アフィリエイト 無料ブログ 独自ドメイン。 アフィリエイトブログでドメイン取得実践記

無料ブログだと稼げないのでしょうか?

アフィリエイト 無料ブログ 独自ドメイン

無料ブログ = 賃貸アパート• 有料ブログ(独自ドメイン) = 持ち家 ということになります。 無料ブログのメリットとデメリット 無料ブログというのは、 例えばsonet-blogやFC2や Seesaaブログなどが有名ですね。 その他にもamebaブログやlivedoorブログ なども聞いたことがあるかもしれませんね。 ただ、amebaブログは商用目的での 使用が NGです。 つまりアフィリエイトも 禁止されています。 無料ブログのメリット• 月額1000円程度ではあるが、お金がかかる• ブログサイト作りの初期はSEOが弱いので、収益化に時間がかかる アフィリエイトのためにはどちらが良いか このように無料ブログと独自ドメインの 両者のメリット、デメリットをまとめて みました。 さて、この両者のうち、 どちらを選ぶのが 良いのでしょうか。 無料ブログだからと言って 収益がゼロというわけでもないことが わかりますね。 無料ブログでも選び方によっては 広告収入を得ることは可能です。 しかも無料ブログは 最初はSEOが 強いため、作ったばかりは 独自ドメインよりも収益が上がりやすく なっています。 ところが、 同じようにブログを更新し続けて 2、3ヵ月ほど経過してくると 実は 徐々に独自ドメインのSEOが 逆転してくるんです。 SEOのパワーが強くなるということは あなたのサイトでコツコツ ため込んできたコンテンツが、 ネット上での 検索エンジンの上位に 表示されやすくなるということです。 検索エンジンの上位にあなたの サイトが表示されるとどうなるか というと、それだけ 閲覧者(訪問者) が多くなるということです。 つまり閲覧者の数と広告収入発生率は 比例するので、結果的に 収益発生の可能性が 飛躍的に上がるということになります。 SEOとは相対的なものなので、 あなたがたとえ無料ブログで どれだけ良いコンテンツを作った としても、同じクオリテイのサイトなら 独自ドメインのサイトの方が必ず SEO的に上位表示される日がくる ということです。 要は、率直に言って、 長期的には独自ドメインの方が圧倒的に稼げる ということですね。 しかも、独自ドメインでサイト運営を していれば、そのサイトで作成した コンテンツは全部自分の 資産になります。 つまりいきなり、第3者によって サイト全体が削除されたり奪われたり と言ったリスクがありません。 こうしたことを視野に入れて、 無料ブログと独自ドメインを 使い分けてはいかがでしょうか。 単なる日記感覚や趣味でブログをつらつら 書いているだけで満足だという方には もちろん無料ブログが最適だとは 思いますが、 もし長期的にサイトを運営して 収益をあげて稼ぎたい! という方であれば、 有料ブログが 断然おすすめです。 というか僕にとって アフィリエイトを するなら独自ドメイン取得が当然だと断言 することができます。 だって、時間をかけて一生懸命 作り上げてきたサイトがある日 突然なくなったなんてことになったら 全ての労力が水のあわですからね。 その瞬間収益もゼロになります。 そう言ったリスクを回避するためにも 同じ労力をかけて日々作業をするなら 独自ドメインでを取得して 自分のサイトを「 完全資産化」する ことをおすすめします。 takuの一言まとめ ということで、今回は 無料ブログと独自ドメイン(有料サイト)の 違いと、アフィリエイトを始めるにあたって サイトをどちらで構築していくのが良いかという ことについて解説しました。 まとめると ブログには• 無料ブログ• 独自ドメイン の2種類があり、 サーバーをレンタルし、 独自ドメインを取得するためには 月額1000円程度 のお金がかかること、 そしてアフィリエイトで 長期的に収益を上げ稼いでいくためには 絶対的に 独自ドメインを取得して、サイトを運営し 自分のコンテンツを完全資産化すること がオススメということですね。 ものすごく時間をかけてつくりあげた 財産とも言える自分のサイトが ある時突然企業(運営会社)の都合で 削除なんてことになったらほんと 想像しただけで恐ろしいことです。 まさに死活問題。 もっと自由に。 もっとクリエイティブに。 海外などで盛んに取り組まれているオルタナティブ教育などにも興味がありながらも、家族とも一緒に過ごす時間もないそんな状態で、毎日悶々と同じ日々を過ごすことに限界を感じていました。 たった一度の人生、やらずに後悔したくない!と一念発起。 独立して 家族みんなで田舎へ移住することを決心しました。 田舎での暮らしの自営を実現するために、まず副業として、ほぼ知識ゼロの状態からネットビジネスの世界に飛び込みました。 それから、僕は自分のペースで取り組んでいったのですが、 自分が立ち上げたサイトから 4ヶ月で 10万円を稼げるようになり、そのまま作業を続けていると、次の月、そのまた次の月と 20万円、 30万円と副業月収が本業を上回るような状態になり、地方移住を実現。 その後2つ目サイトも3ヶ月で月収30万達成。 現在は アフィリエイトや WEBサイト運営、 WEB広告の運用に関する コンサルティングをしながら緑に囲まれた自宅で、 仕事をしながら暮らしています。 オフィシャルメディア【DIY LIFESTYLE CREATION】運営。 2017年9月:PC1台でインターネットビジネス開始 2018年:サイト運営5ヶ月目月収30万円安定。 初年度アドセンス収益250万円突破。 脱サラ後地方移住し起業。 情報発信ビジネス開始。 2019年:二つ目サイト運営3ヶ月目月収30万。 2020年:DRM自動化月収300万円達成。 採用マーケティング企業「インビジョン」地方創生プロジェクトチーム「Fledge」公認アンバサダー就任。 日本最大級オンラインコミュニティーAugusta Academy ZERO専属SEOコンサルタント就任。 コンサル実績:たくさん 現在田舎でゆったり子育てをしながらオリジナルなライフスタイルをDIY、発信中。 4児の父。 コーヒーと日曜大工が大好き。

次の

アフィリエイトを無料ブログで行う致命的な2つの欠陥、やはり独自ドメイン奨励

アフィリエイト 無料ブログ 独自ドメイン

comや. netは何が違うの? ドメインは好きな英数字をURLとして使えますが、末の「. com」とか「. net」とか色々種類があってそれぞれ価格も違ってきます。 comや. netは「トップレベルドメイン(TLD)」と言われたりしますが、それぞれの特徴はこんな感じです。 com:Commercialの略で個人でも企業でもよく使われる。 net:Networksの略でこれも個人でも企業でも使えます。 org:Organizationsの略で主に非営利団体という意味合いです。 info:Informationの略で情報通知という意味。 biz:Businessビジネス(商用)の用途。 他にも日本語のドメインや、. xyzのようなのもありますし、それぞれでドメインの取得費用も違ってきます。 一般的には個人でも利用できる「. com」「. net」「. org」をなどを選ばれる方が多いです。 非常に悩む部分ですが、個人の利用であれば知名度の高い「. com」か「. net」がおすすめです。 独自ドメイン取得の注意点 独自ドメインの取得は好きなドメインを選んで支払いをする簡単な物ですが、注意点が3つありますので紹介しておきますね。 ドメイン取得の前に把握しておいて下さい。 注意点1 ドメイン取得費用と更新費用は違う これちょっと説明が難しいのですけど、ドメインを取得する時に表示される金額はキャンペーンの金額である場合が多いです。 2年目になったら価格も通常料金になるので、安いと 例えばですね、ムームードメインの料金表を見てみましょう。 comの料金をみると取得費用で「1,160円」で更新が「1,280円」になってますよね。 これは年間の金額で、ドメインの取得費用と年間の管理費が含まれています(ムームードメインの場合です)。 つまり1年目は「1,160円」ですが、2年目以降は「1,280円」になる訳です。 月間にすると100円くらいですね。 ここで、料金的に安い「. net」の料金部分を見て下さい。 取得「580円」更新「1,280円」になってますよね。 つまり、一見安くみえる「net」ですが、これは最初の1年だけ安いという事です。 2年目以降は「. com」と変わりません。 独自ドメイン取得時の費用で選んでしまうと更新費用が思ったより高いなんてことになります。 注意です。 ちなみにこちらは「お名前. com」の更新料金です。 どのドメイン会社でも同じ点に注意してドメインを選びましょう。 注意点2 Whois情報の公開代理を知っておく 独自ドメインを取得すると、そのドメインの「登録年月日」や「有効期限」「登録者の名前や住所」などが公開されます。 この情報をwhois情報といいます。 えっ!と思いますよね、ただ多くのドメイン業者では「公開代理」制度というサービスがあって、 大体どこのドメイン業者でも住所、氏名、電話番号、メールアドレスなど Whois情報の公開を代理してくれる無料サービスがあります。 例えばムームードメインで独自ドメインを取得する際に「ドメインの設定」という項目があります。 ここで「弊社の情報を代理公開する」を選ぶ事で公開代理の設定ができます。 「whois情報代行サービス」というやつなので個人情報は公開されません。 そのため、ドメイン取得時には「弊社の情報を代理公開する」を選んで下さい。 注意点3 ブランド名や商標名などは避けるのが無難 ブランド名や商標名でドメインを取得している企業も多いです。 例えばAmazonとか楽天とかYahoo! とか大手の企業のドメインって分かりやすいですよね。 これら企業ブランドや商標名などを使ったドメインは後からトラブルになる事も考えられますので、避けておくのが無難です。 とりあえず最低限上記3点は把握しておいて下さい。 サーバーとドメイン業者は合わせる必要がある? 基本的にどのドメイン会社とどのサーバーの組み合わせでも利用は可能です。 例えばエックスドメインで取得したドメインをロリポップで使う事もできますし、ムームードメインで取得したドメインをエックスサーバーで利用することもできます。 おすすめのドメイン業者 ドメイン業者に関してはドメイン取得費用がそれぞれ少し違うくらいです。 それぞれのドメイン業者では頻繁にキャンペーンをやってますので、時期によっては初期のドメイン取得費用に違いがあります。 個人的におすすめというか 初心者の方や迷ってしまう方には「ムームードメイン」がおすすめです。 どちらかというと初心者向きなのは「ムームードメイン」かなと思います。 結局シンプルにわかりやすいドメイン業者が一番使いやすく後悔がありません。 というのも、マニュアルが他の業者よりも分かりやすく、管理画面もシンプル。 また前述したWHOIS情報の代理公開もムームードメインなら無料で設定できます。 ムームードメインで取得したドメインはロリポップでもエックスサーバーでもConoHa Wingでもどこでも利用することができます。 このブログでも独自ドメインの取得WordPressの導入まで図解で紹介していますので読んでみてください。 こんにちは!いつもありがとうございます。 海外からはxserverさんが何とかしてくれるけど そのxserverさんに403エラー?で停止になったのです。 Akismet、SiteGuard WP Pluginは有効化して 設定が不味いのでしょうか・・・ 不正のログインとか改ざんの様子はないとの連絡で。 けど、先日、wordpressは最新版だったのに 4. 3位のヴァージョンに更新したとかメールが来たんですよね。 ハイッ!と思ってPCの前に居たのですぐバージョンのアップデートで戻したのですが。 最初の削除の時にデータは全部捨てて新しく書き直したんですよね。 勿論、度にパスワード、接頭辞?も変更してて それでもの事で・・・最初に問い合わせメールのアドレスを全公開してそれか・・・ って、事はドメインか?って、素人はお手上げ状態気味です。 更新日の古いプラグインのチェック、考えてもみませんでした。 使えてるからいいか・・・みたいな。 ありがとうございます。 気を付けます! Okinagatarashi様 お久しぶりです!スパムコメントと脆弱性、セキュリティー関連ですよね、これ結構大事ですね。 ドメインは関係ないのではないかと思います。 個人的にやっている事と言えばまず、プラグイン「Akismet Anti-Spam アンチスパム 」でスパムコメントをブロック。 後はログイン関連でSiteGuard WP Pluginというプラグインを使ってます。 使い方は調べればたくさん出てきます。 それからWordPress自体の更新をして常に最新の状態に保つ事、プラグインもですね。 これスゴく大事なんですが、面倒なので「Advanced Automatic Updates」というプラグインを入れて自動で更新してます。 最終更新日が古いプラグインはできるだけ避けるのが良いです。 先程の「Advanced Automatic Updates」も最近更新はされてないのですが。。 以前から入れていたプラグインとか今では管理画面のプラグイン追加から検索すると出てこない物が結構あったりしますので、そういうプラグインは避けておいた方が良いと思います。 私の場合はエックスサーバーなんですが、さらに海外からのコメントなどはサーバー側でシャットアウトするような設定になってたと思います。 しげぞう様 こんにちは!ウゲッ!と思われる私です。 ご無沙汰しております。 今日は本気でうげっ!って言うドメイン以関係の相談です。 ごめんなさい。 このサイトドメインはサイトタイトルと違いますよね。 私なんかは検索「アフィリエイト」でここに来ます だとしたらドメインそのものが大きな問題ではない気がします。 サイトタイトルとドメインが同じ理由は分るんです。 大きな理由と思います。 再度の大量スパムコメントで先日IKAGAdesuka-を削除しました。 理由は先回同様、脆弱性の様だと サーバーから の事ですが 一度目が、wordpressの脆弱性で2度目がカートプラグインの脆弱性です。 既にこのドメインが不味いのか?とも思っています。 いっそ、変える?と悩んでいます。 お店の名前は変えたくないけど、どの道ロボット君に拾われそうだし。 何かご意見やアドバイスを頂けると助かります。 よろしくお願いします。

次の

無料ブログだと稼げないのでしょうか?

アフィリエイト 無料ブログ 独自ドメイン

独自ドメインとは 独自ドメインとは、あなただけのドメインのこと。 と言ってしまうと、間違いで、どんなドメインも、世界に一つだけ。 そんなドメイン、独自ドメインついて、分かりやすく説明します。 ドメインとは まずドメインの説明に入る前にインターネットアドレスについて説明しましょう。 comのようにホームページやブログなどを表示させるときに使う文字列をインターネットアドレス、つまり、インターネット上の住所と呼んでいます。 comは、唯一無二、ここにしかないたった一つのものです。 そして、インターネットアドレスの中にある、 「1st-copywriting. com」の部分が、ドメイン。 メールアドレスの 以下の文字、はじめてのコピーライティングのアドレスならinfo 1st-copywriting. comですが、その@以下の文字「1st-copywriting. com」が、ドメインになります。 Gmailなら、gmail. comですね。 独自ドメインとは 独自ドメインとは、サーバーから割り当てられたドメインではなく、自分だけのドメイン。 手あかのついていないまっさらな状態で生まれる、純真無垢なアドレスです。 だから、どんな属性、どんなカテゴリーのブログでも、サーバーの規定さえ守れば、作ることができます。 ただし、中古ドメインの場合、 昔のブログの影響があるので、要注意。 かつて、月100万PVを集めたドメインなら、その威力も残っていますし、ブラックSEOをやっていてGoogleに圏外に飛ばされた経緯があれば、その過去は消えていません。 最近は、中古の独自ドメインも売買されていますが、結構これは危険なのです。 のるかそるか、ではありますが、そのドメインがなぜ売却されたのか、買い手がつかずに市場に出ているのか。 そのドメインが売却された理由を考えてみれば、中古ドメインを使うリスクが自然とわかりますよね。 だから、 手あかのついていない真っ白な状態のドメインで作り始めるのが初心者向けのアフィリエイトブログ構築と言えるでしょう。 ameba. jpのようにドメインの前についている「blog」です。 jimdo. comなら、「bellezza-h. 」が、サブドメイン。 独自ドメインをさらに細かくして、 独自ドメインの傘下に集うユーザーに分割するために、サブドメインを使います。 このサブドメインは、一見、独自ドメインのように見えるのですが、独立しておらず、独自ドメインの影響を受けます。 つまり上の例であれば、アメブロの性格(アフィリリンクの多い無料ブログとしての位置づけ)、下の例であれば、jimdoの影響(広告の入る無料サーバー)を受けるのです。 だからアメブロでブログを作った場合、アメブロとしての位置づけから抜け出すことは出来なくて、アメブロの一部。 ということは、 サブドメインをとってたとしても、独自ドメインのように完全に独立した存在にはならないということです。 (参考:) アフィリエイトブログで独自ドメインが使われる理由 アフィリエイトブログで独自ドメインが使われる理由はたった一つ。 「 かっこいいから」 え?それだけ?ってびっくりするかもしれませんが、本当にこれだけです。 どいうことか説明しますね。 アフィリエイトブログをはじめるなら、無料ブログより、レンタルサーバーに設置した方がいい。 となると、あなたのブログを有料サーバーに設置することになります。 そのときに絶対必要になるのが、ドメイン。 サーバーから割り当てられたドメインでもいいのですが、独自ドメインの方が、断然いい。 なぜなら、自分のサイトの住所の中核になるのがドメインだから。 ドメインとは、ザックリと言えば、白金高輪1丁目というような住所。 この住所、ドメインは、白金高輪とか、芦屋六麓荘とか言うのと、浅草の山谷とか大阪の西成とかいうのと、同じように、その地名はそこの風俗、雰囲気を表します。 ドメインにtrend-fashion. comとか、delicious-food. net、event-guide. jp、などとしていたら、それだけで、 サイトの中身をアピールできます。 独自ドメインって、カッコいいですよね。 サイトの中身が分かるから、パッと見て、気になる人がクリックして流入してくれる。 独自ドメイン、カッコいいですよね。 パッと 見た目が洗練されていたら、それなりのサイトにも見てもらうことができます。 独自ドメイン、カッコいいですよね。 一度ドメインを見て立ち寄ってくれた人は、そのドメインがスッと心の中に入るので、印象に残り、 ブランディング化ができます。 独自ドメイン、カッコいいですよね。 万が一、将来、サーバー引越を行う時に、サーバー割り当てのドメインだと使い回しができませんが、独自ドメインだと問題なく移転先でも使うことができます。 一度 ファンになった人を手放すことが無いのです。 独自ドメイン、カッコいいですよね。 ということで、カッコいいから、みんな独自ドメインを取るのです。 (参考:) 独自ドメインを取得する時に注意する点 さて、こんなカッコいい独自ドメインですが、取得するときに、若干注意しておかなければならない点があります。 この注意点を守っているから、安心してドメインを使うことができるし、独自ドメインの利点を最大限に発揮できるのです。 それでは、独自ドメインを取得するときの注意点、お伝えしますね。 ブログは走り出したら止まらない。 ドメインは、ブログを作り始めた後から変更することって、基本的にできません。 というか、しません。 その理由は、ブログは一度走り出したら止まらないから。 ブログを構築して、ドメインを変えることは、高速道路で走っている車から、隣の車に飛び移るようなもの。 どういうことかというと、ブログって、一度手掛けると変更する事が非常に難しくなるのです。 ブログのターゲット設定を間違えたばっかりに、記事を全消しして、再構築した友人もいるほど。 だから、ブログの住所、ドメインを変えることって、結構勇気がいること。 なぜなら、 今までついてくれた読者を切り捨てることになるから。 ドメインの文字一つだけ変わっただけで、元のアドレスでは、アクセスできなくなる。 つまり、住所変更のお知らせ無しに引っ越すようなもの。 だからブログ構築が進めば進むほど、ブログの基本的なところの変更は、大きなダメージになるので、避けたいのが本音。 つまり、 ドメインを決めてブログが走り始めたら、戻れないと考えてもいいでしょう。 だから、ドメインの変更は聞かないと考えてブログを立ち上げるべきだし、途中で、気に入らないからと変更することは避けるべきなのです。 中古ドメインは危険 途中でも書いたのですが、同じ独自ドメインでも、中古ドメインは危険です。 明らかに過去、成長していたドメインなら、掘り出し物もあるかもしれませんが、ドメインが売り出されたという経緯を推し量ってみると、明らかに、いわくつきが多い。 googleから圏外に飛ばされたとか、PPCでASPからもYahoo!広告、google広告も目を付けられてしまったとか、ブラックSEOで不要な被リンクがついているなど、いろんな理由があるでしょう。 車で言うと、中古車に乗るか、新車に乗るかです。 中古車の事故歴って、普通の人には見つけられませんよね。 それと同じで、よっぽどの知識がないと、 中古ドメインの事故歴は分かりません。 確かにお買い得の中古ドメインもありますが、それでも、裏に何が潜んでいるかはわからないもの。 また、売る理由のほとんどは、「もうインターネットビジネスに興味がなくなったから」。 SEOにしろ、PPCにしろ、サイトを回していれば、自動的に収益が上がります。 それにもかかわらず、売りに出したということは、自分が思っている価値以上(収益を大幅に上回って)に値が付いた、または、 このドメインではこれ以上稼げないところに来てしまった。 ということでしょう。 その証拠に、中古ドメイン+危険とか、中古ドメイン+稼げない、などで調べてみてください。 ほとんどが、中古ドメインの販売サイトです。 彼らはSEOに強いので、一般の本音を語っているサイトが追い出されてしまっているのでしょう。 本音を隠された世界の言葉、あなたは信じますか? 少なくとも、そのアドレスが、 優良アドレスか、悪質アドレスかを見極める目を持たない限り、手を出すべきではありません。 サイトの本質を表すドメインを目指す ドメインは、自分のブログの住所。 あなたのブログを表しているとみられます。 もし、あなたが、ドメインなんて気にしない、どうでもいいや、と思ってブログを立てるなら、集まってくる人も、どうでもいいやと思ってくる人。 どういうことかというと、検索した時に、サイトのドメインが記事タイトルの下に表示されますよね。 その時、意味のある文字の場合と、乱数文字の羅列の場合の印象って、違うということ。 ファッションブランドのサイトを検索した時に、brand-street. netというアドレスのサイトと、xn-agm34tutfdgddgg. xyzというサイト、 どちらのサイトにアクセスしたいと思いますか? 答えは、言うまでもないと思います。 もしも、独自ドメインを取っていれば、獲得できたかもしれない読者を逃してしまうって、とてももったいないこと。 ドメインは自分のサイトの根幹を示すものにするのが望ましいでしょう。 まとめ 以上「アフィリエイトブログで独自ドメインを取得する時に注意する点とは」ということで気を付けるポイントをお伝えしました。 アフィリエイトブログで、 独自ドメインを取るということは、出発点に立ったということ。 費用が発生するから、1日でも早く稼ぎ始められるように、確実に、一歩づつでも記事作成していきましょう。 そして、少なくとも、今回お話してきたことは、独自ドメインを取るときに気を付けてくださいね。 この独自ドメインをブログの顔として、あなたのブログが、新規にアフィリエイターとして船出するあなたの資産になっていくのですから。 ドメインを取るなら、このインターネット大手のGMOが提供しているからとれば、安心して簡単にとることができます。 こちらでとり方を紹介しているので、参考にしてくださいね。 今なら、サーバーを同時に申込むと、ドメインが1円で手に入ります。 このサーバー、200GBの容量がありながら、月額、たったの900円。 今だけのチャンスなのでぜひこの機会を利用しましょう。 それでは、アフィリエイトブログ、その記事を支えるコピーライティング、楽しんでいきましょう! 小比井 雷太 ネットの世界に飛び込んで一番最初の壁「なにを書いたらいいんだ!」にぶつかっていませんか。 書いても書いてもだれも見向きもしてくれないことはないですか? コピーライティングはそんなあなたの文章に劇的な変化をもたらし、読む人をとらえて離さない文章に変えるテクニックです。 このブログでは文章を書くことに悩むあなたにコピーライティング技術の神髄を伝えています。 私はネットでビジネスを展開しようとして最初にぶつかった壁が「文章を書くこと」でした。 そんな私でも、コピーライティングを知った時から、文章を書けるようになったんです。 ブログ、フェイスブック、LINE@、何を利用しても、文字を書くテクニック、文章を作る技術は必要。 ホームページ、ブログ、アフィリエイト、お金を稼ぐために、自分の大切な時間を割いて、一生懸命書きますよね。 だったら、読んでもらって、最大の効果を得たくありませんか。 もし、あなたのメディアがあなたの望むだけの成果を出していないなら、コピーライティングがあなたにこれ以上ない成果をもたらします。 コピーライティングは、書くことに悩むあなたの文章に、光り輝くツヤを与えて、読む人の心を躍らせ、感動を与える文章に変えていきます。 そんな素晴らしいコピーライティングの技術を一人でも多くの人に知ってもらいたい。 そして、あなたのビジネスで成功して欲しい。 そんな思いでコピーライティングの技術を伝えています。 あなたも、コピーライティングの素晴らしい世界に足を踏み入れて、ビジネスを成功させてみませんか?

次の