ゴールデンカムイ ネタバレ245。 ゴールデンカムイ246話【本誌ネタバレ感想】「アイヌの偶像」とりあえずの答え合わせ

ゴールデンカムイ最新第235話地獄の郵便配達人ネタバレ含む感想と考察。第234話あらすじ。接近してくる船に対して海賊房太郎がとった行動。

ゴールデンカムイ ネタバレ245

スポンサーリンク ソフィアたちの現況 以前ロシアの港町でソフィアと岩息舞治が拳を交えたあの日、ソフィアは、アシリパたちに会ったというスヴェトラーナと岩息にアシリパの行方を聞いていました。 というわけでソフィアは小樽に来ていたのでした。 現在ソフィアたちは『ベテェーリM1881』という銃を準備しています。 しかし仲間たちの体調が悪いらしく、一人また一人と倒れ込んでいる様子。 「脚気だろう。 壊血病らしき者も何人か…」 仲間のヒゲがソフィアに報告します。 脚気も壊血病もビタミンが不足して起こる疾患。 刑務所暮らしの後の長旅、しかも船で異国の地まで…それから時代背景もあるでしょうか、彼らの体は限界に来ているのかもしれません。 ソフィアは医者を探してくることにしました。 スポンサーリンク 楽しそうな月島と鯉登 久々登場の月島と鯉登。 まだ小樽の病院にいるようですが、鯉登もすっかり回復したようでいつもの軍服姿に戻っています。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 2人は道端でメンコをしていました 笑 月島の顔が本気のやつです。 「おまえ出世せんぞ月島ぁ」と怒りの鯉登。 「接待メンコしろと?」と冷静に返す月島。 色々あったけど何だかいつも通り…というか色々あった上での今こうして全力でメンコをしている2人の姿は感慨深いですね。 癒されます。 前回の宇佐美と尾形の話もあり、読者の間では「鶴見に味方はいなくなるのでは?」なんて心配の声も聞こえるようになりましたが、この2人がいるから大丈夫だと思います。 あえて鶴見を見届ける覚悟をした者たちですから、引き続き2人の動向に注目していきましょう。 スポンサーリンク 因縁 突然、月島が背後に何か恐ろしい気配を感じ振り返りました。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 するとそこにいたのは…凄まじい殺気を放っているソフィア! 小樽にいた双方、やはり遭遇しました。 鯉登はよくわかっていないようですが、月島は相手のただならぬ気配に厳しい表情で迎えうちます。 この辺の気の感じ方が、鯉登と月島の軍人としての経験の差ですかね。 しかしソフィアはそのまま去っていきました。 月島は「かなり危険そうなので気をつけてください」と鯉登に伝えます。 2人はソフィアのことを知りません。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 しかしソフィアは見ていました。 鯉登が、月島が、キロランケを殺したところを。 (今は抑えなくては) ソフィアはアシリパ捜索を優先し、唇を噛みしめながら立ち去っていきます。 そんな彼女の復讐心を知らない2人。 月島が鶴見から「札幌で待つように」との伝言を受けたことを鯉登に報告していますが、鯉登は何やら怪しい表情。 すると…鯉登が鶴見のメンコを取り出しました。 なんと手書き! 「欲しけりゃ自分で作るんだな」と勝ち誇る鯉登に月島は死んだ目。 スポンサーリンク 囚人たちの接触 札幌。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 「近くに美味いライスカレーを出す店があるんだよ。 サッポロビールでぐいっとやらないか?」 「目立つだろこの格好では」 という会話をしているのはやたらとガタイの良い虚無僧たち…変装中の牛山と都丹です。 牛山が言っているのは以前杉元たちと行った水風亭ですかね、エゾシカ肉のライスカレー。 そんな話をしていると、都丹の耳にある声が聞こえてきました。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 都丹はその声を「聞き覚えのある声」と表現します。 牛山が誰の声か聞くと「上エ地」と答えました。 杉元たちが歌志内で接触した飴売りで、刺青囚人のひとり『上エ地圭二』ですね。 すると牛山は「ああ~あいつか。 あの悪魔」と言います。 白石は面識が無いようでしたが、この2人にはあったようですね。 2人の様子からして、上エ地が囚人内でもあまり印象の良くない男だということが分かります。 スポンサーリンク 上エ地が入れ墨を彫る理由 上エ地は、いなくなった飼い犬の行方を捜している男の子に声を掛けていました。 上エ地が「あっちで見たよ」と言うと、男の子は嬉しそうに彼について行きます。 あちこちでこうして陽気に声を掛けて子どもたちを連れ去っていたのでしょうね。 相変わらず人のがっかりした顔で喜んでいる上エ地。 男の子が顔の入れ墨について聞くと、上エ地は答えました。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 「痛いけど我慢したら強くなれたって思えるようになる」 「自分が塗りつぶされて強い人間に変身できる」 「この世界はね、いつだってがっかりすることばかりだから」 一体どんな過去が彼にこんな考え方をもたらしたのでしょうか。 スポンサーリンク 上エ地と房太郎 杉元たちはサッポロビールで一杯やっているようですが、もしかして例の水風亭でしょうか。 だとしたら札幌入りしていることになるので、そろそろ誰かと遭遇するかもしれませんね。 相変わらずヴァシリの姿が見えませんが一緒にいるといいなあ。 房太郎が、網走監獄時代、上エ地が房太郎に初めて声をかけてきた時のことを語り始めました。 上エ地は房太郎に、「監獄の外で作業をしてたら房太郎の叔母という人に声を掛けられた」と言ってきたのだそうです。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 その叔母は旦那が政府の関係者らしく、「面会に行きたいけど海賊房太郎の親族だというのが広まったら困る」と言っていたそう。 それからも上エ地は外役の際に時々彼女を見かけたらしく、容姿の特徴などを詳しく房太郎に伝えながら、顔を合わせる見るたび「面会に来たか?」なんて声を掛けてきました。 何年もです。 その何年もの間、房太郎は叔母が面会に来るのを待っていました。 自分のただ一人の血縁者だからです。 そしてある日、房太郎は上エ地と外役で鎖で繋がれてたという牛山と同房になった時に、房太郎は真実を知りました。 牛山が「そんな女一度も見たことねえ」と言ったのです。 上エ地を問い詰めたら、笑い転げていたそう。 この一瞬のために何年も仕掛けて来ていたのかと思うとやはりおかしい人物ですよね。 「アイツはがっかりした人間の顔が大好物なのさ」と房太郎。 スポンサーリンク クズには制裁を! 上エ地は男の子を犬のところまで連れてきました。 喜ぶ男の子でしたが、しかしなんと犬には首がありませんでした。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 上エ地は言葉を失っている男の子の顔を覗き込み、追い打ちをかけるように「ほいッ」と箱の中の犬の頭を披露しました。 「タロ~…」と目を潤ませる男の子。 しかしこのリアクションは上エ地の思っていたものと違ったようです。 その後、上エ地は男の子に馬乗りになり首を絞めていました。 しかもモデルであろうジョン・ゲイシーのやり方と同じねじ切り型の絞め方なのがエグイです。 そして「死にたくないよね。 お家に帰ろう」からの「嘘だよ!」と最後までがっかりさせるスタンス。 男の子は事切れてしまったのか、表情が無くなってしまいました。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 「ああ…その顔だよ圭二」 何故か自分の名を呟く上エ地。 すると突如ブオボボボオオと激しい尺八の音が鳴り響きました。 現れたのは屈強な虚無僧たち。 「そんじゃあ背骨が折られた時の顔を見せてもらおうか」 怒りの牛山臨戦態勢&都丹が熱い尺八で援護です! スポンサーリンク 『 ゴールデンカムイ』ネタバレ244-245話のまとめ せっかく鯉登と月島に癒されたのに、上エ地のせいで胸糞悪いですね。 野田サトル「ゴールデンカムイ」244話より引用 次回牛山たちが制裁してくれることを祈ります。 しかし上エ地にもやはりこんな性格になった背景があるはず。 首を絞めた男の子を見ながら「ああ…その顔だよ圭二」と自分の名を呟いているので、もしかしたら幼少期に自分がそういう立場だったのかもしれません。 モデルであろうジョン・ゲイシーにも虐待されていた過去があるというのもあります。 「痛いけど我慢したら強くなれたって思えるようになる」という言葉からも、上エ地が入れ墨によって強引に過去から離れてきたと考えられますね。 かと言って快楽的に動物や子どもを殺すなんて許し難いので、ここはひとつ牛山にキツくキツくお仕置きされて欲しいところ。 このまま彼の暗号刺青が土方一派の手に渡るのかは分かりません。 何故なら札幌には続々と色んなチームが集結し始めているからです。 彼が言っていた「金塊は絶対に見つけられない」という言葉についても明かされるべきですしね。 鯉登と月島も間もなく札幌入りです。 ソフィアは今のところ札幌には行きそうにないですが、いずれ鯉登と月島に復讐にやってくるのか(谷垣も心配ですね)そして鶴見との再会はあるのか、引き続き目を離せない人物のひとり。 杉元たちも札幌に来たとなると、ヴァシリと尾形の接触もいよいよ可能性が見えてきました。 何より鶴見の到着が間近です。 隠密行動できる人数ではないでしょうから、第七師団の到着で一気に物語が動き出すかもしれませんね。 色々な因縁が絡み合う札幌、次回も何が起きるか楽しみです!.

次の

ゴールデンカムイ245話ネタバレ!大ゲンカ!不敗VS不死身!?|漫画市民

ゴールデンカムイ ネタバレ245

牛山 vs 上エ地(うえじ) 突然の牛山の登場に焦る上エ地(うえじ) 上エ地が首を絞めていた少年は無事だったようで、ゴホゴホとむせながら泣いています。 上エ地は、「うわぁ、あの女の人、お乳がデカすぎて引きずってるッ」と指差し、思わず指の方を見る牛山。 その隙に逃げ出す上エ地ですが、牛山は上エ地の三編みの髪の毛を掴み、地面に叩きつけます。 口と鼻から大量の血を流す上エ地。 牛山は「グニャグニャのタコにしてやる」と言い、再び上エ地を地面に叩きつけようとしますが、髪の毛が切れ、上エ地は投げ出されます。 牛山は上エ地の足首を握ります。 上エ地は、「いいもの見せる!すごくいいもの見せるから!埋蔵金のありかに関わるすごいものだぞ」と叫びますが、「首を千切る前に聞いてやる」と牛山。 そして上エ地を建物の壁へと投げ飛ばします。 木の壁を突き破り、家の中に吹き飛ばされた上エ地。 上エ地はすぐに立ち上がり、「お前だけじゃつまんねぇよっ」と言い、走って逃げ出しますが、追いかける牛山。 上エ地を追う牛山を発見する土方と門倉。 杉元 vs 土方 洋食屋でライスカレーを食べる杉元陣営。 杉元がスプーンを落とし、拾おうとした瞬間、壁を突き破って牛山と上エ地(うえじ)が飛び込んできます。 さらにライフルを構えた土方も現れ、土方は杉元に銃口を向けます。 杉元はイスを銃口に叩きつけ、短剣を土方の左腕に突き刺します。 土方は抜刀し杉元に斬りかかりますが、短剣で受ける杉元。 そのまま杉元は土方を蹴り飛ばしますが、吹き飛ばされながらもライフルを回して発砲する土方。 テーブルで銃弾を防いだ杉元は、短剣をライフルの先端に装着し銃剣にします。 杉元 vs 牛山 テーブルを土方へ投げ飛ばし、銃剣で土方を突き刺そうとしますが、刀で銃剣を弾く土方。 杉元は銃剣の反対側、肩が当たる板状のチークパッドで土方を殴り、土方は再びライフルを回し発砲しようとしますが、牛山が杉元を背後から羽交い締めにします。 「ふたりとも死ぬには惜しい」と止める牛山。 白石とアシリパも、「いったん話し合え!」と二人を止めます。 にらみ合う土方と杉元。 杉元は後ろから羽交い締めしている牛山を背負投げで地面に叩きつけます。 おでこにスプーンが刺さる牛山。 ライスカレーを食べていたので、フォークではなく、スプーンが刺さってますw 牛山はすぐに立ち上がり、杉元を投げ返します。 245話の煽り文は 不敗 vs 不死身ッ!!! 次号予告は 助けてカレクック!! ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントでゴールデンカムイの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらにゴールデンカムイのアニメも 全て「見放題」です!! 第1期 第2期 おそらく第3期も見放題になると思われます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ゴールデンカムイ245話の感想 今回の牛山、土方、そして杉元、全員かっこよかったですね。 土方と杉元が激しい戦いをはじめましたが、そんなに遺恨があったかな?といった印象です。 とくに杉元が殺意むき出しですが、相手が尾形ならわかるんですけどね。 止めに入った牛山を背負投げした杉元、牛山も杉元を投げ返しましたが、二人の戦いは止まるのでしょうか。

次の

ゴールデンカムイ246話ネタバレ考察感想あらすじ!戦いはアシリパが止める!?

ゴールデンカムイ ネタバレ245

大人と対等に渡り合うアシリパさん 牛山との戦いは、両者決着はつかず。 どっちも不死身みたいなものだから渾身の攻撃がまったく効かないんでしょうね。 店の外に飛び出して続くふたりの戦いを止めようと、房太郎がテーブル攻撃。 つくづく思うけれども店の人がかわいそうだ。 牛山はボウタロサンに攻撃するにしてもちゃんと挨拶してからぶん投げるのがやっぱり紳士的ですね。 これでもやっぱりふたりは止まりませんが、「やめるんだ君達」的に飛び込んできた門倉が足を挫き、間が抜けたところでとりあえず終わり。 門倉大丈夫?と聞くキラウシと、ねん挫したかもしれない門倉はなんかもう違う作品かのようなほのぼのですね。 高野行人姿で走ったりするからグネってなるんだよ。 ここで杉元を撃とうとした土方を止めたのがアシリパさんです。 さっそく弾除け発動。 杉元はただただ網走で騙されたことに起こっています。 土方は当初から杉元の存在はいずれ邪魔になるだろうと思ってたので、あの時死んでてもどっちでもいいという感じか。 アシリパさんをアイヌの偶像にして利用するつもりだろうと問われた土方は、別にアシリパさんを先頭に立たせて戦わせよう、という考えではなさそうですね。 ただ、独立した共和国をつくるにあたって、北海道アイヌ、樺太アイヌ、ポーランド、複数の民族の血が入ったアシリパさんは主導者として立てるのにちょうどいい。 土方は北海道を多民族国家にするつもりですから、これほど適任はいないというわけです。 アシリパさんは土方の話を聞いて、鶴見中尉に埋蔵金を奪われることを避けるのが第一条件であるとして、土方と手を組むと宣言しました。 しかし、森林資源が枯渇しそうな北海道でこれから炭鉱を発展させて経済基盤にしようという話を聞いて、アシリパさんはそれに従えるんでしょうか。 そうなると結局、アイヌが今まで通りの暮らしをしていくことは困難です。 尾形が来てる! 門倉部長の発言から尾形が近くに来ていることを知った杉元はそわそわキョロキョロしちゃって、その隙を突かれて牛山に首をギュッと 笑 さっそく頭巾ちゃんに知らせますが、「尾形」と言ったって通じないんですよね。 いつもどおりわかったわかったってな感じでウンウン頷いてるんだけど、何もわかっちゃいねえ。 頭巾ちゃんが描いた尾形の絵を示しながらその辺をぐるぐる指さしてようやく通じます。 目をかっぴらいて慌てて銃を支度する様子はもう……かわいい。 杉元の銃を持っていきそうになり、スプーンまで持っていきそうになり。 わかるよ、慌てるといらんもん持って歩いたりするよね。 一方尾形は、当然至近距離まで近づいて挨拶したりなんかしません。 高いところから双眼鏡でアシリパさんの後頭部をのぞくと、これ撃ったらどうなるんだろうな、とか言って笑っています。 お前は混乱を招きたいのか構ってほしいのかどっちなんだい。 勇作さんを撃った(とりあえず撃ったとして話しますが)時はもっと感情を乱されて撃った感じでしたね。 あれも「こうすればそうかもしれない」という一種好奇心による殺しでしたけど。 アシリパを撃ったらみんな混乱するかも。 そう笑う尾形の背後には、勇作さんの足。 今回顔は出てませんけどあの控えめに揃えられた両足はお行儀のいい子ですよ。 勇作さんに間違いない。 尾形は横目で足元を見て足を確認しますが、目を上げると何もない。 この前の宇佐美の話から、尾形は杉元に半殺しにされた後すでに勇作さんの幻影を見ていたことがわかりました。 ヴァシリとの耐久戦で雪食って死にかけたときはそれはそれははっきりとした勇作さんでしたね。 ちょっと思ったんですが、尾形は意識が朦朧としている間に現れる勇作さんの存在を、元気になっても覚えてるんでしょうかね? 今回足を見て、でも見上げると何もなくて、「なんだ?」って不思議そうな顔をしてるんですけど、お前今までのこと覚えてたらわかりそうなものだろう???「あっなんだ勇作殿か」ってなるでしょう???「また出たんですか勇作殿」ってなるでしょう???さては覚えてない? 自分が衰弱して死が近づいたときだけ勇作さんの姿を認識するけど、それ以外のときはしないのか。 となるとこれは尾形が自分にかけた呪い的な幻影ではなく勇作さんが自らの意思で憑いてるってこと?いや、これもなんか違う気がするけど、それならば尾形は無意識下でも勇作さんをアレでアレでソレなのか……。 ヴァシリは急いで高いところにのぼりますが、尾形はもう移動してしまったようで、姿はありませんでした。 答え合わせ アシリパさんは、房太郎と平太師匠の刺青を見せるのと交換条件で、土方が持っている刺青を見せてほしいと言います。 ソフィアと会ったときに暗号解読の鍵にピンときたものの、「ホロケウオシコニ」で合っているのかはまだわかりません。 ちゃんと条件に当てはまるかどうか、確認のためにチェックしたいようです。 しかし、土方のもつ刺青を見たアシリパさんは一転、ホロケウオシコニは本当に正しい鍵なのか、疑念に変わります。 アシリパさんが焦るのも無理はない。 だってそこにある一枚は多分エドガイくんの偽物人皮だし。 エドガイくんの6枚はすべての文字が明らかになっていないので、今回見せてもらった何枚までが偽物かはわかりませんが、「店」と「途」の字がある皮はエドガイくん作っぽいですね。 ただ、模様と字の向きが合わないのが気になるので、絶対とは言えません。 8巻を確認した限りではそこまでしか言えませんね。 土方はいったいどういうつもりで見せたのか。 まず江渡貝邸で猫が引っ張り出してきたやつがそもそも本物なのか偽物なのかわからないし、刺青人皮が一枚余る謎が謎のままだし。 土方は有古と一緒に鶴見中尉が偽物をよこしたことは承知しているので、今回アシリパさんに見せて条件に当てはまらないものを選別して偽物を選り分けたいのか。 それとも手っ取り早く鍵だけ知りたいんでしょうか。 また、まだウエジの刺青がないのでなんとも言えないところがありますね。

次の