フィリピン航空 マイル。 フィリピン航空のマイルが貯まる「マブハイマイル」のおすすめ利用ガイド

マブハイマイル 特典航空券 必要マイル数 一覧

フィリピン航空 マイル

大人(12歳以上) 旅行開始時点ですでに12歳の誕生日を迎えているお客様。 お子様に付き添う大人の年齢は18歳以上である必要があります 子供(2〜11歳) 旅行開始日の時点で2歳の誕生日を迎えているが、12歳の誕生日は迎えていないお客様。 2歳以上8歳未満のお子様には必ず大人の同伴者が必要です。 8歳以上12歳未満のお子様は同伴者がいなくても旅行をすることができます。 632 8855-8888までご連絡ください。 幼児(生後16日〜23か月) 旅行開始日の時点で生後16日を過ぎているが、2歳の誕生日は迎えていないお客様。 大人1人につき幼児1名の規定に従います。 再入力をお願いいたします。 PhilippineAirlinesBookAFlightPassengerErrorLabel ERROR: Senior Citizen Discount is applicable to Domestic flights only. Please modify your selection. ERROR: Person With Disability Discount is applicable to Domestic flights only. Please modify your selection. エラー:海外フィリピン労働者は国際線でのみ適用です。 再入力をお願いいたします。 2019年3月24日に行われた弊社システム移行前の予約記録のオンラインチェックインはEチケット番号とラストネームの入力が必要です。 新型コロナウィルスへの追加の対応の為、ご出発のお客様は以下の時間までに空港へお越しください。 新型コロナウィルスへの追加の対応の為、ご出発のお客様は以下の時間までに空港へお越しください。 その他の国際線は3時間前まで• フィリピン国内線は3時間前まで• オンラインでのチェックイン開始は• PAL国際線の出発予定時刻の24時間前から1時間15分前(注:成都(中国)発、アモイ(中国)発、ジンジャン(中国)と、タグビララン-仁川間とその逆区間はオンラインチェックインが出来ません)• PALまたはPALエキスプレスの国内線出発予定時刻の24時間前から1時間前まで• 空港へ向かう前に座席を選び、搭乗券を印刷してください• 国際線をご利用のお客様はお預け荷物の有無にかかわらず、オンラインチェックインバゲージドロップカウンターヘ出発予定時刻の1時間前までに必要書類の確認と、荷物のお預けを終える必要がございます。 但し、泉州(ジンジャン)は出発予定時刻の45分前までです。 オンラインチェックインは非同伴小児、お手伝いを必要とされる方、お支払い手続きが終わっていない方はオンラインチェックインができません。 優先チェックインカウンターでビジネスクラス、またはプレミアムエコノミークラスのチェックインと搭乗券の発行が必要です。 ビジネスクラスのお客様、マブハイカードのミリオンマイラー、プレミアエリートメンバーのお客様は、ご搭乗前にラウンジにておくつろぎください。 私どものラウンジはニノイ・アキノ国際空港ターミナル2、サンフランシスコ、ロサンゼルスにございます。 もご覧ください。 フィリピン国内線ご購入の場合、お体に不自由のあるお客様は20%割引とVAT免除があります。 ご利用条件は をご覧ください。 空港チェックイン時に以下をご提示いただく必要があります。 1 チェックイン時現在に適用される運賃規則、運賃に基づいて20%割引と12%VATの額の空港での収集 と1,500PHPの罰金の追加; または 2 チケットの没収 「進む」をクリックいただいたことにより、上記の内容を読み、理解し、チェックインカウンターで必要書類の ご提示に関して責任を負うものとします。 フィリピン国内線ご購入の場合、60歳以上のフィリピン市民のお客様は20%割引とVAT免除があります。 ご利用条件は をご覧ください。 空港チェックイン時に以下をご提示いただく必要があります。 1 チェックイン時現在に適用される運賃規則、運賃に基づいて20%割引と12%VATの額の空港での収集 と1,500PHPの罰金の追加; または 2 チケットの没収.

次の

フィリピン航空の徹底ガイド & マイレージ情報

フィリピン航空 マイル

セブ島について まずは、セブ島の情報をちょとだけ紹介します。 セブ島ってどこにあるの? セブ島はフィリピンにあります。 フィリピンは大小の島国が集まっており、セブ島はその中心あたりに位置してます。 そしてさらに拡大し、実は空港はセブ島ではなく、すぐ隣のマクタン島というところにあります。 このマクタン島に多くのリゾートホテルがあるためここで宿泊し、セブ島へ遊びに行く方も多いです。 セブ島までは車で1時間程度ですね。 平均気温や降雨量は? 1年を通して気温の変動が少なく、25~30度程度です。 そのため一年中、海に入ることができます。 1月~5月が乾季にあたるため、行くのであればGWがおすすめです。 「」様より参照 日の出、日の入り時間は? フィリピンの日の出、日の入り時間は年間を通してあまり変動しません。 常夏のイメージがありますが、意外と日の入り時間は早いのですね。 日の出時間 5時30分~6時00分 日の入り時間 17時30分~18時15分 時差は-1時間 時差が-1時間になります。 時差が少ないので、時差ボケになることはないでしょう。 Wi-Fi環境の準備はしておこう フィリピンでは空港やホテル、ショッピングセンターではフリーWi-Fiが使える環境が整いつつあるみたいですが、やはりレンタルWi-Fiなどを用意しておく必要があると思います。 どれにしようか迷っている方は「GLOBAL WiFi」や「イモトのWiFI」がおすすめです。 セントレア空港で受取・返却が可能なので非常に楽です。 また早割などもありますので、日程が決まっているなら早めの予約が必須です。 直行便はフィリピン航空とANAのコードシェア便のみ セントレアからセブ島への直行便は、フィリピン航空とANAのコードシェア便のみです。 毎日1便運航しています。 直行便以外では香港を経由するルートなどがありますが、フライト時間が倍以上かかるためお勧めしません。 (直行便なら4時間20分) — 就航日 出発時間 現地到着時間 往路 毎日1便 15:30 18:50 復路 毎日1便 09:10 14:30 スポンサードサーチ 現金で行くなら香港経由もあり? もし現金での旅行を考えるのであれば直行便ではなく、キャセイパシフィック航空(香港経由)であれば非常に安く行けそうです。 到着するまで10時間かかってしまいますが、一考の余地はあるかもしれません。 検索日 2019年5月9日 木 搭乗日 2019年7月18日 木 検索方法 Googleフライト ANAマイルでの特典航空券は電話予約のみ フィリピン航空とANAのコードシェア便ですので、フィリピン航空のマイル(マブハイアイル:往復34,000必要)でも特典航空券は発券できますが、貯めている方はほとんどいないと思いますので、ANAのみに絞って解説します。 そして冒頭に記載した通り、ANAマイルでの特典航空券はWeb予約は不可能で、電話での予約のみになります。 必要マイルは? 特典航空券発券に必要なマイル(エコノミー)は往復で20,000マイルです。 北京や上海、香港などのアジア近辺への路線と同じマイル数なので、就航距離で考えるとお得な路線ですね。 また、プレミアムエコノミー席へのアップグレードは、フィリピン航空へ電話する必要がありますが3,000円でできるそうです。 デスクも日本語対応ですので、リッチな飛行機旅行をしたい方はぜひ検討してみましょう。 ANA公式HPからは検索できない 下記がANAの公式HPでセブ島への特典航空券を検索した結果ですが、「検索条件に合うものがない」とエラーになります。 なぜかというと、この画面で検索できるのは「ANAと同じアライアンスに属している航空会社」の路線のみになります。 そしてフィリピン航空はどこのアライアンスに属していないため、本来であればANAマイルで特典航空券は発券できません。 けれど、コードシェア便を運用している関係で特典航空券が発券できるのですが、公式HPには対応していないのです。 ANAデスクに電話して予約しよう というわけで、フィリピン航空の特典航空券を予約するにはANAのお問い合わせ窓口に電話する必要があります。 本来であれば電話での予約は手数料が5,400円必要なのですが、今回のようにWeb予約ができない場合は無料になります。 また、事前に特別航空券の空きがあるかの確認ができないため、いくつか候補日を決めてから電話するといいでしょう。 そうしないと何度も電話するはめになります。 下記に電話番号を載せておきましたが、名古屋であれば「052-586-1717」ですね。 電話予約に関する他の注意点 ANAマイルを使ってのフィリピン航空の特典航空券の電話予約には、こんな点にも注意する必要があります。 キャンセル待ちができない Web予約なら、席に空きがない場合はキャンセル待ちができるのですが、電話予約の場合はそれができません。 ルート変更ができない 日にちや時間の変更は可能ですが、行き先の変更はできません。 その場合はキャンセル料(3,000マイル)が必要になります。 オンラインチェックインができない 事前にWEB上でオンラインチェックをしておくと、当日カウンターでチェックイン作業が不要になるのですが、電話予約の場合はできないようです。 そのため、余裕をもって空港に行くようにしましょう。 スポンサードサーチ.

次の

フィリピン航空のマイレージ「マブハイマイル」徹底ガイド

フィリピン航空 マイル

フィリピン航空について フィリピン航空はフィリピンのフラッグシップキャリア フィリピン航空は、フィリピンのフラッグシップキャリアで、マニラを主な拠点とし、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、中東、オーストラリアに就航しています。 日本では羽田、成田、関空、名古屋、福岡の5空港に就航しています。 イマイチ使いにくいのですが、以下がフィリピン航空の公式サイトです。 Wikipediaによると現在の日本への就航路線は以下となっています。 特に日本人に人気のリゾート、 セブ島への直行便はフィリピン航空とLCCのセブパシフィック航空しかありませんので、フィリピン航空の存在はありがたいですよね。 フィリピン航空はスターアライアンスには属していません。 ではANAとはどのような関係なのでしょうか? ANAとフィリピン航空とは「提携関係」 ANAはご存知の通りスターアライアンスという世界最大の航空会社アライアンスに加盟しています。 フィリピン航空はスターアライアンスには加盟していませんが、 「マイレージ提携」という形で提携しています。 マイレージ提携となっていますが、一部特典航空券の予約方法(以下に解説してあります)やラウンジの利用に制限がある以外は、実際上はスターアライアンス系の提携会社と同様にANAにマイルを貯めて、使うことが可能です。 とても便利ですよね! あわせて読みたい フィリピン航空のフライトマイルはANAマイルとして貯められる。 その手続方法は? スターアライアンスを含め、提携航空会社のマイルはANAマイルとして貯めることが可能です。 フィリピン航空も同様です。 ただし、加算率は航空会社によって異なります。 フィリピン航空にもマブハイマイルという独自のマイル制度はあります。 ただし、日本からは利用しにくいのと、特典への引き換えマイルが非常に割高(例えば、成田-マニラのエコノミークラスはANAであれば20000マイル~ですが、マブハイでは34000マイル~です)ですので、事実上選択肢からは外れます。 以下、フィリピン航空に乗ってANAマイルを貯めるための手続きを簡単に説明しますが、その前に、ANAマイレージクラブへの登録が必要です。 もしまだ登録していない方は以下のリンクに詳しく説明していますので、御覧ください。 航空券を予約したら、搭乗前にフィリピン航空のウェブサイトにアクセスして、ANAマイレージクラブの番号を登録しておきます。 こちらのホームページはANAなどと比べるとかなりショボくて、操作性が悪いので、操作が難しい場合は電話をかけることをおすすめします。 「予約番号」とありますが、私の場合は番号ではなく英字6文字でした。 予約詳細の画面から と、番号を登録します。 管理人の場合は、ウェブ上からうまく登録できなかったので、電話で登録しました。 上の写真は登録後のものです。 ちゃんと登録されています。 ちなみに、上記の手順で登録して、実際にフィリピン航空を利用してANAマイルを獲得できましたが、 マイルが加算されるまでほぼ1ヶ月かかります。 ですので、なかなか加算されなくても、1ヶ月は待ってみましょう。 もし、1ヶ月たっても加算されない場合にはANAマイレージクラブに問い合わせて見ることをおすすめします。 ANAマイルによるフィリピン航空特典航空券発券の注意点 フィリピン航空はスターアライアンスに属していないため、特典航空券の予約にも注意が必要です。 特に、web上からの予約はできない点には注意が必要です。 電話でしか発券できない フィリピン航空のANAマイルによる特典航空券の予約は、現在電話のみとなっているようです。 以下のような注意点があります。 web申込不可で電話のみ• キャンセル待ちできない• ANA便との組み合わせ不可• 予約のルートを変更できない• オペレーターによって空き状況が変わる 特典航空券はほぼ無料でチケットを手に入れられる制度ですので、多少不便なのはしょうがありませんが、もう少し予約しやすくなるといいですね。 その他に、以下の点も注意です。 機材によってクラス設定・座席設定が異なる マニラ便はA330-300というワイドボディの最新機材が導入されていますが、セブ便はA321-200というナローボディの設定しかありません。 A321-200は一昔前のビジネスクラスシートで、モニターもないようです。 また、一部の機材はビジネスクラスの設定がない便もあるようですので、予約をする際は、機材の選択も含めて十分に考慮する必要がありそうです。

次の