庄内 空港 ジェット スター。 ジェットスタージャパン 時刻表/格安航空券予約

ジェットスタージャパン 時刻表/格安航空券予約

庄内 空港 ジェット スター

1を誇るジェットスターが、2019年8月1日より、東京(成田)と庄内を結ぶ定期便の新規運航を開始。 その記念となるバージンフライト(ファーストフライト)に搭乗! 片道4490円~というリーズナブルな料金は、さすがオレンジの翼!! C tawawa C tawawa 受託手荷物(預入荷物)がなければ、チェックインカウンターに並ぶことなくモバイル搭乗券で搭乗できるので、あらかじめ用意しておくのが賢い方法。 C tawawa 成田発は13時。 ジェットスターの庄内への初就航をカメラに収めようとするメディアが多く詰めかけています。 ジェットスターとしては東北地方へ初の乗り入れ。 搭乗者にはバージンフライトの記念品も配られて、初便を祝う一体感が生まれる心地好い雰囲気。 C tawawa C tawawa 放水アーチの歓迎を受けてわずか1時間のフライトで庄内に到着! C tawawa 滑走路へ向かう誘導路では、初便を祝い消防車から放水アーチの歓迎も! この一幕に機内からは歓声も!! これは初便ならではの体験。 さてさて、記念品はどんなものなのでしょう。 正味のフライト時間は30~40分ほど。 あっという間のフライトです。 C tawawa ちなみに、ジェットスターのCC(キャビンクルー)は、航空会社の中でも珍しい、苗字ではなく名前(ファーストネーム)のプレートを付けているので要チェック! こんなところにも、ゲストと近いフレンドリーな雰囲気を感じます。 到着口では、庄内名物の庄内メロンが振る舞われ、そのみずみずしさに感激! モアイのような山形県のご当地キャラ「きてけろくん」や酒田のご当地キャラ「もしぇのん」と「あののん」もお出迎え。 C tawawa C tawawa 首都圏から、電車や高速バスでも行きづらく、交通費もかかった山形の庄内エリア。 ジェットスターなら成田からひとっ飛びでダイレクトにアクセス。 帰路の庄内から東京(成田)へのフライトも午後出発なので、週末を利用した1泊2日の旅行でも、十分、庄内を満喫できます。 C tawawa 庄内メロンをはじめとしたフルーツ、庄内米、ブランド豚、酒田の魚介類などのグルメに加え、鶴岡の城下町、パワースポット羽黒山、風に揺れる緑の水田など、あまり知られていない庄内のとっておきの魅力を、TABIZINE(タビジン)ではご紹介していきますので、乞うご期待を!.

次の

ジェットスターが成田・庄内線就航へ。東南アジア路線も開設か

庄内 空港 ジェット スター

『お金節約. com』編集長「より子」です。 2019年8月1日、 ジェットスターの東京 成田 ~庄内路線が新規就航しました! ジェットスターとして初の東北路線となり、成田空港と東北地方の都市を結ぶLCCの定期便もこれが初めてとなります。 『お金節約. com』編集部でもさっそく利用してきたのですが、まずは 各空港の特徴をご紹介しておこうと思います。 旅のなかみは、各自それぞれが考えれば良いと思うのですが…。 1 庄内空港での動き方 2 成田空港に戻って来てからのプロセス この2点は、どなたでも事前に把握しておいた方が良いように思いますので! ジェットスターの東京 成田 ~庄内路線について、各空港の特徴についてまとめてみました。 目次(もくじ)• 全体的に、 諸手続きは成田空港の方が時間がかかると思っておいた方が良いです。 成田空港ではLCCならではの不便な点をそれなりに感じる一方、庄内空港では基本的にフルサービスキャリアと同等の扱いとなるので非常に快適です。 ここから先は、 東京 成田 から庄内に行くケースで解説しますね。 もちろん、庄内から東京 成田 に行って戻るケースでも、それぞれを逆にすれば、参考にして頂けると思います。 庄内空港の手荷物検査所は搭乗時間の1時間前にOPEN 復路GK776便の出発時間は、14:50。 庄内空港の手荷物検査所が開いたのは、13:50。 搭乗時間のちょうど1時間前でした。 レンタカー利用の場合は、『庄内空港レンタカーターミナル』から庄内空港まで、再び車で送迎してくれますので、特に移動の心配はありません。 『庄内空港レンタカーターミナル』に到着する(=車を戻す)時間の目安としては、13:00~13:30 ぐらいを想定しておくと良いのではないかと思います。 ジェットスターの国内線の場合は、 オンラインチェックインは出発予定時刻の35分前までとなっています。 GK776便の出発時間は 14:50 ですから、オンラインチェックインの締め切りは 14:15 ということになりますが…。 現実的には、 遅くとも 14:00 にはチェックインを済ませることができるように動くと良いのではないでしょうか。 第2ターミナル到着時の時刻は、16:20でした。 最終的に第2ターミナルのバス停に到着したのが、16:20 ですから、 着陸から約30分ほどかかっていることになります。 成田空港ではLCCならではの不便な点が生じる 成田空港の第3ターミナルは、LCC専用のターミナルビルで、他のターミナルとは差別化が図られています。 現状で最大の弱点は、 第3ターミナルから陸路で直接外部に移動することができないという点です。 必ず第2ターミナル(もしくは第1ターミナル)を経由する必要があるんです。 今回は着陸から第2ターミナル到着まで約30分かかりましたが、これは大人単身でトイレにも寄らない移動のみのデータですので、ほぼ最短時間と考えて良いと思います。 子供もいる家族で移動するなら、40分程度はかかるのではないでしょうか…。 第2ターミナルに到着したらそこで終了では無く、さらにバスの発着所なり、電車のプラットホームまで移動しなければならないわけですから、 第3ターミナル到着から陸路で外部に出るまでには1時間程度要する可能性は十分にあるわけです。 初めて成田空港の第3ターミナルを利用する際は、時間には十分余裕を見てスケジュールを組むことをおすすめします。 今回紹介したこと• 2019年8月1日、ジェットスターの東京 成田 ~庄内路線が新規就航しました!• 庄内空港では、基本的にフルサービスキャリアと同等の扱いとなるので非常に快適です。 庄内空港内の移動時間もごく短くて済むので、到着してから観光に出向くことも十分可能です。 庄内空港での時間を有効に活用するためにも、レンタカーの利用をおすすめします。 成田空港に着陸してから陸路で外部に出るまでには小一時間程度は要します。 時間には十分余裕を見て予定を立てた方が良いです。 今回、ジェットスターの東京 成田 ~庄内路線を利用してみて、 庄内空港に着陸してから空港を出るまでとてもスムーズに進む、ということが良く分かりました。 レンタカーを上手に活用すれば、1泊2日の旅でもかなり有意義に過ごせます! その一方で、 成田空港の第3ターミナルからの移動はやはり課題が残るようにも感じました。 どこかで差別化する必要があるというのは分かるのですけれども…。 いちおう誤解の無いように言うと、成田空港の第3ターミナルも、開設当初から見ると相当に進歩しているのも間違い無いんです。

次の

ジェットスター・ジャパン フライト当日のチェックインについて【庄内空港(SYO/RJOT)】ターミナル1階 連絡バス乗り場前 入口から入ってすぐ右手前

庄内 空港 ジェット スター

のんびり成田空港へ向かう いつも成田空港に行くときは始発だったり前日入りだったりと過酷スケジュールですが、今回は飛行機が13時なのでのんびり向かいます。 ってか…13時しかないから搭乗率が低迷してるのでは… 柏から船橋まで:東武野田線 今回も船橋経由で向かいます。 なんだかんだまだバスで空港に行ったことはないんですよね。 急行運転始まったら大宮側からの直通増えるのでしょうか…? 京成船橋から空港第2ビルまで:京成本線 京成船橋からは京成本線で成田空港まで向かいます。 駅前の金券ショップで回数券バラ売りを購入して来たので成田空港まで630円。 ジェットスターで庄内空港へ 今回は往復ジェットスターで向かいます。 諸費用込みで片道3000円程度ですが、高松までこの額でも取ってたりするので庄内でこの額だと割高感が… 成田空港のラウンジで一休み 成田空港には出航の2時間前に到着。 早めに到着してさっさとラウンジでのんびりするのが最近のスタイル。 成田空港には2つラウンジがありますが、こちらは使えるカードが少ないラウンジ。 こちらにいるとこのカードは使えませんと言われている人を良く見ます。 このラウンジではアルコール(1杯のみ)とソフトドリンクが無料です。 人は少ないのでのんびりするには最適です。 柿ピーを食べるためにもうひとつのラウンジへ。 こちらのラウンジはエポスやイオンカードも使用可能です。 設備は似た感じで、1杯のアルコール無料とソフトドリンクです。 でも座席はちょっと落ちますね… 柿ピーが自由に食べられるのがこちらのラウンジの利点。 おつまみに良いですよね。 ソフトドリンクと柿ピーで休憩。 なおこちらのラウンジのが喫茶店のようにテーブルにコンセントがあるため、その点では良いかもしれません。 でもやはり座席は羽田のが格段にいい気はしますね。 飛行機に搭乗して庄内空港へ もう慣れたジェットスターですが、回りをみてると重さチェックに引っ掛かってたりと慣れてない人をちらほら。 計り持ってると便利です。 そういえばジェットスターの紙の搭乗券って、あれツアーか何かのなんですかね?? 庄内空港からレンタカー借りて散策へ 今回は楽天スーパーセールで確保していたレンタカーで移動します。 24時間で2500円で格安です。 で、どこ行くのかほとんど決めておらず、取り敢えず山形の知り合いに声掛けて会うことに。 移動中はどしゃ降りだったりと特にどこにも寄れず、写真も何もない!という状況に。 夕飯に山形名物?の辛味噌ラーメン🍜 前にどこかで山形といえば辛味噌ラーメンと聞いて食べてみました。 天童といえば言わずと知れた将棋の街で、あちこちに将棋のモニュメントが置いてあります。 その中でも決行有名?な王将のモニュメントを見てきました。 なんかここなのか…昔見た王将は…?と思いつつ。 今晩の宿は…?宿は…? 今回の旅行ではホテルの確保も何もしないで来たのですが、さて宿をどうしようかと。 快活とかも考えましたが、寝て充電だけに1600円払うならご飯代に充てたいと思って初の車中泊決行へ。 車中泊しながら真夜中のどしゃ降りの中、酒田までたどり着いて目的地はここ。 結構有名な店のようで、朝7時時点でも結構人がいました。 頼んだのはづけ丼で715円。 なおあら汁は数量限定で行ったときには7時45分頃には売り切れており、売り切れ後は普通の味噌汁になります。 づけ丼は具だくさんで美味しかったですが、ちょっと筋の入ったマグロもあったのが残念。 海を見たい!(唐突に) さてホントに全く計画の無い今回の旅行。 飛行機の時間までどうしようかと考えつつ、海を見に行こうということに。 海沿いを行く国道112号線を進んで海水浴場へ。 夏ではないので人はまばらですが大海原を見られて満足。 こんにゃくを食べよう(?) 山形県といえば玉こんにゃくも有名です。 ということで玉こんにゃくを食べに行くことにしました。 1本100円の玉こんにゃく。 これ筋子なんですけど、お米は新米ひとめぼれで、具材も中にぎっしり入っていてとても美味。 思わずリピートしちゃいました。 また山形行ったら食べたい… 山形にいったら是非ヤマザワのおにぎり食べてみてくださいね! 庄内空港から帰路へ 今回は滞在時間ほぼ24時間という旅行でしたが、何だかんだ楽しめたので良かったです。 レンタカー旅行も良いですね。 庄内空港から成田空港までジェットスターでフライト 庄内空港には出航の1時間半くらい前に着いてのんびりと待つことに。 近くで荷物の重さ検査をしてたのですが、何人かが重さオーバーで追加料金?みたいなことをしていました。 自分は測って6. 75kgでクリア。 飛行機の中では疲れてしまっていて殆どスヤァしていてあっという間に成田に到着。 フライト時間は50分程度なのでそんなに長くはありませんしね。 空港第2ビルから京成船橋まで:京成本線 成田空港に到着したら取り敢えずラウンジで柿ピーと飲み物飲んで一休みしつつ帰路へ。 乗るのは京成本線。 スカイアクセス線でも良いんですけど少しでも安くしようということでこちらを選択。 で、さらに予め金券ショップで回数券を仕入れておいたやつで片道630円です。 京成は特急は無料扱い。 有料なのはライナーのみです。 船橋から柏まで:東武野田線 2枚目がく、暗い…。 設定ミスです。 船橋からはアー野田線で帰ります。 ここまで来るともうほぼ着いたような感じですね。 まとめ(?)ノープランでもなんとかなった。 今回は過去最低レベルにノープランだったのですが、何だかんだ色々楽しめたかなーとは思います。 レンタカーだったので時間も気楽でしたし。 なお 今回の旅費は交通費、食費など合わせて13,000円程度で予定通り。 次…は2週間後に香川から近畿あたり。 うどん食べに行く(またかよ).

次の