わりますが 電話帳のみであれば、1分以内に終わることもあります。 データ移行をする機会はあまり多くはありませんが、手順は覚えておくに越したことはありません。 また万が一のためにバックアップは、定期的(1カ月に1回など)に行うと、データが全て消えたなどということはなくなります。 適切なバックアップとデータ移行で安心なスマホライフを送りましょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモでは、お得に新規購入や乗り換えができるサービスが提供されています。 そのうちのひとつが、「はじめてスマホ購入サポート」です。 はじめてスマホ購入サポートは、スマホデビューをする人や、スマホへの切り替えをする人にとってお得になる内容となります。 そこで今回は、ドコ […]• ドコモでスマホを購入する際、一括購入する場合と分割購入する場合では、どちらがお得なのでしょうか? スマホを購入するときは、できるだけお得に、できるだけ安く購入したいものですよね。 ドコモでスマホを購入するなら、一括購入と分割購入のどちらがお得なのか、それぞれのメリッ […]• iPhoneのバッテリー節約方法や交換方法、その時にかかる費用などをまとめました。 「機種変更直後よりバッテリーの減りが早くなった気がする」という声をよく耳にしますが、これは勘違いではありません。 そんな時におすすめなのが「バッテリーを交換する」ということ。 […]• ソフトバンクで機種変更した際に、新しいスマホのデータ移行する方法を解説します。 機種変更した際、データ移行をしないと連絡帳や写真・アプリのデータまで失くなってしまうので困りますよね。 新しいスマホに買い換えるときはデータ移行を必ず行なっておきましょう。 そのた […]• スマホで一番重要なポイントがカメラという方が増えているようで、ドコモでもカメラが優秀なスマホが続々と発売されています。 ドコモのスマホは、出るたびにカメラ性能がどんどんアップしていて、今ではデジカメにスマホ機能が付いたと言われるほどになりました。 今回はスマホのカメ […].

次の

データ移行はどうする?ドコモオンラインショップで機種変更した時のデータバックアップについて

ドコモ 機種変更 データ移行

Googleアカウントを使った方法 AndroidのOSを作っているGoogleのアカウントはAndroidユーザーなら全員もっているはず。 そのGoogleアカウントを使ったデータ移行の方法を紹介します。 この方法を使えば連絡先からカレンダーのなかのスケジュールまで簡単に移行が可能です。 古いスマホでGoogleアカウントの同期設定を行う まずは行うのは古いスマホでGoogleアカウントで同期するための下準備です。 スマホの中に入っている情報は、スマホ端末に登録されている情報と、Googleアカウントに登録されている情報の2種類があります。 このままで機種変更を行ってしまうと、Googleアカウントに登録されている情報はデータ移行できますが、端末に登録されている情報は移行できません。 そのために端末に登録されているデータもGoogleアカウントに登録するために同期設定を行うのです。 やり方は端末によって微妙に表示が異なりますが、だいたい次の通りです。 まずはスマホで「設定」を開き、「アカウント」をタップし、「Google」をタップします。 「アカウントを同期」をタップすると、同期できるGoogleのサービスが選べるので、同期したいサービスを選びましょう。 画面右上をタップすると「今すぐ同期」とあるので、タップすれば同期が始まります。 すると各サービスで同期が始まっていくので、全てのサービスで同期が終われば完了です。 新しいスマホでGoogleアカウントの設計を行う 古いスマホでデータをGoogleアカウントに登録したので、次は新しいスマホでGoogleアカウントに登録してデータを読み込めば完了です。 Androidスマホであれば、Googleアカウントを登録すると自動でアカウントに登録されているデータが読み込まれます。 特別はいらないので、Googleアカウントさえ登録できれば大丈夫です。 アプリによってはGmail以外のアドレスを登録していないと、Googleアカウントで移行した時にデータが移行されないアプリもあります。 データ移行を簡単にするためにも、できるだけGmailで登録しておくのがおすすめです。 万が一スマホを紛失した時も、Googleアカウントで復活できるため安心です。 無料の専用アプリを使った方法 データ移行専用アプリも存在します。 Googleアカウントを使って同期する方法も簡単ですが、その場合はGoogleフォトなどで別途同期する必要もあるのです。 データ移行の専用アプリでは、それらのデータも全て一括で管理してデータ移行を終わらせられるので非常に簡単です。 では実際に専用アプリを使ったデータ移行の方法を見ていきましょう。 古いスマホバックアップをとる 今回紹介するのは「JSバックアップ」という専用アプリ。 JSバックアップをダウンロードしたら、ホーム画面を開きます。 「バックアップ&復元」を選び「バックアップ」を選択します。 バックアップ先を選べるので「Google」を選択してください。 あとは「バックアップスタート」をタップすればバックアップが始まります。 データ量が多いと時間がかかりますが100%になるまでお待ちください。 機種変更をする時にゼロから行うケースが多いですが、できるなら普段からこまめにバックアップをとっておくと、機種変更のときに楽になるでしょう。 新しいスマホでバックアップをとったデータを復元する 新しいスマホで初期設定を行ったら、「JSバックアップ」をダウンロードします。 アプリを開いて「バックアップ&復元」を選びます。 次に「復元」を選択して「復元スタート」をタップ。 データが復元されるのに数分待ちます。 その後は「アプリの復元へ」をタップします。 「全てのアプリを復元」をタップすれば全て元通りですが、不要なアプリがある場合は必要なスマホだけを選択することも可能です。 アプリのインストールも完了すればデータ移行も完了です。 Googleのデータだけでなくアプリの再インストールも一括で行えるので、スマホ操作が苦手中で楽にデータ移行を行えるでしょう。 JSバックアップで気をつけたいこと 簡単にデータ移行ができるJSバックアップですが、アプリの中には引き継ぎ作業が必要なものもあります。 引き継ぎ作業を行っていないと、JSバックアップを使ってもデータが移行されないままになっています。 例えばLINEであれば、事前に引き継ぎ用のアドレスを登録するか、Facebookアカウントを登録しておく必要があります。 ゲーム系のアプリのほとんどは引き継ぎの手続きが必要になるため、新しい端末でゲームの続きから行いたい方は、忘れずに引き継ぎ作業を行いましょう。 SDカードを利用した方法 オンライン上だけでバックアップをとったり、データを復元するのが心配だという方は、SDカードを利用してデータ移行をすることもできます。 アナログな方法ではありますが、その分安心感もあるでしょう。 ただしSDカードでは全てのデータを移行できるわけではない上に、一括で移行できないので手間もかかります。 それではSDカードを使ったデータ移行の方法を見ていきましょう。 古いスマホからSDカードにデータのバックアップをとる まずは機種変更する前の古いスマホからSDカードに連絡先データのバックアップをとります。 本体からSDカードに移す連絡先が選べるので、移したい連絡先を選びましょう。 全ての連絡先を移すなら「全て選択」を選べば、一括で移行できます。 連絡先のデータをさほど重くないので、数分で移行が完了されます。 新しいスマホでインポートする 今度は新しいスマホにSDカードを差し込み、SDカードに入っている連絡先データをインポートします。 SDカードが読み込まれると復元データの選択に映るので「連絡先」を選びましょう。 後は「上書き」を選べば復元が始まります。 端末やキャリアによって「プライバシーポリシー」の画面が表示されたりすることもありますが、基本的に画面に沿って進めて行けば復元可能です。 こまめにSDカードでバックアップをとって保管しておけば、いざという時もスマホを紛失した時も安心できるでしょう。 LINEのデータ移行の方法 基本的にはGoogleアカウントや専用のアプリを使ってデータ移行を行えば、ほとんど全てのデータを移すことができますが、中にはそれでは不十分なアプリもあります。 その代表的なアプリがLINE。 LINEはもはやスマホユーザーの必需品とも言えるメッセンジャーアプリ。 データがなくなると困る方は少なくありません。 最後にLINEのデータ移行に関しても見ていきましょう。 同じOS同士であれば、ほとんどのデータが引き継げます。 今回はAndroid同士の引き継ぎを紹介しているので、同じOS同士で引き継げるデータを紹介します。 友だちリスト• グループ• 自分のプロフィール情報• ステータスメッセージ• アルバム・ノートの情報• タイムラインの内容• Keep に保存中のデータ• LINE連携アプリ・サービスの情報• 購入済みのLINEコイン残高• LINE Pay残高・LINEポイント残高• LINE Outのチャージ済みコールクレジット• トーク履歴 別途バックアップ作業が必要 これに比べて引き継げないデータといえば、「通知音の設定」と「トークルームごとの通知設定」ぐらいのもの。 しっかり引き継ぎを行えば、旧機種のデータをそのまま使えることになります。 LINEのデータ引き継ぎの方法 引き継ぎ準備 LINEでデータを引き継ぐ方法をざっくりと紹介していきます。 まずは機種変更前の端末で、LINEアプリを最新バージョンにアップデートし、画像はアルバムやKeepに保存します。 また引き継ぎで最も必要なるのが「パスワードの登録」。 パスワードが登録されているかで、データ移行がスムーズにいくかが決まります。 パスワードの登録はLINEの設定画面から、「アカウント」をタップします。 「パスワード」という項目があるので「登録完了」になっていれば大丈夫です。 もし登録されていない方は登録しましょう。 パスワードに自信がない方は確認するか、再設定を行いましょう。 また任意でトーク履歴のバックアップを採ることも可能です。 設定画面から「トーク」を選択し「トーク履歴のバックアップ・復元」を選びます。 バックアップ先にGoogleドライブを選択するためにGoogleアカウントを設定します。 スマホに登録されているGoogleアカウントが表示されるので、その中から選んでもいいですし、新しくアカウントを作ることも可能です。 LINEのデータ引き継ぎの方法 引き継ぎ 新しいスマホでLINEをインストールした場合、電話番号を入力します。 電話番号の変更なしに機種変更した場合には、登録した電話番号宛に届くSMSに書かれた認証番号を入力します。 あとはパスワードを入力すれば、アカウントの引き継ぎが完了です。 後は年齢確認やトーク履歴の復元、スタンプや絵文字、きせかえのダウンロードができるので、画面に沿って進めましょう。

次の

データ移行・バックアップ

ドコモ 機種変更 データ移行

Android端末からAndroid端末へデータの移行する方法について皆さん知っていますか。 新しいスマホを新規契約したり、機種変更でスマホに切り替わるときにデータの移行は必ず必要なことになります。 なのでここではAndroid端末からAndroid端末へのデータ移行方法について紹介します。 Android端末からAndroid端末へデータを移行する方法として主にアプリを利用した方法が主流になっています。 またアプリによって事前に設定しておくアプリがあれば、事前に用意しておく設定も異なります。 Android端末が機種変更で準備できたときにデータ移行をスムーズに行うために是非参考にしてみてください。 Android端末からAndroid端末へ機種変更する際にどのようにデータの移行をすればよいか知っていますか。 Android端末からAndroid端末に写真や電話帳のデータを移行する際は、実はAndroid端末でも対応しているツールを利用する必要があります。 もしAndroid端末で対応していないツールを利用するとAndroid端末からAndroid端末に機種変更したのにAndroid端末へ写真や電話帳のデータが移行できないことが発生する場合があります。 なので前もって確認が必要です。 ここではAndroid端末からAndroid端末に機種変更する際に写真や電話帳のデータを移行する際におすすめするツールについて紹介します。 写真や電話帳のデータ移行に失敗しないように是非確認してみてください。 一般的にAndroid端末からAndroid端末に機種変更した際にデータ移行ができるものとできないものがあります。 Android端末で何のアプリを利用しているかやスマホをどのように利用しているかで移行できるデータが異なってきます。 まずは写真や電話長といったスマホの基本データは移行することができます。 またフリーメールやブラウザのブックマーク等の個人情報に関しも設定により移行することできます。 ほとんどのデータは移行が可能です。 またLINEやゲームアプリは、上記のデータとは少しデータ移行方法が異なりますが、移行することが可能です。 また一方でキャリアメールやおサイフケータイ等のデータは移行できない場合がるので、注意してください。 それでは次にAAndroid端末からAndroid端末へ機種変更した時に、主要データの移行方法や設定について紹介します。 アンドロイドは、GooglePlayを利用していることからGoogleとの相性が非常に良いという面があります。 なのでここはGoogleアカウントを利用したAndroid端末からAndroid端末へ機種変更した時のデータの移行設定について紹介します。 みなさんはGoogleアカウントを持っていますか。 Googleアカウントはとても便利です。 最近ではGoogleアカウントを利用して、様々なサービスを利用で来たり、アカウントを共通設定にすることもできます。 なのでもしGoogleアカウントをまだ持っていない人がいれば作成するのもいいいかもしれません。 まずはAndroid端末からAndroid端末に機種変更した時にGoogleアカウントを利用してデータ移行する場合、旧Android端末でまずGoogleアカウントを確認します。 もしこれが間違っていると移行できません。 旧Android端末を新Android端末で同じGoogleアカウントを利用するようにしてください。 スマホは違うけど同じGoogleアカウントを利用することで、データを移行することができます。 なのでまずは旧Android端末で利用しているGoogleアカウントを確認して、パスポートが合っているか確認してください。 その準備ができればAndroid端末からAndroid端末へデータ移行がスムーズに行えます。 Googleアカウントを利用したAndroid端末からAndroid端末へデータを移行する設定は以上になります。 これで旧Android端末から新Android端末へデータは移行できているかと思います。 なのでまずはデータを確認しましょう。 データの確認方法としては、まずは電話帳やGoogleアプリのデータが引き継ぎできているか確認しましょう。 Googleアカウントを利用しているため、Googleアプリのデータはスムーズにデータが移行ができているかと思います。 またもしデータの移行がスムーズに行えていない場合は、Googleアカウントを間違っている可能性が非常に高いです。 なのでまずはGoogleアカウントを改めて確認してみましょう。 次に紹介するAndroid アンドロイド 端末からAndroid端末へ簡単にデータ移行することができるアプリとして、「JSバックアップ」があります。 「JSバックアップ」は、スマホのバックアップを取得するために作成されたアプリになります。 「JSバックアップ」を利用するには、Android端末で「JSバックアップ」よりデータのバックアップを取得します。 そしてAndroid端末側で「JSバックアップ」よりデータを復元することでAndroid端末からAndroid端末にデータ移行できます。 また「JSバックアップ」はデータ移行だけでなはなく、万が一Android アンドロイド 端末やAndroid端末が故障したり、データが消えた場合の復元のアプリとしても利用することができます。 是非万が一のために活用してみてください。 まずはAndroid端末側で「JSバックアップ」をインストールします。 GooglePlay等からアプリを検索して、インストールしみてください。 比較て多くの人が利用しているのですぐに見つけることができるかもしれません。 また「JSバックアップ」は、一括でデータ移行もできますし。 一部を移行もできるので、どのデータを移行したいかは前もって選んでおきましょう。 ここでは一括ですべてのデータを移行する方法を紹介します。 しかし一括ですべてのデータだと少しデータ量が大きくなる可能性があります。 バックアップを取る時間も長いですし、データを新アンドロイドのスマホで復元するときも時間が掛かる可能性があるので注意してください。 それでは次に旧アンドロイドのスマホで「JSバックアップ」よりデータのバックアップを作成する方法について紹介します。 「JSバックアップ」は一括でデータいこうができるメリットから操作も非常に簡単です。 また「JSバックアップ」は一括でデータ移行できるので、写真やアプリ、電話帳といったデータをまとめてバックアップを作成します。 なのでできればバックアップの対象を絞っておくといいかもしれません。 また「JSバックアップ」よりバックアップを作成するので、旧Android端末にストレージの余裕を作成しておく必要があります。 バックアップデータを予想より大きくなることもあるので、ストレージもチェックしておいてください。 そして次に旧Android端末のデータをどこに「JSバックアップ」よりバックアップを作成するか設定します。 スマホのストレージではなく、SDカードやクラウドサービスにバックアップをとるようにしましょう。 SDカードだと新Android端末にSDカードを挿すだけで、「JSバックアップ」よりデータの復元ができます。 しかしSDカードをなくしてしまうとデータ復元できなくなるので、SDカードの保管は慎重に行ってください。 またクラウドサービスにバックアップを作成すると新Androidのスマホでクラウドサービスの設定するだけデータの復元することができます。 クラウドサービスを利用するとデータの管理はほとんどいらないので楽な面もあります。 Android端末からAndroid端末へデータの移行をする際にアプリも一緒に移行できれば、再度新Android端末でインストール作業をしなくてすみますよね。 「JSバックアップ」であれば、アプリのバックアップを取得することができます。 「JSバックアップ」アプリを起動して、バックアップを取得するときにアプリも指定するようにしましょう。 た だアプリ内のデータは、移行できないものもあります。 LINEのデータやゲームのデータがその対象になります。 なのでLINEやゲームのデータは、「JSバックアップ」で一括でバックアップを取った後に引き継ぎ設定が必要であることを忘れないようにしてください。 特にLINEは事前にデータ引き継ぎ設定があるので注意してください。 「JSバックアップ」のアプリを利用してデータの移行をする場合は、一括で行えるメリットがあるので各種データを一括でバックアップを取ることをおすすめします。 もちろん電話帳のみや写真のみのデータをバックアップを取ることができます。 しかしどうせ新Android端末にすべてのデータを移行する必要があるのなら、各種データを全て一括でバックアップを取って、一括で新アンドロイドのスマホに復元することをおすすめします。 時間の短縮にもつながるからです。 ただ写真や動画で不要のデータがある場合は、新アンドロイドのスマホに移行しないで旧Android端末に置いておきましょう。 あまりにも移行するデータが大きいと、復元に時間がかかるためです。 気を付けましょう。 旧Android端末に「JSバックアップ」で各種データのバックアップを取得してたら、次は新Android端末へデータを移行します。 データのバックアップを新アンドロイドのスマホで復元する作業になります。 もし旧Android端末でデータのバックアップが上手くできていないと、新Android端末でデータの復元ができません。 また旧Android端末でバックアップをとるときにパスワード設定をすることがあります。 最近ではデータを復元する端末側にQRコードを送ってデータの復元することもできます。 しかしのパスワードとQRコードがないとデータの復元ができなくなる可能性もあるので、気を付けて扱うようにしてください。 また「JSバックアップ」を利用すると連絡先からアプリ写真や音楽のデータなども全て一括で管理できるというメリットもあります。 一括でデータを管理できるので、いざというときにデータの復元もスムーズに行えます。 「JSバックアップ」は、連絡先からアプリ写真や音楽のデータなども全て一括で管理できるメリットがありますが、データの移行以外にもデータ紛失による復元時にもとても有効的なアプリになっています。 もしデータが紛失したり、削除されてしまったときは、「JSバックアップ」があれば、いちいちデータを選択しなくても、一括ですべてのデータが復元できます。 なので一括で復元する場合はとくにおススメのアプリになっています。 それでは次にオンラインサービス(ストレージ)を利用した場合のAndroid 端末の主要データ移行方法について紹介しまうす。 オンラインサービス(ストレージ)はみなさん活用していますでしょうか。 なぜ一番おすすめするのかというとDropbox・GoogleドライブなどのオンラインストレージにLINEのトーク履歴データをテキストとして保存しておくと、クラウド上になるのでほぼデータがなくなったり、消えたっていう原因が少ないです。 オンラインストレージを利用しているデータ消えたってこともないですし、バックアップデータをテキストで保存しても、特に管理する必要がありません。 なので安心できる対処法であり、オンラインストレージのデータでも復活できます。 次にAndroid端末からiPhone端末に機種変更する際に写真や電話帳のデータを移行するのおすすめするツールは、キャリア提供アプリで移行する方法です。 キャリア提供アプリで写真や電話帳のデータを移行すると何がメリットであるか知っていますか。 もしキャリア提供アプリで写真や電話帳のデータを移行していて上手くできなかった場合、キャリアに問い合わせしやすい点が、キャリア提供アプリを利用するメリットです。 Android端末からiPhone端末への機種変更が初めての人もおススメします。 しかし最近ではSIMフリーや無店舗キャリアもあるので、キャリア提供アプリで写真や電話帳のデータを移行するアプリが利用できない場合もあります。 そのような場合は異なる方法を探して、データ移行をする必要があります。 Android端末からiPhone端末に機種変更する際に写真や電話帳のデータを移行するのおすすめするソフトは、Googleドライブ等で文書や写真を共有してデータを移行する方法です。 Googleドライブ等のクラウドサービスは知っていますか。 Googleドライブ等のクラウドサービスは、インターネットを利用してデータを保管することができるソフトです。 なのでデータの管理等もベンダーが行ってくれるのでユーザ等のあなたは特に気にする必要はありません。 なので日頃からGoogleドライブ等のクラウドサービスを利用している人は、Android端末からiPhone端末に機種変更する際にクラウドサービスを利用して、データの移行をする方法もよいかもしれません。 是非試してみてください。

次の