ブロン od と は。 はじめてのブロンとOD的失敗

ブロン液エースODの効果

ブロン od と は

ブロン中毒とは、エスエス製薬発売市販薬の咳止め薬「ブロン」を、大量摂取することで「ラリる」行為を指します。 こうした薬物の大量摂取のことを、オーバードーズと呼びます。 それは市販薬であっても、非合法の薬剤であっても同じようにオーバードーズ、略して「od」と言います。 芸能人がもしもブロン中毒だとして、普通に芸能活動をするなら継続的にブロンをオーバードーズしているでしょう。 そのような事態があるのか、そうした噂の根拠は何か探ってみましょう。 話の発端は2015年! 叶姉妹の妹・叶美香の緊急入院騒動 セレブ芸能人として有名な「叶姉妹」の妹である、叶美香が2015年に救急搬送され入院するという事件がありました。 この時は「急性アレルギー反応」による、強いショック症状と説明されました。 しかし一部の報道では、「奇妙な原因」でショック症状が起きたのではと伝えられました。 緊急入院が必要なほどのショックは一般に「アナフィラキシー」ショックを示すことが多いです。 これは体内で免疫系が暴走し、「抗原抗体反応」が加速度的に進行した場合に発症します。 有名なところでは、鉢に刺された場合や、食物でのそばアレルギーなどが知られています。 叶美香は咳止めシロップをオーバードーズ! ブロン中毒だった!? しかし叶美香の入院の原因は、咳止めシロップの大量服用(オーバードーズ)ではという説が流れました。 この説をもっと深く掘り下げ推測しますと、それはブロン液だった疑いが持たれます。 ブロン液のオーバードーズは、覚せい剤に似た快楽が得られるとの話は昔からあるのです。 咳止め以外の効能での摂取を「ブロン中毒」と呼び、下記の引用内容にまとめられます。 「咳止めシロップをごくごく飲むとトリップできる」という話が、まことしやかに伝わっているが、一気飲みすれば人によっては「ふわっとした心地」を強く感じるので、あながち嘘ではない。 ましてや、1回に2~3本まとめて飲めば、いい「景気づけ」になるという。 それを1日に1度ならず、何度も繰り返す人々もいる。 (引用:ニュー速) 叶美香が平素からブロン中毒だったかどうかは定かではありません。 しかし倒れる寸前に、咳止めシロップを大量に飲んでいたという情報は、芸能人の間でも比較的言われていた内容です。 アナフィラキシーショックで重体に!? しかし搬送先の医師の説明では、アナフィラキシーで死亡の危険さえある重篤な状態だったと告げられています。 この騒動を発端にして、芸能人の間でもブロン中毒がいるのではないかと話題になったようです。 芸能人は「違法ドラッグ」の常用で、逮捕者が出ることもよくあります。 表に出ないだけで、ブロン中毒の芸能人は、市販薬の手軽さから実際いるのかもしれません。 芸能人にしか解らない「ストレス」は、並大抵ではないからです。 ブロン中毒で知られる芸能人・有名人まとめ ではブロン中毒であることを、半ば公にしていた芸能人・有名人はこれまでに実在したでしょうか。 日本文学を代表する作家・太宰治などは、多くの当時合法だった薬を多用したことで知られます。 実は、それと同じような「ノリ」で、ブロン中毒にドハマりだった人が確実に1人いました。 また最近で、その疑惑がもたれる「メンヘラ」的な人気者もいるようです。 故人で作家の中島らもは自他共に認めるブロン中毒だった!? 2004年に満52歳で他界した、マルチ才能関西人・中島らもは、若い時期から多様な薬でラリり続けた変人です。 中学は日本一の誉れである「灘中学」に8番の高順位成績で合格した早熟天才です。 その才能はエッセイ・小説から映画まで幅広く、生き様は破天荒そのものでした。 中島らもはブロン液オーバードーズの常習者であり、専ら知人を使い買わせては共に楽しんだ逸話があります。 ブロン中毒を隠しもせず、表メディアに出てくる時すら「ラリ」っていることも多々ある人でした。 Youtuber「ゆりにゃ」はほぼ確定!? 精神疾患を持っていた!? 彼はヴィジュアル系バンド「Raphael(ラファエル)」のリーダ兼ギタリストでした。 バンドの楽曲中の8割以上の作曲と全作詞を手掛けています。 バンド活動においては、楽曲はもとより、衣装や舞台装置・演出等にも拘る完璧主義芸能人と知られました。 メタル系ロックに傾倒しつつ、アイドルへも楽曲をいくつか提供しています。 華月の死亡の原因は、鎮痛剤のオーバードーズによる中毒症と言われています。 一説には、「睡眠薬」の過剰摂取があったともされているようです。 彼はビジュアル系バンド「The stdus(スタッズ)」のボーカルです。 ドラム専門でしたが「蜉蝣(かげろう)」結成時にボーカルへ転向しました。 蜉蝣時代には、早くに欧州での成功を収め「カリスマボーカル」の名で知られました。 芝居的要素を取り入れた舞台はフランスで人気を博し、知名度・動員数共最高クラスだったと言われます。 死亡の原因は、精神安定剤のオーバードーズに多量飲酒したことだと言われています。 スケジュールが入っている状況でしたが、大祐の死は自殺だろうという見方が有力のようです。 彼女は全米の女性ボーカルの大成功者で、デビュー後「7曲連続全米シングルチャート第1位」はビートルズを超えた記録です。 大成功を収めた後は、大麻所持騒動などの醜聞が続きました。 2010年にはアルコール・薬物依存で心身が弱り、復帰プログラムに努めました。 2012年死亡の際には、検死によって遺体からコカインが大量に検出されました。 入浴中に、コカインのオーバードーズを起因とした心臓発作が起き、「溺死」が直接の死因だとされています。 代表作「7年目の浮気」でのスカート浮きのシーンは余りにも有名です。 しかしその幼少期は孤児院で育ち、辛い生きざまから脱した彼女は私生活を失うほどの大人気に当惑しました。 30代になってからは薬物乱用や不安症、うつ病に苛まれていたと言います。 大手マスコミによれば、バルビツール系睡眠薬のオーバードーズの自殺だと報じられています。 しかしその他、マフィアの陰謀説や様々な憶測が飛び交い、どれが真実かは実ははっきりしません。 ブルース・リー(満32歳没) 香港のアクションスターの草分けである、ブルース・リーの生涯も謎の部分が多いようです。 全世界をカンフーの熱狂に包み、大ヒットした「燃えよドラゴン」は彼の命の結晶でもあります。 享年32歳の若さは、映画成功の「名声」を聞くには間に合いませんでした。 状態が悪くなったのは「死亡遊戯」撮影中のことで、共演予定の女優には、しきりに頭痛を訴えていました。 強い鎮痛剤のオーバードーズが真っ先に疑われましたが、検死によって異常な脳の膨張も見られました。 死亡直前は文字通り、殺人的スケジュールであったことが悔やまれます。 エルビス・プレスリー(満42歳没) ロックンロールの創始者でもあるエルビス・プレスリーは、「最も成功したソロ」としギネス認定されています。 レコード等の売上は、ソロ史上最高の6億枚セールスを誇る世界的歌手です。 また32本の「主演映画」を持つ大俳優の1人でもあります。 そんな大スターの彼は、その後の後輩大スターへ多大なる影響を与えました。 しかし晩年は過食症で肥満が止まらない状態でした。 主たる死亡原因は不整脈による心疾患ですが、処方薬のオーバードーズは酷いものでした。 死後検出された薬物に関しては、引用で見ていただきましょう。 検死の結果、エチナメートやメタカロン、コデイン及びアモバルビタールやペントバルビタールやフェノバルビタール等を含む複数のバルビタール系睡眠薬が検出された。 マイケル・ジャクソン(満50歳没) 近年最も世界中に深く強い印象を残し、音楽界を改革した天才がマイケル・ジャクソンです。 その4オクターブ超のボーカルの圧倒的魅力と、宙を舞う華麗なステップは地球上を駆け巡りました。 1982年発売の「スリラー」は、全世界売上推定1億枚以上とも言われギネス認定されています。 収録9曲中7曲がシングルカットされ、その全てが全米チャート10入りは前人未到の記録です。 マイケル・ジャクソンの死亡の原因は、主治医による麻酔投与過剰が原因とされています。 急性中毒の心肺停止であり、この主治医は「過失致死罪」で有罪判決を受けています。 オーバードーズで死亡した芸能人は多い! 薬で命を落とした芸能人まとめ.

次の

ブロン中毒(od)はうつ病を招く?市販薬への依存と後遺症について

ブロン od と は

みなさん、こんにちは。 今日はひさしぶりにブロンでODしました。 (メジコンをきらしてる) ODしてふわふわな状態で記事を書いてみようと思います。 ちなみに現在ODから6時間が経過しています。 ふわふわはちょっと残ってる程度。 ブロンODした条件 現在の体重は61kg。 ブロン42錠投入。 途中でアルコールも投入。 投入から効果発揮までの時間 まず始めに30錠投入しました。 しかし1時間待ってみるも効果なし。 追加で12錠投入。 (ブロンは1瓶で84錠なのでこれでちょうど半分。 もう1回OD出来る計算) その30分後~1時間後にようやくふわふわが到来。 アルコールでさらにふわふわの上乗せを図りましたが、少量だったのであまり効果はなかったような気がします。 効果時間中の体感 ブロンを飲むとメジコンとは違うふわふわ感(浮遊感)が到来します。 なんというか鼓動が高鳴る感じ?高揚感というべきか。 メジコンはダウナー系だけどブロンは何系? アッパー系というほどではないし、なんとも微妙な感じ。 悪くはないんだけど。 ブロンODのデメリット まず代表的なのは喉の渇き。 10分に1回飲み物を口にしないと、口が渇いて仕方がないです。 そして閉尿感。 これはブロン特有だよなぁ…。 トイレで頑張ってもなかなかおしっこが出ません。 1回のトイレで10分粘ることなんてザラ。 身体の痒みもあります。 とにかく全身痒いです。 少しだけアトピーになったことがあるので関係しているのかな? 顔も身体も筆か何かでさわさわされているような違和感。 人によっては「虫が這っているような感覚」と表現するのも納得。 あと脈が早くなっている感じもします。 動悸?ドキドキして眠ろうとしてもなかなか眠れません。 目が冴えてる感覚もあいまってOD睡眠には適さないです。 ブロンODの持続時間 ODしてからもうすぐ7時間になりますが、まもなく効果が消えようか…といったところ。 61kgで42錠は7時間程度で効果が消えると考えて良さそうです。 まとめ ブロンODはやっぱりコスパが悪いですね。 (1回約700円) 次に市販薬でやる時はコンタックW(STは現在販売されていないようですね)で、試そうと思います。 ODの効果自体は気持ち悪さなどはなく、むしろこの高揚感はわりと良いです。 少し副作用が気になるところですね。 痒み、動悸、閉尿感、口の渇き、とわりとデメリットも多いです。 1瓶とか2瓶とか、瓶単位でイってる奴は頭おかしいんとちゃうか(言いすぎ) ブロンODしてみて改めて実感しますが、メジコンは神です。 今度からメジコンは切らさないようにしよう。 常備薬のストックにはいつも気を付けて!というお話でした。

次の

2019

ブロン od と は

昭和40年代以後には、「ブロン液」を一気飲みして酩酊感を味わう遊びがありました。 一般に「ラリる」という感覚を得るために、シンナーを呼気するなどの問題行動がごく一部で流行りました。 これは気管支拡張作用の「エフェドリン」の交感神経興奮効果と、ジヒドロコデインの相乗効果によるものです。 ある側面では「ファッション」や流行への憧れによる乱用でもありました。 ブロンを1日で700錠!? それって8ビン以上では!? ブロン依存・中毒症の治療にあたる医師の話では、1日2ビン約160錠のodは「ザラ」だそうです。 酷い人になると、1日700錠という信じられない分量を服薬する患者もいたそうです。 これをビンに換算すると、8ビン以上の計算となります。 ブロン依存の常用者によれば、ブロンが白い糖衣錠であることから「便が真っ白」になるなどの発言も得られています。 吉祥寺駅トイレに25ビン投げ捨て! それは2100錠の超異常事態!? そして極めてショッキングな画像なのですが、吉祥寺の公衆トイレに、ブロン25ビンが放置される事変がありました。 換算すれば、これは実に2100錠にも上る数字となります。 これをイチ個人で「何日間」で消費したのか考えますと、恐ろしいことだと思われます。 また、衆目にわざわざ晒すこの行為は、その人が精神を病んでいるであろうことも示唆します。 ブロンは乱用市販薬キング! そして驚愕の数字はそれどころではない状態になっていました。 (引用:noteコム) ブロンの成分とその効果は? 麻薬や覚せい剤以上の破壊力!? 咳止め効果に優れた薬効ではありますが、麻薬性を「モルヒネ」と比較すると以下になります。 延髄の咳嗽中枢に直接作用し、鎮咳作用を現す。 鎮咳作用はコデインの約2倍強力である。 (引用:wikipedia) 地上最強の麻薬ともいわれる「ヘロイン」の原材料としても知られるモルヒネと比べた力価がこれです。 ジヒドロコデインの安寧性薬効は、まったりとした幸せの感覚であることが想像できます。 睡眠効果と覚醒効果のW作用が幸せと錯覚!? この得難い「快楽」と共に、嫌な仕事ですら笑顔で出来てしまうような高揚感が同時に発現します。 これは覚せい剤が人体に与える効能と非常に似ているのです。 それだけに一度味わうと、その繰り返しでやがて依存形成が進み、中毒症に陥ります。 ブロン84錠入り1ビンは、市場では約1000円くらいします。 ですから重度のodは、経済的には大きなダメージもあるのです。 典型的ブロン中毒者が1日2ビンとすれば、月負担は5~6万円もします。 コスパ的には「パブロンゴールド」で代用可能? その点「パブロンゴールド」通称「金パブ」が、代用品となるなら金銭的負担は軽減されます。 「金パブ」なら210錠ビンが、安ければ1500円程度で買えます。 パブロンゴールドにもジヒドロコデインは含有されていますから、可能とも思われます。 しかしパブロンゴールドには「アセトアミノフェン」が含まれ、このダメージが嘔吐を誘発するそうです。 ブロンでは何も改善しない! せめて向精神薬を! 覚せい剤に手を出すことなく、市販薬でテンションMAXになれるブロンを求める人は後を絶ちません。 しかしそのような効果はほんの一時的なものでしかなく、むしろその人を蝕みます。 何としても手を出さないことが肝要で、引き返すならば1日でも早いほうが望ましいです。 ブロンでは何一つとして、改善することなどないことを知るべきです。 うつ病や心の病にはまず精神科受診を!

次の